作家でごはん!鍛練場
アレクサンダー極小王

車窓から

 済まさなければならない用事があって、私は北陸に向かった。
 片道四時間余りの道のりである。高松から快速マリンライナーに乗り、岡山、京都間をひかりで、京都に着くと特急サンダーバードに乗り換えた。
 目的の場所に着いたときには正午近くになっていた。
 用事は思ったよりも早く済んだ。五時間後には帰路につくことが出来た。
 しかし、せっかく北陸まで来たのだ。
 少しだけ街を歩いてみることにした。

     ●

 一軒の寿司屋を見つけた。
 中に入った。清潔な木の香り。左にカウンター席。通路を挟んだ右側が小さな座敷になっていた。
 そこに一組の客がいた。老年の男達の集まり。
 カウンター席に座って注文した。
「どちらから来られました?」
 そう聞かれた。大きな鞄のせいだ。
「高松です」
「出張?」
「そんなところです」
 父方の叔父が、少し名の知れた文芸評論家だった。その叔父が亡くなり、蔵書の鑑定を頼まれた。古書の鑑定、或いは、その売買が私の仕事なのだ。
 と、
 店の片隅に、子猫が──。段ボール箱に入れられている。
「今朝、店の前に捨てられていたんですよ」
 同時に寿司が出された。
「これは何?」
 赤身の隣に、見た感じ、ヒラメみたいなのがあった。
「アラレガコです。なかなか手に入りませんよ」
「アラレガコ?」
「産卵のとき、白いお腹を上にして、冬、あられに打たれながら川を下るところから、そんな名前になったということです。カジカ科の淡水魚で──」
 そのとき、
「あんた高松の人か?」
 座敷の老人から声をかけられた。
「そうですが?」
「かまたまを食べたことあるか?」
「え。ええ。美味しいですよ」
「そうか……。わしも生きてるうちに食べたかった」
「ああ。わしもだ」
 何だか不思議な彼らの会話だった。
 寿司を食べ終えた。ひと口お茶を啜ってから、
「あの猫──」
「分かってます。よかった。飼って頂けるんですね」

     ●

 ふと目を覚ました。電車の中で眠りこんでしまっていた。
 子猫は鞄の中。ちゃんと息が出来るようにしてある。
 それにしても旨い寿司だったな。
 いや……違うぞ……。
 寿司屋の軒先に置かれた段ボール箱の中に子猫を見つけた。
 抱き上げたとき、私は入口の張り紙に気がついた。

 店主急逝のため閉店致します。
 長らくの御愛顧を、ありがとうございました。

 中に入ってさえなかった……。
 アラレガコ、だったっけ……。今日まで知らなかった……。
 窓の外を眺めた。
 あれは子猫を拾った礼だったのかもしれないな……。
 鞄から微かな鳴声が。
 夜が沈殿を始めている──。

                    了

車窓から

執筆の狙い

作者 アレクサンダー極小王
softbank126241249111.bbtec.net

さらっとしてます。

コメント

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

時々、流れたり止まったりする動画のようです。
物語の輪郭は分かるのですが、明瞭ではない感じですね。

>アラレガコ、だったっけ……。今日まで知らなかった……。
窓の外を眺めた。
あれは子猫を拾った礼だったのかもしれないな……。

そのように納得できるだけの根拠が唐突過ぎるので、
消化しにくにですね。
簡単に言えばキレがない、そんな印象を受けました。

そうげん
119-231-167-60f1.shg1.eonet.ne.jp

アラレガコが産卵のために遡上するアユをひっかけるという伝承のように、叔父の逝去で故郷に戻ることになった主人公が子猫という鰓でひっかけられたと思ってみれば、この短編、構成がちゃんと二つ重ねられていて良いですね。かまたま。亡くなった叔父さんも本場のかまたまを食べたいとか思っていたんでしょうかね。主人公の見た夢だとしたら、今回の一時的な帰郷は、寿司屋の雰囲気の中に主人公の心象風景もまた含まれてあったのかもしれませんね。楽しめました。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

ごく短い話なので、
間に「 ● 」とかを入れてぶつ切りにするのは、体裁が「みっともない」。
この半端枚数にして『無駄に行数稼ぎ』調でしかないんで、取っ払って全体を整えた方がいいと思う。


各文の「止め」が……ヘンテコ。
「〜た、〜だ」が多いのもそうだけど、「——」「……」の使用法に違和感あるのと、
「会話文、独白文のしまい」が、結構不自然。

「不自然にぶつ切り」な文章が続くので、
各文の文末(の止め)には神経使って、丁寧にした方がいいと思う。



冒頭の
>高松から快速マリンライナーに乗り、岡山、京都間をひかりで、京都に着くと特急サンダーバードに乗り換えた。
から 引っかかった。

「サンダーバードは大阪から出ている」んで、高松から大阪に行っちゃった方が早い・・ように、素人的には思ってしまうんですが・・

どうしても「広島」と「京都」経由しないといけないんですかね??

さかあ
sp49-98-156-83.msd.spmode.ne.jp

このお話を一言で言うと「捨て猫をもらった主人公が閉店した寿司屋から恩恵を受ける」というように、要約するとわかりやすくなると思うのですが、話の筋が少し捻れています。この筋の溝を埋めるのは、捨て猫の飼い主もしくは拾い主は寿司屋の亡くなった店主であったという読者の好意的な読み方です。私は残念ながらそういう読み方をしないように気をつけて読むので、細かい粗が目につくのでしょう。話に支柱を立てるのなら、捨て猫が店主の飼っていた猫であるということを示すことは必須で、また店主の関係者(貼り紙をした人物がいるので関係者が全くいないということはないのでしょう)がその猫を代わりに飼えなかった事情も表す必要があるでしょう。書いていて気づいたのですが、捨て猫の飼い主もしくは拾い主が作中に現れないまったく別の人物で、たまたま捨てた場所が寿司屋の前だったという線も考えられるので、そのあたりもわかるように書くべきだと私は思います。また、さきに要約したようにとても短い話の割に、不要な情報が多い気がします。なぜ北陸なのか(叔父が亡くなったことを話しに紐付けられそうです)、なぜ仕事が古書の鑑定なのか、母猫はどうなったのかというような疑問に作品が答えられないといけないと感じます。
また重箱の隅ですが、>五時間後には帰路につくことが出来た。 出来た より出来る のほうがわかりやすいです。>店主急逝のため閉店致します。 致します より 致しました の完了形のほうが良いでしょう。>夜が沈殿を始めている──。 ちょっと書きすぎでしょう。
いろいろと書きましたが、全体的に暖かみのあり、好感のもてる作風でした。次作も期待しています。

夜の雨
ai212042.d.west.v6connect.net

「車窓から」読みました。

好みの作品でした。
梶井基次郎の『櫻の樹の下には』(さくらのきのしたには)、を車中で読んだ後に帰省した実家で、もういぬはずの父に出会ったような味わいです。

高松から北陸へと車窓の人となった主人公ですが、用事を済ませた彼には時間があり、寿司屋に立ち寄ったところ、玄関で子猫を拾った。
子猫のお礼に「アラレガコ」という珍しい魚の寿司をほおばることが出来た。

しかし、寿司屋の主人はおろか、座敷の客人も亡き人だったという、おごそかな話でした。

全体に隙が無い構成で、良くできていました。

ほか。

>「どちらから来られました?」
 そう聞かれた。大きな鞄のせいだ。<  ← この流れは、よいです。「大きな鞄のせいだ。」書けそうで、書けない文章ですので。


 何だか不思議な彼らの会話だった。  ← 主人公も、もしかしたら亡くなっている(三途の川で、さまよっている)のかもと思える展開ですが、ラストを読むと「夜が沈殿を始めている──。」で、なるほどと思いました。

以上、夜の雨でした。

塩ゲッティ
114-134-221-72.fnnr.j-cnet.jp

拝読しました。

雰囲気がいいですね。控えめに書いていって、最後のひとことだけ気取っているのもいいと思いました。
高松⇔北陸という二つの土地に何か意味を持たせられればより深くできたかもしれませんが、そのへんに無頓着なのが味わいになっているようにも感じます。

寿司について、帰りの電車の中で美味かったと回想していますが、寿司屋のシーンでアラレガッコの匂いや食感、味を讃えておいてもよかったように思います。

あと少し気になったのは、死んだ店主はいいんですけど、他のお客さんはなんなんでしょうね。店主急逝と書かれてますが、事故で一緒に亡くなったひと?なわけはないと思いますが、死者なのかそもそも実在していない人物なのか、そこらへんが気にかかってしまいました。

とはいえ総じていいものでした。

では。

飼い猫ちゃりりん
KD106128158049.au-net.ne.jp

アレクサンダー極小王様
 猫を愛でる小説は全て素晴らしい小説です。という個人的……いや個猫的見解はさておき、ストーリーが素晴らしいと思いました。
 ただ……率直に言って推敲が足りてない印象。描写も薄い。要はまだ未完成だと感じました。
 せっかく良いストーリーなんだから、しっかり描いて完成さして欲しいと思いました。

アレクサンダー極小王
softbank126241197253.bbtec.net

偏差値45さん。
読んで下さって、ありがとうございます。
偏差値45さんが優れた意見の持ち主だということを知っているので残念です。

アレクサンダー極小王
softbank126241197253.bbtec.net

そうげんさん。
読んで下さって、ありがとうございます。
色々と褒めて下さって、ありがたいです。

アレクサンダー極小王
softbank126241197253.bbtec.net

貔貅がくるさん。
読んで下さって、ありがとうございます。

話の筋の通る最低限だけを書いているので、こんな感じになります。

「サンダーバードは大阪から出ている」んで、高松から大阪に行っちゃった方が早い・・ように、素人的には思ってしまうんですが・・

ネットで調べはしたんですが、鉄道音痴なので調べ切れてなかったようです。

アレクサンダー極小王
softbank126241197253.bbtec.net

さかあさん。
読んで下さって、ありがとうございます。
猫を捨てたのは作中に現れてない人間、という設定で書きました。だから、寿司屋の店主の死後に猫は捨てられています。

アレクサンダー極小王
softbank126241197253.bbtec.net

夜の雨さん。
読んで下さって、ありがとうございます。
夜の雨さんが優れた書き手だということを知っているので、こんなに褒められると嬉しいとしか言いようがありません。

アレクサンダー極小王
softbank126241197253.bbtec.net

塩ゲッティさん。
読んで下さって、ありがとうございます。

あと少し気になったのは、死んだ店主はいいんですけど、他のお客さんはなんなんでしょうね。

多分、常連で、店主より先に亡くなっている方達だと思います。過去の店の様子みたいな感じです。
ご指摘の改善点は確かにその通りです。

アレクサンダー極小王
softbank126241197253.bbtec.net

飼い猫ちゃりりんさん。
読んで下さって、ありがとうございます。

描写も薄い。

確かに。筋が通るだけの最低限の描写しかしないという僕の欠点だと思います。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内