作家でごはん!鍛練場
飼い猫ちゃりりん

令和救世主伝説

 僕のヒーローは、シルヴェスター・スタローンです。僕の部屋の壁は彼のポスターでいっぱい。ロッキーとランボーは大好きです。何度倒れても立ち上がるロッキー。地獄の戦地から友達を救うランボー。そんな大人になりたいと思います。でも今の僕は、ただの意気地なしです。

 幼なじみの正志くんは、たった一人の親友です。正志くんは、いつも学校でいじめられています。助けたいけど、いじめているのは大きくて強い子たち。僕はチビでどんくさいから絶対無理。それが本当の僕なんです。そんな自分が嫌になります。そんなときはいつも、タマを抱いてベッドで泣いているのです。

 小学生のとき、正志くんと一緒にタマを保護しました。大きな野良犬が、子猫のタマを側溝の追い詰めて、牙をむいて威嚇していたのです。僕は正志くんに、「危ないから誰か呼んでこようよ」と言いました。でも正志くんは、「今助けないと咬み殺されるよ!」と言って、木の棒で野良犬を叩いて追っ払いました。正志くんは団地に住んでいたから、僕がタマを飼うことになったのです。
 「タマごめんね。僕じゃ正志くんを助けられないよ。いじめているのは、強い子たちなんだから」と言うと、タマは僕の涙をなめてくれました。

 ある日の放課後、また正志くんが、体育館の二階に呼び出されて殴られていました。本当に酷いいじめでした。それはもうリンチでした。僕は影から見ていましたが、心臓がドキドキして足が震えました。
「助けなきゃ……でも、やっぱり無理」
 諦めて立ち去りました。でも体育館を出たところで思ったのです。
「でも、このままじゃ正志くんが……」
 僕は引き返し、精一杯の勇気を振り絞って、いじめっ子たちの前に出たのです。すると彼らのリーダーはニヤニヤしながら僕に言いました。
「助けに来たのか? お前が?」
彼の仲間たちが大笑いをすると、彼は僕に言いました。
「お前が俺の言うとおりにすれば、こいつを許してやるよ」
「どうすれば良いの?」
「お前が殴れば許してやる」
 正志くんの顔は腫れあがり、唇が切れてました。正志くんが僕に、「早く殴って……」と言うと、また彼らは大笑いしました。僕は震えながら正志くんを殴りました。彼らがいいと言うまで、何度も……

 学校から帰ると、晩飯の支度をしている母に、正志くんのことを相談しました。でも、いじめっ子たちのリーダは、父の勤めている会社の社長の息子なのです。母は料理をする手を止めると、凄い剣幕で僕に怒りました。
「お父さんが会社で困ったらどうするの!」
「母さんは、友達を見捨てろと言うの?」
「じゃあ、あなたが家族を養ってくれるの!」

 僕は自分の部屋に戻り、ベッドの上でうずくまって泣きました。そんな僕を、タマが部屋の隅から見ていました。カッターの刃を手首に当てたとき、誰かが僕に声をかけたのです。
「君はヒーローになるのだ」
ポスターの中のロッキーでした。
「僕じゃ無理です」
「いや、なれるさ」
「どうすれば?」
「正しいことをすれば」
「でも僕、弱いから勝てません」
「勝たなくてもいいさ。殴られても立ち上がればいい」

 翌日の放課後、また酷いリンチが始まりました。でも僕は堂々と前に出たのです。いじめっ子たちは、また正志くんを殴れと言い、断ると、彼らは僕を取り囲んで殴りました。
 僕は倒れるたびに、「勝たなくても良い。立ち上がれば良いんだ……」と言って立ち上がりました。いじめっ子たちは化け物でも見るかのような目で僕を見ていましたが、僕の方から近づいてゆくと慌ててその場から逃げ出し、柔道部の連中とぶつかって階段から転げ落ちてしまいました。

 帰宅して玄関で靴をぬいでいると、母が居間から出てきて、いきなり凄い剣幕で怒りました。
「あなた! 学校でなにをしたの! 社長の息子さん、怪我したのよ!」
「なにもしてないよ」
「お父さんから電話があったのよ! お父さん、みんなの前で大恥かいたのよ! どうするの!」
 その様子を、タマが廊下の隅から見ていました。

 僕は無言で自分の部屋へ上がると、ロッキーのポスターに言いました。
「僕、ヒーローになったよ」
 ポスターは何も答えません。すると誰かが、また僕に声をかけたのです。
「勘違いするなよ。悪ガキを懲らしめたぐらいではヒーローじゃないぞ」
ポスターの中のランボーでした。
「どうすればヒーローになれるの?」
「仲間を助ければ」
「もうしたよ?」
「そうじゃない。君の同胞が拉致され、何十年も救出を待っていることは知っているな。君が助けるのだ」
「いっ! いくらなんでも無茶です!」
「必要な装備は用意した。君は本当のヒーローになるのだ!」
 窓ガラスがカタカタと揺れ始めました。外で轟音が鳴り響き、窓を開けると、オレンジ色の空から縄梯子が降りてきました。僕はタマを抱きしめて帰還を誓い、縄梯子を登って機体に乗り込みました。ヘリは夕日の輝く日本海を飛び続け、僕を地獄へ運んだのです。

 落下傘で闇の中を降下すると、そこは突風の吹き荒れる荒野でした。しばらく歩くと鉄条網に囲まれた収容所が見えてきました。僕はポッケにある見取図と同胞の顔写真を頭に入れ、サバイバルナイフで鉄条網を切り裂き、そこに潜入したのです。
 同胞が働かされている作業所に真正面から入ると、顔写真の人たちがいました。
「迎えに来ました。遅くなり申しわけありません」
「私たち、家に帰れるのですか?」
「みんなが待っていますよ」
 しばらく兵士たちはポカーンとその様子を見ていましたが、すぐに激しい銃撃戦となりました。僕はサブマシンガンで応戦し、手榴弾で壁を破壊してジープを奪うと、同胞たちを乗せて荒野を疾走したのです。
 やがて前方に、不時着しているヘリが見えてきました。急いで同胞たちを乗せて夜空に舞い上がると、敵のヘリが攻撃を仕掛けてきました。僕はヘリを自動操縦に切り替えると、装備されているガトリング砲で応戦しました。
 なんとか敵機の追撃をかわして日本海に到達すると、やがて眼下に宝石箱のような夜景が広がりました。と、そのとき、ランボーから指示が来たのです。
「大ガラスから捨て猫へ。大ガラスから捨て猫へ。聞こえるか?」
「はい。聞こえます」
「負傷者はいるか?」
「全員無事です」
「大ガラス了解。では着陸ポイントを指示する 。国立競技場に着陸せよ。繰り返す。国立競技場に着陸せよ」
「捨て猫了解」
 眼下に国立競技場の照明が見えました。下り坂48のライブの真っ最中です。轟音とともに弾痕だらけの機体が現れるとライブはぶち壊れ、帰還者たちがヘリから降りる姿を、大観衆が固唾を飲んで見つめました。でも観客は、帰還者たちに罵声を浴びせたのです。
「邪魔するなー!」
「金返せー!」
「早く消えろー!」
 あの人たちの眼を開かせよう……
 僕は照明に機銃掃射を浴びせました。機関銃が火を噴くと、無数の電灯が一瞬にして砕け散り、ガラス片の雨の中を観客が逃げまどいました。航空隊のヘリが、夜空から投光器で僕を照らすと、特殊部隊が一斉に銃口を向けました。僕が武器を捨てると、一人の男がこちらに向かって歩いて来たのです。

 ランボーは僕に言いました。
「君は本当のヒーローだ」
僕は、家族と抱きあって泣く帰還者たちを指差して言いました。
「彼らが本当のヒーローです」
「君の望みはなんだ?」
「この世から争いが無くなることです」
 と、そのとき、誰かが僕の首に腕を回して頬にキスをしたのです。
「叔母さんを助けてくれてありがとう」
 彼女の唇が僕の唇と重なり合ったそのとき…… 初夢から覚めた。
 年老いたタマが、私の口元を舐めていたのだ。保護から早十九年。人なら白寿に相当する年齢だ。
 「いまいいところだったのに……」とタマに文句を言うと、タマは尻尾を一振りして散歩に出掛けた。その一振りは、ついて来いの合図なのだ。ついて行って見せられるのは、小鳥やとかげの死骸と決まっていたが、その日は違った。

 近所の森の中にある神社の境内が、タマが永年守り抜いた縄張りだった。
 タマは、とぼとぼと参道を歩き、苔むした石段をゆっくりと上がっていった。鳥居をくぐると、元旦にも拘らず参拝客はなく、神域を護る狛犬だけが静かに佇んでいた。
 タマは浄財を投げる者がいないことを良いことに、賽銭箱の真正面の石畳で日向ぼっこを始めた。そのとき、かさかさと枯葉を踏む足音が聞こえた。振り向くと、落ち葉に埋もれるようにして三毛猫がいた。御神木の根元には虎猫がおり、『菅原道真公』と刻まれた御影石の前には黒猫がいた。
 いつのまにか白猫の親子が、タマと一緒に寝ていた。子猫は母猫の腹に顔をうずめて眠り、タマが母猫の毛繕いをしていた。雲ひとつない青空のもと、猫たちは初春の陽にまどろんでいた。

 終わり

令和救世主伝説

執筆の狙い

作者 飼い猫ちゃりりん
KD106180044180.au-net.ne.jp

 約3500字の掌編です。サラッと読んでくださいませ。
 高尚な方々からは、「馬鹿らしい」と怒られてしまいそうな作品です。
 懐かしい映画、「ロッキー」と「ランボー」をモチーフしています。

コメント

小原万里江
fp96f91346.knge107.ap.nuro.jp

飼い猫ちゃりりん様、

正志君と僕のお話に胸が痛みました。そこから別世界になったところ、それが夢だったとわかるところ、そのあとの神社の境内のシーン、と移るたびに正直あまり繋がりを感じることができませんでした。まったく別の話として書かれてもいいのかな?と思いました。

個人的には正志君と僕のお話をもっと読みたいと思いました。ちなみにここも夢だった、ということなのでしょうか……。

飼い猫ちゃりりん
106171086227.wi-fi.kddi.com

小原万里江様
 子供の「僕」と、大人の「私」の差別化を図ったのですが、全く別物に感じられるのですね。ということはやりすぎでした。
 御指摘に感謝します。ありがとうございました。

飼い猫ちゃりりん
106171086227.wi-fi.kddi.com

小原万里江様
説明不足ですみません。
読んだことないのですが、異世界物って感じで書こうと思ったのですが、慣れてないことに挑戦すると大体失敗しますね。
ネタバレになりますので……
御指摘に感謝しております。

飼い猫ちゃりりん
106171086227.wi-fi.kddi.com

脱字があるじゃん!
「側溝の」→「側溝の隅に」

アリアドネの糸
dhcp.nipne.ro

飼い猫ちゃりりん様

タマを助けたこと。
なけなしの勇気を振り絞っていじめっ子に立ち向かったこと。
収容所に仲間を助けに行くところ。
タマに案内され神社に行くこと。

がこの掌編のハイライトだとは思うのですが
この四つのエピソードを連ねることで全体として何を語りたかったのか? アリアドネには読解できませんでした。というより一つのエピソードで感得されたことを次のエピソードに引き継がないまま進んでいくので、物語的にも心理的にも脈絡のなさの方が際立ってしまった印象です。底流に文法がもしかしたらあるのかもしれませんが、連ねること重ねることの意味が、アリアドネには見えにくかったです。

あと最後の段落ですけど、ちょっと霊的な雰囲気のある描写で飼い猫ちゃりりん様の文法という感じがしますが、配置ができすぎていて、すっごくオートマトンって感じです。

飼い猫ちゃりりん
123-48-120-49.aichiwest1.commufa.jp

アリアドネの糸様
 やはり映画をモチーフするという手法が安易でした。映画を観たことがない人にも伝わるようにしなければいけないですね。

 最後の神社のシーンは出来すぎなんですね。一応近所の神社の風景を描画したのですが。猫は創作ですけどね。

 小説とは絵画や音楽のようなもんだと思っています。画家や作曲家が伝えたいことは、絵や音楽そのものだと思っています。あの有名なゲルニカでも、間違った解釈が社会に蔓延してしまっていると思います。

 ありがとうございました。
 

南風
softbank060091003055.bbtec.net

5150様
拝読いたしました。
全体的には面白かったです。
>君の同胞が拉致され、何十年も救出を待っている
あたりから、急に流れが変って、最後の場面も前段との繋がりがよくわかりませんでした。
たくさんのコメントはいつも勉強になります。
有難うございます。

南風
softbank060091003055.bbtec.net

すみません。訂正です。5150様→飼い猫ちゃりりん様。
申し訳ないです。

飼い猫ちゃりりん
KD106128192089.au-net.ne.jp

南風様
 こんな失敗作を読んで頂いたことに感謝いたします。
 やはり、場面場面の切り替わりが唐突過ぎるのですね。
 最後の場面は、武力で獲得する人間の平和と、猫世界の平和を並べてみたというお遊びです。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内