作家でごはん!鍛練場
えんがわ

  〇光の路

 赤い赤い光が、黒い道にぽつぽつとある。光が照らし出すは一つのライン。
 僕はただその赤い光に沿って、歩き続ける。光は輝いていて、だけどその輝きは瞬間に消えてしまいそうで、僕の胸はちりちりとする。ただ前へ進むのは、この先の光の方が少しだけ強く見えるから、少しずつ強くなっているように見えるから。それはただ真っ暗なところに取り残されるのが怖いだけなのかもしれない。
 だけど、この砂利道、なだらかな上り坂。靴裏いっぱいに広がっていく痛み、徐々に重力に屈するように痛み出すふくらはぎ。寒風の中、背をじわりとさせ、シャツに染み、空気にふれ冷え、身体を震わせる汗。それに反して身体の底で熱く血のように沸騰していく熱。

 辛い、苦しい、の先に、喜びがあり、その先に、もっと大きな痛みがあり、だけどその先にまた。感覚と思考がスパイラルのように輪転し、徐々にそれぞれが強くなっていく。
 その感覚を、暗闇から逃げているという表現にしたくない。タイムを争っているわけではない。競い合う相手もいない。それでもこの歩み自体に何か、何か、僕を動かすものが。

 強くなっていく光に温度を感じ始めたのは何時からだろう。最初は暖かく、優しく、勇気づけるように、しかし徐々に熱く、激しく、まるで僕を攻め立てるように。鼓舞していく。
 足裏の痛みは足首全体にまで広がり、猫背はきしむように鳴き、喉元はからからだ。かろうじて出ていた唾を、口中で遊びながら舌先に染みさせていたが。それすらも絶えて、随分と経った。
 光はどんどんと熱く、輝き、ガラスのように透明に、だけどルビーのように強く。

 やがて、やがて、光の道の終わりが見えたころ。その正体もまた見えてきた。肉体。死体。人の形をした、もう人ではない、肉体の残骸を糧にして、光は燃え、輝いていた。明るいわけではない。ただ暗闇を頼りなく照らすように。

 徐々に光に侵食されきれていない死体を見かけるようになった。その顔の名残には、様々な表情が浮かんでいる。悔しくて溜まらない表情。まるで何か救世主を見たかのような安らぎの表情。どこかに帰ろうとする赤子の表情。だけど、一番多かったのがそのどれでもない、一日を終えて台所でビールとハンバーグをつついているような、そんな表情。それらを見るたびに、僕を焦がすちりちりとした熱は、少しずつ色を帯びるように強く、強く。

 光の道の果て。
 ようやく着いた。ああ、着いてしまった。
 先には暗闇が広がっていた。

 そこには老人というには若く、中年というには皴の深い男が、一人、眠るように横になっていた。
 僕に気づくと、彼はなんとか身体を傾けるように、両手をついて、顔を上げ、僕を見た。
 そして何かを言った。
 枯れ切った声、息では、何の音にもならない。それが僕には聞こえた気がした。
 僕もまた何かを返事し。それもまた音にはならなかったが。それからまた歩み始める。光の無い真っ暗な道を。
 背後でぼうっという音がした。彼の死にたての身体は、熱く、熱く、赤い光を発した。少しずつ彼の身体全体に燃え広がっていく。笑ったのかな。泣いたのかな。僕は歩き続けていく。やがて終わりが来るまで、真っ暗闇を。


〇光の路2


 暗闇の中に炎がぼうっと光っている。
 それがところどころに燃え、一本の細い糸のようになり、自分を歩かせる。小さな狭い道。どうしてこんな道を選んだのか、分からない。疲れてしまって倒れそうになる。くじけるのは嫌だ。たとえこの先に何もない、これは僕の予感だが、この先に何の祝福が無くても、歩き続けたい。

「そんな、しょげた顔すんなよ」
「これが僕の地顔なんです。それにこんな灯かりのないところで、僕の顔なんて見れるわけないじゃないですか」

 相変わらずミッチーはしょーもない話の振り方をしてくる。ミッチー、本名はとうに忘れた。何時の間にか彼は傍らにいて、しょーもないことを口にする。
 政治、経済、戦争、いつか食べたいごはんの話。どれもこの道を歩くのに必要ないくだらない話だ。でも、そのしょうもなさが、歩くたびに自分の笑う膝の痛みを和らげてくれる最高のスパイスだ。何時からミッチーと一緒にいたのだろう。気付けば隣にいて、色んな話を振って来る。

「巨人は上原だよねー。雑草魂」
「もう聞き飽きました。上原なんてショッパイっすよ。ゴジラ松井みたいに、メジャーに行かなくちゃ。歌う国ニューヨークみたいに。上原も年だから、どこにも行けず、日本のショボい土地で消えてきますよ」

「いや、上原はやってくれるよ。日本シリーズ、ノーヒットノーランとか」

 もう何度、同じ言葉を口にしたのか。上原の巨人デビューが何やら、サワムラショーが何やら。上原ドーピング疑惑。宇宙人説。メカマシーン。馬鹿みたいに話題がメチャクチャになっていく。

「おっ! 炎じゃん。やっぱりしけった燃え方してんなー」

 何百個目の炎だろう。そう思うと力が抜けて、砂利道にペタリと体育座りのようになり、
次いで大の字になってしまった。空には星も月もない。太陽などない。真っ暗な道だ。炎は熱くもなく冷たくもなく、ただ青白く光り続ける。身体中が痛い。足のかかとには分かりやすい靴ずれの傷が残り、リュックを背負った僕の背中はきしむように、痛みが、膝やふくらはぎはただガクガクだ。

 ミッチーは何も言わない。

「何か言ってくださいよ。逆に無言が怖いっす」

「何も言わない方が良い時くらい、俺にもわかるよ」

 と言いながらミッチーはやけに陽気になって
「まっ、キャンプファイアーじゃないけど、炎の周りで一きゅうけいでもしようや」

   *

「この山を越えて行こう~よ」

 自分たちの目に広がるのは、真っ暗な中、徐々に高く点灯している炎。
 上へと昇る炎の場所が、この先に高い山脈があるのを教えてくれている。

「口笛吹きつーつ」

 ミッチーはそんな絶望の中、笑いながら歌う。それから妙にかすれたテキトーなメロディの口笛をする。そして、2度、3度も同じ歌の冒頭を繰り返す。自分も何だかハイになって歌ってしまった。

「この山を~超えていこーよ―」

 するとミッチーが返事をするように、

「口笛吹きつーつ」

 それから下手な口笛を吹く。

 山の頂上の炎は、とりたてて明るくもなく、自分たちを照らしていた。

 だけど、頂上から見た今まで通り過ぎて行った炎は遠景になるに連れて弱く、これから下山して進む、緩やかに降りて来る炎たちは一層強く、青く燃えていることだった。

「遠いなぁ、ゴールは」
「いや、良い景色じゃないですか。僕たちはきっとより強い光のところへ。正しいところに来ているんですよ」
「へ~」

 ミッチーは何か考え事をしながら応える。
「いいこと言うようになったじゃん」

   *

 道は草道になっていた。少し心は軽くなった。だけど身体はギシギシだった。やがて炎の中に、人が見えてきた。青白い炎とは。人そのものが燃えたものだった。人の身体が燃えている。
 死体のように微動だにしない人々の身体、顔、炎をまとって。
 ある人は悔しくてたまらない顔、ある人は清々しく、何故か安心しているものも、マイホームに帰って、お風呂を浴びた後、ビールを飲みきったような。

 口数の少なくなったミッチーは言う。

「俺さ、ここらでそろそろ限界みたいだわ。そろそろ、じゃあな、だな」

 でもその「そろそろ」よりも、炎が尽きる方が早かった。自分たちを照らしてくれた光は、これから先にない。がらんどうの闇だけが待っていた。

「なんだよ。天国や楽園があると思わせといて、詐欺だぞ、こいつは」
 ミッチーと炎もない道を行く。

「なぁ。あんた」
「んっ? なんです」
「あんたの名前なんて言うの?」

 そこではじめて名前を告げた。

「そっか、難しそうな名前だわな」

 それから一呼吸して

「俺の名前、三井卓也っていうんだけどな、ま、いっか。ミッチーでな、なぁ」

 伸びをするときの独特の溜め息が聞こえた。

「オレ、猫飼いたかったんよ」
「話が急に飛びますね」
「猫と一緒にこたつに入って、紅白歌合戦とか見るの憧れるんよ」
「僕だったら絶対に笑っていけない24時なんか見ちゃいますね」
「なんだい、なんだい、それじゃお前呼んだら、チャンネル権争いやないかい」
「ははは、天ぷらそばでも食べましょうか」

「猫はいいなぁ、チャンネルウォーズしなくて」
「はは、おっさん二人に、猫一匹、へんてこな年末ですね」
「ああ、楽園ってどこにあるんやろ。今すぐそっちに帰りたいわ。だけどな、あんた、俺のこと覚えてくれるか」
「ははは」
「覚えてくれる?」
「はい。誰よりも」

「そんなら安心して旅立てるわ。あんたは楽園に行くんやで、俺みたいになるなよ」

 そうして立ち止まって、しゃがみこんだと思うと、ぼうっと光が映った。
 ミッチーは青白い炎になっていた。
 うつむき加減の顔の表情こそ見れなかったが、覗き込むことは無かった。きっとミッチーらしい顔だろうから。

 僕はついさっきまで闇だった光の道を振り返る。
 僕も歩くだけ歩いて最後は光になるのだろうか。だけど、真っ暗な道に、その先に、楽園があるのなら、この暗闇も怖くない。後に続く誰かの為ではない。僕自身とミッチーと名も知らない子猫の為に、僕はただ僕の歩幅で歩き続ける。

「この山を越えて行こうよー。口笛吹きつつ」

 不細工な口笛を。吹きつつ。




〇バースデー

 優しい色がする。オレンジとイエローの間のような。緩やかに点滅しながら僕の影を暖かく照らす。僕も柔らかい匂いに浸りながら、一つ、心配事をする。

「あの子にも見せたかったな」

その吐く息すらも、どこか青白く空間を彷徨って、消えていく。
そしてその世界には一つだけ扉がある。
ただ一つだけ。時計の針もなく、いや必要すらしない暖かな空間。まるで昔、母に抱かれて、いや胎児の頃から。扉は青空になったり血の赤になったり。少し怖い。だけど、進まなきゃ。僕が世界に出ることで喜んでくれる人が一人だけでもいるのなら、僕は。


   *

 僕の周りには何人もナースさんがいてお医者さんがいる。
 ほんとうに嬉しそうな母がいる。
 普段、その人と一緒に笑ったり、苦しんだり。いろいろと分け合って僕の始まりからいる人が待合室で祈っている。

 二人が守ってくれるなら、その周りの人が迷ってくれるなら。

 「この世界に行こう!」

 そう決めた。だけど、外は痛みばかりで、冷たくてばかりで、精いっぱい泣き叫んでしまった。

 悲鳴のような、声になってしまった。
 涙が止まらない。
 いつか終わりのくる、小さな旅への出発だと知った。

 そして、その旅の中では泣いてばかりいる自分がいることも知った。

 それでも父と母は本当にうれしそうに笑ってくれて。

 僕の最初で最後の武器をくれたんだ。
 僕のご先祖様が守ってくれた平凡だけど、好きなネーミング。 
 僕のために二人で一生懸命、考えてくれた特別なネーミング。

 はじめまして。お久しぶりの人もいるのかな。

 僕の名前は……

執筆の狙い

作者 えんがわ
p101057-ipoefx.ipoe.ocn.ne.jp

あなたが素直に何を思ったのか。どう感じたのか。知りたいです。
お願いします。

コメント

貔貅がくる
n219100087061.nct9.ne.jp

死んじゃって 地獄(冥土?)めぐり? して、生まれ直す・・という、
昭和期に高校漫研と文芸部の部誌で量産されまくった、「よくある話」で、
その域どまり。

で、当時の高校生たちが部誌に載せてたやつの方が、『確実に書けていた』と思うんです。


彼女らの「こういう路線のショート」は、本作のように【文章をねじくれさせず、すんなり書いている】ため、まず読みやすい。

本作は、序盤の入りの文章が、徹頭徹尾「ねじれて」いる。
序盤から、ねちっこく連発される『体言止め、体言止め、体言止め』の連続は、リズムもへったくれもなくて、うんざりする。
「〜のように、〜のように、〜のように」の連続も、同様。

せめて「すんなりした(普通の)語順」で書いて欲しい。

幻想系の小説書いている人は特に、『読者にスムーズに理解して欲しいし、最後まで読んでもらいたい』から、そのために「読みやすさと、全体のスタイルってか文章のレイアウト」には、気を使って書いている。

現状の、
「無駄に章立て、ぶつぶつ細切れ」
とか、
「途中でスタイル(レイアウト?)が変わって、ラノベのような無駄なアキ行挿入スカスカになる」
なんてのは
【みっともない】し、しまいまでついて行こうとしてる読者の気持ちを無碍にする(裏切る)所業だから、、、
せめて『普通に書き切ってみせる』のが、礼儀だと思う。



内容的に、「これじゃダメダメで、明らかに 高校生の部誌〜同人誌作品以下である」と断言してしまう根拠は、

高校生と同人誌作家らの「それ」には、
【主人公が、何歳のどんな人物で、なぜ死んだのか?】
【主人公の後悔・思い残したこと、願い】
が、必ず書かれていたから。


この作品、【なんもない】んですよ。

間にうじゃうじゃと「余計なこと、なくてもいいこと」がはさみまくられてて、行数水増しされてるだけで。

貔貅がくる
n219100087061.nct9.ne.jp

リーインカーネーションなオチ持って来るには、
そうなるに相応しいというか「そうなってよかったと、読者が納得ゆくストーリー運び」が必要不可欠。


昔、山岸涼子が描いてた短編漫画(夜に、多くの人が裸足で砂利の上を歩いている話)が、とても簡潔にして的確で、
あれこそがお手本だと思う。
(当時の文芸部や漫研女子は、回し読みでみんな知ってた)


本作の場合、
途中のぶつ切りでいやんなってなって、斜め読みに止める人の方が多そうな様相だし、
最後のオチが「危篤状態から蘇生した話なのか? 生まれ直したオチなのか?」が、判別しづらい。

「スパイラルのように輪転」だの「バースデー」って文言から、『じゃあこれは生まれ直しなのだな?』と推察することができなくもない…… って状態で、
【危篤状態からの蘇生を、生まれ変わったような心地と、主人公が評している】ようにも、読めなくもないんです。


ってか、【何者なのかいっさいまったく分からない、完全に正体不明の主人公】に、新生児としてあっさり生まれ直されても、
【ひたすら不気味】でしかない。

生まれ直し先の両親が【とてつもなく気の毒】になって、ドン引きした。


何で死んだのかも分からない、性悪かもしれない主人公だから、
「危篤からの蘇生」でいいんじゃないですか??

夜の雨
ai211027.d.west.v6connect.net

「路」読みました。

どうして、こんなに読みにくく書くのかなぁ。
主人公は「あるところ」にいて、目的があり、路を進むのだけど、この「あるところ」を作者さんが、隠してラスト近くまでもっていっているのか、わかりません。

小説にしても、ドラマや映画にしても、導入部で何が起こっているのかわからないという展開もありますが、それらは、「隠す必要があるから、隠している」にすぎません。
御作は内容からして、隠す必要はないと思います。
「題材(テーマ)」があり、それを読み手に伝えるために、物語が進みます。
だから、「題材(テーマ)」を一番伝えやすい方法で、小説を書くべきだと思いますが。

御作は伝えるべきものを隠しながら、構成(起承転結のエピソード)が進むので、読みにくくて仕方がない。

作品の中の主人公が自分の立場がわからないで話が進むのであるのなら、外にいるものがサポートして内容が分かるようにすればよい。

以上です。

読み人
sp1-75-247-67.msb.spmode.ne.jp

すかすかの言葉が並べられている。
これでは切実さもなにもあったもんじゃない。ほんとうに何もない。

夏の魔物
KD106180021158.au-net.ne.jp

不思議な構成、題材だと思いました。ひとつ思ったのは、私が1週間前に投稿した作品をえんがわさんが読んだらどう思うのだろう、ということです。(別に感想はいりません。これが、率直に思ったことでした。)

みく
om126237080154.9.openmobile.ne.jp

光の路1は、赤い赤い光から始まって妙に鮮烈な印象を受けました。
それからすると光の路2は落差があるというか、野球の話で現実に引き戻されるというか。

それから最後まで読んで、他の方の感想、特に貔貅がくるさん("ひきゅう"と読むんですね、ググって初めて知りました)が生まれ直し、蘇生と書かれているのを読んで、なるほどと思いました。

>「この世界に行こう!」
この辺りで、少しジーンときました。新生児としてこの世で暮らすうちに記憶は薄れるか消えるかするけど、こういうふうに生まれてくるのもありなのかなって。

余談ですが、メーテルリンクの「青い鳥」に出てくる未来の国を、ふと思い出しました。
生まれる前の赤ちゃんたちが、手に袋を持っています。ある子は人間の寿命を伸ばす薬、ある子は正義、ある子は罪。
赤ちゃんたちはそれぞれ、それらを持って生まれてくるという、個人的に最も印象的なエピソードです。

えんがわ
p101057-ipoefx.ipoe.ocn.ne.jp

あはははー。

なんか難しいことをお書きになられて、ぜんぜん理解できなくてすいま千円。

魔物さん。
みくさん。ありがとねー。
なんか凹んでたんで。パット嬉しさが咲きましたーん。
うんジーンとしたのは。みくさんの言葉をいただいた自分のほうですよ~ん。

まだまだ行ける・ドンマイケルってことで・

すかすかの自分は薄っぺらく。生きていくんでしょうなぁ。

ブロンコ
KD111239124018.au-net.ne.jp

みんな言わないからいちいち言ってしまうんだけど、ちっともしてやったり感なんてないのに、どうせこいつはそういう逃げの打ち方ばっかするのに決まってるからって、まともな人はみんなもうわかってるから感想付けなかったってことくらい、そろそろちゃんと自覚した方がいいんじゃないの。
言い訳含ませるのが先で作為すら堂々と披露出来ないとかまじであくび出るし。


>すかすかの自分は薄っぺらく。生きていくんでしょうなぁ。


目指す人の態度として、こういう態度が一番最低で、なおかつ自分ではどんなつもりだろうが関わってくれる人に対して間違いなく失礼でしかないこともわからないなら、もうこういう場所には来るべきではないし、それが腹立たしいなら気付けない自分にまずは腹を立てて恥じるべきだと思うし、そういう基本的な態度に思いつけないうちは文章なんて書きたがる資格ははっきりとないと思う

まじで最低だ、きみの態度は。
あきれた。





いつも通りで済ますなら、アタマの打ちどころ悪かったみたいなキャラまじでキツいんですけど、くらいで留めてあげられるのに、気の毒なことです。

TG
softbank126062161032.bbtec.net

輪廻転生の話ですね。読みにくくも、読みやすくもなかったです。
転生する前に意味のない世間話をしているくだりが、妙に新鮮だったりもしました。
武器を持った主人公には明るい未来が待っているような示唆も良い感じでした。
それから、感想には一人ひとりに対してしっかりとコメントを返したほうがよいのでは。
皆さん自分の時間を割いて読んで、感想までつけてくれてるのだから。
では、お邪魔しました。

夏の魔物
KD106180020249.au-net.ne.jp

そんな自分を卑下するような言い方、しないでください!

私は『縋り愛』という作品と、その作品に対するえんがわさんのコメントの的確さに感動して、このサイトを見始めたんですから。(まだスクショで保存してあります!)

さっき思いついたのですが、この作品では色がもう少し必要だと思いました。『色』とは色彩と生きているセリフのことです。(私の大好きな堀辰雄が、その好例です)
私の物語とはまた別の読みにくさがこの作品にはあると思いました。




そう、あと、感想ありがとうございます!
(自分の作品のコメント欄に書くと見落とされてしまいそうなので、ついでに書いてしまいます)

あまり、この名前は出したくなかったのですが(ハルキ、ハルキ言ってる文学初心者みたいで恥ずかしいので。)実は私の作品は、村上春樹の

『ABCDEという順番で普通に書いたが面白くなかったので、シャッフルしてBDCAEという風に変え、さらにDとAを抜くと何か不思議な動きが出てきて面白くなった』

という考えに触発されて、2つの物語をごちゃ混ぜにしてしまえば面白いのではと思い、書いたものなのです!そこまでは、よかったんです。問題はシャッフルの仕方でした。

私は、時系列順にすると①②③…となるものを

⑧⑨②⑩①11③⑥⑤④⑦12 13 14

という順番にしてしまったのです!
(改めて考えてみると物語ではなく、ただの落書きに近い(笑))
これでは理解してもらえるわけがないです(笑)

読み人
sp1-75-245-114.msb.spmode.ne.jp

これも例にならって、脳なし運営に頼み込んで掲載停止するのかね。「周知の後で」

えんがわ
p101057-ipoefx.ipoe.ocn.ne.jp

>ブロン子さんん

そう。自分最低なの。
統合失調症患者で、ペニスは小さくて、大学は中退してしまって。etc

>TGさん

ありがとーん。
未来に向かってレッツラゴーって感じ?

TGさん。優しいね。

なんか。めんどくさいんで。全員に返信できなくてすまん。
読むだけで、疲れちゃって。

>夏の魔物さん

ありがとさんです。
えー? 半年以上も前のもの? 自分は忘れちゃったよ~ん。よんよん。
思いがけずにうれしいお言葉ありがとん。

色ですよね。うまく使えないなぁ。ここは頑張るゾーイ。

>詠み人さん

えっ? 

ブロンコ
softbank221022130005.bbtec.net

統合失調が関わってくれた人に平気で失礼仕出かせる理由になるつもりなら全世界の統失患者に謝れ馬鹿
減らず口が精一杯なら口塞げ見苦しい
もらったちん子に文句あるなら切り落とせ役立たず
中退が嘆きのつもりならただの確信犯だっつうのアホか

おまえもう二度と来るな見苦しすぎ
やめちまえ

えんがわ
p101057-ipoefx.ipoe.ocn.ne.jp

行くよ。

えんがわ
p101057-ipoefx.ipoe.ocn.ne.jp

ってーか、もう、いい。
アウトオブ眼中。

えんがわ
p101057-ipoefx.ipoe.ocn.ne.jp

っつーか、つまんない人格攻撃的なコメントは辞めてくれ。
マイピース。マイペースで生きてるんで。
投稿した文章を読んで、コメントしてほしいんだ。

ってね。作品に対するコメント募集中。

ブロンコ
KD111239124018.au-net.ne.jp

ばあか
おまえもうとっくに終わってんの
ただの地雷なんだからそっと潜んでろ地雷らしく



>なんか。めんどくさいんで。全員に返信できなくてすまん。
読むだけで、疲れちゃって。



信じ難い馬鹿
まじでぶん殴ってやりたい


こんな奴まともに相手にする奴はもれなく馬鹿だから覚悟して臨むこと
下手打つとどんな感じに付き合わされるかはまあ、言わなくてもわかるでしょうけれども

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内