作家でごはん!鍛練場
ピム

挿入

以後語るべきもの挿入以前挿入挿入以後の三部からなる語るもの語られるものと

主体は語り手即ち挿し入れる方として挿し入れられるほうは語られるものとして

語るもの視るだけで挿し入れて十分と確認とれるほど隆起が山の上のいただきで

服の上から触り合うすぐには肉体のふれあいはない焦る気持ちや相互のやりとり

語られるものではなくここでは語るもの早くと抱き寄せ接吻を強め仕掛けていく

口内では舌の絡み合いならぬ舐め合いなら間合い空間の取り方探り合い見出せず

諦めて語られるものの服剥がしにいく剥がしにいきながらも服の上から触る触る

剥がすのを中断して服の上から揉むことしばらく相互に声も次第に響いていくか

隣の部屋にはまだ聞こえていない薄壁の向こうまだ布団に横になる意識は冴えて

揉むこと飽き飽き剥がすこと今度は素早く行う剥がしたあと今度は下着の上から

繰り返しの作業に飽きたついに肉体をあらわにするどちらともなく電灯が消えた

ぺたぺたと抱き合い虫のようにいや尺取り虫かなにか全く動きは予想できないか

指を入れることはなく語るものの突起物が触られ舐められ硬さを増していく記録

語るもの口から語る語られるもの頷き準備態勢にそれは決められていたかのよう

原始から繰り返される体勢が再現され隣の壁には耳声も動きも音をたてはじめて

ゆっくり挿し入れるが入ってしまえばあとは流れに乗るのみ上下に揺れて出ると

早漏さながらの十回目の運動での発射語られるもの時間差で気づくあっというま

語るもの尽き果てて横に横になる語られるもの嫌悪の表情でそれをみつめ続ける

ドロと流れ出ていくのは挿入の証しこの相互関係が解けても何かに変わるかもか

壁に耳あり障子に目ありの隣人も手でしごいて発射それは語るもの以上の快楽と

話すこともなく浴槽に向かい事は終わるこのあとは汚れた布団の処理が待ち受け

語るもの帰り語られるもの呆気にとられ陰部の違和感いまだにとれないもう寝る

挿入

執筆の狙い

作者 ピム
sp1-75-10-77.msc.spmode.ne.jp

以後語るべきもの挿入以前挿入挿入以後の三部からなる語るもの語られるものと

コメント

アフリカ
flh3-125-196-138-23.osk.mesh.ad.jp

参加ありがとうございます

好きな詩の中に、鎖で繋がれた私がじゃらりじゃらりとそれを引きずり確かな場所に向かう場面があるのですが、表現すのに小説である必要なんて無い気もしてます。

短く端的な言葉が伝える大切な事があるのは、ここに通う人は皆知ってるし嫌いじゃ無い。

それでも極端に伝えるなら少なく伝える為の術も必要かも知れない。

作品の感想は来週入れます。

とりあえずですがありがとうございます

ピム
sp1-75-237-221.msb.spmode.ne.jp

拘りにとらわれて書く気がなくなるのなら、そんなものすべて捨ててしまえと思いました。

u
opt-183-176-87-74.client.pikara.ne.jp

マ、文章下手なあたしが言うのもなんなんですがwww
作者日本語下手なんか! 
もう少し練れば
ムリかwwww
×

ピム
sp1-75-237-221.msb.spmode.ne.jp

uさん。感想に反抗してるわけじゃないんですけど、実は壊滅するくらいもっと下手に書けたら良いなと思うんです。小学一年生の頃のように。でも書けない。長年染みついた書き癖はなかなか漂白できない。

ピム
sp1-75-237-221.msb.spmode.ne.jp

(途中で送ってしまったので続きです)たとえば思考のダダ漏れってあって、あれを良くないとする風潮が理解できない。だって思考をそのままそっくり書ける人なんていないからです(だからダダ漏れとされる文章は全て紛い物です)。ぼくたちは考えるときや話すときは破茶滅茶な言語体系を駆使しているはずなのに、書くときだけなんで真面目に机の前に座って勉強するみたいな態度で臨まなければならないのか。

u
opt-183-176-87-74.client.pikara.ne.jp

話し言葉はその時点で消えていく
描いた言葉は残る
>書くときだけなんで真面目に机の前に座って勉強するみたいな態度で臨まなければならないのか
真面目でも勉強するミタイナ態度でなくてもいいと思うよ
そういったことは作者さんの心内に

ピム
sp1-75-237-221.msb.spmode.ne.jp

uさん。またこれ反抗するわけじゃないけど、残る消えるってあまりにも表層的に過ぎないかと。なんかすみません。黙ります

アリアドネの糸
dhcp.nipne.ro

もっと崩すべきかもしれないですね。
ことのあらましを真面目に順を追って伝えようとする意識が文体に残りすぎているところが、逆に面白みを奪っているかも。

ピム
sp1-75-237-221.msb.spmode.ne.jp

アリアドネの糸さん。なるほど。次は時系列も取っ払って書いていきますね。

macoリカ
p79054-obmd01.osaka.ocn.ne.jp

⭕️
ふつうに読むと、ハッタリ? 一連の流れがわかりにくく書かれているだけじゃん、と思った。それがひょいと頭を作品寄りにシフトしてみると、あれ? 世界が切り替わる、というか、文字の連なりがなんかもぞもぞ動き出す感じがしてきたんすよね。マニアックなお笑い芸人ににじり寄られるようなくすぐったいようなへんな身体感覚が生じなんか笑い脳になってしまい字面を正視するのがむずかしくなって(字面だけでおかしくて内容が加わってさらにおかしいリフレインが効きまくり)いや、おかしかったです。板尾創路のディープな一人芸の真骨頂を見せられてるみたいでした(作者さんにどう受け取られるか分からんけど。ど褒め言葉のつもりです)。このおかしみとその伝え方が発明ならなおすごいと思った。あと、これPCで見たときのハナシで、スマホだと変な行替えされちゃって文字の連なりのおもしろさぶち壊しなんですよね。こういう作品の場合注意書きしてもいいのかもしれない。

ピム
sp1-75-237-221.msb.spmode.ne.jp

macoリカさん。>板尾創路のディープな一人芸の真骨頂を見せられてるみたい 素直に喜びます。発明ではなくて、多分、自動書記とかベケットの変態文体とか、そのへんに近いのかもしれません。PCだと一行でおさまっているとは知らなかった。スマホでは読みにくさ倍増ですね。

5150'
bb121-6-158-213.singnet.com.sg

ものごとを直線的に解釈するばあいのほか生じ得ない“記録”ということばは、庭先にようやくはえてきた苔をも一掃してしまう、月曜のあさ妻たちが手にとる高圧洗浄機のような暴威だ。とはいえ作中の記録的な状態をどうこういうつもりはない、なぜならばきっとだれにでもそうした硬さをもつときがあるのだから。海や大気が一日として同一の顔を見せないのとおなじく、よく観察すればあの硬さはそのつどわずかな違いがみとめられるのだろう。どうでもいい。ほんとうに。ただ、語られるものがよほど男好きのする躯であるのは想像に難くない。“記録”という、本作の筆致(読者の勝手なおもいこみにすぎない)に似つかわしからぬことば(昭和期固有の価値観というか、つまり妥協をともなわぬ生産至上主義とでもいうべきか、表面的にはそういった意味合いをもつが、いっぽうで奥行きを生むという観点で判断すればおそろしく機能している一語だ)と薄壁をへだてた隣人の行為とがぼくの原初的なぶぶんから想像力を掻き立てる。このくだりで、読者が一番硬かった過日のその状態を、ふたしかな身体感覚として、みじめったらしい憧憬をまじえて追憶したとしても自然なことにおもえた。


三十一文字ならぬ“書きことばでの三十六文字”という初見の配列が、平仄をあわせるつもりなど毛頭ないといわんばかりの(しかし実際あわせてはいる)書きっぷりとあいまって黴臭く不気味だ。劈頭部分ではベケットよりもむしろ高橋睦郎をおもいだした。書き手のピムさんが日本語話者だからか。

5150
5.102.6.7

↑ たまたま通りがかったんですけど、誰ですか、あなたは? なにゆえにこんな気色悪いことをする? by 5150

ピム
sp1-75-237-221.msb.spmode.ne.jp

5150' さん。>記録”という、本作の筆致(読者の勝手なおもいこみにすぎない)に似つかわしからぬことば ぼくにもその自覚はあって書いているときは自然と出てきた。ところが直後、そして読み直すと違和感甚だしく。しかし「記録」が>よく観察すればあの硬さはそのつどわずかな違いがみとめられるのだろう。 そう、そうかもしれないと思いつつも、>どうでもいい かと相反する思考。>薄壁をへだてた隣人の行為とがぼくの原初的なぶぶんから想像力を掻き立てる。このくだりで、読者が一番硬かった過日のその状態を、ふたしかな身体感覚として、みじめったらしい憧憬をまじえて追憶したとしても 記録、記憶、追憶そんな作用を読み手にもたせたとしたらとてもいい。そんな思いが上回ったのか、5150'さんの言葉によりおこがましくも良好なものとして映り出している。とにかくすごいのは、たった一語を完全に見抜かれたということであって、子供のように驚いている。字数をそろえたのは無意識に近いが、詩を書く人にはけっこういる(ある意味病的かもしれない)。ベケットほど狂ってはいないと納得するのは、そう日本語話者だからか。とても良い感想、謝謝。

アフリカ
sp49-106-213-41.msf.spmode.ne.jp

擦るから射るんですかね…
もしかしたら
そんなこんな事なんて必要ないのかも知れない

ただただ繋がってしまえばなにもしなくても溢れてしまうかも知れない

好きだとか愛してるとか

説明する必要がないのに皆
説明せずにはいられない
伝えずにはいられない

どうしてだろ…

単純にすれば良いことを難しくしたがるし、僕もそうする。

ムズッ

まぁ、互いに頑張りましょ

ピム
sp49-98-145-103.msd.spmode.ne.jp

アフリカさん。企画に参加させていただいてありがとうございます。

上に書いたのは感想ですか?
空気みたいな言葉が並んでいますが
拙作に感想すら抱かないのなら正直にそう書けば良いものを

アリアドネの糸
dhcp.nipne.ro

日をおいて再読しました。
前回はあまり引っかかりを追わずに読んだけれど、今回は少し注意深く読んでみました。
感想というよりは妄想の羅列なのは申し訳ないですけれど。

語るものと語られるものとの情事? を語っているのは誰なのでしょうか?
自動書記的なもの。機械的なもの。今流行りの言葉で、AI的な印象。
ディープラーニングは答えは出せても、答えから原因を探れないらしい。
ことのあらましを描いているようでいて、本当に意味が内在しているのかどうかは疑わしい。
秩序を心理的に見出す現象をパレイドリア効果というらしい(wikiで調べた)。
意味へと結実する秩序なきこのテキストに秩序があるのだとしたら、一行がきっかり36文字で書かれていること。
36という数字に何か特別な意味があるのでしょうか? 
テキストの内容ではなく、テキストを出力するルールという意味で、メタな秩序が存在するように思える。
秩序はひとつなぎの思考のこと。
出力内容ではなく、出力形態の方に思考っぽいものが介在しているところが面白い。
思考なくしてルールは制定できないけれど、ルールは思考なのか?
思考しているのは誰なのだろう?
語るものと語られるものとの情事? を語っているのは誰なのでしょうか?
以下無限ループ。

雑多なこと。
隣人の様子まで見えてしまうのは、神視点だけど、そもそもこの作品、語っている実体そのものに疑いがあるし、この作品の言葉がAI的に記号のアウトプットとして扱われているならば、誰も語っていないわけで、視点という概念はそもそもそこに入りえないのかも。だから、隣人の様子を記述しても問題ないわけで、というより、隣人の様子なるテキストが出力されただけで記述でしかない。

ふと、この作品に小さなエラーを入れると面白くなるかもしれないなって思いました。
「語るもの尽き果てて横に横になる語られるもの嫌悪の表情でみつめ続けるゴボウ」
みたいな感じで。

あと
>語るもの帰り語られるもの呆気にとられ陰部の違和感いまだにとれないもう寝る
の締めの一文はよかったです。
「もう寝る」は唯一といっていい主観的な言葉ですよね。自動初期的に機械的に紡がれた言葉が最後主観の言葉で締めらくくられるのが面白い。でも、「もう寝る」の主語は「語られるもの」にみせかけて、上位存在の「語るもの」、つまり、この文章を生成したAIてきな何某なんだろうなって思った。だからここでテキストは終わっている。
あと、「語られるもの」の相棒である「語るもの」がプレイヤーとこのテキストを出力する上位存在の二重写しに見えるのも面白かったです。

アフリカ
sp49-106-214-45.msf.spmode.ne.jp

あっ……

僕は上手く書くとかお手本通りに書くのとか興味がなくて……

どこの部分が足りないとか、もっと美しくとか出せなくて…

あはは…( ̄▽ ̄;)

申し訳なかったです

ピム
sp49-98-145-103.msd.spmode.ne.jp

アリアドネの糸さん。 さしいれるほうを語るもの、語り手と名付けただけであって、本来の「語り手」にはなり得ないわけですよね。でもそこに >「語るもの」がプレイヤーとこのテキストを出力する上位存在の二重写しに見える という面白みを感じていただけたのは何か今後の創作のヒントになりそうです。あと >締めの一文はよかった というところ「寝る」といったのは誰なのかというのも二重写しの面白みがあるのかなと思いました。いろいろと考えさせられ、ありがとうございます。

ピム
sp49-98-145-103.msd.spmode.ne.jp

アフリカさん。全体的にちょっと意味がわかりませんが、アフリカさんの作品なんてまさにお手本通りの見本みたいなものだったので矛盾してるなぁと更に訳が分からなくなりました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内