作家でごはん!鍛練場
ルイ・ミモカ

バトル・オブ・ジ・アース

 地球と火星の間に、巨大な卵が浮かんでいた。
 いつからそこにそれが存在していたのか、正確に知る者はいない。
 地球軍のレーダーにも、それは映らなかった。
 人類がその存在に気づいたのは、卵の方からある種の電波を発したためだった。
 地球軍、各国の政府は、緊急に卵の調査を開始した。
 綿密な分析により、それが全長10キロにも渡る巨大な卵であることが判明した。そして、その卵が何らかの生物を宿しているらしいことを突き止めた。それはどくどくと脈打っていた。
 突然、卵にひびが入り、中から無数のエイリアンの子供が誕生した。子供と言っても、100メートルほどの身長があるようだった。それは、地球の方向に向かって群れを成して行進して来た。
 地球軍はただちに臨戦態勢をとった。
 太平洋に浮かぶ地球空軍の空母から、戦闘機が飛び立った。日本、アメリカ、ロシア、中国、インドの精鋭部隊である。
 先頭を跳ぶのは、エースのクリス。それと並ぶように、ロバートの戦闘機が飛行している。この二人のコンビは地球、いや、宇宙最強のはずだ。
「ロバート、エイリアンたちは束になって向かって来ている。俺とお前で挟み撃ちするんだ」
「ラジャー。俺は右から攻撃する。お前は左から」
「オーケー」
 二機は、それぞれの方向に大きくカーブして、互いの距離を広げた。
 青い空の彼方から、エイリアンの大軍が押し寄せて来る。
 クリスとロバートの戦闘機が、左右からエイリアンの大軍を挟みこむ。二人は同時にボタンを押し、超強力な電磁ビームを放つ。
 青い光線が左右からエイリアンに直撃する。そのビームの光は最初のエイリアンに当たると、その周囲のエイリアンへと広がって行き、やがてエイリアン全体を包み込んで、彼らの神経を麻痺させた。
 エイリアンがしばらく動きを止めたのを見て、太平洋上に浮かぶ戦艦苫都のカノン砲から一撃の砲弾が放たれた。
 それはエイリアンの群れに届き、大爆発を起こした。
 空全体が眩しい光に包み込まれ、その後に耳をつんざくような爆音が響き、煙が広がって視界を遮った。
 視界が晴れると、何百万といたエイリアンたちの数は減って、数えるほどになっていた。
「もう勝利はこっちのものだ」
 とクリスは確信した。
 その時である。ごくわずかになったエイリアンたちが合体して、今度は一人の戦士の姿に変わった。それは男のようでもあり女のようでもあった。手には伝説の剣を持っていた。もう片方の手には盾。背にはマントを翻し、羽根のついた兜をかぶっている。鋼の鎧、膝まである長靴。大きさは普通の人間と変わらない。しかし、ものすごいスピードで空を飛んでクリスの戦闘機に剣を降り降ろした。
 クリスは急旋回して、その攻撃をかわした。
「何てやつだ!」
 とクリスは冷や汗をかいた。
 音速で飛ぶクリスの戦闘機に、その戦士はいとも簡単に追いつく。 
 ロバートが背後からミサイルを放つ。戦士はふっと消えて瞬間移動し、全く違う場所に現れる。
「こいつは埒があかねえぜ」
 とロバートは焦る。
「よし、俺たちも合体だ」
 とクリスとロバートは戦闘機を合体させ、ロボットに変身させた。それは、サイボーグのような形をしていて、人間にように頭、胴体、手足から構成されている。8頭身で、メタリックな外観である。手には長いレーザー・ソードを持っている。そのロボットの名前は武蔵である。
 戦士と武蔵は向かい合った。戦士は両手に小刀を持ち、二刀流にかまえた。
 互いの間合いをはかっている。
 戦士が瞬間移動で、武蔵の背後に回った。その気配を読み取った武蔵が、振り向きざま、真横に一閃。
 戦士は胸に武蔵の秘儀・水平払いを打ち込まれ、体中が青い光に包まれると、そのまま蒸発してしまった。
 武蔵は分解し、もとの二機の戦闘機に戻った。
 空母に帰還するクリスとロバート。
 滑走路に着地する戦闘機。
 甲板に降りる二人を、仲間の兵士たちが歓声で迎え、祝福する。
 シャンパンを開け、中の液体をクリスとロバートに盛大に浴びせる仲間たち。
 艦橋からは、クリスの尊敬する伝説のパイロット、マシュー大佐がその様子を見下ろしながら満足げに微笑んでいた。
 こうして、地球の平和は守られたのであった。

バトル・オブ・ジ・アース

執筆の狙い

作者 ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

現在、公募に向けて本格的に取り組む準備をしています。
小説のテーマはSFで行きたいと思っています。
それで、戦闘シーンの描写の練習ということで、今回の作品を書きました。
これまであまり戦闘シーンは書いたことがなかったのですが、
自分の書ける範囲で頑張って挑戦してみました。
評価していただきたい点は、

1、場面の映像がリアルに浮かぶか
2、SFの戦闘シーンとして、設定や描写に幼稚な感じはするか
3、全体的に、SFとしての知識やセンスが不足している感じがあったか
4、SFの文章としてはこれでいいのか
5、純粋に面白く読めたか
6、この路線で公募に応募しても大丈夫か

などです。

コメント

偏差値45
KD106154139176.au-net.ne.jp

>1、場面の映像がリアルに浮かぶか
読者の想像に頼りすぎている。

>2、SFの戦闘シーンとして、設定や描写に幼稚な感じはするか
幼稚というよりも、小説を書いたことのない人の様です。

>3、全体的に、SFとしての知識やセンスが不足している感じがあったか
これは厳しい評価しかないですね。

>4、SFの文章としてはこれでいいのか
ダメでしょう。

>5、純粋に面白く読めたか
表現力に疑問があります。

>6、この路線で公募に応募しても大丈夫か
かなりの修行が必要と思われる。

カラオケで本人は上手だと思っている人がいるけれども、
プロとは雲泥の差があるわけです。
正直に言って恥ずかしいレベルかな。

茅場義彦
M106072175192.v4.enabler.ne.jp

カモちゃんは ギャグでいくべきだooon

エスエフ やるなら 星新一っぽいのとかl

大丘 忍
p139045-ipngn200403osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

戦いがあっけない感じですね。絶体絶命と思わせる機ピンチがあって、それを奇跡的に乗り越えたということにドラマがあります。このあたりを工夫しては如何でしょうか。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

>偏差値45様

SFというジャンルは自分には難しいので、やはり基本からしっかりと積み重ねていかなければと思います。
日常的な世界を舞台にする私小説を書くのと比べると、
SFは科学的な知識や専門的な知識が必要になるので、
猛勉強しないといけないと思いました。
どうもありがとうございました。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

>茅場義彦様

星新一は奥が深くて、ユーモアもありますよね。
文学的だなって思います。

ギャグというよりは、漫画っぽい軽いものが書きたいかなって思っています。
小中学生向けのものを書きたいです。
子供たちに夢を与えるような作品が書けたらいいなって思います。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

>大丘 忍様

最初、ミッドウェー海戦をテーマにしたものを書こうかと思ったのですが、
生半可な知識で書くと、歴史に詳しい人から知識の不備を非難されそうな気がしたので、今回は漫画っぽいテーマで書きました。
今回は、あくまでもSFってこんな感じ? みたいな軽い気持ちで書いたのですが、
もう少し、科学的知識などに基づいた現実感のあるものを書いた方が、
ウケがいいのかなと反省していまし。

椎名
KD027083171050.ppp-bb.dion.ne.jp

1、場面の映像がリアルに浮かぶか
 情景描写が足りないので、リアルではなかったです。
2、SFの戦闘シーンとして、設定や描写に幼稚な感じはするか
 幼稚ではないですが、おもしろくはなかったです。
3、全体的に、SFとしての知識やセンスが不足している感じがあったか
 不足していると思います。
4、SFの文章としてはこれでいいのか
 駄目だと思います。
5、純粋に面白く読めたか
 つまらなかったです。
6、この路線で公募に応募しても大丈夫か
 公募に通るのは無理だと思います。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

>椎名様

どうもありがとうございます。
もう一度、一から小説の基礎を勉強しなおして、公募作品に挑戦したい所存です。
また、天文とか工学とかSFに役立ちそうな知識を蓄えるようにしたいです。
映画とかもいっぱい見たいです。
アニメも見ようと思います。

真夜中の揚羽蝶
77.111.246.39

 ルイ・ミモカさん、こんにちは。読みました。

 全体的に誰かが飲み会で(行き当りばったりに)考えながら話すような物語みたいに感じました。また、メカが好きな作者さんなんだなあ、と思いました。

 具体的にルイ・ミモカさんが上げた点に答えます。

1、場面の映像がリアルに浮かぶか

>青い空の彼方から、エイリアンの大軍が押し寄せて来る。

 まではまあ伝わると思います。しかし、この文から想像できなくなりますね。「エイリアンの大群」や「超強力な電磁ビーム」とは一体どのようなものなのか疑問です。

 その後映像は一応浮かぶのですが、「リアル」であるかと訊かれると、アニメや夢のようだとしか答えられません。

2、SFの戦闘シーンとして、設定や描写に幼稚な感じはするか

 幼稚だと思います。そもそもなぜ地球生物ではないエイリアンが卵から孵化するのか。なぜエイリアンたちは戦士に合体するのか。そうすることで戦闘的なメリットがあるのか。また、そもそも地球人ではないエイリアンはなぜおそらく人形である戦士に合体するのか。で、地球軍も同じく合体する。なぜ?

3、全体的に、SFとしての知識やセンスが不足している感じがあったか

 (本格的な)SFというよりメカアニメのような感じがしました。知識やセンスが不足しているかどうかはわかりません。

 突然卵が地球の近くに出現するというのは悪くないと思います。

4、SFの文章としてはこれでいいのか

 聖書のような文章だと思いました。とても索然としています。

5、純粋に面白く読めたか

 独特だとは思いました。

6、この路線で公募に応募しても大丈夫か

 応募する自体は大丈夫だと思います。僕は公募の経験あまりないのですが、入賞できるという意味の大丈夫なら、多分無理かな、と。

 辛口になってしまいました、すみません。しかしルイ・ミモカさんの好みがにじみ出ているような作品なので、それはいいと思います。

ああああ
101-141-69-80f1.osk3.eonet.ne.jp

1、場面の映像がリアルに浮かぶか
 浮かばなかった。


2、SFの戦闘シーンとして、設定や描写に幼稚な感じはするか
『地球の方向に向かって群れを成して行進して来た。』
『先頭を跳ぶのは』
 冒頭から幼稚。
 多分、学生だと思うけど、漢字をちゃんと使うことから覚えたほうがいい。
 造語やインパクトを与えるにしても、こう多いと国語能力が疑われる。

『エイリアンがしばらく動きを止めたのを見て、太平洋上に浮かぶ戦艦苫都のカノン砲から一撃の砲弾が放たれた。』
 しばらく動きを止めたのを見て、とあるが動き出す前に砲撃するのでは?


3、全体的に、SFとしての知識やセンスが不足している感じがあったか
 そもそもSF知識についての記述が無いに等しいので、評価のしようが無い。
 センス以前の問題だと思う。


4、SFの文章としてはこれでいいのか
「クリスの戦闘機に剣を降り降ろした。」
 SF以前に文章能力が気になる。

 文章に説得力が無い。
 砲弾の一撃で数百万のエイリアンを倒しているけど、砲弾の威力については触れてないし、対象であるエイリアンの頑強さについても触れてない。

 指示語が多くてうんざりする。


5、純粋に面白く読めたか
 読めなかった。


6、この路線で公募に応募しても大丈夫か
 応募は自由なので、しても良いのでは?



文章からして、小説を書き始めたばかりの人だと思うけど。もう少し読書とかしたほうがいい気がした。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

>真夜中の揚羽蝶様

尊敬している真夜中の揚羽蝶様から感想をいただけて感激しています。
この作品は、実は、アニメの脚本みたいなものを想定して書きました。
なので、純文学を読む感覚で読むと、幼稚に思えるかもしれません。
純文学系の作品って、全部がそうとは限らないのですが、暗くて重々しいテーマで、何か「深さ」みたいなものに浸るような作風が比較的多いような気がするんですけど、
自分は表面的な軽いノリで底抜けに明るい感じのものを書きたいかなって思って。
でも、正統派の純文学系な感じを求める人にとっては、反感を覚えさせるものになったかもしれません。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

>ああああ様

>漢字をちゃんと使うことから覚えたほうがいい。

漢検はだいぶ前に準1級を取得しているので、人並みの知識はあると思う。

この作品は、実は、子供向けに書きました。
子供ってバチバチやってるシーンとか好きだと思うんですね。
そういう夢や希望を忘れていない子供たちに楽しんでもらえる作品を書きたいと思っています。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

みなさん、ためになる感想ありがとうございました。

もう一度、いろいろなSF映画を見たり、小説を読んだりして、
基礎からSFの世界を勉強するつもりです。
また、SFにファンタジーの要素を加えたようなものも書いてみたいなと思っています。

まだ実力が備わっていないみたいなので、来年、再来年の応募も視野に入れながら、じっくり焦らずに取り組んで行った方がいいのかなと思っています。

何にしても、自分はまだまだ未熟だと痛感しているので、
基礎からしっかりやり直すつもりで、
自分の駄目なところを改善していけるように一生懸命頑張りたいと思います。

ぷーでる
pl59059.ag2525.nttpc.ne.jp

パッと読み、あらすじぽっい印象を感じました。子ども受けを狙うなら、この文章ではキツそうです。
大人の私が読んでもしんどいのですから。
文章が、純文学っぽい感じ?
あと、登場人物が大人だけなのもアウトかな?
大人だけにするなら、子どもに好かれる大人のキャラが必要でしょう。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

>ぷーでる様

老若男女に愛される作品を書けるように、もう一度面白い小説は何かというのを勉強しなおしたいです。
世界観をもっと確立してから戦闘シーンに入った方がいいかなって思いました。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

こういうSFを書きたいなっていう漠然としたイメージはあったのですが、
しっかりと世界観を作ってから書いた方がいいということに気づきました。
設定とか、プロットとか、そういうのをもっとしっかり練ってから書いた方がいいと思いました。
これまでSF小説をほとんど読んだことがなく、今回改めて何冊か試し読みしてみたのですが、
自分に足りない要素に気づくことが出来ました。
もっといろんな人の小説を読んで、映画とかも見て、SFというジャンルをもっとしっかり基礎から勉強することにしました。
今回の挑戦は自分なりにとても勉強になりました。
本当に参考になるご意見ありがとうございました。

ルイ・ミモカ
i223-217-46-173.s42.a014.ap.plala.or.jp

これまでの私は、少しでも早くプロになりたいと焦りすぎていたかもしれません。
プロになりたい気持ちも大事だけど、
いろいろな小説を純粋に楽しむことも大切にしたいと思います。

自分の文体とか、作品全体の構成とか、
もう一度、初心に戻って、一から再構築しなおそうって思っています。

気持ちが焦ると、どうしても、自分がやりたいこと、目指していることが分からなくなりがちですね。
楽しみながら、夢を追いかけるという気持ちを忘れないようにしたいと思います。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内