作家でごはん!鍛練場
小原万里江

マキという彼女

 その日、栗島淳(あつし)は代々木駅の西口にいた。彼女と待ち合わせに使ういつもの駅前にはたくさんの人が行きかっている。
「ごめん。十分ほど遅れる!」
 マキからメールが入る。
 まあ、いつものことだと思いつつ、顔を上げた目線の先に父の姿があった。軽く手を振るような仕草をし、淳に近づく父、彬は四十二歳。今は亡き母と、当時の父が十八のときに授かった子どもが淳だった。はたから見たら親子というよりは上司と部下に見えるかもしれないな、と思いながら淳は「ああ、父さん」と、いつものように答えた。なにか面白いものを見た、というような表情で友達みたいに近づいてくる父。
「淳。もしかして彼女と待ち合わせ?」
「う、うん。まあね」
 「彼女」マキとはもう半年も付き合っているのに、父にはまだちゃんと紹介したことがなかった。淳よりも六歳年上なことを気にするマキが、まだ親に会うのは早いと言って譲らない。つい二か月前にもそのことで揉めたばかりで、淳としては彼女を父に紹介できないもどかしさを抱えていた。
 メールの受信音が鳴る。
「どうしよう。人身事故。電車しばらく動かない」
 見回すと周りもスマホをチェックし始めている。父もまた、スマホを確認している。
「なに、父さんもカノジョとか?」
 冗談めいて聞く淳。
「いや……」
 一瞬言葉に詰まった父は目を泳がせる。返事をせずにこの場をやり過ごしたそうなのは明らかだった。淳にはほかにやることもなく、質問を投げた手前、答を待つしかすることがない。父はちょっときまり悪そうに低い声で答える。
「うん、まぁ、そうなんだよ」
 淳は予想外の返答に目をまるくする。
 メッセージ受信音が鳴る。またマキからで、まだ電車が動かないという。淳は「いいよ。テキトーに時間つぶすから」と素早く返信し、父に向き直った。
「いつから?どんな人?」
「ここ二か月ぐらいかな。友だちの紹介って言うか…」
 気まずい空気の中でまたメッセージの受信音が鳴った。今度は父のスマホで、父は早々と返信している。正直、父の私生活などあまり考えたこともなかった淳は少しくらくらした。聞いてもいないのに父は続ける。
「実はひと回りも若いんで、どうなるかわからないんだけどさ……」
「あ、そう」
 自分が年上の彼女に悩んでいた間に父に若いガールフレンドができるとは。皮肉な状況に苦笑いする淳に全く気づかない父はさらに続ける。
「それよりもお前の彼女、来るんだったらちょうど良い機会だから、挨拶でもしとこうか」「いや、どうかなそれは…」
「いいじゃん。親としては息子の彼女も見ておきたかったし」
 やはり父にはマキを紹介しておきたかった思いもあり、淳は流れに任せることにし、力なく承諾をする。
「オッケー」
 父は幸せそうな笑みを浮かべながら、また例のカノジョに返信している。なんだよ、ニヤニヤしやがって……とは思ったものの、まだ父もそこそこ若いのだし、ここらで幸せになってもらってもいいのかもしれないな、と淳は考え始めた。
 淳の視線に気づき、父があわてて向き直る。
「いや、悪い。滅多にない機会だから、息子の彼女に会うこと話してた」
 まったく、高校生じゃあるまいし……と、半ば呆れる淳のスマホがまた鳴った。
「もう電車まったく動かないみたい。なんか待たせるのも悪いし、またにしない?」
 すぐに返信する淳。
「今日は暇だし、大丈夫。動いたら教えて」
 即既読になったものの、返事が途切れるマキ。
 今度は父のスマホの方からメッセージ受信音が鳴る。父がメッセージをチェックするのを待ってから、淳は父にマキが遅くなることを伝えた。
「そうか。こっちももう、今日は無理そうだし。それじゃ、また今度で」
「そうだね。父さんの彼女にもいつか会わせてよ」
「ああ。それじゃ、今度はマキさんも一緒に食事でも行くか」
 また父のスマホが鳴る。淳も自分のスマホをチェックしようと思ったが、その手が止まる。
 あれ……?父に彼女の名前を伝えた覚えはない。父はどこでマキの名を……。
 目の前で彼女にメールを打ち始める父。
 え?ちょ、ちょっと待てよ?淳は父のスマホをのぞく。父がメッセージを送っている相手のアイコンは写真も何もないデフォルトの人型にM.T.の頭文字。
「父さん。父さんの彼女って……タカハシマキさんじゃないよね?」
「え! なんで知ってんの?」
 スマホから顔を上げる父の驚いた表情に、淳は完全に凍りついた。
 淳のスマホが鳴り、マキからメールが入った。
「わかった。動いたら教えるね」
 震える声で淳は父に聞く。
「父さんさ…、今、カノジョさんに、自分はうちに帰ること、伝えた?」
「伝えたけど、何でそれを…」
 父が言い終わるのを待てず、淳は叫んだ。「ふざけんな!」
 驚いた表情で固まる父。父だけではない。突然の大きな声に周りからも自然と視線が集まっている。でも淳は周りを気にしてなどいられなかった。
 タカハシマキ。三十歳。婚活を考えていた彼女が、親への紹介を拒んだのは年齢を気にしていたのではなかったのだ。ほかに相応しい相手がいないか物色中だったということなのか。父が付き合い始めたというのが二か月前。ちょうど親へ紹介したいと言い出した淳と口論した時期だ。
「最っ低だよ。まさか親子で同じ彼女だなんて! 父さんもいい年して何なんだよ!」
 淳はつい大声を上げ、状況を察した父の顔はみるみる曇っていく。
「信じらんねー。おかしいよ!なんなんだよ…!」
 論理的に考えれば、このことは父のせいとは言い難い。それでも一度火がついた淳の興奮は収まらない。ただただ息子を見つめる父に、大声でわめく息子。部下と上司になど見えない、親子の姿がそこにあった。
 こういう時、実際には人だかりなどできないことを淳は知った。みんな遠巻きに、こちらを避けるようにして足早に歩き去って行く。自分もこの状況から歩き去りたいと淳は思ったが、化学反応が始まったような、熱くなった気持ちには歯止めがきかない。かと言って、気が利いた言葉も考えもなく、淳は言葉にならないと声をただただ吐き出していた。そこでやっと父が口を開いた。
「ま、まず、マキさんと話をしよう」
 父の低い声を聞いて、淳は少しだけ自分を取り戻したように感じた。マキと話をする。確かにそれしかないだろう。でもそれは彼女に自分たちのどちらかを選んでもらうということなのか?
「わかんねえ。それで父さんはどうすんの? もしマキが俺を選んだとして、平気なの?」
 父は少し考え、ため息をついた。
「平気なんてことはないよ。だけど、そうなっちゃえば仕方ない。」
 血が上った頭がズキズキするような感覚に襲われて、淳はぎゅっと目をとじた。もし仮にマキが自分を選んだとして、自分はそれで大丈夫なんだろうか。何もなかったかのように彼女と付き合いを続けていけるのか?それにもし、家に来るようなことになったら?しかも…。
「もし、マキが父さんを選んだ場合は?」
 父はまた沈黙する。淳を直視せず、それよりも少し後ろの方の空間を見ているようだ。いや、見ている、というのは正しくないかもしれない。頭の中で考えていることに集中しすぎていて、目はスイッチを切ったカメラのように、ただそこにあるだけ。
「付き合えるわけないだろ」
 と父は生気のない声で言った。
「どう考えても無理だよ」
 少しホッとしたような気持ちになった淳だったが、父の残念そうな表情には心が痛んだ
「マキさんがそういう人だったってわかった以上、付き合い続けられるわけがない。ましてや息子の元カノなんて…」
「確かに。俺でも無理」
 ぶっきらぼうにつぶやいた淳は自分のスマホにいつの間にかマキから入っていた「電車再開」のメッセージを見た。
「あ、なんか、もうすぐ来るみたいだから、父さんも…」
 その時、淳の耳に聞き慣れたマキの声がした。
「淳! ホントごめんねー。」
 マキだ!
 反射的に声のした方を見たものの、すぐに父の方を振り返る。
 父はマキを見て、信じられない、というような顔をしていた。我に返ったように淳に目配せすると、父は大きく近づいてきて、低い声で言った。
「マキさん違い! 同姓同名だ」

マキという彼女

執筆の狙い

作者 小原万里江
fp96f91346.knge107.ap.nuro.jp

読者に途中まで「こうなるんじゃないかな」という想像をさせておいて最後でそれを裏切る、というような話を書きたいと思って書きました。それとこれは特に意識してはいなかったのですが、私は家族を描くのが好きなようで、自分が書く作品にはいつもなんらかの形で親子が出ています。

コメント

匿名係。
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

意外でした! 最後が……。
落語みたいな、まさに、オチ話(笑)
なんじゃそれー!! でした。

真面目に申しますと、シリアス展開からズッコケ、みたいな(笑)
良かった。良かった。

後は、文章作法が曖昧な所が気になりました。
「」内最後の。有る無し。
!?の後の 有る無し。
……の偶数個問題。
それから、体言止めの多用でしょうか。

そんな感じです。
ありがとうございましたm(_ _)m

むぎ茶
210.160.37.45

作者さんの意図を見て、自らのハードルをすごいあげる人だなーなんて思いながら読みました。
そして、読み始めてすぐになーんだ、こういう話なんだろうねハイハイって思っていたんです。
でも、最後の一行で物の見事にやられました!笑
これはちゃんとミスリードを誘って書かれたんだろうなというのがきちんと伝わってきました。
とても面白かったです^^
また小原万里江さんが書いたものを読んでみたいなと思いました。

夜の雨
ai210235.d.west.v6connect.net

「マキという彼女」読みました。

いやぁ絶妙に面白いなぁ(笑)。
「執筆の狙い」で、先に答え(ラスト)が書いてあるのが、なんだかなぁという感じですが。

作品としては一流ではないですかね。
有名な作家の作品のなかに混じっていても違和感はありません。

この作品の面白さは主人公の淳と父親とのやり取りが行われるなかで、時間だけが無慈悲にコッチンコッチンと進んでいく「読み手側の楽しさ」ですよね。
まるでサスペンスです。

ああ、この親子の運命はいかに、という展開と現実。

それで、こちらの作品はこれでよいのですが、こういった展開ならほかにも「流れ」や「オチ」のパターンやらはいくらかあると思います。

ひとつは、親子の相手の女性が本当に「同一人物だった」とか。それで揉めるという展開も面白いのではないかと思います。二人が待っている間にも、「親子を越えた揉め事」になるとか。
そして当人の彼女が着たとなると、それはもう、すごい展開になります(笑)。

●ほかには、一卵性双生児というのもありかなと、こうなってくると、主人公の淳と父親が、同時に逢ってもわからないしね、相手の女性が自分の彼女かどうかも。ということで「おお揉めになる展開があるかも」です。

どちらにしろ、御作なかなか面白かったです。

今回のような作品は、「執筆の狙い」は、あまり正直に書かない方がよいですね。

お疲れさまでした。

ドリーム
softbank126077101161.bbtec.net

いい、面白いですね。
話が進むうちに淳の彼女と、父の彼女の年齢が近くなって行き、もしやと思いました。
まさか最後どんでん返しを用意して置くなんて見事にやられました。
作者様も、してやったりだと思います。

落としどころが見事でした。

もんじゃ
KD111239165057.au-net.ne.jp

 小原万里江さま

 拝読しました。

 主観的な感想ですが、面白くはありませんでした。
 どうしてかというとですね……、

 狙いを読み、わくわくして読み進めました。つまり……

>彬は四十二歳。今は亡き母と、当時の父が十八のときに授かった子どもが淳だった。
 と、
>淳よりも六歳年上なことを気にするマキ
 で、当然のことながらオチなるものを予測しました。が、狙いによるなら、この予測がひっくりかえされるのだろう、どんなふうにひっくりかえるのかと期待しながら先を読みました……、淳にルビがあるのに、父の名を敢えて彬だなんて読めない字にしてルビを抜いているのでそこに鍵があるのかな、なんて推理しながら……。
 そしたら最後のあの一文がオチでしたか??
 小咄にもなってないかと……。
 肩透かしというか……、これがオチかと別の意味で驚かされてしまいました。期待して読ませていただいただけに書き手さまを責めるような調子になっちゃってますね、落ち着こう、落ち着こう。

 よいと思ったところ、素直な文章。

 よくないかな、と思ったのは……、構成、キャラ、あと推敲……というか見直しをしてなさそうな、やはり文章かと……。

 以下に気が付いた点を挙げますね。

>彬

 こっちが、淳(あつし)より読めなかったですー。

>当時の父が十八のときに授かった子どもが淳だった

 ちょっと変な文章かと……?

>冗談めいて聞く淳。

 冗談めかして訊く淳。……かと?

>聞いてもいないのに父は続ける。

 訊いてもいないのに父は続ける。……がbetter?

>え?ちょ、ちょっと待てよ?淳は父のスマホをのぞく。

 ?のあとに一角スペースを入れたいところ?

>おかしいよ!なんなんだよ…!

 !のあとに一角スペースを入れたいところ?

>淳は言葉にならないと声をただただ吐き出していた。

「と」が余計かと?

>「平気なんてことはないよ。だけど、そうなっちゃえば仕方ない。」

「」内文末の句点は、いけないわけじゃないけど一般的じゃないかも?

>彼女と付き合いを続けていけるのか?それにもし、家に来るようなことになったら?しかも…。

 ?のあとは一角スペースを入れたいところ?
 ……というふうに、三点リーダーは偶数回繋いでつかいたいところ?

>父の残念そうな表情には心が痛んだ

 句点抜け?

>ましてや息子の元カノなんて…

 三点リーダー、……と繋げるのがbetter。

 !や?のあとのスペースとか、入るとこには入っているので知識がないわけじゃなさそうだし……。
 やはり見直しをちゃんとして、ですね、いちおう自分なりのマックスをひとさまに、内容はともかく、表記だけでも、ストレスなく読んでもらえるよう尽くすべきを尽くす……みたいにしてる人がたくさんいるのでその方向でお願いできればbetterかと?

 読ませてくださりありがとうございました。

飼い猫ちゃりりん
KD106180046202.au-net.ne.jp

小原様
 もっと大胆なオチを期待していたので正直残念。想定の範囲内でした。
 素直で良い文章ですね。

小原万里江
g199.58-98-160.ppp.wakwak.ne.jp

匿名係様、

最後が意外と言ってもらえたのは嬉しいです。

それと、書式についてもご指摘のあった「」内最後の句点の有無や、!?の後の全角スペース有る無しは注意が足りませんでした。

……は、偶数個使うものだと習ったことがありまして、そのようにしていました。

体言止めの多用も言われないと気づけなかったのでありがたいです。今後気をつけたいと思います。
ありがとうございました!

小原万里江
dcm2-119-238-244-39.tky.mesh.ad.jp

匿名係様、

他の方のコメントを読んでいて気づきました!
……がひとつだけになっていた箇所があったということですね!
推敲の甘さ、反省します。
ありがとうございました!

小原万里江
dcm2-119-238-244-39.tky.mesh.ad.jp

むぎ茶様、

> 自らのハードルをすごいあげる人...
確かに自らハードルを上げてしまっていましたね💦

今回はミスリードとして役に立ったかもしれませんが、やはり他の方からもご指摘ありましたし、以後気をつけたいです。

それでもあたたかいコメント、ありがとうございました!励みになります。今後ともよろしくお願いいたします。

小原万里江
dcm2-119-238-244-39.tky.mesh.ad.jp

夜の雨様、

> 時間だけが無慈悲にコッチンコッチンと進んでいく...

時間の進ませ方は自分でも意識したところでしたので、そんなふうに思っていただけてよかったです。

また、いくつかのパターンのアイデアもありがとうございます。
修羅場を描く、ということもいつかやってみたいです。

特に「一卵性双生児」!
同時に会ってもわからない、というのがおもしろいです。

執筆の狙い、は確かにこういうものではあまり正直に書かないほうがいいですね。

次回へ活かします。ありがとうございました!

小原万里江
fp96f91346.knge107.ap.nuro.jp

ドリーム様、

コメントありがとうございました。
実際、「同じ人が彼女なんだろう」と思わせたかったところがあるので、そう言っていただけてとても嬉しいです。
今後はもっともっと意外性のあるものを考えたいと思います。

小原万里江
fp96f91346.knge107.ap.nuro.jp

もんじゃ様、

正直なご意見と丁寧なご指摘、感謝いたします。
お時間かけて読んでいただけて本当にありがたいです。

【オチに関して】
やはりこの程度ではどんでん返しとも呼べないんだと、自分の中で新しいスタンダードを作ろうと思います。正直なご意見、本当に感謝です。

【文章(特に推敲)に関して】
彬の方が読めないというのはまったく気づきませんでした。自分では淳が読めなかったものですから…💦 以後気をつけようと思いますが、もんじゃ様が書かれていたように「父の名を敢えて彬だなんて読めない字にしてルビを抜いている」という状態を作り出すのも面白いですね! 新たなアイデアをいただきました。

> やはり見直しをちゃんとして、ですね、いちおう自分なりのマックスをひとさまに、内容はともかく、表記だけでも、ストレスなく読んでもらえるよう尽くすべきを尽くす……

本当にそのとおりです。ほかの方も書かれていましたが、やはり推敲が甘かったと反省しています。このようにきちんと書いていただけたことで、今後はもっとしっかりやろう、それこそマックスでと思いました!

期待はずれとなってしまってすみませんでした。それでも読んでもらえたことが私はとても嬉しく思っています。ありがとうございました。

小原万里江
fp96f91346.knge107.ap.nuro.jp

飼い猫ちゃりりん様、

貴重なお時間をいただいたのに、期待はずれとなってしまい、すみません。
それでも正直なご意見をここに残してくださって、本当にありがとうございます。
今回のような意図で作品を書く時にはもっともっと考えなくてはいけないことを肝に銘じておきます。

子囃
softbank126006241180.bbtec.net

このサイトで読む初めての作品が小原さんの作品でした。ご縁に感謝します。

以下作品の感想です。

・物語について

まず、このようなどんでん返しを仕掛けるための絶対条件として、オチは提示された謎よりも驚きのあるものでなくてはいけないと思います(もしくは、あまり見劣りしない程度の驚き)。

提示された謎である「父と息子で同じ人物と付き合っていた」という驚きと魅力は、実に読者の好奇心を刺激するものです。しかし、それに対する回答である「同姓同名の人違い」は、果たして魅力的な回答だといえるでしょうか。この謎と回答の間に落差が生じると、何人かの方々が言われている「期待外れ」という感想になります。僕も正直、真っ先に浮かんだ想いはオチに対する物足りなさでした。

父と息子の彼女が同一人物だとすれば、その思惑が気になるところ。必要な文字数は少し伸びてしまいますが、偶然の一致で片づけず、彼女の思惑にこそ魅力的なオチを用意してあげた方が良かったのかなと思います。

また、このようなミステリ作品においてまず避けたいのは、トリックやオチに「偶然」を使うこと。中でも奇跡的な確率で起こるご都合主義は、ミステリ作品では絶対使ってはいけないと覚えておいたほうがいいです。

やりたいことは叙述トリックに見えるのですが、叙述トリックに対する知識はまだ皆無か、ほとんどないとお見受けしました。逆に言えば、この作品の拙さは実力の無さではなく、ミステリに対する知識不足だと思いました。何作品か叙述トリックの作品を読んで研究すれば、すぐに小原さんの作品は化けると思います。普段ミステリを書く方ではないのかもしれませんが、ミステリを書く素質があると思いました。

・文章について
こなれた感じで、読ませるなと思いました。ライトノベルやライト文芸ジャンルに適した、柔らかい歯ごたえの文章といった印象で。さくさく読めていいと思います。変にくどくないのがいいですね。
すごく気になった点はありません。ただ、こうした方がいいなと思った点でいうと、

驚いた表情で固まる父。父だけではない。突然の大きな声に周りからも自然と視線が集まっている。でも淳は周りを気にしてなどいられなかった。

これを

驚いた表情で固まる父。突然の大声に辺りからも視線が集まっている。けれど淳は周りを気にしてなどいられなかった。

このように短縮できるところは短縮してあげるともっとストレスのない文章になるのではと感じました。三人称なのもあって、でもよりも「けれど」や「しかし」の方がいいのではと思い、そこも変えましたが好みもあるのでそこは気にしなくていいかもしれません。(勝手に添削ごめんなさい)。

逆に、

なにか面白いものを見た、というような表情で友達みたいに近づいてくる父。

この文章、すごくいいですね。この一文でフランクな、嫌味のない性格をしているお父さんであることが伝わってきます。読み手がすぐにキャラを掴めるのはいいことです。
小原さんの文章の強みは、読み手に必要な情報を与えつつ、くどい文章になっていないことだと思います。すごくくどい文章なのに読ませる、という人もアマプロ問わずいますが、それは少数派というか捻り技というか、諸刃の剣なので、小原さんにはこの「読む人皆がさくさく読める綺麗な文章」を極めて欲しいな~と勝手な願望を抱きました。

ジャンルに対する知識不足はありますが、随所にセンスを感じました。長文&上から目線なコメントになってしまって申し訳ありません、次回作も楽しみにしています!

小原万里江
fp96f91346.knge107.ap.nuro.jp

子囃様、

まさか初めての作品が私のだなんて!
なんだか恐縮です。

まずは、お読みくださり本当にありがとうございました。

オチに関しましては、ほかの方からのご指摘にもありましたとおり、やはりもっと意表を突く、驚きに満ちたものでないといけないな、と思いました。「提示された謎よりも驚きのあるもの」を、というのは、具体的な指標となるアドバイスですね。ご説明を読んで、なるほどなと思いました。

自分の中では「ミステリ作品」というジャンルとして捉えていませんでしたので、そのように感じられた(そのジャンルとしてまったく物足りないものになっていたとはいえ)というのはちょっとした驚きでした。

また、子囃様のコメントを読んだあと、「叙述トリック」についても少し読んでみました。確かに私が書いてみたい方向だと思います。とても建設的なコメントありがとうございました。自分でもミステリをもっと読んでみようと思います。やはりそのうえでもっと気の利いたトリックを考えたいです。

文章についてのコメントもありがたく拝読しました。私もできるだけ短縮できるところは短縮したほうがいいと考える質でして、そこを感じ取ってもらえたのは嬉しいです。
おそらく経験不足なところが多いので、やはりとにかく書いてみることだな、と次への目標も持てました。

本当にありがとうございます!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内