作家でごはん!鍛練場
ニャンコロ

コタツには睡魔が憑いている

 コタツには睡魔が憑いている。
 手ぐすね引いて待っている。
 睡魔は小さな小さな八重歯を爛々と輝かせながら、コタツ机の角にどっしりと胡座をかく。
 コタツに足を入れた人間に反応し、その脳が心地良さを覚えるように操っていく。最終的には胴体までも引きずり込む。
 そうしてゆっくりと時間をかけて誘引し、僅かながらの精気を奪って糧とする。
 意思の強い人間は、心地良さのあまり眠気を覚えた段階で、心を奮い立たせてコタツから脱する。
 そんな時に睡魔は苦虫を噛んで、次の獲物がかかるのをじっと待つのだ。
 意思の弱い人間の場合は、コタツのはみ出た部位に自ら毛布をかける。枕まで用意する者は愚かとしか言いようがない。
「今回の獲物は小学生くらいの女子か。絵に描いたような愚かな行動をしてくれて助かるぜ。ククク」
 ダメ押しで睡魔は耳元に寄って呪文をささやく。
『コタツは良いぞ。気持ちが良いぞ。ずーっと中に居たくなる』
 呪文は頭ではなく直接心に届く。
 少女はついにうとうとし始めた。こうなれば睡魔の手に落ちたも同然だ。
 だけどまだ安心はできない。別の人間が現れて、せっかく捕らえた人間を助けることがある。睡魔にとって、これほど悔しいことはない。
『コタツは良いぞ。気持ちが良いぞ。ずーっと中に居たくなる』
 呪文を復唱しながら周囲を飛行して警戒する。
 他の人間はいないか。
 コタツの電源はちゃんと『入』になっているか。
 コタツ布団に隙間ができて少女が寒い思いをしていないか。
 部屋の照明は明るすぎないか。
 テレビはうるさくないか。
 室内をぐるっと一周する。
「今気付いたが、ここはなんて酷いコタツのある部屋なんだ……。狭いうえに臭いぞ」
 食べ物のゴミがコタツを囲んでいた。ゴミを照らす蛍光灯の豆電球は淡く、少女の寝顔をも優しく照らしている。薄汚れた蛍光灯から垂れるスイッチ紐が揺れる。壁の隙間から風が入ってきていた。黒カビに汚染された壁紙は、見ているだけで具合が悪くなってくる。どこを見渡してもテレビも無ければ寝床も見つからない。
「そうか、コタツがこの少女の寝床なのか。ククク。こりゃいい、格好の獲物だ」
 これから先も少女はずっとコタツの中で就寝するだろう。
 ――それはそうと、環境の酷さに出て行かれては面白くない。
 睡魔は隙間風の入る壁を塞いだ。これで寒さに目を覚ますこともあるまい。
 黒カビを除菌する。これで体調を崩して病院に泊まることもあるまい。
 コタツ布団に巣食うダニやノミを根絶やしにする。これでコタツ布団を嫌がることもあるまい。
 部屋を飛び出した睡魔は唖然とした。どうやらまだまだ問題は山積みのようだ。ひとまず、無用心にも解錠されている玄関の鍵を閉める。これで泥棒に入られて目を覚ますこともあるまい。
 玄関マットに置かれた『おかえりなさい、お仕事おつかれさま』のメモの紙切れの上を、睡魔は静かに見下ろしながら飛行して部屋へと戻った。
「おっと明るい、もう朝か。だが焦ることはないぞ。……クク、この愚かな少女とは長い付き合いになりそうだ」

コタツには睡魔が憑いている

執筆の狙い

作者 ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

4枚。
夜もすっかり寒くなりました。自然とミカンが食べたくなりますね。となるとコタツの出番です!(急)
でも気をつけて。そのコタツ……睡魔が憑いているかもです。眠りを誘う声が心に聞こえてきたなら要警戒。
睡魔は目には見えませんが、確かにそこにいるのです……手ぐすね引いているのです……。

筆者の狙い欄でふざけてしまいました。他に書く事が浮かばなかったのです、すみません。
感想ありましたら、よろしくお願いします。

コメント

アリアドネの糸
dhcp.nipne.ro

さりげない詳細をどのように入れるのかってところが魅力に繋がる作品だと思いますので、もうひとつ違った感触の描写を入れるといいのではないなって思いました。みかんをテーブルの上に二つばかり用意するとか。大と中の兄弟みかんだ。とか、黒かびを除菌するの表現の後ろに、抜かりない俺はもちろんファブリーズは忘れない、みたいなお茶目表現を入れるとか。これらの例がよいとは言いませんが、睡魔との心理的な距離をもうちょっと動かしてあげるといいのではとは思います。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

物語としては熟成されていない感じがしますね。
邪悪な存在のはずの睡魔が、善行を為してしまうという筋なのでしょうか。
それにしても、物語をもっと転がしても良いのではないか、と思いましたね。

夜の雨
ai199113.d.west.v6connect.net

「コタツには睡魔が憑いている」読みました。

なかなか良い感性とアイデアをお持ちのようです。
「コタツの睡魔」を主人公にしているところが、ほほえましく思わず笑みがこぼれます。
なにしろこやつは、人間を堕落させるべく画策を練って、実行に移しているのですから。
狙われたのは何の罪もないあどけない小学生女子です。御作の雰囲気からして、たぶん低学年だろうと思われます。
作品全体に漂っている世界はよいと思う。

で、ここからなのですが、せっかくこういったアイデアと感性の作品が書けるのですから、もう一歩踏み込んで、「深い世界を演出すれば」、作者さんの中でバチバチと火花が散って覚醒するのではないかと思われますが。
●物語を書くという行為が、レベルアップするということです。

現状の御作の世界。
「コタツの睡魔」という輩が棲みついていて、「獲物(人間)」から「僅かながらの精気を奪って糧とする」
そのために、家の中をパトロールしたりする。
そして散らかっている部屋とかを観察して、寝床になっているコタツに「にやつく」。

A>玄関マットに置かれた『おかえりなさい、お仕事おつかれさま』のメモの紙切れの上を、睡魔は静かに見下ろしながら飛行して部屋へと戻った。< ←これは、もっと、たどたどしい文字面にしたほうがよい。『おかえりなさい、お仕事おつかれさま』この文章だと、女の子が高学年でそれもしっかり者に思えて、読み手に安心感を与えてしまう。幼い小学生の女の子という雰囲気を漂わせたほうが、読み手に不安感を与え、先を読みたくなるので、御作の世界が伝わる。

このAから、「世界観を広げるとよい」と、思います。
女の子のバックグランドが見え隠れしているので、「このエピソードを具体的に広げる」。
女の子の日常生活などから、どんな家庭なのか母親と父親は、もしかして母子家庭なのかとか。
女の子には友達はいるのかとか。
友達を家に連れてくることが出来ない、環境、何しろ、部屋が汚れていて、恥ずかしい。嫌われる。
母子家庭だとしたら母親はどのような仕事をしているのか。
母親は疲れていないか。疲れていて、幼い娘にあたることはないか。
母親に付き合っている男がいたりして、その男に騙されているとか、またはまじめな男で、母親は再婚を考えているとか。
そういった女の子の家庭の背景を設定してエピソード化してそこに「コタツの睡魔」という「とんでもない」、「ちょい悪の妖怪」を絡めて、ドラマを書く。

そうすると、「御作の世界が深くなります、人間ドラマが作品の底に脈々と流れます」から。

御作を読むと部屋の中がかび臭いとか、散らかっているとか、で、母親が生活に疲れている様子がうかがえます。
それでも女の子はけなげに日常生活をしているのですが、母親の疲れが女の子にも伝染する。
「コタツの睡魔」は「これは都合がよいわ」と女の子から微量の精気を奪って糧としているので、喜んでいたが、何やら、家庭の崩壊が進行しつつあるのを察知して、「女の子がたちがいなくなれば、俺はどうやって生きていくのだ」と、いうような展開から、女の子の生活を守るように奮闘する。
●「女の子の家庭の部分の背景を作りこんで、壊れていく世界をコタツの睡魔が助けるべく奮闘する」というような話。

登場人物は女の子のほかに母親はもちろんのこと、猫などは必需品。
そこから、関連して物語の広がり具合に絡めて、女の子の友達とか、母子家庭なら、母親が男と付き合っているとかで、悪役のやせ男か、それとも良い男か。
ほかに、女の子の実の父親とか、祖父母とか、世界を広げれば、どんどん話は面白く、また、深くなると思います。

まあ、現状の御作でも「コタツの睡魔」の面白味とかは、味わえますが。

それでは、がんばってください。

speech19
v022109.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp

読ませていただきました。
タイトルを見たら話の大枠がばれてしまうような、出オチな感も否めない、、でしょうか。読み進めていって、、いったい何の悪魔なんだこいつは、、ってとこで、やっと正体がわかるような構成にするとか。それならもう少し楽しめたのかもと思いました。
のっけから睡魔さんが登場していたので、何かそれを裏切ってくれる展開が欲しかったというのが正直な感想です。淫魔的な匂いがあったらドキドキ感がでますかね。淫魔は行き過ぎなので夢魔とか、同じですかね。
私にとってはこれからの季節、自身への戒めになりました。
何気ない日常からの発想でそれを短い文章で書きあげるのは簡単ではないので、こういった短いお話をかけるのはすごいなと。自分も挑戦してみようかと思います。

夜の雨
ai210020.d.west.v6connect.net

再訪です。

背景がどうたらと大げさにしないで、面白くするには。
御作は主人公が「睡魔」という妖怪のようなモノです。
で、睡魔視点で書かれていますが、対立する小学生女子が活躍をほとんどしません。
だから、面白味が少ないです。
面白くするには、女の子を動かせばよい。
たとえば、キッチンで果物を水洗いするとか。
または、食器の後片付けをけなげにやっているとか。
身長が少し足らないので、足元に踏み台をおいて、自分が食べたあとの食器を洗っている。
仔猫が女の子の足元にちょっかいを出している。
女の子は食器を洗いながらうつらうつらしていて、危うげな様子。
それを天井近くでふわふわと浮きながら見ていた睡魔が、だんだん心配してくる。
踏み台から落ちはしないかと。
それで、怪我をされて入院とかになると、睡魔の生き死にも関わるので、しかたなく、女の子から奪った精気を少しだけ返すとか。
返したくないけれど、返すとか。
それで、元気になった女の子を見て、にやつくとか。

このように、何かしら、睡魔と女の子の間でコミュニケーションをとれば、面白くなるのでは。

以上です。

昼野陽平
softbank126066020184.bbtec.net

読ませていただきました。
微笑ましい感じで癒されました。炬燵で寝てしまうほどの快感もあまり無いです。
癒されたのですが、面白いというには今一つ足りない感じでした。
少女にキャラがあればよかったかなと。
ありがとうございました。

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

アリアドネの糸さん
感想ありがとうございます。

なるほどです。なんとなくですが仰っている意味が分かる気がします。
>黒かびを除菌するの表現の後ろに、抜かりない俺はもちろんファブリーズは忘れない、みたいなお茶目表現を入れるとか。
まさにこういう描写がこの作品には足りていなかったようです。
キャラに愛着を抱かせるような描写ですね。
悪魔なのに人間の世俗に通じていたり、『根は真面目だけど抜けている性格』というような属性を持たせてみたり。おそらく、そういうことですよね。参考になります。

今作は少ない文字数、小さな世界で物語を作ってみたつもりでしたが、その弊害が出た気がします。

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

偏差値45さん
感想ありがとうございます。

物語をもっと転がす、ですね。なるほどです。
物語としてはかなり浅い内容だったと、私も思います。
睡魔は少女から精気を奪おうと色々と行動を起こすわけですが、結果的に少女の暮らしが住み良いものになっていく、という感じのお話でした。

読後にほのぼのしていただいたり、微笑ましく思ってもらえたらなと思っていたのですが、物語の浅さがその邪魔をしているように思います。
もうちょっと枚数を増やして物語を転がしてみようと思いました。

佐藤
p1460140-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

読ませていただきました。楽しかったです。

この作品から感じられたのは、ツイッター等で流れてくる超短編漫画。小さな特異点を示すことで、お、と思わせる。このサイズ感は、確実にニーズがあると思います。むしろ今よりも絞って、一話完結型の連作短編的にするといいのかもしれません。

ただ、一話完結型は逆に膨大なアイディアをも求められるから、結局は大変な産みの苦しみにはなりそうですね。

ニャンコロさんにとって、最も転がしやすいストーリーテリングの形式がうまく見つかるよう願っています。

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

夜の雨さん
感想ありがとうございます。

お褒めの言葉ありがとうございます。微笑ましく思っていただけて嬉しいです。
私の脳内設定では、小学二年生として書きました。

>←これは、もっと、たどたどしい文字面にしたほうがよい。
たしかにしっかり者が書きそうな文章でしたね。漢字も開いたほうが良かったと今にして思いますね。
安心感については全く考えていなかったので、今回良い勉強になりました。そういう部分にも意識を働かせた方がいいんだな、と。
ご指摘のとおり、幼さゆえに問題を引き起こす少女と、結果的に少女の問題を解決しようと奮闘する睡魔の構図はより鮮明にした方が良かったなと思いました。

具体的なエピソードを上げていただき感謝です。とても参考なります。
作中で書いていない部分が多くある分、色々と展開を広げられるポテンシャルがあるなと思いました。(それだけ設定がスカスカだったとも言えますが(笑))
4枚どころか20枚30枚いきそうですが、もともと短編で収めるくらいがちょうどいい内容だったのかもしれませんね。
(私、ショートショートで似た失敗を繰り返している気がします……反省したいとは思うのですが、難しくて)

>●「女の子の家庭の部分の背景を作りこんで、壊れていく世界をコタツの睡魔が助けるべく奮闘する」というような話。
おおまかな設定だけ作って読者に丸投げにするやり方が良くなかったんだなと、この文章読んで思いました。
というのも、夜の雨さんに上げていただいたエピソードは、まさに私が読者に想像して楽しんで頂きたかった部分でした。ですがこうしてご指摘を受けるということは、読者に委ねるのではなく、作者の私がちゃんと描くべきところだったようです。

おぉ猫ですか。物語の起爆剤役として奮闘する睡魔とも相性が良さそうですね! 睡魔が少女を助けようと動くと、気まぐれな猫が横から邪魔をしてきたりとか、面白そうです。

>で、睡魔視点で書かれていますが、対立する小学生女子が活躍をほとんどしません。
>だから、面白味が少ないです。
これが今回一番足りなかった部分なのだと思います。
少女を動かして、睡魔にとって解決すべき問題を作り、ということですね。その際の奮闘っぷりが面白さになるのだと思いました。
>それで、怪我をされて入院とかになると、睡魔の生き死にも関わるので、しかたなく、女の子から奪った精気を少しだけ返すとか。
微笑ましい絵が見えます。少女は睡魔の存在に気づいていなくて、睡魔は睡魔であくまで自分のためにしていることなんだけど、その結果支え合っている構図の二人が、傍から見るととても微笑ましい。
なるほど、機会がありましたら色々と膨らませてみようと思います。

感想ありがとうございました。

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

speech19さん
感想ありがとうございます。

出オチ感ですか、なるほど。
最初の方で睡魔の容姿や目的に触れているのが、良くなかったのですね。たしかに、謎の部分がない冒頭は引きが弱かったかもしれません。
睡魔の正体を隠すとなると、ホラー寄りのテイストになりそうですね。タイトルも変えたほうが良さそう。

>のっけから睡魔さんが登場していたので、何かそれを裏切ってくれる展開が欲しかったというのが正直な感想です。
speech19さんが一番仰りたいのはこの部分なのだと思いました。
『人から精気を奪う悪魔なのに少女の為になることをせっせと行っている』というのが、私なりに用意した(冒頭に対して)予想外の展開でした。ですが、これでは弱かったみたいです。
淫魔的な匂いですか。睡魔は実はロリコンで、少女に一目ぼれしてしまうとか。あ、なんだか面白そうな香りがしてきました(笑)。
睡魔を変態チックにして、本来の手段と目的を取り違えた状態で少女のために奮闘するというのも有りな気がしてきました。
……妄想が爆発しました、すみません。

>私にとってはこれからの季節、自身への戒めになりました。
『コタツは良いぞ。気持ちが良いぞ。ずーっと中に居たくなる』という心の声が聞こえてきたら要警戒でございますよ……。

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

昼野陽平さん
感想ありがとうございます。

こちらこそ、微笑ましいと感じていただいてありがとうです。この作品を通して誰かに癒しを与えられる、何よりもの幸せでございます。

癒しはあれど面白さはない、というのは小説としては問題ありだと思いますね。精進していきたいです。
>少女にキャラがあればよかったかなと。
やはりそこですよね。動いているのが睡魔だけなので、展開が淡白になって面白みに欠けたのだと思います。

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

佐藤さん
感想ありがとうございます。

私ツイッターはやっていなくて、検索して幾つか試しに読んでみました。ちょっとした場面を切り取って、強い共感を抱けるものや、知らない世界の一部を知ってなるほどなと唸らされたり、すごいなと思いました。どれもセンスお化けって感じで。

今作は物語の面白みに難がありましたが、ほのぼの感だけでの勝負なら楽しんでくれる人いるかもですね。なんかポジティブになれた気がします。
かなりニーズを絞ることになりそうですが、受ける人には受ける作品というのも、いつか挑戦してみたいです。
(以前にここではない場所で、姉弟のちょっとした出来事を切り抜いた小話集を書いたことがあります。一つのお話が2~10枚くらいでした。弟の声変わりした話とか、姉がバスケで活躍する話とかとか。思えばあの作品を読んでくれた読者層も、限られたニーズの人たちだったのかもと思ったり)

今作は四枚でしたが、この世界感でさらに絞った2~3枚のお話を沢山作り、繋げて30枚くらいの一つの短編にする、というのも有りかもですね。
案外、私の作品の作り方と合っているのかもと思いました。

ぷーでる
hosted-by.zenex5.net

拝読しました。面白かったです、コタツ事態が睡魔?の様にも思えました(笑)
一体化しすぎて、コタツと睡魔のハーフ的な何か。

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

ぷーでるさん
感想ありがとうございます。

楽しんでいただけたようで嬉しいです。
コタツありきのこの睡魔なので、一体化しているというのは間違っていないと思います。
死神に鎌、サンタにトナカイ、的な感じで、この睡魔にはコタツ有り、みたいな(笑)。
いっそのこと、コタツ=睡魔にしてみるのも良いかもと思いました。その方が分かりやすくなりますしね。

あああ
p2471129-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

小学生みたいな文章
短いものがたり

芸術性のかけらもかんじられない

もう一度両親に生みなおしてもらってきたほうがいいのでは?

ニャンコロ
110-132-110-247.rev.home.ne.jp

あああさん

なるほど。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内