作家でごはん!鍛練場
甘酒

〇〇〇会

 派遣社員として働いている僕は、ひょんなことから楠木と仲良くなった。
 その一年後、彼から〇〇〇会の会合に誘われた。
 〇〇〇会といえば、熊貝泰作氏を先生と呼んで慕っている、あの有名な新興宗教だ。
 正直、僕は戸惑った。しかし、そんなに悪い評判も聞かないし、それに僕自身も多少の興味があったから、まあ大丈夫だろうと行ってみることにした。


 会合が開かれるという会館は、川沿いにある、かなり大きな建物だった。
 沢山の人が集まって来ているようだ。広大な駐車場は満杯に近い状態だった。
 正面の大きな玄関から入ると、受付けの人達から「こんにちは!」と声を掛けられた。
 靴箱の前で、楠木の友人らしい十人くらいが駆け寄って来た。
 一人の男が、「この方が大鞍さんですね」楠木にそう言うと、今度は僕に向かって、「大鞍さん、初めまして。今日は来てくれて本当に有難う。自分は富士澤です。さ、どうぞこちらへ」


 案内されたのは、二階の何百畳もあるような畳敷きの大広間だった。
 僕達は、その入り口付近で輪になって座った。
 大広間には大勢の人がいた。ひょっとして千人以上いるかもしれない。だが、それでもまだスペースは余っていた。
「大広間は一階にもう一つあるけど、こっちの方が大きいんだ」
 楠木から教えられた。


 会合は十五分後に始まるらしい。まだ間があるから暇潰しにゲームでもしないかと一人が言い出した。
「じゃあ、すぐ用意出来るゲームをしないか?」
 富士澤が言った。
「すぐ用意出来るゲームって何だ?」
 楠木が聞いた。
「うん。ルールを説明すると、ひとりひとりが順番に用意してもらいたい物を言っていくんだ。例えば“愛を用意して下さい!”と言われたら、携帯を開いて彼女の画像なんかを出して見せる。そのとき、“はい! 用意出来ました!”と言って、一番に用意出来た者が勝ち。じゃあ右回りにやっていこう。先ずは僕から。変態を用意して下さい!」
 すると、
「はい! 用意出来ました! 俺!」
「なるほど。確かに君は変態だ。河西に得点1。じゃ、こんな感じで続けて」
 まだ笑いの収まり切らない中、富士澤の隣の奴が、
「サンドイッチを用意して下さい!」
「はい! 用意出来ました!」
 そう言って鞄からサンドイッチを出したのは富士澤だった。
「富士澤に得点1ね。じゃ、そのサンドイッチもらうよ」
 彼は富士澤からサンドイッチを取り上げた。
「お前、さっき食堂でサンドイッチ買ったの見てたな! くそっ! そんなルールなどないが、今日は目出度い日だから、くれてやる!」


 十五分後、この面白くも馬鹿馬鹿しいゲームは次のように終わった。
 自らを変態だと宣言していた河西が、
「では本日、熊貝先生に捧げる、生身の人間の生贄(いけにえ)を用意して下さい!」
 すると僕以外の全員が、
「はい! 用意出来ました!」
 そう言って僕の方を見た。
          了

〇〇〇会

執筆の狙い

作者 甘酒
softbank126241248014.bbtec.net

現在の政権も酷いですね。

コメント

茅場義彦
133.106.179.150

なんか不思議でエカッタ 好きです

弐水 (nisui)
sp49-104-5-244.msf.spmode.ne.jp

ぞくっとしました……(*´-`)

青井水脈
om126208170063.22.openmobile.ne.jp

同じく、あとを引く怖さがありますね。文章もわかりやすくていいと思いました、次回作にも期待させて頂きます。

匿名係(笑)
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

百物語みたいでした。
新人(信心)注意! はい、スベりました!

水入れ玉
softbank126071075119.bbtec.net

ショートショートとしては完成されてます。商業誌にも載っててもおかしくないとおもいます。短編を書かれてみてはいかがですか?

もんじゃ
KD111239165057.au-net.ne.jp

 甘酒さま

 拝読しました。

 感じたままを述べると、上手いなあ、と感じ、しかしながら、面白さがこの読み手には実はよくわかりませんでした。

 ラストの一文で、ええっ! やばっ! こわっ! みたいに感じさせたい、という意図の話なのかもしれないし、違うのかもしれないけれど(たぶんそれだけじゃない)、設えの立派な会場の襖をがらりと開けたら、中央の座卓に週刊少年ジャンプが一冊置かれていた、みたいな、カジュアルさというか、そぐわない種類の笑いというか、シュールさというか、拍子抜けではないのだけれど、そこにあるべき笑いや恐怖じゃなくて、え? これ? みたいな脱力感を伴う結末みたいに感じてしまいました。斬新な気もいたしました。でも、面白くはない、というか面白さを感じられるセンスがこの読み手にないのかもしれません。

 文章に淀みはなく、最小限の言葉であらわされる場のスケッチは圧倒的な臨場感をもたらせてくれて、達者な筆だなあとうならされました。

>会合が開かれるという会館は、川沿いにある、かなり大きな建物だった。
 沢山の人が集まって来ているようだ。広大な駐車場は満杯に近い状態だった。
 正面の大きな玄関から入ると、受付けの人達から「こんにちは!」と声を掛けられた。
 靴箱の前で、楠木の友人らしい十人くらいが駆け寄って来た。(中略)
 案内されたのは、二階の何百畳もあるような畳敷きの大広間だった。
 僕達は、その入り口付近で輪になって座った。

 このあたり、その場とその場の空気がはっきりと伝わってきます。このような表現を学びたいです。
 まるで夢の中の情景みたいでもある。主体に自我がない。一文目にも二文目にも三文目にも四文目にも五文目にも六文目にも主体の動作はなく七文目になってやっと主体は動作する。主体の思いや考えは一切書かれていない。主体は視点に徹していて終始受け身のままでいる。上手いですね。

 てなわけで、よかったと感じましたのは、筆運び、構成でありましょうか。よろしくないかも、と感じました点は、うーん、こちらはなかったかも。ただ、たぶん、わかりやすくはなかったかもしれない。読みやすい文章で簡潔なれども丁寧に書かれていたのだけれど、あらわされているありさま、その模様が、なんだかどうにも歪んでいるような、その歪みが呑み込みがたさを生み出しているような、うまく表せなくてもどかしいのですが、そう、近寄りがたさみたいなのを感じてしまい、そこがプラスでもマイナスでもない……な感じをもたらしているんじゃないかと愚考いたしました。

 読ませてくださりありがとうございました。

ルイ・ミモカ
i118-16-247-88.s42.a014.ap.plala.or.jp

この主人公のどんなところが生贄として教団に必要とされているのかが、その理由とかが分かるともっとよかったと思いました。
美形だったからとか、何か特殊な能力を持っていたからとか、そういうのがあって狙われていたのであれば、
最後のオチがもっと輝くような気がしました。

甘酒
softbank126241209202.bbtec.net

茅場義彦様
>好きです
ありがとうございます。

弐水 (nisui)様
ぞくっとしましたか?
ありがとうございます。

青井水脈様
残念なことに期待を裏切る可能性が大きいかもしれない。
ありがとうございます。

匿名係(笑)様
>新人(信心)注意! はい、スベりました!
そうか(創●)な?
ありがとうございます。

水入れ玉様
>商業誌にも載っててもおかしくないとおもいます。
ありがとうございます。

もんじゃ様
残念ながら全部の意味を汲み取れなかったけど、長い感想をありがとうございます。

ルイ・ミモカ様
確かにそうです。その辺りは考えてもなかったです。
ありがとうございます。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内