作家でごはん!鍛練場
佐鳥

猫と星

 ここはとおい、とおいどこかの夜空。
 ねこたちが空を見上げています。ねこは、ここではひとつ、星を持ってうまれてくるのです。
 ねこたちは地上で、じぶんの星を見上げています。
 
 きれいだなぁ
 
 ねこたちはみーんな、そう思うのです。じぶんの星が一番きれいだと、その星空をうつしたようなキラキラひかる目で、星を見つめています。
 
 
 一匹のねこが、かなしそうに夜空を見ていました。
 ここに来てまもない、みけねこです。みけねこの見つめる星は、弱々しく光っているのです。
 
 星が泣いてる。早く元気になって欲しいなぁ
 
 みけねこは星に向かって、いっしょうけんめい、鳴きました。星はねこよりずーっとずーっと高いところにありますから、ねこの声が聞こえるはずがないのですが、それでもねこは、ずーっと鳴き続けました。
 その隣に座っていたくろねこは、やさしく言いました。
 
 そんなに鳴くのはおよしなさい、きっと時間が経てば、星は光るよ
 
 みけねこは答えました。
 
 早く元気になってほしいんだ。だから、僕は元気を出してって、鳴くんだ
 
 くろねこはまた、やさしく言いました。
 
 しあわせなねこが持つ星ほど、光るまでに時間がかかるのさ
 
 みけねこは首をかしげて、座り直しました。ずっと空を見ていたので、体が痛くなってしまったのです。
 そういえばここに生まれる前も、体が痛くて、うごかなかった事を思い出すのでした。
 そしてそんな時、撫でてくれた温かい手があって、今もまた、優しく撫でてくれているような感じがするのでした。
 
 会いたいなぁ
 
 みけねこの目から、なみだが一粒、ぽろんとこぼれました。くろねこが言いました。
 
 星が光れば、また会えるさ
 
 くろねこさんは、いつからここにいるの?
 
 何年になるだろう。もう覚えていないのさ。だけど、星のことだけは、忘れた事はないんだよ
 
 くろねこはおだやかな目で、星を見ています。
 
 星が落ちる時、私たちはまた、大好きなものに会えるんだ。
 一緒に待とう。退屈なら、おしゃべりしていたって、いいんだから。
 
 
 数日が過ぎました。みけねこの星は、ほんの少し、元気になったようです。
 
 きれいだなぁ
 
 ちょっと悲しい目をして、みけねこは言いました。
 すると横から、さばねこが口を挟みました。
 
 俺の星のほうが、ずっときれいだよ
 
 さらに横から、さびねこが口を挟みました。
 
 私の方が、きれいよ!それにずぅっと、大きいもの!
 
 たしかにその二匹の星は大きくて、たくさん光っていましたから、みけねこは悲しくなって一粒、涙をこぼしました。
 
 僕はあの星が好きなんだ。小さくても、弱くてもあの星がいちばん、好きなんだ。
 だってほら、あんなにきれいな色をしているんだから。
 
 二匹のねこは、みけねこの星を見ました。
 みけねこの星は小さくて、光も弱いのだけれど、とてもきれいな青色をしているのでした。
 そしてこうして見てみると、夜空に浮かぶ星たちにはひとつとして、同じものはないのでした。
 
 隣で静かに聞いていたくろねこが、言いました。
 
 どの星もきれいだね。私たちはみんな、とてもきれいな星を持っているよ
 
 よんひきのねこは、みんなで空を見上げました。そしてやっぱり、自分の星が一番だと、思うのでした。
 
 
 
 一体どのくらいの時間が過ぎたのでしょう。みけねこの星は、ずいぶんと大きくなりました。
 悲しい光は温かい光に変わり、みけねこはもう泣かなくなりました。
 横に座っていたくろねこが、立ち上がりました。
 その瞬間、くろねこの星はとても大きくひかって、まっさかさまに落ちてきました。まぶしいほどの光に包まれて、くろねこの姿が見えなくなりました。
 
 また会えるよ。その時まで星を忘れないで
 
 くろねこの声に、みけねこは頷きました。星の光の中で、見知った誰かの腕に抱かれるくろねこの姿を見たような気がして、それはとっても幸せなひだまりのような気配で、みけねこは思わず目をつむりました。
 そして次に目を開けた時には、もうくろねこの姿はどこにもありませんでした。
 みけねこは前足を舐めて、体を横にしました。星の光は、みけねこを優しく照らします。他の星も、ねこたちを優しく照らしています。
 
 また会えるよ。
 
 くろねこの優しい声を、みけねこは思い出して、最後にぽろんと一粒、涙をこぼしました。
 だけどいつか、きっと、どこかで。会える気がしてたまらないのでした。
 
 
 

猫と星

執筆の狙い

作者 佐鳥
116-94-238-232.ppp.bbiq.jp

童話というか、優しい物語を書きたいと思って作りました。

コメント

大丘 忍
ntoska314132.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

物語をつくるということは、小説を書く上で非常に大切なことです。つまり、小説とは物語であると言っても過言ではないからです。
本作は猫と星ということで物語を作り上げましたが、これがだんだんと実社会に近い状態になると本当の面白い小説になってきます。
私の考えでは、小説とは本当のことを書くものだと思っております。本当の景色、本当の人物が登場する。もちろん、実在の人物や景色ではありませんが、読者には架空であってもそれがまるで実在の如く思われるというのが良い小説だと思います。これからもかんばってください。

飼い猫ちゃりりん
KD106128158221.au-net.ne.jp

佐鳥様
 童話は難しいですよね。飼い猫もチャレンジしたことあるからわかります。幼な子と大人の両方に感動を与えるように書く。守備範囲が異様に広いのです。

あ、とおいどこかの夜空?
ちょっと変な日本語だと思います。
夜空は夜空で、右の夜空も左の夜空もありません。夜空何丁目何番地はありません。
「とおいどこかの星」なら日本語としてokです。

夜の雨
ai209070.d.west.v6connect.net

「猫と星」読みました。

世界観のイメージが膨らむ作品ですね。

導入部の「猫は星をひとつ持ってうまれる」というアイデアがよくて、猫たちが夜空を見上げているところなどは素敵です。
ここに来たばかりの「みけねこ」が主人公で、みけねこの星はよわよわしい光で心配していたが、くろねこが励ます。

 >しあわせなねこが持つ星ほど、光るまでに時間がかかるのさ< ← これは、なかなか、名文ですね。

みけねこの星は「小さいが青くてきれい」というあたりが、「個性がある」ということで、他のねこの星もそれぞれに個性がある。
童話は子供が読むので、子供たちが他人と違っていて、いじめや喧嘩になったり悩んだりすることがあっても「それぞれが、同じものはなくて、美しい」ということを「御作を読む子供たちに伝えられる」内容がエピソードとして、書かれている。

御作では4匹の猫が登場しますが、それぞれの役割をもっているようです。
主人公のみけねこ以外では、くろねこが重要な役割をしていて、ラスト近くで星がひときわ大きくなり落ちて、くろねこがいなくなるというところなどは、生死の輝きが描かれているのではないかと。

>一体どのくらいの時間が過ぎたのでしょう。みけねこの星は、ずいぶんと大きくなりました。
 悲しい光は温かい光に変わり、みけねこはもう泣かなくなりました。< ← くろねこがいなくなる前にこちらの文章が書かれているわけで、導入部のエピソードから年月がだいぶ経過したということになっています。ここに書かれているのは「みけねこ」が成長したということになり、くろねこは年老いたということになる。ある意味、猫の人生が書かれている。


子供の情操教育によい童話ではないかと思いました。

お疲れさまでした。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

気になった点。

>みけねこは答えました。
>早く元気になってほしいんだ。だから、僕は元気を出してって、鳴くんだ
一般的には三毛猫はメス。一般的には僕は男性。
何かしらの意図があるならば良いのですが、ないのならば問題かな。

さて感想です。
個人的には不満の方が多い作品ですね。
世界観は良いとしても、ストーリーが脆弱です。
またキャラクターにも魅力があるとは言えません。

例えば、昔話(回想シーン)など取り入れてはいかがでしょうか。

アン・カルネ
219-100-28-94.osa.wi-gate.net

>みけねこの星は小さくて、光も弱いのだけれど、とてもきれいな青色をしているのでした
ここで思わず、地球? もしかしてそれは地球なの?って思ってしまいました(笑)。

優しい物語になっていたと思います。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

ああ・・
ヨコから、他人様の感想に異を唱える感じに「も」なってしまうんですが、


個人的には、
>みけねこの星は小さくて、光も弱いのだけれど、とてもきれいな青色をしているのでした。

から即座に連想されたのは、宮沢賢治『よだかの星』。

あの童話で、よだかが最後になったのが、まさに「そういう星」だった。

夜の雨
138.64.195.62

宮沢賢治の『よだかの星』で、「よだか」が「星」になるのは「亡くなった」からですが。

それで亡くなった「よだか」が、「そして自分のからだがいま燐の火のような青い美しい光になって、しずかに燃えているのを見ました。」と、なるわけです。

佐鳥さんの「猫と星」という作品では「猫」は自分の星を持っていますが、亡くなったら、その星になるのではありません。
亡くなると、猫が持っていた星は落ちるのです。「星は消える」(猫と星は運命共同体)のであって、宮沢賢治の『よだかの星』の生死の哲学とは根本的に違います。

『よだかの星』 ← よだかが、亡くなって星になる。
「猫と星」   ← 猫と一緒に星も成長する。猫が亡くなると、星は落ちて消える。


しかし、連想するということは、よいことだと思いますよ。
連想するから創作ができるのではないかと。
まったく「無」から、小説を創作するのは不可能。
それまでにいろいろな小説を読んだり、人生経験の積み重ねが創作に関係してくると思います。

一応この感想を書くために「青空文庫」で宮沢賢治の『よだかの星』は読んできました。

まあ、作者が返答もしないうちに「感想欄」で、ああだこうだと言ってもしかたがありませんが。


以上です。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

私は、「この話が『よだかの星』を連想させる」・・なんてことは、一言も言ってません!!

『よだかの星』言ってるのは、
アンカルネさんの「小さな青い星……もしかして地球なのかなー」な感想について、
ふと呟いただけだ。


なんの関係もないところから、一方的に「捻じ曲げコメント」して、
宮沢賢治の当該作品とのストーリー比較とか、
《不本意》だし、
《迷惑》なんで、やめてくんないかなー。


ワタシのつぶやきに《捻じ曲げ便乗して反論》とか、どうかしてます。



この原稿の「小さくて光の弱い、けれどきれいな青い星」に『よだかの星』を連想して、つらつら思ってたことは、

『よだかの星って、やっぱ〈青色矮星〉だよなー…。そう思うんだよなー…。宮沢賢治、先見の明がつくづくすげぇ……』だった。

夜の雨
ai192102.d.west.v6connect.net

●私は、「この話が『よだかの星』を連想させる」・・なんてことは、一言も言ってません!!●
  「 ↓ 」 下記のように、書いておられますが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
個人的には、
>みけねこの星は小さくて、光も弱いのだけれど、とてもきれいな青色をしているのでした。

から即座に連想されたのは、宮沢賢治『よだかの星』。

あの童話で、よだかが最後になったのが、まさに「そういう星」だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「猫と星」の文章の一部である「みけねこの星は小さくて、光も弱いのだけれど、とてもきれいな青色をしているのでした。」から、即座に連想した、宮沢賢治『よだかの星』。と、書いていますけれど。

――――――――――――――――――――――――――――――――
『よだかの星』言ってるのは、
アンカルネさんの「小さな青い星……もしかして地球なのかなー」な感想について、
ふと呟いただけだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

「ふと呟いただけだ」  ← だったら、「即座に連想」という紛らわしい言葉を使わないようにしたほうがよいですよ、誤解されるので。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
なんの関係もないところから、一方的に「捻じ曲げコメント」して、
宮沢賢治の当該作品とのストーリー比較とか、
《不本意》だし、
《迷惑》なんで、やめてくんないかなー。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ご自分の書いた文章をしっかりと読んで、理解してください。
あなたとわたしと、どちらが、間違ったことを書いているのかを。


>ワタシのつぶやきに《捻じ曲げ便乗して反論》とか、どうかしてます。<  ←「つぶやき」とは、書いていないよ、「即座に連想」とか、書くので、「あれっ?」と、思うのですよ。


お疲れさまでした。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

勝手に曲解して長文書いて来て、なおも『捻じ曲げコメント』追加するのは、

「はなはだ迷惑」なんでやめてくれませんかね??



繰り返しますけど、

私の最初のコメは、
「この話が『よだかの星』を連想させる」・・なんてことは、一言も言ってません!!




>個人的には、
>>みけねこの星は小さくて、光も弱いのだけれど、とてもきれいな青色をしているのでした。
から即座に連想されたのは、宮沢賢治『よだかの星』。

あの童話で、よだかが最後になったのが、まさに「そういう星」だった。


の「連想された そういう星」とは、
《◯◯の星は小さくて、光も弱いのだけれど、とてもきれいな青色をしている》を指しているもので、

【その星の設定 について】です。



それを、夜の雨さんは、
《この原稿のストーリーから、宮沢賢治『よだかの星』のストーリーが即座に連想されたのだ》と
限定解釈して、

長文横レス。


根本的に誤解、夜の雨さんの曲解なので、
「いいえ違います。アンカルネさんの地球コメントにつぶやいただけです」説明したら、

>だったら、「即座に連想」という紛らわしい言葉を使わないようにしたほうがよいですよ、誤解されるので。


↑ って断定されてる訳なんだけど、


それは《夜の雨さんの国語力・読解力だと、実際そうなった》ってだけで、

世間一般の全員が全員「必ずそう曲解する」訳じゃないです。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

いまいちど、レスの流れを「整理」すると、



(アンカルネさん)

>みけねこの星は小さくて、光も弱いのだけれど、とてもきれいな青色をしているのでした
ここで思わず、地球? もしかしてそれは地球なの?って思ってしまいました(笑)。
>優しい物語になっていたと思います。


(その流れからワタシのつぶやき)

>ヨコから、他人様の感想に異を唱える感じに「も」なってしまうんですが、
個人的には、
>>みけねこの星は小さくて、光も弱いのだけれど、とてもきれいな青色をしているのでした。
から即座に連想されたのは、宮沢賢治『よだかの星』。
>あの童話で、よだかが最後になったのが、まさに「そういう星」だった。



↑ ってつぶやく手前で、ワタシの頭の中を占めていたのが、前述したとおり

>この原稿の「小さくて光の弱い、けれどきれいな青い星」に『よだかの星』を連想して、つらつら思ってたことは、
>『よだかの星って、やっぱ〈青色矮星〉だよなー…。そう思うんだよなー…。宮沢賢治、先見の明がつくづくすげぇ……』だった。



宮沢賢治にぼぼっと感服していたところへ、
アンカルネさんの読み方「>もしかしてそれは地球なの?」が、
『ああ、そうかもしれないね』(素敵な読み方だね)って思ったもんだから、

そのレス(流れ)にのっかって、ついぽろっと呟いてしまったところ、


かように面倒くさいことになった。



以上でいいでしょうか???






作者さん、感想欄がいきなり面妖なことになってしまって、そこはほんとごめんなさい。。

夜の雨
ai192102.d.west.v6connect.net

貔貅がくるさんへ。

「2021-02-23 19:34」&「2021-02-23 19:45」で、何やら、説明をしていますが、そもそも「2021-02-23 14:04」 ← 最初に問題になった、これより先に、「猫と星」を読んで、感想を書いていたら、誤解もなかった可能性があったろうに、あなたは感想も書かずに、他人が書いた感想に紐づけて「紛らわしいことを書くから、誤解が生じるのです」。

少しは反省したら、いかがですか。

あなたが、謙虚にならないかぎり、今後もこういった騒動は続くと思いますよ。

以上です、この件は、終了します。

佐鳥
116-94-238-232.ppp.bbiq.jp

大丘様
こちらはどちらかというと、子供向けの童話として書いたものなので、実社会とは切り離して書きたかったのです。
ファンタジーというか……。ただファンタジーはとても力量が問われるものなので、今回の作品は未熟でした。
がんばります。ありがとうございました。


飼い猫ちゃりりん様
とおいどこかの夜空に関しては、私も少し首を捻ってしまう表現だったのです……ただ、表現したい場所が、地球上とは連想してほしくない作者の考えだったので、非常に抽象的な表現になってしまいました。


夜の雨様
かなり、私が伝えたかったことを読み取って頂けていてとても嬉しいです。
実は……私の書き方が未熟で伝わりにくいのですが、このねこたちは死んでいるんです。星は生きている人間(飼い主)の事なのです。
ただ生死の循環を書いているというのは、物語の本質的な所で伝わったようなのでホッとしてます。ありがとうございました。


偏差値45様
子供向けなので、あまり長くならないようにと考えまして、ストーリーは薄くなってしまいました。
回想シーンを取り入れてしまうと猫が死んでいる事を明瞭に書かなければいけないので、生死をぼんやりさせておきたい作者の意図で難しかったです。お読みいただきありがとうございました。


アン・カルネ様
地球!なるほど、そういう解釈もあるのですね。私は短慮なので、まぁ、青が一番なんか、それっぽいだろうという感性だけで書きました……。
優しい物語と言っていただけて嬉しいです。ありがとうございました。


貔貅がくる様
よだかの星ですか!私はあの話が大好きなので、確かに少し引っ張られた所はあるかもしれません。書いてる時は、そんなに意識してはいなかったのですが……。
ただ青い星というのは、なんだか書いていてどうにも他の色だとしっくりこなかったので、まぁこういう時は青を使っておけばなんだかオシャレだし静謐だよな、と私の感性(惰性?)で選びました。
お読み頂きありがとうございました!

塩ゲッティ
114-134-221-72.fnnr.j-cnet.jp

拝読しました。

童話という前提で読みましたが、あまり子供向けっぽくないなと感じました。
子供の読むものって、筋がしっかりしてるか、全然ないか、どっちかだと思うんですよね。本作は匂わせ系とでも呼べばいいのか、設定先行になっていて筋が弱い印象でした。

自分の星を持って生まれてくるねこがいて、ねこたちは自分の星が大好きで、星が落ちるとねこも死ぬ、ということですが、星が落ちたら自分も消滅するってんならそりゃあ自分の星には元気でいて欲しいやろと繋げて考えてしまうとなんだかねこたちが打算的に見えてきて、優しい気持ちになれませんでした。
作者さんの目論見とは違う風に読んでしまったように思うのですが、、、そういう風にも読めてしまうよということで。

ねこと星に関する設定の説明ばかりでなく、(星から離れた)ねこの生活とかなにかしらの事件を入れてみると物語らしくなると思います。

では。

佐鳥
116-94-238-232.ppp.bbiq.jp

塩ゲッティ様
お読み頂き、ありがとうございました。この話は最初童話で!と思ったものの、書き進めるうちに童話っぽいもの、になってしまい、私がきちんと物語の方向性を持っていなかったために、半端な物になってしまったのだと思います。
言い訳で設定を書くのは恥ずかしいのですが、私の中では猫たちは死んでいて、どこか遠いところから生きている人間=星を見ているという感じだったのです。
可愛がっている猫ほど、失った側の人間は思い出にするまで時間がかかります。
星が大きくなるのは、悲しい思い出から優しい思い出に昇華されたイメージでした。
そして星が落ちる時、人間は立ち直り、ねこはまた輪廻の輪へと巣立っていくという設定が私にはあったのです。
言葉足らずで全く伝わってないので、きちんと書かなくてはいけんな、と恥ずかしい限りです。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内