作家でごはん!鍛練場
久方ゆずる

毬香と麻雀!

『毬香とポン!』(改稿編)

『この麻雀勝負で、負けた方は勝った方の言う事を一つだけ絶対に聞く。……どう?』

 突然、毬香(まりか)が言い出した二人打ち麻雀東南戦!!
 読んでいた『ハムレット』の文庫本をコタツの上に静かに置いた。
 コタツの対面で仁王立ちになっている毬香のミニワンピースから出ている生脚をのんびりと眺めた。

「いきなり言われてもねぇ。まあ、僕の家には、父さんの麻雀卓があって、勝手に拝借してもいいんだけれど。君、出来るの?」
「当たり前よ! じゃなきゃ、こんな勝負を申し込む訳ないでしょ」
「ふぅん。眉唾モノだね。試しに聞くけど、もし、勝ったら、君は僕に何をさせようって言うんだい?」
「そうねぇ、それは考えてるけれど、勝つまで秘密ね」
「そうですか、じゃあ、僕は『三べん回ってワン!』をしてもらおうかな」
「ぐ、それはぁ」
「じゃあ、交渉決裂ね」
「わかったわ! 私が勝てばいいことね。それなら……やるの?」
「父さんの部屋に行こう。夕方までは帰ってこないからね」

◉◎◉

 僕と毬香は麻雀の準備をした。
 緑色の絨毯の麻雀卓と、水色の背裏の麻雀牌。
 
 久々に見るそれらは、父さんと闘った記憶を呼び起こした。
 父さんは「絶対に、賭け麻雀をしてはダメだ!」と言っていた。けれど、こういう会なら許してくれるんじゃないかな?

 ……と、勝手な言い訳をして、毬香と対面に座った。

「じゃあ、行くよ。東南一本勝負!! 勝者には、相手に言うことを聞かす権……オーケー?」
「オーケー。最初の親は宅人(たくと)に譲るわ!」
「了解致しました。連荘は無しで良い?」
「良いワ!!」

 僕は十四枚の牌を並べ、それを吟味した。

◉◎◉

東一局(親)

(ドラ表示牌)一萬 (ドラ)二萬

二萬、三萬、五萬、八萬、八萬、二筒、三筒、一索(鳥)、三索、東、東、南、北、白

 思わず、うなった。
 ドラが一枚ある。これを活かすとすると……鳴き三色かな?
 東も自風、場風で行けるな……。

 もちろん、鳴かずにアガれれば言うことを無しだけれど、初戦は……。

「そうだなぁ」
 僕は、南を河に捨てた。

 次、毬香のツモ。
 毬香は、危うい手つきで牌を山から取り、ツモ牌をにらんだ後、中に移動させ、西を捨てた。

 僕のツモ。
 白……かぁ。うむ。北を捨てる。

 次、また毬香のツモ。
 少し緊張がほぐれた様子で、牌を取る……。
 今度はそのまま捨てた。西。

 さぁ、僕のツモだ。
 発……。悩んで、捨てた。

 毬香のツモ。
 真剣にツモ牌をにらむ。
「もぉ! やんなっちゃう!!」
「ハハ、どうしたの?」
 毬香が河に捨てたのは、また西だった……。

「フフ。そういうこともあるって……」
 これは、相当、運が悪いね。笑っちゃ可哀想だけど、こういう所が面白い所なんだよなぁ。

 さて、お次の牌は……?
 一萬。ラッキー!!
 一順子、完成。お後は、鳴いてでも出来ればいいんだけれど……。
 捨て牌は、五萬。

 毬香のツモ。
 一筒(銅鑼)を捨てる。

 すかさず、「チー!」。
 ポーカーフェイスで、一筒(銅鑼)、二筒、三筒を右横に並べる。

「悪いね、勝負がかかってるから……手加減は無しだよ」
「くぅ……」

 代わりに、八萬を河に捨てた。

 また、毬香がツモ。二索を捨てた。
「チー!!」
 今度は、右に一索(鳥)、二索、三索、と並べた。

 三色同順、完成。これで、もうほぼ勝ちだろう。
 残りの八萬を捨てる。

 白と東のシャンポン待ち!
 僕は息を殺して、毬香の捨て牌を待った。
 七索。

 そして……。

「ツモ!」
「ぐわぁ……本当に!!」

 毬香が、むちゃくちゃ悔しそうな声を出す。

一萬、二萬、三萬、一筒(銅鑼)[チー]、二筒、三筒、一索(鳥)、二索[チー]、三索、東、東、東、白、白

「初戦、頂きました。鳴きサンショク、鳴きチャンタ、自風、場風、ドラ一で五翻。満貫です!」
「悔しぃ!!」

◉◎◉

東二局(子)

(ドラ表示牌)二筒 (ドラ)三筒

 毬香は、並んだ十四枚の牌をまたまた真剣にらみ付ける。
 僕は、自分の配牌を見て、また、うなりかけた。

二萬、九萬、一筒(銅鑼)、一筒(銅鑼)、二筒、三筒、四筒、五筒、七筒、八筒、九筒、九索、中

 毬香の捨て牌は、九筒。
 あ、鳴きたい。でも……中途半端だしなぁ……。
 見送るかぁ。

 さあ、僕のツモは……?
 四索。うぅん、竹かぁ。一応、置いとくか。そんな予感がする……。
 九萬を捨てる。

 毬香は東を捨てた。スルー。

 僕は、五索を引いた。
 またまた……うぅん。
 二萬を河に捨てた。

 毬香、また、東。

 僕、一筒(銅鑼)。
 中を捨てる。

「どう、降参する気になってきた? これで、東場は終わりだよ」
「まさかでしょう……」
 毬香の闘志はまだ消えていない。僕は惚れ直しそうになった。

 毬香の順。
 西を捨てた。また、スルー。

 僕はついに、三索を引いた!! よっしゃぁ!
 九索を河に横向きに捨てて、
「リーチ!」

「ギャ!! またぁ! 手加減してよぉ」
「ふふん。真剣勝負です」

 そして、毬香の捨て牌は、発。
 僕のツモ牌は西……。

 そして。
 毬香の捨て牌が、六筒。

「ロン!!」
「げええ……」

一筒(銅鑼)、一筒(銅鑼)、一筒(銅鑼)、二筒、三筒、四筒、五筒、六筒、七筒、八筒、九筒、三索、四索、五索

「リーチ、一気通貫、平和、ドラ一で五翻。満貫でぇす」
「もう、やだぁ」
「まだやる?」
「もちのろんよ!」

◉◎◉

南一局(親)

(ドラ表示牌)一萬  (ドラ)二萬

一萬、九萬、一筒(銅鑼)、二筒、七筒、五索、六索、七索、発、発、発、白、白、中

「こ、これは……」
「なに?」
「うぅん、何でもない!」

 さぁ、どうする?
 九萬を河に捨てた。

 毬香は読めない表情で、五索を捨てた。
 スルーか……。

 ツモ牌は……五筒。
 一萬を捨てた。

 毬香は西を捨てた。

 僕の順……中。
 祈るような気持ちで、五筒を河に捨てた。

 毬香がかなり悩んだ顔で白を切った。
「ポン!」
 白の刻子を右に置く。

 二人とも無言。黙って、七筒を……捨てる。

 毬香の捨て牌は発。カンしたいけれど……隠しておくか?

 僕の牌は、一筒。緊張で指が震えそうだ。
 二筒を捨てた。

一筒(銅鑼)、一筒(銅鑼)、五索、六索、七索、発、発、発、白、白、白[ポン]、中、中

 そして……。
 毬香が静かに言った。
「ツモ」

 倒された牌は、

一萬、一萬、二萬、二萬、三萬、三萬、五萬、五萬、五萬、七萬、八萬、九萬、南、南

「混一色、一盃口、門前清自摸和、ドラ二。跳満貫ですっ」

「ウッソーーッ!!」
「あはは、あたしの勝ちぃ。やったね、初勝利!」

◉◎◉

 そう言って、毬香は、ピョコピョコと跳ねた。
「参りました……ぐうの音も出ません」
 毬香は「あはは」と笑った。

「で、どうするの? まだやるつもり?」
 毬香が神妙な顔で言った。

「もういいよ。おっしゃる事を聞きます……」
 僕は両手を合わせて毬香を拝んだ。

「では……」
 毬香は、僕のすぐそばに来て、僕の耳元でささやいた。

「これからも仲良くしてください」

 返事は……「ホントに参りました」……だった。

[了]


『毬香とツモ!』(続編)

「と言う訳で、宅人とまた戦ってあげる!」

 二人で買った麻雀マットを、コタツの上に広げていると、毬香が僕を指差して言った。

「もう準備してますけれど……」
「まぁ、そうですけれど。今回、私がお勧めしますのは、勝者に『ポッキーいちご味』を提供する。いかがかしら?」

 そう宣言した毬香が、麻雀マットの上の僕の下家に『ポッキーいちご味』を神妙な顔つきで静かに置いた。

 『ポッキーいちご味』は、二袋入りで、ピンク色のいちごのイラストが目にまぶしい。
 僕はそのパッケージをそっと見つめた。

 『ポッキーいちご味』は毬香の一番好きなお菓子だ。
 僕も好きだけれど……本当は『極細』の方が好きなのは黙っておこう。

 毬香は、彼女の上家の『ポッキーいちご味』に愛おしそうにウィンクをした後、牌山から自分の手牌を取り終え……、

「それじゃあ! 一局戦開始っ!!」

 と言った。

◉◎◉

東一局(子)

(ドラ表示牌)一萬 (ドラ)二萬

一萬、一萬、二萬、三萬、四萬、五萬、六萬、七萬、八萬、九萬、九萬、九萬、東

 ひっくり返りそうになった!

「どうかしたの?」
「や、や、何でも無いよ!」

 僕は、固唾を飲んで、毬香の捨て牌を見守った。

 毬香がつまらなそうに切った牌は……一萬……そんなアホな!!

 そして、僕のツモ牌は……東。

「はぁ〜」
 全身の力が抜けた。 

 息を殺して、一萬を河に捨てる。
「ダブルリーチ」

「えぇ! もぉ!?」
「はは……まぁね……」
「なんか、嬉しくなさそう?」
「そんなこと無いよぉ」
「別にいいけど……」

 危うく、僕の髪が真っ白になるところだったけれど、仕方が無いのか……?
 とにかく、ダブルリーチまでこぎつけた!

 僕は頭の中で、待ち牌のシミュレーションを始めた。

 九萬なら……一気通貫、混一色、ダブルリーチ、(門前ツモ)、ドラ一。

 三萬、六萬なら……混一色、ダブルリーチ、(門前ツモ)、ドラ一。

 東なら……一気通貫、混一色、ダブルリーチ、場風、(門前ツモ)、ドラ一。

 なかなか、じゃないか?
 そう、自分に言い聞かせて、毬香の捨て牌と自分のツモ牌を見続けた。

 毬香の二巡目の捨て牌は、西だった。
 見送り。

 僕のツモ牌は……二索。
 そのまま、捨てる。

 毬香の捨て牌は、二萬だ。
 あー、ドラだなぁ。欲しいけれど……和了れないし……。
 見送り。

 お次のツモ牌は白。
 捨てる。

 毬香の捨て牌、二索。

 ……そうして、長い時間が流れた。
 毬香は苦戦している様だ。

 僕に放銃しないよう、聴牌を狙っている様子。
 僕は黙々と、ハズレのツモ牌を河に捨て続けた。

 そして、最後のツモ牌をゆっくりと、牌山から取った。

 息を殺してから、
「ツモ!!」
 と叫んだ。

 僕の取った牌は、東だった!

一萬、二萬、三萬、四萬、五萬、六萬、七萬、八萬、九萬、九萬、九萬、東、東、東

「海底、一気通貫、混一色、ダブルリーチ、場風、門前ツモ、ドラ一。十一翻で三倍満!」

「はあ!?」

◉◎◉

「と言う訳で、『ポッキーいちご味』を頂きます」

 僕は、うやうやしく、ポッキーの箱を両手で顔の前に持ち上げた。

「あー、美味しそう」
「ぐうぅ、良いなぁ」

 ポッキーのビニール袋を取り出す。
 僕は二袋のうち、一袋を毬香に差し出した。

「え、ウソ、くれんの?」
「どうする、食べる〜?」

 ビニール袋を振り振り、ニヤリと笑いかけた。
 毬香は、悔しそうに唇を噛み締めた後、絞り出す様に、

「それは……止めておくワ」

 と言った。

 と言う訳で……毬香の『ポッキーいちご味』絶ちは、僕に一局戦で勝つまで続いた……。

[了]

毬香と麻雀!

執筆の狙い

作者 久方ゆずる
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

以前に投稿させて頂きました『毬香とポン!』の改稿編と続編『毬香とツモ!』となります。
今回こそ……!!
まだまだ、ドラマ部分を掘り下げられんかった……。難しいです!
よろしくお願い致しますm(_ _)m

コメント

大丘 忍
ntoska314132.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

これ、麻雀を詳しく知らない人には全く面白くないでは? 知っていてもあまり面白くはないでしょうが……。

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

拝読しました。

作者様もお気づきのようですが、ドラマ要素がもっと欲しかったです。
戦う理由というのは、こういった物語を作る上でかなり重要です。この部分が薄いと、読む側としてはどうしても内容に入り込みづらく感じてしまいます。
『続』の方まで読ませていただきましたが、改稿編と似た展開になっていると感じました。別の角度から違ったスパイスが欲しいところですね。たとえば、もう一人キャラを追加して、サンマーで麻雀を装った熾烈な三角関係が勃発する、なんてどうでしょうか。
展開は複雑になりますが、その複雑さが面白さに繋がっゆくのだと思います。

>一萬、一萬、二萬、三萬、四萬、五萬、六萬、七萬、八萬、九萬、九萬、九萬、東
初手でこれには笑いました。運良すぎ(笑)!
このご都合主義はあからさますぎてギャグっぽくて、一周回って、作者の都合を隠さないやり方が逆に清々しくて面白かったです。
ではでは、執筆ご苦労様でした。

かじリン坊
124-110-104-4.shizuoka.fdn.vectant.ne.jp

サイドストーリーのドラマの方ですが、冒頭部に『君、出来るの?』とか『こんな勝負を申し込む訳ないでしょ』などのやり取りがあるのですが、対局が始まると相手に対しての関心がまるで無くなり配牌一辺倒の描写が続きます。なぜ彼女は麻雀が出来るようになったのか?どこで腕をあげたのか?誰の教えを受けているのか?なぜ自分に挑戦をしてきたのか?牌を読む以上に気にしてそれとなく会話で引き出す工夫を書き込んでみてはいかがでしょうか?気になる男がいてね、その人がマージャン強いらしいのよとか、こんな格好で来たのはお色気戦法が通じるか試してみたいのよなど、思わぬ内情が聞けるかもですよ。しかも彼女が指導を受けた相手は先日闘って負けた相手。戦い方も鏡に映したように同じ。
など緊迫感を煽れる裏話に気付けるかもじゃないでしょうか?
麻雀がお好きなようですが、麻雀だけでなくそんな人間や人と人とのつながり、気持ちのやり取りを書くことで面白くなるような気がします。

久方ゆずる
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

お返事の前に独り言を……。

麻雀にハマりたての頃は、ちょっぴり、麻雀作品を拝見させて頂いておりました。

例えば……、

『麻雀放浪記』(実写映画)

『アカギ』(漫画)
二巻途中まで……怖かった……!!
どちらかと言うと、『カイジ』(アニメ・実写映画)の方が好みでした。

『哭きの竜』(アニメ)

『ぎゅわんぶらあ自己中心派』(漫画・ゲーム)

最近では、
『ゴールデン桜』(漫画)
なんて読ませて頂きました!

何か、オススメ作品は有りませんか?
最近は少女漫画っぽい作品も増えている様ですね。

久方ゆずる
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

大丘 忍様

そ、そうですね……。
ありがとうございます。

久方ゆずる
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

ニャンコロ様

今回もありがとうございます。

>ドラマ要素がもっと欲しかったです。

はい。

>サンマーで麻雀を装った熾烈な三角関係が勃発する

恋愛の要素を強めるという事ですね!
三角関係良いですね。

>戦う理由

ライトノベル(?)で、この要素は特に重要な様です。
研究書等でも、重要項目の一位ぐらいに出ていました。
読んではいても、気が付けないものですね……。ありがとうございます。

>一萬、一萬、二萬、三萬、四萬、五萬、六萬、七萬、八萬、九萬、九萬、九萬、東
初手でこれには笑いました。運良すぎ(笑)!

笑って頂けて良かったです(笑)
配牌も、ギャグにするか、シリアスにするか、そこが悩み物です。

>ではでは、執筆ご苦労様でした。

ありがとうございました!

久方ゆずる
240.133.31.150.dy.iij4u.or.jp

かじリン坊様

ありがとうございます。

>なぜ彼女は麻雀が出来るようになったのか?どこで腕をあげたのか?誰の教えを受けているのか?なぜ自分に挑戦をしてきたのか?牌を読む以上に気にしてそれとなく会話で引き出す工夫を書き込んでみてはいかがでしょうか?

ふむぅ。なるほどです。
恋愛関係の面白さ、悩ましさをもっと出せるようになりたいです。
右脳と左脳を同時に動かすのか……と考えたりも……。

>麻雀だけでなくそんな人間や人と人とのつながり、気持ちのやり取りを書くことで面白くなるような気がします。

はい。
麻雀が好きなので、つい熱くなってしまうのですが、やはり人間を書けないと駄目ですね。
素晴らしい麻雀作品を読んで、勉強し直して来ます!

ありがとうございます!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内