作家でごはん!鍛練場
(久)

初恋とローヒール

カミサマが言いました。
カミサマは白いモジャモジャ髪で白いワンピースを着られています。
君は大変苦労人のようだ。
ええ苦労人です。
私は答えました。
カミサマは向かって右手の杓子を私に向けられました。
君は今日から自由人だ。
ほうつまり。
カミサマは私の前に正座をして座り頭を垂れられました。
君には随分と世話になった。
ちょっとどういうことですかそれでは私は。
君にとって私は疫病神だったようだ出ていきますよ。
待ってよ。
私は立ち上がってカミサマを押し止めようとしました。
カミサマはいえカミサンは言いました。
今朝いつもの味噌汁を作っておきました。
そう言ってカミサンは右手の玉杓子を投げて出ていきました。

そういう訳で、ワシは一人身じゃ。
言葉遣いもすっかり気楽なジイサンになって早三ヶ月と十日じゃ。
今日も今日とてお気に入りの女給のいる喫茶店に出向くコトにしよう。
喫茶店への道は秋の気配でイチョウの枯れ葉なんぞ頭の上から降ってきてまだ黄色が勝つその葉にタメ息なんぞ出たりもする。
葉は歩道と車道の間くらいに落ちてワシはまだ明るい空の下を喫茶店へと急いだ。
ベージュの薄手のコートの襟を直してから喫茶店のガラスのドアーを開ける。
重い感触とドアーの上に付いている小さなベルが気持ちの良い音を立てた。
内側に開いたドアーの向こうには朱色のベロアを基調とした店内が見える。
向かって右手の樫の木で出来たカウンターの中には壮年のマスターが立っている。
マスターはきっと手入れの行き届いた真っ黒なオールバックヘアーが今日も決まっていてグラスを拭いているところだった。
ショートタキシードを着たマスターは私の顔を見ると軽く会釈をしてグラスを食器棚に置いた。
「こんにちは。今日もお一人で?」
ワシはコートを脱いで答えた。
「ヨッちゃんいる?」
マスターは顔色一つ変えずに「ええ」と言った。
ワシは足元の絨毯を見て小さな声で言った。
「それならいいんだけれど」
絨毯はペルシャ産の物で長い毛脚がワシの茶色の靴の形に沈んでいた。
「あら。ワシちゃんじゃない」
その時トイレから女給のヨッちゃんが出てきた。
ヨッちゃんは自分のローヒールの黒いエナメルパンプスのかかとをヒップ側に上げてそれを見ながら一人言を言った。
「本当にベンピで困っちゃうわ」
マスターが樫の木のカウンターの上に両肘を付いて身を乗り出した。
「ちょっとヨッちゃん。お客様の前で何言ってんの!」
「だってえ」
ヨッちゃん膨れっ面をして両手の親指と人差し指を遊ばせた。
「いいんだマスター。気にしてないよ。ね。ヨッちゃん!」
「それならいいのですが……」
「ねえ。ワシちゃん。奥さんは?」
ワシは突然急所を突かれて「ぐっ」となった。
「そんなにビックリした顔しなくっても」
「ヨッちゃん。席にご案内して」
マスターは少し困った顔でそう言った後冷蔵庫の方に行ってしまった。
いつもの席に座ったワシにヨッちゃん本当は吉美(よしみ)と言うのだそうだけれどがメニュー表を持ってきてくれた。
「オススメはレモンパイですけれどどうします」
「それをお願いするよ……」
吉美ちゃんが運んできてくれたレモンパイは爽やかですっぱくて初恋の味を思い出した。
そういえばカミサンと初めてこの店に訪れたのもこんな初秋の午後だったなあ。
「あら。もうお帰り……?」
吉美ちゃんが珍しく言葉をにごしてワシを見送った。
厚くて重い半透明のガラス製のドアーを再び開いたワシは来た道を急いだ。

畳敷きの部屋に座って窓から入る夕日をながめていた。
それからやっと台所の味噌汁を見に行った。
中くらいの丸い鍋にはなみなみと私の好きな田舎の味噌汁が作られていた。
その味噌汁に火を入れる。
そのとき食器乾燥棚の上に白い紙が見えた。
一枚だけらしいその白い紙を手に取りまじまじ見つめた。
『貴方がもし反省したら帰ってきます。』
ワシは妻の実家に電話を掛けた。
「ワシと一緒にあのレモンパイを食べに行こうよ!」
電話口で
「ええそうですね。太郎(たろう)さん」
と節子(せつこ)は笑い声を立てた。

初恋とローヒール

執筆の狙い

作者 (久)
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

1800字足らずの掌編です。
実験作です。
カミサンが出ていった……。

コメント

夜の雨
ai199186.d.west.v6connect.net

「初恋とローヒール」読みました。

なかなかのものですなぁ。
すでにカミサマとお友達のレベルではないかと。

内容について。

カミサマが「白いモジャモジャ髪で白いワンピースを着ていて」『君は大変苦労人のようだ。』と、おっしゃって、『ぬけぬけ』と「ええ苦労人です。」と返答するところからして、先が思いやられるほど、面白い。
その結果、カミサマは向かって右手の杓子を私に向けられました。
>>君は今日から自由人だ。<<  ←これはいいですね、自由人。「女性がいると、会議に時間がかかる」と言って、ニュース沙汰になるだけではなくて、某職から退くことになった某老人もいまは「自由人」で、何を言おうとこれからは個人の発言ですから。

御作に戻ると、

>君には随分と世話になった。
>君にとって私は疫病神だったようだ出ていきますよ。

>今朝いつもの味噌汁を作っておきました。  ←これが、カミサマのえらいところです。

自由人、そう「ワシは一人身」になった主人公は、「女給のいる喫茶店に出向く」「言葉遣いもすっかり気楽なジイサンになって早三ヶ月と十日じゃ。」ということである。

髪形がオールバックのショートタキシードを着たマスタがグラスを拭いていた「こんにちは。今日もお一人で?」 ←かなり、笑えるシュチュエーション(ハハハ)。

「ヨッちゃんいる?」
マスターは顔色一つ変えずに「ええ」と言った。 ←この「ええ」が、くせもので、彼女いわく、「本当にベンピで困っちゃうわ」とは、受けました。

詳しく書くと、御作を丸写しになるので、ここで、終了します。


全体に、「言葉遊びがうまい」です。

ラストには、主人公が、カミサマが実家に戻られたので、電話をかけて、節子(せつこ)は笑い声を立てた。
で、めでたしめでたしです。



ユーモアとペーソスがありました。
なかなか会話やら言葉遊びがお上手で、楽しめました。

「ペーソス」 ← このペーソスですが、御作では具体的には書かれていませんが、御作の背景ににじみ出ているのですよね、読み手の頭のなかに、想像させるところが、「えらい」と、思います。

>内側に開いたドアーの向こうには朱色のベロアを基調とした店内が見える。<
内側に開いたドアー  ← ドアーは、たいがい、外側に開きます。


お疲れさまでした。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

のっけから「読みにくい」のと、日本語的違和感にいらっとして、匙投げた。


>カミサマは白いモジャモジャ髪で白いワンピースを着られています。

>カミサマは向かって右手の杓子を私に向けられました。

>カミサマは私の前に正座をして座り頭を垂れられました。

↑ 敬語のつもりで使っている(んだろう)《られる》の使用法に違和感がつきまとう。。


《られる》は「別の意味あいにも取れる」ため、《られる》の連続使用・漫然と濫用は、自分なら避ける。
もったいつけて敬語調で行くにしても「別の言い方で難なく書ける」から。

(久)
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

夜の雨様

こんばんは。
面白く感じて頂けたようで大変嬉しく存じますm(_ _)m
嬉しいですねえ、太郎さん!!
またお読み頂けると嬉しく存じます。ありがとうございます。

(久)
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

貔貅がくる様

一段落目はまあ何と言いますかオヤジギャグなのです。
お気に召さなかったようで残念です……。
またお越し下さいませ。ありがとうございます。

青井水脈
om126133247009.21.openmobile.ne.jp

こんばんは。奇遇ですね、私も自分の投稿作、「あの娘とモッキンバードと夜のネオン」に神様を出したんですよ。

>カミサマは白いモジャモジャ髪で白いワンピースを着られています。
白い服とか、神様の見た目のイメージってなんか共通してますよね。と思ったらカミサンか……なるほど(笑)

あれ?こちらの方がなんだかジワジワとくるものがあって面白い……。安易な死ネタでなく、ハッピーエンドですし。想い出の甘酸っぱいレモンパイ、これからも味が変わらないといいですね。

(久)
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

青井水脈様

ありがとうございます!
笑って頂けて良かったです笑
レモンのケーキって美味しいですよねえ。個人的にヒットです!
いつまでも変わらない味、心掛けたいです。おまいう笑

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内