作家でごはん!鍛練場
浅野浩二

一人よがりの少女

ある初冬の日のことである。
私は、横浜市立中央図書館に、行って、勉強した。
そして、閉館の5時に、図書館を出た。
私は、アイスティーが、飲みたくなって、近くの、マクドナルドに入った。
私は、アイスティーを、持って、二階の客席に、上がって、座った。
そして、アイスティーを、啜り出した。
二階の客席は、すいていた。
しかし、窓際の席に、一組の、女子高生と、男子高生、が、向き合って、座っていた。
客は、その二人と、私だけだった。
女子高生と、男子高生、は、彼氏彼女の仲なのだろう、仲が、良さそうで、さかんに、話していた。
二人の会話が、私の耳に入ってきた。
私は、二人の会話に耳を傾けた。
どうやら、彼女は、アイドル志望で、芸能プロダクションの、オーディションを、受けたのに、落ちてしまったらしい。
彼女は、さかんに、AKB48の、悪口を言っていた。
「高橋みなみ、なんて、大したことないじゃない。そもそも、AKB48なんて、いい加減なものよ。一人で、芸能プロダクションに、応募して、認められたんじゃ、ないわ。大勢、いるから、一人か、二人、ブスが、混じっていても、わからないじゃない。ねえ。そうでしょ」
そう言って、少女は、チキンマックナゲットを、ちぎって、バーベキューソースをつけて、男の子の口に、入れた。
「スマップにしたって、そうじゃない。あの中で、格好いいのは、木村拓哉だけじゃない。他の、稲垣吾郎、香取慎吾、中居正広、草彅剛、なんて、たいしたことないじゃない」
そう言って、少女は、チキンマックナゲットを、ちぎって、バーベキューソースをつけて、男の子の口に、入れた。
「草彅剛、なんて、たいしたことないじゃない。あれが、人気があるのは、スマップの一員だから、という理由だけじゃない。もし、草彅剛、が、一人で、芸能プロダクションに、応募したら、プロダクションは、採用したと思う?採用なんて、しっこないわ。自分の実力で、タレントになったんじゃ、ないわ」
そう言って、少女は、チキンマックナゲットを、ちぎって、バーベキューソースをつけて、男の子の口に、入れた。
「AKB48だって、そうだわ。AKB48なんて、あんな大多数のグループが、今までに無かったから、受けたのに、過ぎないじゃない。で、AKB48が、人気が出たから、グルーブに属する、一人一人、が、アイドルになれた、だけのことじゃない」
そう言って、少女は、チキンマックナゲットを、ちぎって、男の子の口に、入れた。
男の子は、ニコニコ、笑顔で、少女の、発言に、自分の意見を言う、ということは、せず、黙って、少女の話を聞いていた。
また、少女も、うつむいたまま、顔を上げず、一人で話していた。
少女は、男の子を、話し相手とは、思っておらず、自分の思いを、誰かに話したくて、一方的に、男の子に、話しているのに過ぎない。
だから、別に、少女の、お喋りの、聞き手は、仲のいい、彼でなくても、誰でも、よかったのである。
こういう女は、結構、いるものである。
私は、彼女の、一人よがりさ、が、何とも、面白く、二人の会話を、黙って聞いていた。
その時である。
外で、大きな声がした。
警察のアナウンスだった。
「こちらは、横浜中区警察署です。今、アフリカから、上野動物園に、輸送中の、ゴリラが、車のカギを壊して、脱走しました。凶暴な肉食の人食いゴリラです。この近辺にいると、推測されます。大変、凶暴です。危険ですので、住民のみなさんは、外を出歩かないようにして下さい。そして、ゴリラを見かけた方は、すぐに、警察に通報して下さい」
私は、(ふーん。ゴリラが、街中をうろついているのか)、と、思ったが、私は、自分とは、関係のない、他人事だと、思って、気にかけなかった。
それより、私は、少女の話の方に、関心があった。
「あーあ。私も、芸能プロダクションじゃなくて、AKB48のオーディションを、受ければよかったな。そうすれば、私なら、間違いなく、受かったのに」
そう言って、少女は、チキンマックナゲットを、ちぎって、バーベキューソースをつけて、男の子の口に、入れた。
男の子は、ニコニコ、笑顔で、少女の、発言に、自分の意見を言う、ということは、せず、黙って、少女の話を聞いていた。
その時である。
私は、吃驚した。
なぜなら、大きなゴリラが、マクドナルドの二階に上がってきたからである。
私は、腰が抜けてしまって、動くことが出来なかった。
男の子は、ゴリラに、気づくと、出来るだけ、物音を立てないように、注意しながら、そっと、席を立って、抜き足差し足で、二階のマクドナルドから、出て行った。
ゴリラは、少女の、席に、向き合って、座った。
ハーハー、鼻息を荒くしている。
しかし、少女は、うつむいて、独り言の愚痴を、話そうとしているので、目の前の、ゴリラに、気づいていない。
「あーあ。AKB48の、オーディションを、受けていれば、私は、受かったのに。もう、募集、締め切りになっちゃった、から、出来ないわ。ねえ。私が、AKB48の、オーディションを、受けていれば、受かったのに」
そう言って、少女は、顔を上げ、チキンマックナゲットをちぎって、バーベキューソースをつけて、ゴリラの口に入れた。
「そうすれば、私は、アイドルになれたのよ。ねえ。あなたも、そう思うでしょ」
そう言って、少女は、チキンマックナゲットをちぎって、バーベキューソースをつけて、ゴリラの口に入れた。
少女は、自分の愚痴を言うことに、関心の全て、が行っているので、目の前に、ゴリラがいる、ということも、ゴリラを、見ていながらも、気づいていなかった。
その時である。
警察官と、機動隊の数人が、そーと、マクドナルドの、二階に、上がって来た。
警察官と、機動隊は、口に、人差し指を立て、「しー」、と、ゴリラを刺激しないように、ゴリラを捕獲しようとした。
「麻酔銃を打とうか?」
「いや。それは、危険だ。ゴリラを刺激する」
「少女の命が危ない。しかし、どうして、あの少女は、逃げようとしないのだろう?」
「きっと、恐怖のあまり、足が竦んでしまっているのだろう」
「少女は何か、ブツブツ独り言、を言っているようだが、なぜだろう?」
「きっと、少女は、もうダメだと、思って、神に、祈っているのだろう」
「では、仕方がない。ゴリラを、機関銃で、射殺するしか、他に、方法がないな」
「よし。それで決まりだ。では、私が合図するから、みな、ゴリラの頭を狙って、一斉に、撃て」
そう言って、機動隊員たちが、機関銃を、ゴリラの頭に向けた時である。
「あなた。さっきから、黙ってばかりで、少しは、相槌を打つなり、自分の意見を言うなりしなさいよ。高橋みなみ、と、私と、一人の女として、どっちが、魅力的だと思うの?あなただって、イケメンだから、草彅剛、とたいして変わりないから、ちゃっかり、スマップに入れるわよ」
そう言って、少女は、怒って、顔を上げ、チキンマックナゲットをちぎって、バーベキューソースをつけて、ゴリラの口に入れた。
しかし、もちろん、ゴリラは、人語なと、わからないし、話せない。
「もう。いいわ。私、帰る」
そう言って、少女は、立ち上がって、スポーツバッグを、肩にかけ、スタスタと、その場を離れ、マクドナルドから、出て行った。
「しめた。少女が去った。もう、少女の身は、安全だ。あとは、どうやって、ゴリラを捕獲するかだ」
機動隊員の一人が言った。
その時である。
ゴリラは、立ち上がって、おとなしく、マクドナルドの二階席から、一階へ降りた。
「しめた。どういう気まぐれ、かは、わからないが、ゴリラが、外へ出てくれた。こうなれば、安全に、捕獲することは、容易だ」
機動隊員の一人が言った。
警察官と、機動隊員は、ゴリラが、マクドナルドの二階席から、出て行ったのを、後から追った。
そして、私も、マクドナルドの二階席を降りた。
警察官と、機動隊、は、何とか、ゴリラが、暴れないように、捕まえようと、輸送車の、観音開きの、戸を開けて、待機していた。
しかし、ゴリラは、自分から、輸送車に、乗り込んだ。
こうして、ゴリラは、無事に捕獲されて、上野動物園に、送られた。

一人よがりの少女

執筆の狙い

作者 浅野浩二
sp1-72-4-199.msc.spmode.ne.jp

少年と少女が話し合っているけれど、少女が一方的に、自分の言いたい事、を言っている場面を、実際に見ました。その少女の一人よがりさ、が、面白く、ユーモア小説に、仕立て上げました。

コメント

茅場義彦
M106072175192.v4.enabler.ne.jp

オチが弱いね でもステキどす

浅野浩二
sp1-72-4-199.msc.spmode.ne.jp

茅場義彦様。
コメント、ありがとうございます。
オチが弱いとの批評、ありがとうございます。
自分では、オチ、は、これ以外に、何をどう書けば、いいのか、わかりません。
どんな、オチ、にすれば、いいのでしょうか?
教えて頂ければ、幸いです。

茅場義彦
M106072175192.v4.enabler.ne.jp

ゴリラが高橋と草薙の激烈なファンで 少女を腹いせにふっ飛ばして終わるってのはどうだしょ

浅野浩二
sp49-98-9-67.msb.spmode.ne.jp

茅場義彦様。
コメントありがとうございます。
なるほど。
そういう発想は、とても思いつきませんでした。

椎名
KD027083171050.ppp-bb.dion.ne.jp

シュールで面白かったです。

浅野浩二
FL1-119-239-251-223.kng.mesh.ad.jp

椎名様。
コメントありがとうございます。

浅野浩二
FL1-119-239-251-223.kng.mesh.ad.jp

最近、小説を書く時、いかに、現実性にとらわれず、デタラメにするか、ということを、心がけています。野生のゴリラは、草食ですが、肉食のゴリラが、いたっていいじゃないか、と思いました。

それと。

窮鳥懐に入れば猟師も殺さず、の心理がゴリラにも起こったのだろうか。ゴリラは、少女に襲いかかろうとはしなかった。

という、文章を、入れておいた方が、よかったかもしれない、とも、思いました。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

ある種のお笑いのパターンなのかな、と思いましたね。
たぶん、核心的なネタはすでに何処かにあって、時々、目撃していますね。
あとはアレンジ次第ですからね。
だからと言って御作をパクリであるとは言いません。
自分でも気が付かない間に真似ていることはよくあることですからね。
それだけ既視感はあります。
とはいえ、面白ければ、それでも良いとは考えますね。

浅野浩二
sp49-106-217-222.msf.spmode.ne.jp

偏差値45様。
コメントありがとうございます。
>核心的なネタはすでに何処かにあって
>だからと言って御作をパクリであるとは言いません。
核心的なネタなど、ありません。
パクリでもありません。
小説は、人間が、考え出すものですから、そして、小説は、この世に無限に近いほどありますから、オリジナル小説を書いた結果、それが、誰かがすでに、書いた小説に似ている、ということは、非常に多いと思います。
格言「物語のあらゆる構造は大昔に出尽くされている 」

imaginary
softbank060134045055.bbtec.net

とても面白い!句点の多さで文章をじっくりと読ませる試みが素晴らしく、シュールな空気感をよりユーモアラスに演出しています。

(仮)
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

こちらでもお邪魔しまーす!

なんで、こんなに読点(、)が多いんですか!?
どうしても、読めないのですが……。私だけ!?

浅野浩二
flh3-49-129-242-112.tky.mesh.ad.jp

imaginary様。
コメント、有難うございます。
ちょっと、明らかな誤解があります。
句点が多い理由は、文章を読者にじっくり、読ませる試みでは、決してありません。
私は、パソコンのワープロで、いきなり、小説を書くようになってからは、やたら、句点、が、多くなってしまいました。私の、ホームページに、アップしている小説は、みんな、句点が多いです。むしろ、句点が、多すぎるのは、ワープロで、いきなり、小説を書くようになって、身についてしまった、悪いクセだと、自分では、思っています。
それと。
椎名様、も言っておられましたが、この小説の、どこが、シュール(超現実主義)、なのか、私には、さっぱり、わかりません。
ゴリラ(でなくても、狂暴な動物)、が、店に、入り込む、という事件は、まず、ないでしょうが、あっても、おかしくは、ないと、思います。
あっと。
これを、書いてる時に、気づいた、のですが。
少女が自分の関心事に没頭しているために、ゴリラを見ても、ゴリラと、気づかない、ことが、シュール(超現実的)、なのかな、と思いました。
しかし、何が、シュールなのかは、本当には、わかりません。
書いていただけると、幸いです。
もっと、作品を、この鍛錬場に、アップしたいのですが、
「ひとりの作者につき、2週間に1投稿のみ可能です。2週間以内の再投稿は禁止とし、抵触した作品は掲載を停止することがあります。」
とあるので、2週間、待つしかないのが、残念です。
2週間後、に、また、1作、アップします。
それと。
この場、や、掲示板、で、私の他の作品に対する、感想を述べる、というのは、反則でしょうか?
反則でないなら、他の作品についても、感想を書いていただけると、幸いです。
掲示板でなら、反則でないように、思うのですが。

浅野浩二
flh3-221-171-101-91.tky.mesh.ad.jp

(仮)様。
コメントありがとうございます。
ちょうど、入れ違いに、読点「、」の多い理由を書いて、アップしていました。
句点は、「。」、です。
なので、前の私のコメントの、句点は、間違いで、「句点」、ではなく、「読点」、と書くべきでした。

偏差値45
dcm2-119-239-94-64.tky.mesh.ad.jp

再訪失礼します。

>ワープロで、いきなり、小説を書くようになって、身についてしまった、悪いクセだと、自分では、思っています。

なるほど。読点「、」が多いことは気になっていましたので、謎が解けました。
人によっては全くない文章を目にすることもありますからね。
いずれにせよ、程々が良いとは思いますね。

浅野浩二
flh3-49-129-242-72.tky.mesh.ad.jp

偏差値45様。
小説を書いている時に読点「、」を頻繁に入れるのがクセになってしまいました。
その方がなぜたかわかりませんが落ち着くのです。
もちろん書き上げた後何度も読み直して誤字などはチェックしているのですが。
そして不用な読点も多少は消しているつもりなのですがなぜか読点は消したくない気持ちになってしまうのです。
imaginary様のように読点が多い方がいいと言う人もいますし(仮)様のように読点が多くて読めないという人もいますし。
しかし。
読点が多くて読みにくいということはあっても読点が多くて読めないということはないと思います。
これからは不用な読点は消すように努力しようと思います。

5150
5.102.6.54

面白かったです。とにかく人の話を聞いてくればいい人って、けっこういますよね。

「もう。いいわ。私、帰る」の前に、もうひとリアクション欲しかったですね。

例えば、女の子は目の前に座っている人(ゴリラ)では満足できず、機関銃をゴリラに向けている機動隊員の人たちにも、意見を求める。機動隊員とのとぼけた会話を挿入するとか。

浅野浩二
sp110-163-216-188.msb.spmode.ne.jp

5150様。
貴重なアドバイス、有難うございます。

青井水脈
om126194198241.10.openmobile.ne.jp

感想返しに来ました。

>そう言って、少女は、チキンマックナゲットを、ちぎって、男の子の口に、入れた。

>そう言って、少女は、怒って、顔を上げ、チキンマックナゲットをちぎって、バーベキューソースをつけて、ゴリラの口に入れた。

この流れと、お話の発想が面白かったです。オチは、無事ゴリラが動物園に戻ったのが良かったです。

浅野浩二
flh3-122-133-73-117.tky.mesh.ad.jp

青井水脈様。
コメントありがとうございます。

(仮)
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

おはようございます。
感想返しに来させて頂きましたm(_ _)m
改めて読ませて頂くと、とても面白かったです。先日は失礼致しました。
ゴリラさんのラストでの行動の理由を自分なりに考えてみました。
厭世感に浸ったのか……いやイケメン認定が嬉しかったのでしょうか?
ネタバレ御免します!(笑)

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内