作家でごはん!鍛練場
青井水脈

あの娘とモッキンバードと夜のネオン

 俺の話を聞きたいって?それでは話して差し上げよう。俺の目の前には一人の老人がいた。老人はサンタクロースのような白く長い口髭の持ち主で、真っ白な服を着て木の杖をついていた。俺は老人に向かって話しはじめたー。

 スランプもスランプ、スランプ中のスランプとはこのことか。出だしの一行も浮かばないなんて、俺の作家としての才覚もここまでか。
 申し遅れました、俺は櫛田敬男(くしだたかお)といいます。五十代に突入するまであと一年。職業は一応小説家の端くれ。地方出身、都内在住。
 奥さん?そんなこと聞いてどうするんだよ。まあいいや、バツイチ現在独身彼女なし。
 俺がとある新人賞で特別賞を受賞した時も、それまで勤めていた会社に三十歳目前で辞表を出した時も、支えてくれた女の子がいた。彼女とは後に籍も入れたよ。
 子供はいなかったけど、仲良くやっていけると思ってた。数年して、彼女が別の男と逃げちまうまでは。
 それ以来、女なんてコリゴリだ。いや、そうでもないな。言っておくが俺は一七三センチの身長で、メタボリックシンドロームとは無縁の体型。別に色男でもなんでもないが、笑った顔がかわいいとか言われたことはあった。
 離婚後はスナックのママとか編集に紹介された女性とか、後腐れのない気軽な付き合いを何度かしてきた。でも今は、女なんてコリゴリだ、とにかく今はスランプなんだ。
 俺はノートパソコンの電源を切って蓋を閉じ、黒縁の眼鏡を外して眉間を両手の親指でグッと押した。いつも着ているパジャマからカーキ色のポロシャツに茶色のジャケット、黒のスラックスという軽装に着替えた俺は一人暮らしのワンルームマンションを出て、行きつけのバーに出向くことにした。

 その店は家から歩いて十分。駅前の繁華街の雑居ビルの地下一階にあった。店の明かりは居心地のいい仄かなオレンジ色。俺はここに六、七年前から執筆の息抜きかなんかで時々来ていた。
 俺の席はカウンターの壁際。店内で最も落ち着く席だ。俺は最近ハマッてるカクテルをバーテンに頼んだ。他の客を相手に何やら話し込んでいたマスターは俺を見て、愛想のいい笑みを浮かべた。
 年配のマスターもバーテンも顔なじみだ。長く通っている間に、バーテンはしばしば入れ替わっているが。
 今のバーテンは三十代半ばくらいの美男子だ。いや、今どきはイケメンっていうのか。とにかく、俺の長話にも時々付き合ってくれるいい男だ。
 俺は小説のネタ探しも兼ねた息抜きに、持ってきた週刊誌をパラパラめくった。それにしても下世話な記事ばかりだな……。
「カシスオレンジ一つ」
 女の子の声と誰かがカウンター席に座る気配がしたが、俺はそっちに目を向けることなく週刊誌のコラムに目を通していた。

 数分後のことだった。
「あの……何呑まれてるんですか?」
 その言葉に、俺は壁のある右側と反対側に顔を向けた。二十代後半くらいの女の子が、カシスオレンジのグラス片手に俺を見ていた。
 いや、待てよ。俺は咄嗟に店内を見回した。カウンターには他に中年の夫婦らしき男女が一組いるだけで、女の子のかわいらしい顔はたしかに俺に向けられていた。
「ああ……これはね、モッキンバードっていうんだよ」
 女の子の顔にクエスチョンマークが浮かんで見えた。
「テキーラを、ミントのリキュールとレモンジュースで割ったカクテルなんだ。ジュースは、レモンでもライムでもいいんだけど。テキーラは強いから、多めのジュースで割るといいよ」     
 バーテンからの受け売りだったが、俺は女の子に淀みなく説明した。
「因みにモッキンバードっていうのはメキシコにいる鳥なんだけど、このカクテルみたいに身体が緑色っていうわけでもないんだ。他の鳥の鳴き声を真似するのが上手くて、マネシドリって別名で……」
「そうなんですか……。あんまり綺麗だから気になっちゃって……。ありがとうございました」
 そうそう、変わったカクテルだから、そりゃ気になるよな。俺は女の子のわりと丁寧な受け答えと、白いニットに膝小僧がギリギリ隠れるくらいの丈のこげ茶色のスカートという服装に好感を抱いたが、勘違いしないよう自分に言い聞かせ、再び週刊誌に手を伸ばした。
「あの……よかったらもう少しお話しませんか?私、ここには一人で来てて……。さっきのカクテルのお話、面白かったし……」

 いやあ、俺もまだまだ捨てたもんじゃないな、俺はすっかり浮かれていた。
「名前は?俺は櫛田敬男」
「麻季っていいます」
 俺の名前を聞いても、女の子の表情は変わらなかった。
「麻季ちゃん、俺の小説知らないかな?"夜霧に消えた恋"とか、"去りし日の慕情"とか。エッセイだと、"マキアートを飲んだら"とか」
「えっと……。知らないです、すみません……」
「いや、いいんだ。気にしないで……」
 ああ、俺の自信作が……。麻季ちゃんは気にすることなく自分の話を始めた。勤め先のアロマ専門店のこと、彼氏とは二年前に別れて今はフリーであること、同居する家族のこと。
 麻季ちゃんの話を俺は夢心地で聞いていた。その声の柔らかなトーンは、前妻にどことなく似ていた。
 モッキンバードをおかわりして、気がつけばテキーラのストレートをグラスに一杯、他にもカクテルを少々。さすがに呑みすぎたな……。
「そろそろ出ようか……」

 俺と麻季ちゃんは雑居ビルの外に出た。十月にしては夜風がやけに冷たかった。
「敬男さん、私……」
 麻季ちゃんが俺のジャケットの袖をギュッと摘んだ。
「麻季ちゃん……?」
何年か振りに心臓が大きく跳ね上がるのがわかった。今なら最高傑作が書けるかもしれない。いや、そんなことより、俺だってもう一度ロマンスを……。そんな考えが頭をよぎった。
 麻季ちゃんの向こうにネオンが見えた。信号機のような赤色、目も眩むような黄色、たわわに実った果実のようなオレンジ色とピンク色。
 宝石のアクアマリンのような水色。紀行番組で観たことのある、カメルーンの熱帯雨林にも似た鮮やかな緑色。
 俺の視界の奥の方で色とりどりのネオンが、陽射しを浴びて光る川面のように揺れていた。そうするうちに、俺の心臓の鼓動は益々大きくなっていたー。

「それで、話の続きは?女の子とはどうなったんだ?」
 目の前の老人は、ワクワクした顔で俺を見ていた。俺は言った。
「意地悪なこと聞きますな、神様。あなた、天国の入り口で俺が来るの、待っていたんでしょう」

あの娘とモッキンバードと夜のネオン

執筆の狙い

作者 青井水脈
om126156134025.26.openmobile.ne.jp

2700文字ほどです。コロナ禍より前に書いていました。スランプ中の小説家、カクテルのモッキンバード。思いつきで書いてみて、このようなオチになりました。もしかしたら、ザ・フォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」が無意識に残っていて影響したのかもしれません。とりあえず読んでいただけたら幸いです。

コメント

日程
122x213x233x16.ap122.ftth.ucom.ne.jp

青井水脈様

読ませていただきました。コミカルなお話でさらりと読むことができました。

 女の子が登場してからは神様と同様「それでどうなったんじゃ」と言う気持ちでワクワクできましたが、前半があまり面白くない印象でした。オチのタイプ的にもショートショート向きなので、もっとばっさりカットしちゃってもいいんじゃないでしょうか。申し訳ないですがスランプの連呼とかに面白さを見いだせませんでした。でも、全体的に見れば支えるところもなく楽しい文章でした(特に後半は)。ありがとうございます。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

余計なところが饒舌で、必要なことが書かれてないし・・

ラストのオチ近辺が、ここのサイト十八番の『読者の想像にお任せします〜』&『だってその方がなんとなく余韻出そうな感じするから〜』式で、

不親切だし、

つまらない。



主人公が小説家なんだったら、『どういう傾向の作品書いて来て、今現在かきあぐねている作品は、何てタイトルのどんな話なのか』ぐらいは、
私なら絶対に書いておく。(そういう作風なんで、そこは割愛しない)


主人公、多量アルコール摂取が災いして身体トラブルで死に至ったのか、
ここのサイトっぽく腹上死とかなのか、
交通事故死なのか、
バーで知り合ったばっかの女に殺されたのか、(美人局とか物取り目的で?)
女が死神だったのか……


↑ 肝心なことはなーーんも書かれてないから、『これで分かれ』って方に無理がある。

不親切にぶっつり終了してるだけの、尻切れトンボで、
だからつまらない。



カクテルのモッキンバードは・・
それがやたらと印象的だったアニメがあったっけなー。
2018年の『天狼』だったっけ??

終盤わけわかめになったアニメだったけど、
自分の店でいつもモッキンバードを出していた情報屋で吸血鬼討伐の協力者だったマスターが、
来店した吸血鬼にあっさり殺されちゃって、気の毒でならなかった。



この原稿も、『モッキンバードに意味があるのか??』って思いながら読んでたんだけど、
なんか別段意味はなさそうだったし、
これならギムレット飲んでても一緒な感じだし、

死ぬ直前だったら、ギムレットの方が似合いのカクテルな気も。。
(ギムレットと言えば、『長いお別れ』)



ストーリーが枯渇してて、スッカスカだし、
キャラ造形も空虚すぎるんで、
作者のスランプぶりだけは顕著。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

↑ って感想、

『ここで前に指摘してる覚えが濃厚にある』のと、

タイトルにも見覚えありまくるんで、

これ「再掲」だと思うんだけど・・


再掲なら、せめて「書式、体裁」ぐらいは整えた方が。。


体裁がキレイじゃないから、

セリフ部分が殊更稚拙な印象に。。

5150
5.102.4.156

拝読しました。

中高年の哀愁パワー全快(?!)という感じですね。人は中年であっても、まだまだなんだと思いますし。KFCのカーネルサンダースや松本清張だって遅咲きだし。今の中高年って、精神的には以前と比べたら若いし。起業して成功した人もいるだろうし。

ってなわけで、ああ、あそこで自分の小説の話さえ持ち出さなければなあ、なんて(笑)。小説出さなくたって、話に乗ってきたし、魅力的な人は経歴に関係なくそうであろうし、ってのはやっぱり現実的じゃないんだろうか、なんて。

んでもって、ラストがぁぁぁ!……。

ブロンコ(お節介天誅
softbank221022130005.bbtec.net

書き手はこのサイト十年来のおっさんですか。

何しろダサいし、キャラ造形が地獄級に馬鹿。
この短さで書き手自身が体裁にすら無頓着っていう拙さにあって

>思いつきで書いてみて、このようなオチになりました。

って、何言ってるのかさっぱりわかりません。


舞台は明け方の公園のベンチでサンタ老人はホームレスなんでしょ。
語り手は毎朝っていうかド深夜からハトにエサくれに来るタニマチ気質の壮年メンヘラ。
ママからもらうお小遣いでサンタ老人にもエサくれてんの友だちいないから。
「どんどんお土産が増えてここに来るのも大変だよ」なんてへらへらしながら青アザだらけの美人局ファンタジー語るんでしょチンピラに剥かれて蹴られて麻季にもお尻蹴られて散々だったのにクセになっちゃって陽が昇ったらおウチに逃げ帰って昼野のショボいエログロ趣味も真っ青みたいなじめじめ自慰に耽り腐る。
オチなんてあるはずないよね当たり前。


最低でしょ?
つまんないからつまんないこと考えちゃうんですよ誰のせいなんですか。


いろいろかなり役に立ってない感じするんですけど、大丈夫ですか。
感じ悪いのはあたしだけなんですけど、感じ悪くない人たちはただ何もしなくなるからここは退屈と屁理屈で寂れるばっか。
居た堪れなくなって退散する焼け残りは自覚あるだけまだ賢明ですよ所詮臆病ものなんだし。


読みも書きもダメ。
それだけはちゃんとはっきり言っとかないと気が済まないタチなので、もうちょっと気を付けて欲しいんですよ。
あなたの感度は完全に間違ってるし、全然役に立ってない。
何なら見るものをイライラさせるんですわかりますか。
似たタイプの奴しか書き込まないからって、それが水準だと思いたいならただの馬鹿。

読めない人は書けないけど、あなたの場合は読めないなりにまずは書けと言いたい。
それでこてんぱんに叱られた方がいい。
誤解と偏見ばかりまき散らして、場が下がるばかりなんですよあなたとあなたが心当たりあるはずの気安い連中があれこれ晒してくれるばっかじゃさ。
呆れるばっかでくそつまんない以下すぎ。
ここんとこずっとそんな感じばっかってさ、くそみっともない掲示板もあくび止まんないらしいんですよもはや驚異的つまんなさってこと。


やるならちゃんとやってくださいよ。
はっきり言っとくんですけど、読み書きすべて目障りレベルです。
ヤバいですよ。

青井水脈
om126156134025.26.openmobile.ne.jp

日程さん

読んでいただいてありがとうございます。前半、確かにバーに出向くまで主人公一人の語りですしね。少しでも面白く読んでいただけるよう、また工夫したいと思います。ありがとうございました。

青井水脈
om126156134025.26.openmobile.ne.jp

貔貅がくるさん

>主人公が小説家なんだったら、『どういう傾向の作品書いて来て、今現在かきあぐねている作品は、何てタイトルのどんな話なのか』ぐらいは、
私なら絶対に書いておく。(そういう作風なんで、そこは割愛しない)

なるほど。参考になります。
主人公は、急な心不全ですね。ネオンを見ながら心臓の鼓動が大きくなっていった、というのが小さな伏線のつもりでした。

>ここのサイトっぽく腹上死とかなのか
どんなサイトなんですか(笑)実は麻季ちゃんが死神だった、というのも自分でふと考えました。必要なことが書かれておらず不親切だったとは、肝に銘じます。

青井水脈
om126156134025.26.openmobile.ne.jp

5150さん

読んでいただいてありがとうございます。特に目新しいオチでもなさそうですが、ラストで驚かれたようで。
麻季ちゃんのスルーっぷりがアレですけど、あまり小説は読まないということで。

青井水脈
om126156134025.26.openmobile.ne.jp

ブロンコ(お節介天誅さん

読んでいただいてありがとうございます。
>読めない人は書けないけど、あなたの場合は読めないなりにまずは書けと言いたい。
なるほど、読めないなりにでも、書いてみるのはいいんですね。驚異的つまらなさっていうのも、逆にすごいじゃないですか。

真弓 剛太郎
i114-191-140-226.s41.a040.ap.plala.or.jp

読ませていただいた。

おしまいが残念であった。
このカタチは夢落ちなどとよく似ていて、「それでどうなったんだ?」みたいな感じで神様を出せば、そこまでの話はなんでも良くなってしまう。
なるほど心臓の件が挿し込まれているので、そう(病死)読めなくはないが、やはり禁じ手に近い気がする。
なによりスランプ中の作家という、前提になる主人公の特殊な職歴が活かされずに終わるのは良くない。

最後まで描ききる方が力も付くし、感想者も意見を入れやすいはずだ。
どのようなものでも良い、作品のデザインをしてお終いまで書いていただきたい。

それではまた。

青井水脈
om126156134025.26.openmobile.ne.jp

真弓 剛太郎さん

読んでいただいて、ためになる助言もとてもありがたいです。
真弓さんが書かれた「夜」こちらでは主人公が助かりそうでホッとした、というコメントが寄せられていたので、それと反対ですね。
また他の方の投稿作や感想を読んで、もう少し勉強しようと思います。ありがとうございました。

夜の雨
ai197179.d.west.v6connect.net

「娘とモッキンバードと夜のネオン」読みました。

話は読ませるものになっていますが。
この「が」がくせ者でして、要するに導入部からラスト近くまで興味深く読み進められました。
起承転結の「起承転」までは、どこに着地「結」するのかと思っていると、主人公が若い娘さんと楽しい想いをした結果、心臓発作等を起こして「天国の入り口」で神様とご対面という話でしたか。

主人公の櫛田敬男(くしだたかお)は49歳ということで普通なら亡くなる年齢ではありませんよね。
それがモッキンバードを飲んでいたところ、麻季ちゃんというかわいい女の子に話かけられてご機嫌になり。
 >モッキンバードをおかわりして、気がつけばテキーラのストレートをグラスに一杯、他にもカクテルを少々。さすがに呑みすぎたな……。<
調子に乗って、呑みすぎたという展開で、そのまま彼女とネオン街にまぎれた、ということで、心臓発作から天国へ、という感じですか。

せっかくなので、もう少し主人公の櫛田敬男とヒロインの麻季とのあいだにコミュニケーションがあればよいですね。

そうすると二人の人物が浮き出てきて、ドラマの部分が見え隠れするのではないかと思います。

導入部とラストで神様が出てくるところは、ユーモアに感じました。

>俺の話を聞きたいって?それでは話して差し上げよう。<
導入部は神様に対して主人公が天国の入り口のところで話しているわけですが、上から目線のところが、主人公のキャラクターかなと思いました。
ラストまで読んでみると神様は主人公の上から目線の語り口調にも関わらず、おおらかな感じで、さすがでした。


お疲れさまでした。

5150
5.102.14.178

再訪です。

他の方の感想を読んだ上で気になったことを。このキャラ、青井さんとしてはどう思って書かれたのですか? 5150は前の感想のように憎めないキャラで大いなる同情をさそうように読みましたし、それなら筋的にもう少しキャラに合うような物語の進行ぶりを考えてみてはどうかな、と。このままのストーリーなら、逆にダメ男ぶりをもっと強調した方が動機もほのめかせるし、筋的にも合うような気がするので……

青井水脈
om126133247009.21.openmobile.ne.jp

夜の雨さん

読んでいただいてありがとうございます。少しでもユーモア、面白いと思っていただけたなら幸いです。
主人公と麻季が話をして、外に出ればネオンが煌めいて……。スラスラ進めすぎた感は拭えないですね。参考にします、貴重なご意見ありがとうございました。

青井水脈
om126133247009.21.openmobile.ne.jp

5150さん

再訪ありがとうございます。主人公はスランプ中の小説家、翌年には五十代に突入し、離婚歴がある。かわいらしい女の子に声をかけられて、小説よりロマンスだ、となるのは自然な流れですかね、
キャラの造形より前に、オチで「あ、そうなんだ、なるほど」みたいに感心していただけたら、という気持ちの方が先に立ちました。

青井水脈
om126133247009.21.openmobile.ne.jp

続きます。他の方の書かれた感想、的を射ている箇所もあります。ハッキリ指摘されて、目が覚めるようでした。毒でも薬でもある、なんて思ったり(笑)
ということなので、5051さんお気遣いありがとうございました。

アリアドネの糸
dhcp.nipne.ro

拝読しました。

 お話の導入はとても要領よくなされているなと感じました。
要領よさというのは、つまり、情報の出し方と量とスピード感とが安定感につながっていたように思います。急かされず、もたれることもなく、要するにストレスを感じない読み心地でした。

 その反面、なげやりエンドが気になりました。なげやりは正しく投擲されれば立派な投げ槍になって、そうでなければ投げ遣りになるわけで(これが言いたいだけ)、例えば、ブツ切れを許せる勢いのようなものがあればまだ納得できたように思います。

 個々の表現については、基本情報ベースで書かれていてその上に主人公の色を塗ったみたいな感じなんで、立ち昇る瑞々しさがいまひとつ、というのが正直なところです。このあたりは好みの問題かもしれないですが。。。。

青井水脈
om126133247009.21.openmobile.ne.jp

アリアドネの糸さん

読んでいただいてありがとうございます。投げ槍ではなく投げ遣り、なるほど。今回は終わり方が不親切だったと心します。
(久)さんの書かれた「初恋とローヒール」読まれました?こちらはカミサマが出てきてイメージが被ると思いきや、しんみりする感じや読み終えてじんわりする感じを得られます。
やはりキャラ造形、語り口の差なのでしょうか。

(久)
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

こんにちは。感想返しに来させて頂きました~。
さらっと読ませて頂けました。主人公様はメタボと無縁という事、羨ましい限りです。それか!
問題はオチですが、死ネタなのは大丈夫だと思うのですが、結局死因は何であられたのでしょう? それが私では判りませんでした。
うーん。でも、女の子とあんまりラブラブされても落ち着かないし……笑
モッキンバードというカクテルを初めて知りました! こういう何かとの出会いが小説の醍醐味だったりするのでしょうかね。
題材被っちゃったのですが(ごめんなさい!)書き手様によってこうも味が変わるものなのだなと感嘆致しました。何年も前、同じモチーフで違う時期に二作書いたら正反対の内容になってしまった事を思い出しました!
それでは失礼致しますm(_ _)m

青井水脈
om126133247009.21.openmobile.ne.jp

(久)さん

読んでいただいてありがとうございます。いえいえ、偶然ですが重なった感じが面白かったので。そちらのカミサマは実家で待たれていて、こちらは天国の入り口で(笑)
主人公はまだ五十前ですが心不全です。着替えて部屋を出る前に、人間ドックの結果が何か放置してあるのを書いてもよかったかな、と後から思いました。
コメントありがとうございました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内