作家でごはん!鍛練場
古谷

雪うさぎの案内


「カンパーイ!!」二人の声を客の騒ぎがかき消した。生ビールの泡がなくなる前に一気飲みをした。大ジョッキの半分くらいまで飲むとジョッキを机に強く叩きつける。
「プハー!!」
「いい飲みっぷりだな、トム」
「なんか懐かしいな。トムって。」茶髪な若い男はそう言った。
トムというのは学生時代のあだ名で、本名の努(つとむ)から取ったものである。十年前のことなのにすっと思い浮かべられる。ネギまを食べながら、昔のことについて話し出した。
「中川って昔は結構はっちゃけてたよな。今は落ち着いてるけど。」
「まあ、十五、十六歳っていうのは目立ちたがる奴が多いからな。トムだってギャグを披露していつも滑りまくりだっただろ。」俺の黒歴史についてはあまり話されたくはないが、笑いながら話す。
「そういえば、トム知ってるか?」中川は不思議そうな顔して話しかけてきた。
「知ってるかって何を?」
「間曽山(かんそざん)だよ。ここら辺にある。」
「間曽山?」聞いたことのない山だ。
「最近話題になっててよ。なんか噂によると早朝に山頂に登るとスゴイ綺麗らしいぜ。トムって確か写真屋だったよな?行ってみたらどうだ?」
「へー。最近ネタに困ってるし、行ってみようかな。」軽いノリでつぶやいた。

会話は別に盛り上がったというわけではないが久し振りに話せて楽しかった。

「ん?」気づくと写真屋にいた。おそらく中川が酔い潰れたトムをここまで運んでくれたのだろう。中川に対しては感謝しかない。二日酔いで頭が重い。なんとか立つと間曽山のことを思い出した。今の時間は午前三時ぴったり。
「暇だし、調べて今日行くか。」やると決めるとクーグルで調べ始めた。写真屋から車で二十分もかからないし、山の高さも三百五十メートルほどで登りやすさそうだ。間曽山の写真を見ると確かに綺麗だ。でも自分にはもっと綺麗に撮れる。という謎の自信があった。登山用の服と簡易的なリュック、持っている中で一番高い、十万円ほどのカメラはがっしりとした体によく似合う。写真屋というよりは登山家のようだ。安っぽ〜い車と共に間曽山に向かった。


ガソリンが切れそうなギリギリでついた。努は写真以外のことには興味がまるでない。無用心である。有名というわりには、車はほとんどなかった。だが、早く写真を撮りたかったのでそんなことは気にせずに山に登り始める。暗いので懐中電灯は必須である。まるで幽霊出そうな雰囲気をかもし出していたが、努は幽霊を信じていないタイプの人間だ。怖がる様子がまるで見えない。
登りやすそうと思っていた山も沼のようなところがあり、面倒くさがりなのでやる気は少し薄れてしまった。
そのまま特に何もないまま登山は終焉を迎えようとしいる。
「よし!!ついたぞー!!」声を張り上げた。山の頂上からの景色は調べたときの写真と比にならないほど綺麗だった。水色のベースに朝日が昇る。太陽は夜の終わりを告げるように一気に眩しく感じた。肩にかけているカメラをしっかりと構えてシャッターを押した。場所を変えたりして、何度も目を輝かせた。心の中で「これは売れるぞ!!」と確信した。それほど綺麗で尊いものだった。何十枚か撮ると満足して下山し始める。下山は楽で良いなあ。そう思いながら。

「あれ?おかしいな。」独り言を言う。なぜ努はこう思ったのだろうか。それはこんな理由だ。
登りは小一時間ほどの時間がかかった。だが、下山の際は二時間経っても下につかない。さらに、十分、二十分、三十分。と時間をかけても、降りれない。下山は楽といっても流石に疲れてきた。
ため息をついて困っているところに、意外なものが見つかった。それは雪と葉っぱなどでできた、『雪うさぎ』である。これには、努も驚くしかない。どこにも雪は降っていないのに雪で作られたうさぎがいるのだ。不思議に思い見つめていると…ピョンピョン動き始めるではないか。目玉が飛び出すのではないかというほど驚いた。まるで生き物みたいだ。自然と雪うさぎの行く方向についていった。雪うさぎは努を案内しているかのようだったからだ。
何も考えず、ボーっとついていくと、努は気絶しそうになってしまった。努の見ている景色はまるで違う世界のようだからだ。雪が二十センチほど積もってる。これだけでも十分驚いたが、極め付け、仲間の雪うさぎたちがどこからともなくやってきたのだ。
「これはスゴイぞ!」と叫ぶとカメラにこの光景を収めた。さっきの景色でフィルム使い過ぎてしまったので、7枚ほどしか撮れなかったのにもかかわらず良い写真を撮ることができた。あまりに感動し、久々に涙を流した。
この楽しい時間もとうとう終わりである。そう直感で思った。雪うさぎ達が集まってまるでソリになったかのようである。何故か努は雪うさぎ達に『乗って』と声をかけられているようだ。気づくと「ありがとうございます。」自然に感謝してそうつぶやいている。雪うさぎ達に乗ると、シャンシャンと音を奏で、スゴイスピードで進んでいく。おそらく時速八十キロはあるだろう。瞬きしている間に車についた。雪うさぎのソリから立つと、雪うさぎは溶けるように消えていった。
「さよなら」


努は撮ったものを写真に現像した。朝日の写真は売りに出すと、思った以上に反響を呼んで、大量の収益が入った。
だが、雪うさぎの写真は売りには出さなかった。このことは自分の中に潜めておきたい。自分が撮った、最高傑作ということで。自分が経験した一番の思い出ということで。

雪うさぎの案内

執筆の狙い

作者 古谷
124-159-51-178.ppp.bbiq.jp

初投稿です。もしかしたら誤字脱字があるかもしれません。
主人公、努がどれだけ写真に思いがあるか、を中心に書きました。

コメント

貔貅が来る
n219100087087.nct9.ne.jp

これしきの短さで、「一、二、三」と明確に章立てしてしまうのは、
「行数稼ぎ、無駄文字」に見えるもんで、はっきり『損』。
なので、章立て取っ払って、「一行あけ」程度で処理した方が、印象はよくなるでしょう。


さーっと眺めて、
「山の頂上からの絶景を撮るべく、カメラ持って登山」な話に、目的の山が「高さ350メートル」ってところで、理解不能になりました。

貔貅が来る
n219100087087.nct9.ne.jp

ええと、理解不能になったのは、
「そこの時点で、舞台となる山の感じが、一切まったくイメージできなくなったから」です。

東京タワー333メートル。
高尾山599メートル。
スカイツリー634メートル。


・・でもまあ、斟酌すると、
「たぶん登る部分の高さのみで350メートル」で、
そこに「麓の標高がプラスされる」んじゃないか??
とも思うんですが、

「そうも書いてない」状態なので、


「長野以北の降雪地に居住してる人」は、みんなそこで『???』ってなると思う。

貔貅が来る
n219100087087.nct9.ne.jp

連投して申し訳ない。

「高尾山の低ささえもイメージできない」有様だったので、引っかかりまくってましたけども、

「350メートルの山をイメージできる、手頃な低山」に思い当たり、検索してみました。


伏見稲荷のある稲荷山が、本作より よりコンパクトな「233メートル」でした。


ってことは、関西以西だと「十分ありえる山」なんですねー、350メートルの山。


失礼しました。

古谷
124-159-51-178.ppp.bbiq.jp

アドバイスありがとうございます。関西に住んでいるので山のことについて解説はありがたいです。参考にさせていただきます。

夜の雨
ai192221.d.west.v6connect.net

「雪うさぎの案内」読みました。

まさか、こういったラストというかオチになるとは思いませんでした。
なかなかのラストでした。
ファンタジーの味付けがしてあります。

導入部の「トム」は「本名の努(つとむ)」だからというところは面白いですね。
そのトムが「間曽山(かんそざん)」に写真を撮りに行くわけですが、下山で道に迷いなかなか車を停めてあるところまで戻れない。
そこに「雪うさぎ」が現れて案内してくれる。
いつの間にか雪うさぎは増えていて、彼らに乗ることが出来て、スキーのように滑り降りると駐車場に着いたという、ファンタステックになりました。

「間曽山(かんそざん)」の頂上で撮った写真も売れてよかったね、というあんばいです。
●しかしトムは雪うさぎを撮った写真は売らなかった。
この気持ちは読み手の私にも伝わりました。
これ、「売ったらだめでしょう」。
自分の中にある夢の世界を売ることになり、再び夢を見ることが出来なくなるのでは。
その夢は雪うさぎだけの話ではではなく、人生にまつわるいろいろな夢までもが見られなくなるのでは、と思いました。

ということで、御作、結構心に来るものがありました。


気になったところを書いておきます。

ガソリンが切れそうなギリギリでついた。 ← これだと帰れなくなります。

有名というわりには、車はほとんどなかった。 ←有名というわりには、「駐車場に」車はほとんどなかった。
「駐車場に」が、抜けています。まあ、早朝なので、駐車場に車がなかったのだろうと思います。

さっきの景色でフィルム使い過ぎてしまったので、7枚ほどしか撮れなかったのにもかかわらず ←現在はフィルムの時代ではありません。デジタルカメラが本流です。
「フィルム」のカメラを使うのであれば、そのあたりのこだわりを一言書いておく必要がありそうです。

山の高さも三百五十メートルほどで登りやすさそうだ。  ←この山の高さは気になりませんでした。六甲連山にはいくらでもあります。六甲山の縦走コースにある山で、近場の人が早朝に登っています。


作者さんの伝えたいことは充分に描かれていると思います。

また、楽しい作品を投稿してください。

古谷
124-159-51-178.ppp.bbiq.jp

ご意見ありがとうございます。これからも少しずつ投稿すると思うので、よろしくお願いします。

貔貅がくる
n219100087087.nct9.ne.jp

連投した挙句に横レス気味になんのは、心苦しいのですが・・


山岳写真は、いまも断然フィルム式一眼レフが主流。
(理由は、「デジタルだと ある特定の色が 見たまま・自然体には写ってくれない」から)

この本文あけてさっと一瞥した際、『当然そうだろう』と意識して読んでたんで、無事そうなってて安堵した派。


なので、上の人とは逆の意味で
「主人公のカメラが銀塩フィルム式の一眼レフであること」は、カメラが出てきた時点で明記しといた方がいいだろう・・と思ってた。

古谷
124-159-51-178.ppp.bbiq.jp

ご意見ありがとうございます。次からはもっと良くしていきたいです。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

雪うさぎの登場が唐突な感じがしますね。
なにか理由が欲しいところです。
それは何気なく小説の前半で、
少しだけ触れておいた方が良かったかもしれないですね。
また自然をカメラで撮る、ということで、よりイメージしやすい表現があればなぁ、
とは思いましたね。

習志野権兵衛
sp49-98-153-203.msd.spmode.ne.jp

文学小説なめんなよ。この、脳内ハッピ
ーたわけが。私の「ショートショート」読め

習志野権兵衛
sp49-98-153-203.msd.spmode.ne.jp

むかつくんですよババア。むかしこっぴどく、浅知恵でヘナへな論破されたから。

習志野権兵衛
sp49-98-153-203.msd.spmode.ne.jp

この三流大卒の百姓。

古谷
124-159-51-178.ppp.bbiq.jp

偏差値45さん
ご意見ありがとうございます。次に書くときに参考にさせていただきます。

習志野権兵衛
softbank126094221169.bbtec.net

まずはhttps://sakka.org/lesson/などを熟読して、表記の仕方を勉強されることをお勧めします。クズ。

習志野権兵衛
softbank126094221169.bbtec.net

私の二面の絶対作「ショートショート」を読んで勉強しろ。分からなければオマエはその程度のゴミ。

習志野権兵衛
236.208.49.163.rev.vmobile.jp

 上にあるsp49-98-153-203.msd.spmode.ne.jp
とsoftbank126094221169.bbtec.netによる5連投の書き込みは、私の成りすましによる書き込みです。私が書いた物ではありません。

もんじゃ
KD111239165047.au-net.ne.jp

 古谷さま

 拝読しました。

 クーグルは誤字かと思いましたが、あれですか、実在の社名をもじったのかもしれませんね。

 ケアレスミスはいくつかあったようだけど、総じてまっとうな文章だし、行替えによい意味での癖もあり心地よかったです。

>「間曽山?」聞いたことのない山だ。

 とか、

>「へー。最近ネタに困ってるし、行ってみようかな。」軽いノリでつぶやいた。

 とか、

 話言葉と内的な呟きの合わせや、話言葉と地の文の合わせ方、好ましいな、と感じました。読みやすい。

「」内の文末に句点、これはあまり推奨されてないみたいですね。一部の作家さんはそれで通してるようだけど。
 あと、わかってて面倒なだけなら構わないんだけど行替えしたら文頭は一字あけしたほうがやはりよいかと?
 それと、文中の ! や、? のあとは一角あけるのがこれもお約束みたいです。
 ついでに、…だけど、これは二つとか四つとか偶数回重ねて遣うのがいちおうのお約束らしい、……みたいに。

>雪うさぎは溶けるように消えていった。
「さよなら」

 ここ、すごくよかったです。

>スゴイスピード

 笑えました。わざと、ですかね。

 三について。

>思った以上に反響を呼んで、大量の収益が入った。
だが、雪うさぎの写真は売りには出さなかった。このことは自分の中に潜めておきたい。自分が撮った、最高傑作ということで。自分が経験した一番の思い出ということで。

・大量の収益
・自分の中に潜めて

 ここにひっかかりましたけど、でも、なんだろ、多額の収益、だとか、自分の中に秘めて、じゃ出せない感じが出てるんですよね、大量、だとか、潜めて、だとかで。リリカルなのかな、つまり。

>最高傑作ということで。自分が経験した一番の思い出ということで

 ここのリズムもいいかと。繰り返しがいい感じ。

 思うに御作には、素直な、素朴な、温もりのあるメロディが流れてる。そこがいいかと。作意があらわじゃないとこもいいし、ネジ曲がった感じがまったくしないのもいいし、カッコつけてないのもたぶん好評価に結びつくんじゃないかと。書いてりゃますます上手くなってく筆とお見受けしました。

 ほんと、なんでこんなに瑞々しく輝いているんだろ。きらきらした雪景色が見えました。魅力的な文章だと感じました。

 読ませてくださりありがとうございました。

古谷
124-159-51-178.ppp.bbiq.jp

読んでいただきありがとうございます。お楽しみいただけたと思うので良かったです。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内