作家でごはん!鍛練場
macoリカ

挿入

「バーカ。入れるとかガキっぽいこと言ってんじゃねえよ」マイケルが言った。
「どっちだっていいじゃねえかよ。おまえだってどうせ兄貴から聞きかじったんだろ」とリー。
「なんだと。なめんなよ」
 ぼくは向こうのやりとりがうざかったけど、コミックをスクロールする指を止めることなんてできなかった。やっぱ日本のはすげえ。ちょっと向こうを見ると、渦中のクリスがマイケルとリーの間で小さくなっている。おまえこっち来いよって言ってやろうかと思ったけど、やっぱりクリスには人を苛立たせるところがある。なんであんなところで小さくなってるかな。堂々と「おれは入れるだ」って言えばいいのに。
「だいたい挿入ってなんだよ。かっこつけてんじゃねえよ」とリー。なんかヒートアップしてるのか黒帯をぎゅっと締め直してる。
「てめえもバカか。さっきから言ってんだろ。入れるって意味だよ」
「会話んなんねーよおまえ。おまえは挿入ラップでも踊ってろ」リーが肩をすくめる。
 ぼくはちょっとウケて、コミックを閉じた。
「クリス。センセー呼んでこいよ。センセーなら知ってるぜ」ぼくはそう言ったが、どっちでもよかった。はやく新しい技を覚えたくてしょうがない。もっともっと、いくらでも。コミックの技はインスピレーションは刺激されるけど実際のところはやっぱセンセーにやってもらわなければ分からない。
「おまえはどっちなんだよ」とマイケルがぼくに声をかけてきた。
「童貞だから知らねえ」
 マイケルとリーがそろって笑う。
「クリス。早く呼んでこないと蹴飛ばすぞ」とぼくは言った。
「でもぼくまだサンドウィッチ食べてない」クリスが半べそになる。その前をオニヤンマが横ぎった。
「でけーぞ!」マイケルがパンツのまま捕まえようとする。オニヤンマは五十畳の道場をすいすい行ったりきたりする。ぼくはふとあの方向転換、なんか技に使えねーかなと思う。マイケルは「待てこのヤロウ」と言って道場を走り回ってる。
 リーがぼくの横に来て言った。「童貞ってマジか?」
 ぼくはリーをにらむ。
「ベスは?」 
 ぼくはリーの袖口にぶら下がるようにつかんでぐいと引き寄せ足払いをかけた。リーが勢いよく転んだ。ぼくはすぐ寝技に入って、「別れた」と言って、さっき見たばかりの関節の決め方を思いうかべ、リーの右腕を取った。あっという間に体を入れかえられていた。リーがぼくを見下ろしてニヤニヤしていた。
「だから言っただろう?」
「おまえが思ってんのとちがうよ」
「なんだよ」
「ベスのお父さん。レイオフ」
「マジか」
 リーの力がゆるむ。
「オヤジさんに言ってどうにかなんねえのかよ」
 ぼくは首をふった。ぼくもそれは考えた。ベスにも頼まれた。でも、なんかそれはちがう気がした。いや、ちがっているのはぼくかもしれない。だれにも相談しなかった。もし言ってもたぶん無理なことだったと思う。ベスはかなしげに首をふった。
「新学期からトロントだって」
 ぼくはブリッジで一気にリーを返した。
「おい、おまえら来いよ! ヤンマ! ヤンマ! もう一匹きた」
 マイケルが道場の向こうから怒鳴ってる。
「やってやがる。こいつら挿入してるぜ。つながって飛んでる」
 ぼくは窓を開けた。湖の照り返しがまぶしかった。二匹のヤンマが逃げてった。建物に沿ってクリスとセンセーが歩いてくるのが見えた。

挿入

執筆の狙い

作者 macoリカ
p99254-obmd01.tokyo.ocn.ne.jp

例えばですけど、電車の中で知らない人が知らないだれかについて話していて、聞き耳立てるわけではなくてもなんか聞いてしまうことってないですか。よく分かんないけど聞いちゃってよく分かんないけどなんかおもしろい。そんな感じにさせるオハナシを書こうとしてるんだと思います、たぶん、おれは。
男子が男子だけで女子の雲に覆われることなくいられる時間なんてわずかなもんだ。おれたちは世界中で弱くてバカでスケベだった。あの貴重な輝きをおれはアフリカさんに思い出させてもらった。ありがとう。おれの『挿入』をアフリカさんに捧げます。

コメント

アリアドネの糸
dhcp.nipne.ro

 やだー、男子ってばエッチってか、オニヤンマ。

 表現の中でささやかに裏切るということを徹底して意識されているので、なんだかんだで最後まで見過ごせすことを許することのない、牽引力というのは大げさで、むしろ後ろ髪を引く座敷わらしのみたいな、引力を感じる作品でした。そして、オニヤンマオチにつなげるセンスがベリーグッドです。エクセレントです。そういえば田舎のグランパ今頃どうしているんだろうか?電話してみようかって思いました。

ただ、状況はお世辞にも分かりやすいとは言いにくかったから、読み始めにちょっとだけストレスを感じました。でも、それも狙ってやっているフシがあるから、つまり、サンクチュアリってことだよ。だからさあ、彼らの中でツーカーであればそれでいい、さもなくば、ア・ウン、ああ読み手だって、それ誰よ、どこ中の何某よ。なんつって。そんな、アりスとボブとチャーリーの、違った、マイケルとリーとクリスの仲間うちでの世界観はそいつらで閉じてないといけないってことなのかもって思ったら、執筆の狙いに書いてあったね。

>聞き耳立てるわけではなくてもなんか聞いてしまうことってないですか。

 彼・彼女の話はこちらに向けられたものではないから全貌は分からない。けれども、断片だけでなんか面白くて、意外と、はっとさせられるみたいな断片を頂戴した経験、アリアドネにもあります。

>「ベスのお父さん。レイオフ」
 こういう話をさらっと挿入できるのは、ただごとじゃないセンスだと思います。センスって言葉はおざなりに扱うんであまり好きではないけど、未知に対してそういう言葉をあてがうしかない。日常ってそういうもんだ。青春のきらめきが溶かしてくれてすっかり忘れてしまってたことだけれども、あの子の、この子も、家庭の事情ってのがあって、子供ながらに切実で、でも、男子は机に座ってくだらないことを喋っていたし、女子は卒業アルバムを広げて運動神経抜群のあの子のこととか暴れん坊だったその子のこととかしゃべっていた気がする。その時ばかりは笑いながら。陰キャ属のアリアドネはその様子をまぶしく見ていたけれど。はともかく、水面下には別ののっぴきならなさを孕んだ世界が広がっていることをちゃんとし描いている。しかも、作品の基調とは全然関係ない色をもったものを、見事コネクトしている。

 ちょっと筆が滑ったきらいはあるけれども、切実さとかばかばかしいこととかを、小さなカプセルの中に入れて、印字して、描写の中に埋め込むのは、ちょっと魔法じみた技術だなって思った。表にでない、アスベストみたいな、コントラストの毒が効いている。やばい、めっちゃ勉強になった気がする。コントラストは何も物語に属さなくてもいいのね。


>ぼくは窓を開けた。湖の照り返しがまぶしかった。二匹のヤンマが逃げてった。
とかは特にいいなって思いました。何も考えていないようにぽつりとつぶやいて、でも、キラリとしたひと粒のほしの砂を見逃さないよう、油断ならない表現になっている。それに、ヤンマが飛んでいる空ではなくて、空を映した湖を見ているのが、角度を作ってものごとを空間的にするようで、適切な描写だと思った。適切な意識模様を水面下に見ながら、水面を書いている、そんな筆致のように、アリアドネは思いましたよ。

 どうでもいいところでは、リーという名前がいいね。中国系米国人てきな、国際色豊かなカラフルジュードーくらぶ。名前だけで差別化しているという小技。特に、この短さの会話劇で、三人の差別化が難しいからね。上手いなって思いました。あと。作品に○×をつけるのは遠慮させてください。ああ、そろそろ寝ないと、やばい。月曜日がやってくるって、もう月曜だけど。

アリアドネの糸
dhcp.nipne.ro

勢いで書いちゃったから誤字がひどい。。。

大事なところを一箇所だけ修正
>適切な意識模様を水面下に見ながら、水面を書いている
じゃなくて、水面「だけ」を描いている。です。「だけ」を描いているって書くと、普通は湖の中がみえなくて表現の奥行きを失う方向に働いていますよってニュアンスになるんだけど、この場合は反対。「だけ」を描いているからこそ、マジックカップセル的な不思議な奥行きがあるんだよ。ってことです。

青井水脈
om126193191018.23.openmobile.ne.jp

伝言板を見ていたので、こちら●にさせていただきます、軽妙な印象で面白く読めました。
会話のテンポやセンスなど、ビバリーヒルズ高校白書みたいなアメリカのドラマをイメージしました。最近のドラマはあまり観ていないのでひと昔前のノリで止まっていますが。
macoリカさん、脚本書くにも向いていたりして。

ラピス
sp49-104-30-29.msf.spmode.ne.jp

抜け感がいいですね。余分な説明がないから、四人の関係を想像する余地があって、ワクワクします。
書き分けもされていて、短い話には多い人数なのに混乱しません。
その辺は○だと思います。
でも、起承転結の承の部分だけを読まされたようで、何となく、お腹が空いたままの状態で終わりました。
だから、△かなあ。
白黒はっきりしなくてスミマセン。

アフリカ
flh3-125-196-138-23.osk.mesh.ad.jp

参加、ありがとうございます。

いつでも思ってるんです。

エンタメって、つまりは自分の楽しいってフィーリングをどれだけ相手のものに植え付ける事が出来るかって事だと。

綺麗な文章を書くことに僕は興味がありません。

定型的な展開を飲み込む事に僕は興味がありません。

macoさんが感じていたことを僕は感じてビリビリしたい。

僕が大好きな小説は僕を完全に裏切るし、僕が考えてることを否定する。

作品の感想は来週に出します。

とりあえず、感謝!って伝えたくて

ありがとうございます

macoリカ
p238189-obmd01.tokyo.ocn.ne.jp

アリアドネの糸さん

> 彼・彼女の話はこちらに向けられたものではないから全貌は分からない。けれども、断片だけでなんか面白くて、意外と、はっとさせられるみたいな断片

あれの面白さってなんなんですかね。おれはなんかずっとその周りを回っています。あれを極めると、芸人さんのネタの全然知らないおばちゃんや中学の先生のモノマネで対象人物の情報なんてないのにおもしろさだけはむちゃくちゃ伝わってくるというマジック。マジックというかそっちが本当だろと思わないこともなくて。うん。ほかの情報なんてへみたいなもので。聞くと読むとでも当然また見せ方はちがってくるわけで。そこらへんをグルグル中の作者です。
アリアドネの糸さんがいったいこの人はどこに立脚点を持っているんだというような俯瞰で見てくれたことは、ちょっと、というかほぼ、今の作者には理解が及びませんが、読書ガイドをもらったつもりで眺め直してみようと思います。ありがとう。なんかとても褒めてもらってうれしいです。
リーは最初ボブ。ついでにクリスをホセにしてみて、なんか今度はやりすぎ感があって止めて。ほんとこういうのはバランスですよね。というかバランスこそが小説を小説足らしめる正体なのかもしれない、なんてあたりもグルグル中。
でもバランスより作品全体を支配しているものは、きっと作者を動かしている情動なのかな、と。そこで作品の感触みたいなものが決まるのかな、とかなんとかやっぱりグルグル中。
まあ、いずれにせよ情動は風見鶏のように気まぐれな方を向くベクトルで、さっとその都度のベクトルに乗って行きたいなあ、と。そこは。ねえ?  

macoリカ
p238189-obmd01.tokyo.ocn.ne.jp

青井水脈さん

断片的な情報が読み手にどれだけストレスになるのか、そのストレスを超えるおもしろさを作れるのかってところを試したかったので、そこスルーでふつうに楽しんでもらえたみたいなのが、ちょっとびっくりでした。ふむ。
ビバリーヒルズ白書とか脚本とかまったくの不意打の角度からのジャブで、へー、自分の中にそんな引き出しも作ってみよっかな。ありがとう。

macoリカ
p238189-obmd01.tokyo.ocn.ne.jp

ラピスさん

情報の絞り加減てみんな腐心するところでしょうけど、自分的には今回試しにだいぶ絞ったつもりでした。ふむ。“抜け感”に映ったというのは嬉しいお言葉で参考になります。というか、ここに“抜け感”を使うのが新鮮。
構成はとくに考えてなく、お題をクリアしたらあとはさっと引き返し終わりに持ってゆきました。承のみだという印象についてちょっと考えてみます。ありがとう。

macoリカ
p238189-obmd01.tokyo.ocn.ne.jp

アフリカさん

自分というものが九人のレギュラーで回っているとすれば、アフリカさんはおれの補欠に刺激を与えてくれる方なんすよね。補欠が活性化し、レギュラーが落ち着かなくなる感じ。それは世界の見え方が変わるってことなんですけど。今回、あ、変わったって思ったから参加しました。なにがどう変わったか、なんてのは自分でも分かんないすねー、これが。
掌編にすぎないので物足りないでしょうけど、アフリカン感性でバッサリやってください。よろしくお願いします。

茅場義彦
M106072175192.v4.enabler.ne.jp

頭悪いから キャラがいっぱい過ぎてよくわかんなかったっす

u
opt-183-176-87-74.client.pikara.ne.jp

上手いよね
でも、これ今の日本舞台で描いていただければwww
レイオフとかカッコよい言葉じゃなく(マアカッコイイかどうかはワカメ?)
おいらとしてはマイケル、トロント、リー、べス、レイオフetc
舞台設定ずっこいwwので×だねwww
面白かったです

macoリカ
p238189-obmd01.tokyo.ocn.ne.jp

茅場義彦さん

そのへんの見せ方みたいなものをまさに試行錯誤中です。うん。ありがとう。

macoリカ
p238189-obmd01.tokyo.ocn.ne.jp

uさん

さらっと深いところを突かれたような。たしかに、名詞並べてみるとずっこい。これ無意識なんすよねえ。最初マイケルもポンと出てきたし。たぶんおれにとって日本を舞台にするのは二、三段ハードルが高いです。でもそれできなきゃ話になんないんだろうな。深いなあ。うん。ありがとう。面白かったと言っていただけたのはたいへん励みになります!

ピム
sp1-75-237-221.msb.spmode.ne.jp

ずいぶん昔に読んだグレアムグリーンの「破壊者たち」を思い出した。たしか子供たちの関係性がいびつで、そのやりとりが展開される。対照的にこちらの子供は仲良し同士だ。このさらさらと流れるようなスムーズさが良いと感じる一方、断裂のようなものがないことに物足りなさを感じたのも事実だった。性について語っている誰もが性の実体に向かわない感じ(無意識にでも向かわざるを得ないだろう)とか、レイオフが作中でどれほどの深刻さをもつのか(ベスの転校以外に何か意味があるのだろうか)。たとえばレイモンドカーヴァーの作品内(地域や時代背景)で語られるレイオフは命が危ぶまれるほどの危機的状況である。ぼくは別に深刻な話を書けばいいと言ってるのではない。事の重さにかすりながらシームレスに繋がれていく筆に疑問をもったのだ。

macoリカ
p79054-obmd01.osaka.ocn.ne.jp

ピムさん

鍛錬とか企画とか関係なくこの掌編未満の掌編に対峙してくださってるのかな。図々しくそう受け取っておきます。ありがとう。うん。

>事の重さにかすりながらシームレスに繋がれていく筆に疑問をもったのだ。

おれは自分の届きたいものにどう届いていいのかわからない。今作ではたぶん事の重さにそっと蓋をしたかったのだと思う。というか、そんなものを圧するファンタジカルな輝きこそにすがりたかったのだろう。でも読み手の心に映ったのが、輝きでもなく「そっと」でもなく、調子よく進んでゆく筆だったなら、それはもうそのとおりなんだと思う。

ありがとう。機会があればまた読んでほしい。

アフリカ
sp49-106-212-176.msf.spmode.ne.jp

結果

⭕2
❌1

アフリカ
sp49-106-213-41.msf.spmode.ne.jp

挿入されると、挿入してる側の何かが失われるのか。
挿入すると、される側は何かを失うのか。

多分、お互いに何かを失ってお互いに新しいものを得るのだと思う。

んで、新しいものを手にするためには何かに別れを告げなければいけない。

僕は、もっと沢山の映画を観ようと思ってるしもっと沢山の小説を読みたい。

macoリカさんの
感性はずっと前から僕も好きです

僕は書きますよ。そのうちスッゴいの( ̄▽ ̄;)


まぁ、互いに頑張りましょ

macoリカ
p88094-obmd01.osaka.ocn.ne.jp

アフリカさん

>僕は書きますよ。そのうちスッゴいの( ̄▽ ̄;)

この言葉が聞けてよかった! うれしいです。おれも頑張ります。

u
opt-183-176-87-74.client.pikara.ne.jp

macoリカさん
拙作に感想いただき感謝!
しかももうすぐ消えかける7,8面wwww

7面でお返事するのもなんだかと思いまして本筋じゃござんせんがここで ご無礼のほど平にww

安藤さんこんな喋る男だったのかよ!と、そこは言いたくなりました
そりゃそうだwww

>作者さんは切っ先だけは丸くしておくという明確な意思があるようで、なるほど御作はまさにその結実だと思うんですけど、切っ先丸いと、皮膚の下まで刺さるとか切れるってことはないけど、皮膚も肉も圧を受けるし、痛さは感じるはずですよね。恐怖だって感じる。
でも御作には血はもちろん、痛さもない
↑これ言われるとアッシも弱いね正にアニキのおっしゃる通りでございます、あたしマダマダ修行が足りませんwww

>もちろん弱さは描かれてます。でもそれは安藤さんが自分で処理できてしまう弱さであって、安藤さんが自分でもどうにもならない弱さ、ってことです
↑そうなのかもしんないwww
あたし甘すぎるのかもねwww

>全体の構成が、なんか違う素材のものを強力接着剤ですっとぼけてくっつけたみたいな感じなのはどうなんだろう。ママ、エビタン、安藤さん、安藤さんの饒舌っぷり、アダチガハラ、それぞれ有機的な関係が薄いので、そこははっきりと弱点だと思います

うん確かにね
ゴメン精進しますwww

macoリカさん 感想アリガト
あなたもまたあげてよね

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内