作家でごはん!鍛練場
orange

ひまわり

 実家に帰省して二日が経った。窓の外にはひまわりが咲いているのが見える。風に吹かれてゆらゆらと茎が揺れていた。夏の太陽の日差しが辺りを照らしていて、世界はどこか白く見える。
 その奥は緑色の木々が表面を埋め尽くす山になっていて、それは僕のいる町を囲んでいた。昔から見てきた光景のせいかどこか安心する。
 高校を卒業してから東京で過ごしてきたが、毎日ビルやマンションなんかが立ち並ぶ世界を見てきたので、いつも以上に窓の外の景色がいいなと思った。
 僕は東京の大学に通い、同じゼミで知り合った女性と付き合っていた。彼女の名前は直美という。彼女は今、心臓の病気で入院していて、それからちょうど一年が経とうとしていた。僕は休日になると、よく彼女の病室にお見舞いに行った。僕にとって、彼女は初めてできた恋人で、僕は彼女のことが好きだった。長い黒髪や大きなくっきりとした目や白い肌を今も鮮明に思い出すことができる。
 部屋の中でぼおっと窓の外の田園風景を眺めていた。
「圭介。いる?」
 ドア越しに姉の声が聞こえた。姉は地元の不動産会社で働いている。僕より三歳年上だった。
「いるよ」と僕は返事をした。
「夕飯の買い物してきてほしいんだけど」
「わかった」
 僕は床に置いてあった財布を持って部屋から出た。階段を下りていくと玄関がある。小さい頃からこの家で暮らしてきた。僕の父親は公務員で母親は教師で、小さい頃は何不自由なくこの家で暮らしていた。
 外に出ると夏の日差しと熱気ですぐに体が熱くなる。額に汗がにじんだ。もし彼女が病気じゃなかったら、今頃、二人でどこかに旅行していたかもしれない。
 彼女の心臓の弁には異常があるらしく、入院してから何度も手術をしていた。入院してから彼女は痩せ、以前のような快活さはなくなっていた。
 彼女のことを思い出しながら田んぼの広がるのどかな町の中を歩いた。大きな入道雲が空に浮かび、風に乗って少しずつ移動している。太陽は強い光を放ち、まぶしすぎて直視できないほどだった。

 一年前、僕と直美は同じ大学に通い、付き合い始めてから半年が経ち、一緒にいることが多かった。
「私、心臓の病気になったの」
 大学で僕らは同じゼミに所属していて、ゼミが終わった後、二人でキャンパスを歩いているときに彼女はそう言った。
 彼女の瞳は暗い色で、ずいぶん特徴的な目だと思っていた。
「心臓の病気?」
「そう。心臓の弁に異常があるんだって。手術をしなければいけないみたい」
 僕はその時、一度手術をしたら、きっとよくなるのだろうと楽観的に考えていた。彼女の表情を見る限り、元気そうに見えたし、いつもと変わらない気がした。
「夏休みが終わったら休学することになったの。そうしたらお見舞いに来てくれる?」
「もちろん」
 僕らはキャンパスを通り抜けて、駅に向かっていた。彼女は僕より少し先を歩き、振り向いた。その顔は夕日に照らされていた。ふと辺りを見渡すと家々が見えて、遠くにオレンジ色の太陽があった。もうじき日が沈もうとしていて、なんだかいい景色だなと思った。
「ねえ。明日、海に行こうよ。入院したらしばらく行けなくなると思うから」
「いいね」
 直美は僕に微笑んでいた。僕は彼女のことが好きだったが彼女は僕のことをどう思っているのだろう。僕らは一応付き合っていたが、彼女が僕のことを好きなのかは僕にはよくわからなかった。
 暗い瞳の中にどんな人がいるのか僕には見当がつかなかった。

 夏の太陽の日差しが海面を照らし、きらきらと輝いているように見える。海は真っ青でところどころに人がいて、皆楽しそうに見えた。僕と彼女は並んでレジャーシートに座って、海を見つめていた。いつもとは違って彼女は寡黙だった。もしかしたら病気のことが不安なのかもしれない。
 彼女はいつも結構饒舌で、みんなで話をしていても中心にいるような人だった。僕はそんな彼女の能力をうらやましく思ったものだった。
「ビールでも飲みたいな」
 ぼそっとつぶやいた彼女は僕の目をじっと見つめていた。僕は少し照れくさくなって視線をそらした。
「買ってくるよ。せっかくだし焼きそばも食べよう」
 僕はそう言って海の家に歩き始めた。砂浜にはたくさんの観光客の姿があった。子供が母親と手をつなぎ、僕の隣を通り過ぎていく。皆、何を考えているのだろう。僕は直美の病気が大丈夫なのかずっと気になっていた。
 海の家は木造の小さな建物で、ペンキで塗られた看板が立っている。店の前には五人ほどの人が並んでいた。
「ビールと焼きそばを二つずつ」
 店の人は白い袋に焼きそばと缶ビールを入れた。僕は袋を手に持ち、直美のいるレジャーシートのところまで歩いて行った。
 直美はじっと海の方を見つめていた。その顔は無表情だった。いったい何を今思っているのだろう。彼女が病気になったという実感はあまりなかった。
「買ってきたよ」
 僕は声をかけた。彼女の顔は急に表情を取り戻した。いつもの優しい顔に変わった。一人の時あんな表情なのかなと僕は思った。
 僕らはレジャーシートに座ってビールを飲み、焼きそばを食べた。味はなんだか外で食べるせいかいつも以上においしく感じた。
 直美と僕はレジャーシートの上に座ってじっと海を眺め続けた。潮風の匂いがして、海を見ているとこの世界はとても大きいのだなと実感した。
「きっといつかまたこの景色を思い出す気がする」
 日が沈み、観光客が帰り始めるころ、直美はそう言った。水平線の向こうにオレンジ色の太陽が見えた。

 買い物から帰ってくると、窓の外は暗くなって、太陽は見えなくなり、世界は深い青色に見えた。僕は実家の部屋の中で、一年前、二人で海に行った時のことを思い出した。別になんでもない記憶なのに、今はその時の海や彼女の表情が懐かしく感じた。
 ポケットの中のスマートフォンが振動したので、電話に出ると、直美だった。
「もしもし」
 特徴的な高い声がした。
「元気?」と僕は聞いた。
「あんまり元気じゃないわ。でも今ね、病院の屋上にいるの」
「屋上に?」
「そう。暗くなってきてね、月が見える」
 電話越しに風の音や車の通る音がしていた。
「今、実家に帰っているんだ」と僕は言った。
「実家か。夏休みだもんね。どう? 楽しい?」
「まぁまぁかな」と僕は笑った。
「さっきまで、私、眠っていたの。手術で体力が落ちていて、昼寝していたんだけど、起きてからしばらく、小さい頃の情景が頭に浮かんできてね。なんだか綺麗な景色だったなと思って」
 直美は静かな声でそう言った。
「僕はさっき一緒に海に行った時のことを思い出していたんだ」
「ああ、一年前のことね。私も覚えている」
「なんだかありきたりな記憶だけどね」
「ねえ。私の病気がよくなったら、また海に行こうよ。約束ね」
 直美は少しうれしそうにそう言った。彼女は最近元気がなかったので、僕はうれしかった。彼女の病気がよくなればいいなと思った。人生は辛いこともあるけれど、楽しいこともあるはずだ。彼女が元気になって、また以前のように明るく笑っていてくれたらと思った。
 電話が切れると僕はふと部屋を出て、階段を下りて行った。姉がキッチンで料理をしていた。僕の両親は今日二人で箱根に旅行に行っていた。
 玄関のドアを開けると、涼しい風が吹いていた。コオロギの鳴き声が聞こえて、空には月が浮かんでいる。
 直美も今こんな空を見ているのだろうか。星が空に散りばめられた宝石のように見える。月は大きく、大きな雲が頭上を移動している。深呼吸をすると肺の中に草の匂いをまとった空気が入ってくる。
 しばらくの間、僕は空を眺めていた。そして直美の病気が治ることを願った。彼女と過ごした日々は小さい頃の情景のように懐かしいものだった。
 風に揺れるひまわりが、月の光に照らされていた。どうしてこれほどまでに彼女のことを思い出し、彼女と過ごした情景を思い出すのだろうか。

ひまわり

執筆の狙い

作者 orange
KD111239191030.au-net.ne.jp

特にジャンルを決めずに、無難な小説を書いてみようと思いました。

コメント

大丘 忍
ntoska314132.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

素直な読みやすい文章ですね。特に波乱があるわけではありませんが、心臓病を患う恋人を思いやる気持ちが表れていると思いました。

orange
KD111239184022.au-net.ne.jp

大丘 忍さん

読みやすいという感想ありがとうございます。何か波乱のある物語でもよかったかもしれません。短いので彼女が死ぬという感じにはしませんでした。

ライダー
KD175134225224.ppp-bb.dion.ne.jp

orange 様

拝読しました。

日常生活の一スケッチですね。

実家の雰囲気が良く出ていて、東京から帰ってきてほっとしている主人公の気持ちが良くわかります。子供時代というのは、黄金時代だと聞きました。親に守られて自由はないけれど、責任もない時代の安楽な気分が、夏休みと実家という情景の中で蘇ってきている感じが良く出ています。

その中で彼女の病気というのが唯一、暗い影になってアクセントになっているように思います。ここはもう少し、書き込んでもいいのではないでしょうか。彼女の不安感が、海辺の無表情だけでは、ちょっともったいない気がします。ここで彼女がもう少し何か話してくれたら、もう少し感情を見せてくれたら、そしてそれに対する主人公の気持ちが書かれていたら、後で、彼女からの電話がもっと印象付けられるように思います。

セピア色の古い写真みたいな、どこか懐かしい感じのする一篇でした。

次回作を期待しています。

飼い猫ちゃりりん
123-1-30-13.stb1.commufa.jp

orange様
 大変申し訳ありませんが、率直な感想を述べさせていただきます。
 無難な失敗作だと思います。
 小説は言葉で情景や風景を描いて、その情景や風景に語らせるべきと思います。
 直美と僕が描かれていない。直美と僕の息吹が感じられないのです。小説は絵画と同じです。しっかり有色の絵の具で描かないと作品になりません。
(現代アートという偽芸術が何も描かないことも芸術だみたいな間抜けな主張をしていますが無視してください。真面目に相手する価値の無い芸術分野です)
 最後に主人公が述べた疑問の回答を読者は求めているのです。主人公自身がわからないならこの小説は空っぽです。もちろん回答は言葉での説明ではない。理性的回答なんて嘘なんです。その真実を絵画的描写、音楽的表現を駆使して読者に感じさせるのです。しかし、それは非常に難しいことです。失敗の危険性大です。一番無難なのは言葉で理論的に説明することですが、それでは芸術にならない。(なぜ芸術ではないかの説明は省略)
 この作品は無難過ぎて結局何も描かれていないという印象です。何も行動しないことが一番無難だから、その意味では作者の意図は貫徹されていると思います。

 飼い猫は忖度コメントは作者に対し失礼だと思っている。率直な感想を述べることこそが礼儀だと思っています。もし不愉快であれば返信は結構です。無視してください。
では失礼します。(ぺこり)

orange
KD111239184022.au-net.ne.jp

ライダーさん

彼女の病気についての描写はもう少しあってもよかったかもしれません。会話の中にも病気についてどう思っているかという描写があると奥行きが出た気がします。どこが懐かしい感じということでありがとうございます。

飼い猫ちゃりりんさん

何も描かれていないということで、僕自身書くとき何も描かないようにしたのですが、やはり登場人物の感情の動きなど、人間らしさが必要だったかもしれません。なかなか登場人物に人間らしさ、リアリティを持たせるのは難しいなと思っています。

えんがわ
p101057-ipoefx.ipoe.ocn.ne.jp

優しいね。
この文章ってすごく読みやすいし、情景も浮かんでくるし。

それに前述にあるように、やっぱり彼氏の彼女を思う優しさとか。

うーん、自分としては彼女が心臓病じゃなくて。
もっと普通に付き合っていて、そういうの見たい。

でも波乱も必要で。それをどうするか。三角関係か。親子の事情か。
何かライダーさんが一番しっくりくる障害や波乱を置けば、面白くなるかなって。

心臓病って意外と普通過ぎる感じがするんだよな。漫画とかさ。

孫悟空! とかね。

飼い猫ちゃりりん
KD106128195006.au-net.ne.jp

Orange様
 実験的試みだったんですよね。
 飼い猫が思うに、Orange様がやろうとしたことは、描かないことで描くことだったのだと想像します。これは非常に難しいテクニックで、飼い猫もよく失敗します。
 通常人物画は人を描きます。(当たり前ですが)しかし、人を直接描くのではなく、その周囲を描くことで表現する方が効果的な場合があります。もし成功すればですが……
 だから、低レベルの作品ほど、「愛してる!」とか「悲しい!」とか「美しい!」みたいな表現が多くなりますね。

orange
KD111239184024.au-net.ne.jp

えんがわさん

読みやすいということでありがとうございます。心臓病というのは物語になるかなと思い入れたのですが、普通の恋愛でもよかったかもしれません。波乱があると奥行きがでるかもしれませんね。

飼い猫ちゃりりんさん

人を描くというのはなかなか難しいなと思っています。感情的なリアリティのある人を描くって結構設定が必要かなと。事件などを描き人を表現するというのも一つの手段ですよね。

かじリン坊
vc226.net112137227.thn.ne.jp

描写が短くて的確なうえに美しく、感情移入出来て疑似体験を味わえました。彼女の病気についてもっと深く書き込むべきなのかと言えば、知るのも怖いし知らないのも怖い間柄なのかな?とも思え、そんな主人公の思いと重なって、彼女の病気が良くなるといいなぁと思いました。そういう感情に行きついたということで、ぼくにとってはこの作品は完成された作品であって失敗作ではないと思いました。ただそういう作品だったということで、さらにここから何か読み取れるかと言えばそれは無く、それが良い悪いではなく、そういう作品もあっていいと思うし、もっと読ませてくれるこの作者さんの作品にも出会いたいなと思いました。

青井水脈
om126194102052.10.openmobile.ne.jp

私も、読めて良かったです。

>しばらくの間、僕は空を眺めていた。そして直美の病気が治ることを願った。

私も、治るといいなと率直に思ってみたり。

>風に揺れるひまわりが、月の光に照らされていた。どうしてこれほどまでに彼女のことを思い出し、彼女と過ごした情景を思い出すのだろうか。

月の光に照らされた向日葵って、夏日の昼間に見かけるより不思議な感じがしますね。感傷的な終わり方で良かったです。

orange
KD111239191176.au-net.ne.jp

かじリン坊さん

完成された作品ということでありがとうございます。感情移入していただけたということで、自分としてもそこまで描けたのかと嬉しく思います。何か深みがあってもよかったかもしれません。

青井水脈さん

感傷的ということでありがとうございます。自分としても情景描写には結構気をつかって書いてました。彼女の病気が治るといいなと思っていただけたというのは嬉しいです。

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

拝読しました。

文章が温かくて読んでいて優しい気持ちになりました。
作品内で雰囲気が統一されていたのもそう思えた要因かもです。

内容は、
ほんわかしたい人には良い作品かもしれませんが、展開でも楽しみたいという人にはちょっと物足りないかもしれませんね。
>僕は東京の大学に通い
この設定が活かしきれていないで、なんだか勿体無く思いました。
大学のレポート課題か何かの小エピソードを回想に入れて、二人の性格がより伝わるようなちょっとした起承転結の話があれば、読み応えも増し増しになりそう。とまあ個人的な意見ですので、取捨選択はお任せ致します。
面白く読ませていただきました。

orange
KD111239190083.au-net.ne.jp

ニャンコロさん

やはり読み応えという面では展開が必要だったかなと思います。大学の生活や東京の街並みなども描いてもよかったかもしれません。起承転結はやはりあったほうがいいですよね。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内