作家でごはん!鍛練場
箱ティッシュ

「夢はお持ちですか?」
制服を着た女の人が笑顔で尋ねた。事務的に対応されると思っていたのでホッとした。
「はい、右のポッケに小学生の時のやつが」
ポケットをまさぐったが砂粒の感触がしただけだった。
「で、でも、リュックに中学校のが」
僕は焦ってリュックを開いたが靴紐の切れたバスケットシューズしか入っていなかった。
「こ、高校のやつが確か」
女性は僕の言葉を遮って
「本当はお持ちじゃないんでしょ?夢」
と言う。いや、そんなはずはなかった。確かにあったはずだ。女性は続ける。
「夢を持たないで大人になれない法律はご存知ですよね。よくいらっしゃるんです。少年時代の夢がまだ自分の中に生きていると信じてここに来られる方が」
図星だった。 僕はムキになって
「でも、大人になってまで夢を持って何になるんですか。夢なんかなくたって十分生きて行けるじゃないですか」と強く言ってしまう。
「夢を持たなきゃ歯車になりますよ。そして役目を終えたらガラクタに。ただ生かされて静かに死を待つ人生です」
女性は冷静に告げる。そんなこと既に知っていた。それでも僕は信じたくないのだ。僕の夢が何なのか、どこにあるのかを見失っていたから。
「じゃあどうすればいいんですか」
もう泣きそうだった。女性が独り言のように語り出す。
「スティーブ・ジョブズだったかな、点を繋いで線を作るって話。過去の経験を生かせるかどうかは自分自身、一つ一つの経験を繋ぎ合わせて成功するみたいな」
何を言いたいのか分からなかった。
「経験ってのは誰にも奪うことの出来ないものですし、今までの人生全てが経験じゃないですか。経験が点だとすると、何を点にするかは選べるし自分が見落としている点もあるわけでしょ。まずは点を洗いざらいにして、そこから点を繋いで線を引けばいい、これから点を増やすこともできる。そうやって生まれた線や点がおぼろげながらも何かの形になっている、それが夢なんじゃないでしょうか。大人になって働きながら少しづつでも色を塗って行けばいい。あらかじめ引いた線を呪うことも、塗った色を別の色で塗り潰したくなることもあるでしょう。その度に苦悶して、それでも描くことを辞めずに生けて行く。そして最期にこれが俺の人生だと絵を見つめ胸を張って死ねる。まずは点を増やしましょう!まずはそれです!」
僕は泣いていた。でもやるべきことを確信した。
散髪に行こうと思った。服を買おうと思った。本を読もうと思った。生きる活力が満ち溢れるのを感じた。
引きこもっていた自分を恥じることはないと、それも自分だと、自分の知らない点があるのだと思えた。

女は男の背中を見送ると隣の同僚に笑いながら話しかけた。
「さっきの男ヤバくない?」
「確かに」
「なんか臭かったし」
「髪ボサボサで服も中学生かって」
「マニュアル通りにやって泣き出すんだもん」
「見てるこっちが恥ずかしくなった」
「ほんといい歳した中年が気持ち悪いわ」

執筆の狙い

作者 箱ティッシュ
119-196-10-119.flets.hi-ho.ne.jp

ショートショートです。初投稿です。はじめてなので優しくして欲しいです。

コメント

箱ティッシュ
119-196-10-119.flets.hi-ho.ne.jp

「夢を持たないで大人になれない」じゃなくて「夢を持たないと大人になれない」ですね。

浅野浩二
flh3-119-240-41-72.tky.mesh.ad.jp

素晴らしいです

imaginary
softbank060134045055.bbtec.net

文章について、セリフが多く、説明的だなという印象ですが、内容は良かったです。

箱ティッシュ
119-196-10-119.flets.hi-ho.ne.jp

imaginaryさん
地の文で情景描写や男の心理描写を増やしたりした方がよかったでしょうか
あとどんな所が説明的と感じましたか?具体的に教えてください

夜の雨
ai195184.d.west.v6connect.net

「夢」読みました。

精神的に弱っている客を集めてメンタルを補強して人生を豊かにする、というような業者と精神面が弱っている客との応答の話ですね。

点と点をつないで「線」にして人生を豊かにしていくという話は、「当たり前」のことを言っているにすぎません。

御作を読むと業者の「制服を着た女(先生)」が客(主人公)のために人生論を説いていますが、これって「1+1=2」というような、ごく当たり前の話をしているにすぎません。
その当たり前の話を客にして信用させて、そこから「金を巻き上げる」というのが、彼らの「常とう手段」です。
御作では、客をカモにして、金を巻き上げるところまでは描かれていませんが、ラストまで眼を通すと。

――――――――――――――――――――――――――――
● A

「さっきの男ヤバくない?」
「確かに」
「なんか臭かったし」
「髪ボサボサで服も中学生かって」
「マニュアル通りにやって泣き出すんだもん」
「見てるこっちが恥ずかしくなった」
「ほんといい歳した中年が気持ち悪いわ」
――――――――――――――――――――――――――――

Aが、あるわけです。
このラストの意味するところは、導入部からAに至るまでは、「制服を着た女」がいかにも疲れた主人公の客に対して、親身になって話しているように見えますが、実際は、彼のことを思っているのではなくて、「マニュアル通り」に「1+1=2」を、しゃべっているにすぎません。金儲けのために。

●本当に相手のことを思っているのなら「応用」の部分を語らなければなりません。
客がどんな「人生の問題」で「けつまずいているのか」。
その「けつまずいている」問題を「このようにすると、解決する」、という方法を教える。


Aで、業者が自分たちの裏側を読み手に見せているわけで、御作は、これはこれで話としてはオチます。

御作を読んで思ったのですが、作者さんは社会的なことに興味があるのでしょうか。
小説で社会的な問題を描いていきたいとか。

現状の御作ではショートショートの域です。
エンタメにしろ、社会的な問題(作品)を書くのなら、業者の背景(裏表)を書く必要があると思います。
今回の作品では業者の担当者が客に対しての応答の後、自分たちの裏側を客が帰った後に見せているにすぎません。「ワルも個人のレベル」ということです。

これを会社レベルで裏側を見せると、話は広がります。
この場合は客の立場もどんな事情があって、業者を頼ってきたのか、その切実な問題を描けば、面白くなります。


以上です。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内