作家でごはん!鍛練場
晴海

一色の集まり

 放課後の美術室。照りつけるような陽光を木の葉が遮り緩和する。
柔らかな光が葉っぱの淡い色を透かして美術室の床と、僕の白いままのキャンパスを彩っていた、その色は浅緑。
瞬間、僕の頭の中で浅緑が溶けた。溶けてのまれた。萌黄、若緑、灰緑、深緑。
いろんな緑が混ざり合って、僕の頭の奥の、また奥の方まで溶かした。
油彩画用筆を執り、パレットにあるだけの種類の緑をゆっくりと丁寧にチューブから押し出す。

今、この緑を描きたい。今、この緑で真白いキャンパスを染め上げたい。今、今、今。
僕は無造作に筆をパレットの緑に押し付けて、そのままキャンパスに線を描いた。
右に、左に、下に、上に。流れるように筆を滑らせる。
もっと、もっとだ。もっと出来る。僕なら出来る。
 
 僕は無我夢中で絵を描き続けた。でも、絵を描いていたと云うよりは塗っていたに近いのだと思った。
だって完成した絵は下から順に、萌黄、浅緑、若緑。そして唐突に海松色などがてんでバラバラに塗られている。
濃いから薄いに、薄いから濃いにとか、そういう順番とかでも無い。
緑色という種類のたくさんの集まり。一色の集まり。
 ただ、とても綺麗だった。これを僕が描いたのなんて信じられないくらいにとても美しいみどりいろ。
生乾きのキャンパスに描かれた一つの緑の線を指でなぞってみる。
キャンパスに触れた指は当たり前のように色が付いた。

 椅子から立ち上がって僕は軽く伸びをしてみた。背骨がコキリと二、三回音を立てる。
目までかかった前髪を掻きあげてスタスタと窓に歩み寄る。
ガラッと勢いよく窓を開けると校庭を走っていた運動部の元気の良い声が美術室にも響き渡った。
 しばらくは空を流れる雲を目で追っていたが、ふと校庭に視点を落とす。
バドミントンのラケットを持って素振りの練習をしている女子数人の和気あいあいとした様子を眺めていると僕に気がついたのか、大きく手を振り笑顔で僕の名前を呼んでくれた。
なんで僕だと分かったのか少し疑問に思ったけど、放課後まで残って絵を描いてる美術部員は僕しかいないからかと納得した。
にこりと微笑んで手を振り返したら、挨拶をしてくれた女子数人から黄色い歓声が上がった。

一色の集まり

執筆の狙い

作者 晴海
i223-219-76-160.s41.a014.ap.plala.or.jp

以前から小説を書いてみたく思い、如何せ書くならなにかお題を課そう。と「色」というお題で書いてみました。
今回初めて小説を書きました。

コメント

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

『油絵描いたことない人の作だなー』って。

ここのサイト、「油絵を描いている主人公で短編」上げて来る人は、どういう訳かほぼことごとく「油絵描いたことのない人」だもんで、毎回おんなじこと指摘してるんですけど、

高校で美術履修してる(していた)友人知人に、『油絵の基本事項』を聞いてから書いた方がいいと思う。


>油彩画用筆  → 画筆。
>キャンパス → 画布、キャンバス。

なんでか、「油絵を描いている主人公で短編」上げてくる人の8割方が「キャンパス」って書いてくるんだけど、それは「ノートの銘柄。もしくは大学構内」を表す単語。


そして、
>萌黄、浅緑、若緑。そして唐突に海松色

って列挙されると、個人的には『日本画描いてるみたいだよなー』と。
日本画ってたぶん「顔料で描く」んだと思うんだけど、油絵は「油絵の具」だから、色名は基本的に「洋物、外語」なんで、違和感ある。


これだけの短さの中に、違和感ある記載が結構あって、、、

>照りつけるような陽光を木の葉が遮り緩和する。
↑ それは「真夏の戸外の定型句描写」であって、室内の状況にははげしくそぐわないです。

>流れるように筆を滑らせる。
↑ それは、油絵じゃなくて「書道の定型句表現」かな。

>僕は無我夢中で絵を描き続けた。でも、絵を描いていたと云うよりは塗っていたに近いのだと思った。
↑ 油絵って「まずそういうもの」なんで、そんなんここでわざわざ言われても……って感じなんです。(描いたことない人だと引っかからないのかもしれませんが……)


肝心の「描いてるシーンの具体的かつリアルな描写」が、ほぼ一切なんもなくて、
そのくせ
>椅子から立ち上がって僕は軽く伸びをしてみた。背骨がコキリと二、三回音を立てる。
↑ がいきなり無駄に具体的だし、
着地点(締め)は「内容的にかなりどうでもいい」感じで、読んでがっかりだし、

主人公の自意識過剰な考察:
>なんで僕だと分かったのか少し疑問に思ったけど、放課後まで残って絵を描いてる美術部員は僕しかいないからかと納得した。
↑ はヘンテコだと思った。

体育系部活の女子は、動体視力も鍛えられてて「目がいい」だけなんじゃないか?? って。

一二三四五六七
fp76f123c9.chbd004.ap.nuro.jp

短そうなので読ませてもらいました。個人の感想で失礼します。

歓声が「黄色い」ことに妙な皮肉(あるいは容易に内側から壊れてしまいそうな危うさやある種の矛盾のようなもの)を感じました。
無論「黄色い歓声」それ自体は表現として普通あるいは定型的で、特筆すべきこともないんですが、あくまで「これらの文章の群れのなかに」「こういう形で」配置されることによって特殊な感慨が生まれたんだと思います。

主人公はひとつの色、あるいはトーンを求めている。そのトーンに統一された場所は、おそらく一切彼を脅かすことのない世界です。自ら求めて作り上げた場所(すでにできあがってりうトーン)の内側で、またぞろ手ずから色を塗るメタな感触がおもしろいですね。ほんとうは彼自身どこかでなにかに気づいてしまってるのかもしれません。

で、黄色い歓声です。作り上げた緑の世界から顔を上げて、そこで浴びるのが、黄色い歓声。男の子なら女子からの黄色い歓声は多くの場合、理想的な快の要素でしょうが、ここではそれは緑の調和を壊しうる不安定要素でもあるわけです。緑の世界には外側がある。そしてそこはきっと、別の色たちで溢れかえっている。(たとえば、女の子たちにモテるのはうれしいけど、複数の子たちとの痴情のもつれが原因で刺されたりする未来もあるかもしれない。それもこれも、緑一色の世界に黄色さえ混ざらなければ……)

というように、ご都合主義がどこまでも安全な場所に終わらないように読めるところが興味深かったです。

あらためて個人の感想で失礼しました。

一二三四五六七
fp76f123c9.chbd004.ap.nuro.jp

書き忘れました。

>今、今、今。
>もっと、もっとだ。もっと出来る。僕なら出来る。

こういう強迫的な文章が効いてると思いました。緑の不安定化という意味で。個人の感想ですが。

晴海
KD027092029013.ppp-bb.dion.ne.jp

貔貅がくるさん。具体的なアドバイスありがとうございます。確かに私自身は油絵を描いたことは御座いません。なので油絵を美術部で描いている友人に話を聞いてみました。

貔貅がくるさんの言う通り油絵経験者に方に言わせてみれば、「塗っていたに近いのだと思った」の表現は今ここで言われても既に知っている。と思われるかもしれませんが油絵をやったこと、描いたことにない人にとっては「そうなんだ」と思ってもらえるのではと思い、こういう風に書かせてもらいました。この様な事をきちんと表現出来るように頑張っていきたいと思います。

道具の名称については完全に私の落ち度です。もうしわけありません。以後参考にします。
油絵具の名称については英語の名前を並べるよりも日本語で表現した方がいいのではと思い今回こういう風に書かせて頂きました。

「描いているシーンの具体的な描写がほぼ一切ない」につきましては今回の話は「油絵」の話ではなく「色」という課題を踏まえての話を書いたので割愛させて頂きました。その後からの立ち上がった時の具体的な描写は、長く椅子に座っていたのだという事を表したく書かせて頂きました。

「締め」につきましては主人公である「僕」の視点で書いています。

「動体視力が鍛えられていて目がいいだけなのでは」という指摘につきましては、

・黄色い歓声

・大きくてを振り〜〜呼んでくれた。

から分かる様に主人公の「僕」はある程度人気のある男子なのだということが分かるかと思います。そういう男子の追っかけなどは放課後に憧れの男子が学校に残って何の部活をしてどれくらいに帰るのかをある程度は把握している、のが私の学校での普通でした。

私の通っていた学校だけでなく憧れの人の居る大体の追っかけ女子がそういうものだと思います。「僕」は自分自身が人気があるということは知っているけど僕自身はそれを何とも思っていない無頓着な様子で外面だけを取り繕っているような感じです。

なので「僕」は自分の中で「少し疑問に思ったこと」に適当に理由をつけてその後彼女らについて考えるのを放棄したように読み取れると思います。

貔貅がくるさん。具体的かつとても参考になる指摘ありがとうございました。

晴海
KD027092029013.ppp-bb.dion.ne.jp

一二三四五六七さん。コメントありがとうございます。「黄色い歓声」の意味を考察して下さったり、主人公である「僕」の心情を捉えて下さって嬉しい限りです!面白いや興味深いなどの感想を頂けると勝手ながらとても安心しました。

「僕」の作りあげた世界、つまりは緑、から「僕」にとっては黄に色が変わるところは折角作りあげた世界にヒビが入るような感覚として私が気にかけた部分なのでその点に着目してくれた事がとても嬉しいです。改めて 、コメントありがとうございました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内