作家でごはん!鍛練場
ago

朝、部屋で

 もう何回目かもわからないタイマーを止め、ようやく今日が雨であることを知った。この生活に慣れてからは1、2カ月前までの入学による高揚感はうそのように消えてしまった。


 硬い床に手をつき、体を起こし、部屋の電気をつける。いつもと同じようにテレビを見ながら朝食をすませた。音は聞こえてくるものの、一人暮らしの部屋はやけに静かに思える。身だしなみを整えることさえ、なんのためにしているのかと、自問自答してしまうような空気を肌で感じていた。


 部屋を出ると余計に空気は重くなった。小雨がやけに鬱陶しく感じ、雑多な音と、この空気からなんとかして逃れようとイヤホンをする。すれ違う隣人の顔などは全く覚えていない。そもそも足音などは全く聞こえないから、他人の存在などは気にならない。もし人の気配に気付いたら、頭を下げるくらいはするかもしれないけれど。
 


 大学に向かう途中、静かな電車の中で突然聞こえてくる声にふと意識を奪われた。意味のないノリで騒いでいるだけの中学生たちに苛立ちを感じるより前に、なにか懐かしいものを感じていた。その声から意識を切り替えることはできなかった。



 高校の時、どちらかと言えば自分もああやって騒いでいる側だった。しかし、県外の大学に行ってからは、あまり人と話している感覚はなくなってしまったように思える。なんとなくで1日を過ごし、サークルでも愛想笑い以外の記憶はない。どうやってこれまで友達を作ってきたのかさえ忘れてしまった気がする。高校の時と何かを変えたというわけでもない。何か自分の変なうわさが流れたというわけでもない。

 気づけば意味のない自問自答を繰り返していた。




 適当に授業を受け、1人でご飯を食べていると、急に肩をたたかれた。声こそあげなかったものの、飛び上がるほど驚いてしまった。
「よお」
 話しかけてきたのは、同じ高校だったやつで、挨拶くらいはする仲だ。イヤホンを外しながら返事をしたが、そこからは沈黙が続いてしまった。
「どうしたんだよ、元気ないな」
「いやぁ......、まあね」

 いつのまにか話し方すら忘れてしまったように言葉が出てこない。

「頑張れよー」
「ああ」
「またなー」
 意味の無いような会話が終わり、ひとりになった瞬間肩の力が抜けた気がした。
 どうしてなのかはわからない。けれど、ただ得体の知れないものが、心の中にたまっていた。一人暮らしの影響なのかも知れないが、絶対にそうでは無いと心の中では否定していた。




 適当に参加したサークルも、どう振る舞えばいいのかもわからない。そんな中誘われた飲み会では、愛想笑い以外の記憶はほとんどないものになるはずだった。

 そこで、僕は、初めて一目ぼれをした。 中、高と男子校だった僕は、いままでそんな経験をしたことはない。だけれど、すぐに僕はこれが恋であることに気づいた。

 彼女は僕の斜め前に座っていて、その飲み会では終始笑っていたような気がする。
「今までは何か部活やってた?」
 この話題で何人かと話しただけだったが、それだけで雰囲気や話し方など全てを好きになってしまったのを感じた。

 その後何度か話しかけてみたが、いつも優しく対応してくれることにどんどん僕のテンションは上がっていった。

 その後、帰り際に連絡先を交換してもらった。ただ連絡先を交換するというだけなのに、今まで生きてきた中で一番緊張したような気がした。

「じゃあね」

 こう言ってすぐ、何か自分の中で今まで感じていたモヤモヤした感情が解けていくように感じた。恋愛からくる高揚感ではない。それを感じなかったわけではないが、今感じたのは、ここ最近の起伏のなかった日常を塗り替えてくれそうななにかを。

「うん、またねー」

 しかし、彼女の返事のせいで何かつかめかけていたものはどこか消えてしまい、代わりに満足感が心の中をいっぱいにしていた。



 次の日の朝、いつもと同じようにパッとしない朝を迎えた。昨日、連絡先を交換した彼女のことを思い出し、気分が良くなったような気はした。しかし、何か一つ色が足りないような日常に少し苛立ちを感じてきている気もした。

 胸の中に何かを抱えながら学校に行き、またいつものように適当に1日を過ごし、サークルに向かう。
「こんにちは!」
「ああ、よう」
 彼女から話しかけられ、うれしくなるはずだったが、何故かモヤモヤした気分が強くなった。その後もたわいもない話をしながら、モヤモヤについてずっと考えていた。

 心はもう限界ギリギリのところまで来ていた。いつにも増して自分だけでなく、他人に対しても苛立ちを感じ始めていた。





 その日の帰り道、別れ際に

「じゃあ、また明日!」
「うん」

 と返した直後、自分の苛立ちがあふれ出てきていることに気づいた。すぐにそんな自分を抑えて

「じゃあね」

 と言い直した。直後、ここ最近の心の不調について、なぜだったのかが分かった気がした。
 彼女の後ろ姿を見ながら、自分の行動を見つめ直していた。



 自分に足りなかったものは挨拶だったのだ。

 今まで、毎朝挨拶をしていた家族と離れるようになってからは、挨拶自体から遠ざかっていた。一日を適当に始め、適当に終わらせる。そんなんじゃダメなことに自分が一番気づいていた。日常に対する色彩が人として必要だったのだろう。





 次の日、いつもよりさっぱりとした朝を迎えた。心の持ち方一つでこの世界が色鮮やかになったように感じた。カーテンを開け、幾分かまぶしくなった部屋で誰に向けてでもなく、自然と言葉は口から出てきた。
 そう、一日に彩りを与える言葉が。

朝、部屋で

執筆の狙い

作者 ago
pw126245204207.16.panda-world.ne.jp

 初めて描いた小説であり、できるだけ読みやすい短編を目指しました。
 挨拶の大切さや素晴らしさを表現しようと思い、これを書きました。

コメント

大丘 忍
ntoska314132.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

 初めて書いた小説ですね。小説にはいわゆる「ストーリー」が必要ですが、初めて書く場合にはなかなかそこまで手は回らないと思います。
 ストーリーとは、いわゆる「お話」で、桃太郎とか、水戸黄門とか、話に筋書きがあるのですが、初めての人には面白い筋書きは難しいでしょうから、まずはちゃんとした文章を書く練習ですね。小説は他人様に読んでもらうことが目的だから、まず読みやすいことが一番大切なことです。また、書き方にもある程度のルールがありますのでそれをきっちり守りましょう。
 例えば無駄な空行は入れないこと。空行も一つの意味を持った文章だと考えてください。また改行した時には一文字下げること。
 何を書くかということになりますが、最初は自分が経験したことを書くのが良いでしょう。それをいかに読みやすくわかりやすい文章で書くかですね。人物が出てきた場合、それが何歳位か、男か女か、どんな風体なのか。これらの情景が読者にわかるように書かなければなりません。
 本作は、まず不要な空行が目立ちますね。空行によって話が飛び飛びになるのをごまかしているという感じです。こんなことは、書いているうちにだんだんとわかると思いますが、ここに投稿すれば、文達者な読者が大勢いますから指摘してくれると思います。頑張って書いてください。

ago
pw126233119099.20.panda-world.ne.jp

 コメントありがとうございます。質問なのですが、書き方のある程度のルールというものを最低限でいいので教えてもらってもいいでしょうか。
 もう一つ、改行することによって読みやすくなることを僕としては狙っていたのですが、やはりやまた方がいいでしょうか。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

拝読させていただきました。

初めての小説ですか、たぶん此処に投稿するに至ってワクワク感があったと思います。
正直悪くはないです。でも良くもないです。
少し気になる部分を、大丘様を指摘しているように行間を開けるのは意味がありません。
次に小説の数字は漢数字をにした方が良いと思います。
プロ作家の小説は基本的には漢数字です。
次回作に期待します。

アン・カルネ
219-100-28-210.osa.wi-gate.net

一目ぼれより挨拶の方が勝っちゃったのかな? 
でも何気ない言葉に心がほぐれる事ってありますよね。私もスーパーの帰り道、重い袋を下げて歩いていて、向こうから、どちらかと言えば強面系? ヤンチャなお兄さん? みたいな坊主頭に片耳釘ピアスの男性が歩いてきた時、少し緊張してしまったのだけど、すれ違いざまになんと「ファイト」と言われて(笑)。
でも何か持っていた袋が軽くなったような気がしましたよ(笑)。心の中で、彼にありがとうって言ってみたわ。
その時の気持ちをちょっと思い出したかな。

ago
pw126233119099.20.panda-world.ne.jp

 ドリームさんありがとうございます。漢数字ですね。悪くないと言っていただけたのはとても嬉しいです。これから良い作品だ、と言われるようなものを書いていきたいと思います。

ago
pw126233119099.20.panda-world.ne.jp

 アン・カルネさんありがとうございます。ちょっとでも心に響くものがあったのなら僕の思いは届いていると思います。たしかに一目惚れが薄れてしまったようなイメージになってしまいましたが、他の方々の意見も参考にして、起承転結や細かい感情の動きを表現していきたいと思っています。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

これも、上の欄の人と一緒で、


「画面」眺めて、思ったことは、『このコンテスト(↓)に応募しようと思って書いたもの……をここのサイトにも転載してる のかなー??』と。


それ向けに書いてた人、
ここの鍛錬場に、1カ月前ぐらいにもいて、その人は『執筆の狙い』に明記してたんで、
その際にググったんで、覚えてた。




□ 「当たり前だった日常が去り、朝起きて出かけたくない、先が見えない、という方が増えています。それでも、どんなにつらくても、「おはよう。」の一言から一日が始まり、テレビをつけると変わらず『めざましテレビ』がやっていて、“日本の今”を伝えている。そして次第に「今日も一日頑張ろう。」と“心のスイッチ”が入る…。視聴者にとって、そんな番組でありたいと願っています。テーマソングの原案の選考に関わらせて頂くのは、27年の歴史がある『めざましテレビ』にとっても初めての挑戦です。どんな物語が創作され、どんなテーマソングが出来上がるのか、楽しみにしています」

「夜遊びコンテストvol.3 with めざましテレビ」実施概要

募集期間:1月18日(月)午前6時~2月8日(月)14時59分

応募方法:お題「おはよう。」に則した1万字以内の短編小説をmonogatary.com(https://monogatary.com/theme/108411)に投稿

結果発表:3月15日(月)にmonogatary.com上で発表 □




この原稿は、タイトルが「本文内容にちっとも合っていない」んだけど、

それはたぶん、『おはよう』だとあんまり直接的すぎるから、
『おはよう』を避けた結果、こうなったんじゃないかなー? と。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

先月、コンテスト応募予定だった人の欄に直接書いたことなんですけど、


「1万字以内の短編小説」って規定が、かなり結構曲者で、、、

そこに入る文章量は「400字詰原稿用紙30枚近く」になり、
かなり濃いもの、しっかりした短編小説が書けてしまう紙幅なんです。

プロの作品だと「山田詠美の短編小説」がだいたいどれもその規定におさまる。


そういうの考えちゃうと、
応募用としては「中身薄すぎ」「内容ベタすぎ」。


主催者は、こういう「ありがち」なものじゃなく、
「しっかりストーリーのあるもの、ドラマのあるもの」を望んでるんだと思う。



当該コンテスト応募用じゃなかったにしても、
「ストーリーが求められる」というのは一緒なんで・・

ago
pw126233226205.20.panda-world.ne.jp

貔貅がくるさん、コメントありがとうございます。たしかにこの作品はYOASOBIコンテストに提出するために作りました。やはり内容は薄いですよね。たしかに書いていて思いましたが、とりあえず初めてなのでこのままき書ききってしまいました。ストーリーはたしかに改善点ではありますね。
 タイトルについてなのですが、どのように考えればいいのでしょうか。全く思い付かずこれにしたのですが、なにかコツやポイントなどがあれば教えていただけないでしょうか。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

タイトルづけは、難しいんです。

短編公募用は、とくに。
「タイトルづけが嵌ってるか否かが入賞の当落を分ける」ことだって ままあるし。


応募者はみんな、
「内容との合致度」
「字面・語感のすてきさ」
で、他の応募作との差別化を図るべく呻吟してる。


呻吟の果てに『これだ!』って素敵タイトルに到達できる時もあるんだけど、
滅多にない。。

「これしかないってタイトル」が降って来ないまんま、妥協の産物で「作業中の仮題」で出してることも多いです。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

この原稿、初見で私が「より適切」なように思ったタイトルは、

内容からすると、『おはよう』。

↑ それ思った途端、上の公募情報が芋づる式に記憶から引き出されて、

『ああ、「おはよう」はダメだわー』(公募的に、あんまり凡百すぎるから)と察知。


次点ですぐ出てきた候補は、文中にある漢字二文字で『色彩』。




上で「山田詠美」の名前あげてるのは、そこからの連想。

山田詠美の短編集が『色彩の息子』。

ago
pw126182210016.27.panda-world.ne.jp

 貔貅がくるさんありがとうございます。なるほど、『色彩』いいですね。でもそうするとやっぱり色についてもう少し伏線的なものを貼っておけば、、、
 参考になりました!ありがとうございます。

夜の雨
ai194226.d.west.v6connect.net

「朝、部屋で」読みました。

基本的なストーリーはよかったです、御作は「原稿用紙10枚。2267文字の作品」で、書こうとしている内容は「主人公の心(気持ち)の変化です」。
導入部が「1、2カ月前までの入学による高揚感はうそのように消えてしまった。」とあり、「もう何回目かもわからないタイマーを止め、ようやく今日が雨であることを知った。」と、このように、鬱(うつ)のような気持ちの流れが書かれています。

そのあとの主人公の自問自答などから大学への通学などで感じられるのは他人との距離感(関わりのなさ)です。
面白いのは「中学生が電車の中で騒いでいた」に関連した主人公のエピソードで、これが入ることにより、主人公の意識が高校生のときに彼ら(中学生)と似たようなことをしていた自分が、現在は他人と関わらないで一人の灰色の世界に入ってしまっていることにより、「主人公の変化が感じられる」。

上に引き続いて「高校時代の知り合いに食事中に声をかけられるエピソードがあります」が、これも主人公が大学に一人でいる世界が伝わりました。


問題は、サークルの飲み会で主人公が「ひとめぼれ」する展開ですが、これが必要ではありません。
御作の題材(テーマ)は鬱(うつ)になりかけているというか、さまよっている主人公が彼女と出会って、「挨拶」の大切さに気付いて、「立ち直る」話です。

すなわち「彼女(ヒロイン)」は御作では「道具にすぎません」。

その道具に「ひとめぼれ」したというエピソードを書きながら、現実では「ひとめぼれして、ウキウキのはずなのに、『立ち直っていない』構成で、『挨拶で立ち直る』から、違和感がある。

『挨拶で立ち直る』 ← これが、御作の主題で、導入部から飲み会までの「鬱(うつ)」状態の「問題」を克服する話になっています。

>>「彼女(ヒロイン)」は、『挨拶で立ち直る』きっかけを作った人物です。<<

従って「ひとめぼれ」うんぬんの話は、必要ではありません。

あとは、御作全体に肉付けをして、物語を膨らませばよいのではないかと思いますが。

主人公はヒロインに心を惹かれながらも精神的な不安定があった。
その原因が「挨拶」(基本的なコミュニケーションのやり方)に問題があると、悟り、主人公は立ち直ることが出来た。

以上です。

ago
pw126182210016.27.panda-world.ne.jp

 夜の雨さん、コメントありがとうございます。とてもしっかり読みこんで頂いてるようでとても感謝しています。
 アドバイスはどれも的確で、深くそれに共感しています。
 面白いポイントなども少し書いていただいて、とても嬉しいです。
 参考にします。ありがとうございます!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内