作家でごはん!鍛練場
mac

あの頃の面影

 加奈の横顔を初めて見たのは僕が高校生の頃だ。たまたま廊下ですれ違ったときに彼女の存在を知った。その時は彼女のことを見ても気にも留めなかった。僕はテストの結果や部活動のことで頭がいっぱいだった。
 高校三年生の時、僕らは同じクラスになり、僕の隣の席に加奈が座っていた。僕らは自然と話をするようになった。僕には当時、好きな女性がいたし、加奈のことを特別魅力にも感じていなかった。でも僕らは親しくなった。
 電車に揺られながら窓の外の景色をじっと眺めていた。窓の外には住宅や公園、高校の建物などが見えた。僕は電車の中で加奈と出会った頃のことを思い出していた。彼女は明るくて優しくて、誰もが彼女に好感を持ったに違いない。僕は当時から彼女の人生はとてもうまくいくと思っていた。
 大学生の頃も取り立てて変化はなかった。彼女は地元の大学に通い、僕は東京の私立大学に通っていた。夏休みや春休みには二人で、喫茶店で話をしたりした。彼女は大学を卒業すると、小学校の教師となった。しかしすぐに彼女は仕事を辞めてしまう。僕らは休日に電話をしたり、会ったりしたが、その頃から彼女の印象が変わってしまった。高校生の頃の彼女の魅力はすっぽりと抜け落ちてしまったように感じた。僕の目の前にいる加奈の表情はどこか柔らかさを失い、緊張感があるように感じた。
 そして加奈は鬱病となり、今は療養所で暮らしている。僕は加奈がそんな状況に置かれて少し困惑していた。二人で思い描いていた未来が急に崩れてしまった気がするのだ。でも今の僕にできることは病気で苦しむ彼女を励まし、できるだけ側にいることだった。
 しばらくの間、僕は電車に揺られていた。辺りは閑散としてきて、車内には数人の乗客しかいない。窓の外には太陽と遠くに広がる山が見えた。
 電車を降りて、駅の外に出ると、バス停やまばらに店があった。ちょうどバスが来ていたので僕はそのバスに乗った。十五分ほどバスに乗っていると、療養所に着いた。辺りは林に囲まれ、大きな門がある。僕はそこを通り抜けて、奥にある茶色の壁の建物に向かう。建物の中に入ると、受付が玄関にあり、僕はそこで名前と電話番号を書いた。療養所の中はとても静かですぐ近くのテーブルに患者が座っていて、小さな声で話をしていた。僕はエレベータに乗って加奈のいる病室まで行った。

 ドアをノックすると加奈の声がした。僕はドアを開けた。彼女はスウェットにパーカーを羽織っていて白い布団のベッドに腰かけていた。
「来てくれたんだ。遠かったでしょ?」
 彼女はとてもぎこちなく笑った。僕は昔とはすっかり変わってしまった彼女に少し戸惑っていた。
「これ、東京のお土産。チョコレートクッキー」
 僕は手に持っていた紙袋を彼女に渡した。
「お土産なんて買ってこなくてもよかったのに」
 彼女はそう言って箱を取り出した。やっぱり昔の彼女の明るさは消えてしまったようだった。でも僕はこうして彼女と過ごしているが、どこか解放感を感じていた。いったいこの解放感はなんだろう。
 加奈の部屋はベッドとテーブルと小さな椅子があり、壁際には棚とテレビが置いてある。一人暮らしのワンルームのアパートくらいの広さだった。
「最近は何かしてるの? 前に来た時は絵を描いてるって言ってたけど」
「ここにいてもすることなんてあまりないわね。この前まで絵を描いていたんだけどそれにも飽きちゃってね。今は本を読んでるの」
 加奈はそう言って棚を眺めた。棚には何冊かの文庫本が入っている。
「本を買ってくればよかった」
 僕は東京駅で本を買おうか迷ったのだったけど、結局加奈の好みがわからなかったので買わなかった。
「最近は推理小説を読んでいるの」
 加奈はクッキーの箱を開け、チョコレートクッキーを食べていた。
「ねえ、こんなことをいきなり聞くのはあれかもしれないけど、体調はどうなの?」
「それがね、結構よくなっている気がするの。なんだか不思議だけど」
「前の生活に戻れそう?」
「たぶん、後一年くらい経てば大丈夫だと思う」
「もしそうだったら、僕と一緒に暮らそうよ。今マンションに住んでいてさ、部屋が一つ空いているんだ。二人で暮らせるくらいの広さはあるしさ」
 僕の心の中で昔彼女と夢見た暮らしを思い出していた。あの頃はもっと順調に物事が進んでいくと考えていた。僕は高校生の頃から彼女に惹かれていたし、きっと彼女も僕のことを好きになってくれていると思っていた。
「そうね……」
 彼女はどこか浮かない顔だった。何か心配事があるんだろうか。
「そういうわけにはいかないの?」
 僕はその理由を聞こうと思った。
「病気になってね、いろいろと考えるようになったよ。それは今まで考えもしないことだった。私自身病気になってからずいぶんと変わってしまった気がするの。それでね、昔みたいに生きることに喜びを見いだせなくなってしまった気がする」
「それはつまり?」
 僕の心臓は激しく鼓動していた。
「いや、別に一緒に暮らすのが嫌って言っているわけではないの。でもね、私は昔の私じゃないのよ」

 夕方に僕らは療養所の食堂で夕食を食べた。加奈は僕の目の前に座り、味噌汁をすすり、ごはんを口に運んでいた。
 確かに僕の目から見ても加奈は変わってしまったような気がした。まさかそのことに加奈が気づいているとは思わなかった。鮭のソテーを口に運ぶと優しい味がした。静かで落ち着いていて、確かにここにいれば精神は癒されるかもしれない。
 でも、もし一生自分がここにいたら、どうなんだろうと思う。それは幸せなのだろうか。
「時々考えるんだけどね」
 彼女は僕の目をじっと見つめて話始めた。
「私が高校生の頃、あなたと過ごしていて、このまま生きていくことにどこか不安があったの。私には当時その理由がわからなかった。でも私が病気になってここに来た時ようやくその不安の理由がわかったの。小さい頃から夢だった小学校の先生になったのに、それも駄目になって、先行きは暗く思えた。でも今の私はこうなってよかったと思うの」
「こうなってよかったの? 病気で苦しんでいたのに?」
「もちろん辛い時期はそうは考えられなかった。でも回復しつつあるときに、今見ている世界も悪くないと思うようになったの。昔みたいな安心感に包まれた世界ではないけれど」
 僕らは静かな食堂で夕食を食べ終え、加奈と一緒に療養所の外に散歩に出かけた。外は冷たい風が吹いていて、大気は澄み切っていた。東京の空気とは全然違う。この場所は僕の地元でもあったので、やっぱり僕はなんだかんだ言っても地元が好きなんだなと思った。加奈は僕の隣で寒そうに体を震わせていた。こうして夜に二人で外を歩いていると、僕らは高校生の時のようだなと思った。加奈の吐く息は白く、僕の吐く息も白く、大気に溶けていった。療養所の外は芝生があって、花壇や畑もあり、その周りを林が囲っていた。
「なんだかここ最近で今が一番幸せな気がする。隣にはあなたがいるし、風は気持ちがいいし」
 加奈はそう言って空を見上げた。僕も空を見上げる。空には月が浮かんでいて、星が空一面に輝いていた。銀色のダイヤモンドのような星だった。月の光ときらきら輝く星が辺りを照らしているようだった。こうして見ると地球はとても大きいんだなと実感する。いったいこの宇宙はどれほど大きいのだろうか。そしてなぜ僕らはこんなにも奇妙な人生を生きているのだろう。

あの頃の面影

執筆の狙い

作者 mac
KD111239184238.au-net.ne.jp

とある小説に影響されて、短いですが書いてみました。

コメント

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

どーーも、全体に「昭和のサナトリウム小説」っぽい。

作中の療養所「=結核療養所」だったら、引っかかりもそうないのかもしれないけど、
ヒロイン:加奈は「鬱病単体」で、それも「病歴がごく浅い」わ「症状安定してるように見える」んで、
入院(入所)の必然性が、まるで感じられない。

そこ(病状)を作者が細かく設定してなくて「雰囲気で流してる」のが丸わかり! だもんで、
全体に甘ちゃんすぎる「作りごと」全開になって、、、不古臭く(ごめん…)チープかつ軽薄(失礼…)。


>先行きは暗く思えた。でも今の私はこうなってよかったと思うの」
>今見ている世界も悪くないと思うようになったの。昔みたいな安心感に包まれた世界ではないけれど」
>「なんだかここ最近で今が一番幸せな気がする。隣にはあなたがいるし、風は気持ちがいいし」

↑ そんな風に考えられて「言えちゃう」人は、鬱病にならんのではないかなー??
たとえ「なった」としても、ごく軽くて、ちょっとの投薬治療と「睡眠」で元に戻りそう。。


仮に「本当に鬱病になって入院している」として、
その状態にある人に、
>「前の生活に戻れそう?」
とか、
>「もしそうだったら、僕と一緒に暮らそうよ。今マンションに住んでいてさ、部屋が一つ空いているんだ。二人で暮らせるくらいの広さはあるしさ」
とか、軽々に言っちゃうのは、【全然まったくいい感じがしない】。。



文章の運び、各文章の細かいところに、のっけから「書き方のよくない箇所」が連続して、一々引っかかりまくったんですけど、

そういう細かいとこより何より、【鬱病と、その病前性格】【現在なされている治療】を、ちょっと調べてから書いた方がいいと思う。


『鬱病で、入院ありき』で、そこ外せない話の場合、『それなりに重篤な鬱症状』を設定しないことには、
どう書いても「浮く」し、「作者都合の、安易でチープな作り事」にしかなんなくて、、、


鬱病の人とその家族に、失礼。

mac
KD111239184238.au-net.ne.jp

確かにあなたのいうケースもあるかもしれませんが、僕はこの小説を実際に会った人をベースに書いてます。なのであなたの指摘は的外れということになります。人に失礼と言う前にあなたの方が失礼かもしれません。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

小説中で、メンタル病んでるキャラに

>先行きは暗く思えた。でも今の私はこうなってよかったと思うの」
>今見ている世界も悪くないと思うようになったの。昔みたいな安心感に包まれた世界ではないけれど」
>「なんだかここ最近で今が一番幸せな気がする。隣にはあなたがいるし、風は気持ちがいいし」

とか言われちゃうと、

『ああ、この人この後、亡くなってしまうんだな』って、嫌な予感しかしなくて、
(重篤鬱病患者が脇キャラで出て来てた小説が「そう」だったから)

読後感が、
チープな上に無闇に暗いの。。


「ヒロイン死なない」んなら、「死なないなりの、明確な終わり方」をして欲しい。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

>僕はこの小説を実際に会った人をベースに書いてます。なのであなたの指摘は的外れということになります。

↑ その理屈は「的外れ」ですねー。

【その当人が書いたもの】ではなくて、
【伝聞〜又聞きで、未熟な書き手であるアナタが、軽々かつ適当に書いたもの】であるにすぎないから。


伝聞〜又聞きで、「真実に迫る」には、
「キャラクターの心情に寄り添って」もっと「真摯に書く」必要がある。


現状だと、「ネタ」として軽々に導入してるだけ感が強くて、、、


いかん。

mac
KD111239184238.au-net.ne.jp

貔貅がくるさん

僕の根拠は実際に会った人ですが、あなたの根拠はネットで軽く調べたことじゃないですか? あなたがそう感じたというのはわかりますが。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

↑ 揉めんのやだし「無益」なんで、レスは読まずに打ちますね??


上に書いた「感想」は、『そんな風に思いました』って感想 だから。


そんで、真面目に感想書かずに、適当にぼやかすか、あるいはスルーしとけば良かったんですけど、

たまたま、私がネタだけ詰めて、まだ本文は書いてなくて棚上げ中なのが、
〔ヒロインが長年鬱病抱えてる人で……ある日入院病棟の人と遭遇して、云々。ってー、原稿用紙50枚予定の話〕
だったんで、

主人公の鬱病設定(病前性格、鬱になったきっかけ、一旦持ち直してまた再燃したきっかけ、現在の状態と悩み)を結構細かくやったのと、
入院病棟の人の病状と経過もちまちま細かく考えたもんで。


私個人は、精神科の入院病棟とか「知らない」から、そのへんの内情は「書かないように工夫」して進める予定。


本作の場合、面会がとても自由だし、面会時間もだいぶゆるかったり(精神科系で夜の面会)・・
『病院じゃなくて療養所だったらアリなのか??』と斟酌しようともしたんだけど、

『家族でさえない、他人なのに??』って強く引っかかったし、
『どうも作者都合、作り事すぎる気が…』と、個人的には思ってしまった。



これしきの枚数なので、
そうした「つまらない疑問」を生じさせない「説得力ある・隙のない書き方」は、いくらも出来るはずです。

mac
KD111239184238.au-net.ne.jp

貔貅がくるさん

結局それにしたってネットで軽く調べたことと自分の勝手な想像じゃないんですか? まぁそういうならその小説を読んでみたい気もしますが。人にこれだけ言えるならよっぽど小説が上手いんですかね。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

↑ もうレス要らないんで、スルーしといてください。


「最新コメ」で一行は目に入るもんで、その範囲で、渋々レスるけども、



大昔、大学時代に、精神医学とかも履修しててだなー、

その当時は、まず「鬱病と分裂病(現在の統合失調)に大別する」ってー大雑把な時代だったんだけども、

ちょうど「軽症鬱病」が提唱され、「仮面鬱病」なんかが流行り出してた時代だった。


鬱病の中にもいろいろあって、

【特に治りにくく、重篤化しやすく、確実に長期化する鬱がある】んで、

自分のキャラには「それ」で設定した。




やりとり続けても「不毛」なんで、

お互い「不干渉」でいいのじゃないですか??


ほとほと「つまらない」し、

傍から見ても「つまらない」だろうし。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

追記して悪いけども、

「病状の正確性を追求しましょう」とか言いたいんじゃなくて、、、


『読者が納得できるように書く』ことが肝心。
そうなるように展開と細部を模索する姿勢が大事。
だと 自分的には思っている。



【これは聞いた実話をベースに、俺様が書いたものだから、絶対的に正しいのだ!】と、
作者が声高に主張しても、
読者がそう受け止めてくれるとは限らない。
それが現実。



『そう受け止めて欲しい』という確かなカタチが、はっきり・しっかりある場合は、
そこに到達するよう違いなく書き切る(丹念に文章・描写を積み重ねる)必要がある。
ってだけの話。



もういいかな。

面倒なんで。

mac
KD111239184238.au-net.ne.jp

貔貅がくるさん

レスがいらないなら書かないでもらえますか? 読んだ後、不愉快なんで。人の感想欄だからってあなたが何をしてもいいわけではないと思います。

夜の雨
ai199112.d.west.v6connect.net

「あの頃の面影」読みました。

高校生のときに知り合った加奈という同級生に魅力を感じ、好きになって話をするようになった。
加奈は大学を卒業したあとは小学校の教師になったが、鬱(うつ)になって教師をやめた。
そのあとは郊外の療養所にいて、主人公はときどき見舞いに行っていたが、「一緒に暮らそう」と、切り出した。

いくつか、設定を具体的に描く必要があると思います。

>加奈が鬱(うつ)を患った過程。
>加奈の両親とかの関係。
>主人公が加奈と付き合う過程が描かれていない。
>主人公がどんな生活をしているのか(ほか、人生の目的など)が描かれていない。
>診療所は郊外の自然豊かなところにあるらしいですが、「そこで、彼女が立ち直るきざしを描く必要がある」。

●御作は物語の設定が飛ばされていて、説得力が弱い。ということになりますかね。
小説は細部を描くと、物語らしくなると思います。

お疲れさまです。

mac
KD111239184225.au-net.ne.jp

夜の雨さん

設定ですか。まぁ確かにあった方がいいかなとは思います。これが長編だとすれば必須となるような気もします。

飼い猫ちゃりりん
106171077235.wi-fi.kddi.com

Mac様
 文章を書くということは本当に難しいですね。飼い猫もいつも苦心しています。

①音読と推敲をする。ベテランの先生でもやっていると思いますよ。

②5w1hを常に意識する。いつ、どこで、誰が、何を、どうした、なぜ。順番はケースバイケース。

 高校一年の夏の夕暮れのことである。屋上で一本吸ってから教室に戻り、カバンを持って廊下に出ると、こっちに歩いてくる彼女の姿が見えた。なんとも気不味い瞬間だった。長い廊下には僕と彼女しかいなかったのだ。近づくにつれ、僕は彼女の美しさに圧倒された。彼女は無口で目立たない存在だったから、意識したことなど無かったのだ。
 やがて彼女の瞳が濡れていることに気づいた。どう声を掛けたら良いのだ? いや、なぜ声を掛けなくちゃならない? でも……
「どうしたの? 大丈夫?」
「なんでもないの。ごめんなさい」
彼女はその場を走り去った。おびただしい斜陽の中で、二人は出逢ったのだ。

mac
KD111239185169.au-net.ne.jp

飼い猫ちゃりりんさん

音読ですか。その発想はなかったです。5w1hについても特に意識しないで書いたのですが。次回作で試してみる価値はあるかもしれません。

5150
5.102.5.248

素直に書かれていて、好感の持てる文章でした。

よく書かれていると思いますけど、小説としてはいまいち奥行きに欠けている、とも思えます。どこかに引っかかりが欲しいです。雰囲気は出ていて好きなのですが、何か印象的なセリフや、意表をつく出会い、一風変わったキャラだけど好感度バツグンとか、ギャップとか、まあ例えば、ですけど。実際に会った人がいる、というような文が目に入りました。実際の人だろうが架空だろうが、デフォルメして差し込んでみる箇所があった方がいいような気がしますね。

読んでいてたまたま「君の膵臓を〜」を思い出しちゃたのでちょっと書いてみると、あの大ヒット作のストーリーというか骨格は単純であり、言ってみればよくある話、でも彼女の日記を拾うというシチュエーションや、君の膵臓を食べたいの意味は何?だけで、読者を引っ張ってゆけた。あと、言うまでもなくキャラも魅力的だし。

御作で言うと、そういうおそらく誰もが考えるストーリーというか、ほとんどテンプレなので、そこにどんな味付けをするかが、非常に大事なのではないかと思います。そういう小説的に、引っかかる何かがあると、素直な文章がもっと読む方に沁みてくるように思われます。とまあ、自分のことを棚に上げて書いてますけど。

mac
KD111239185208.au-net.ne.jp

5150さん

何かアクセントは必要だったかもしれませんね。全体として平坦なものだったかなとは思います。もう少し展開というか物語があってもよかったかもしれません。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内