作家でごはん!鍛練場
小鳥遊 皐月

空が瑠璃色に染まる時

空が瑠璃色に染まる時。
街が音に染まる時。
街が光に染まる時。
空が瑠璃色に染まる時。
憂鬱に心が染まる時。
癒しが身に染みる時。
空が瑠璃色に染まる時。
嬉しさに心が躍る時。
楽しさで気が抜けるとき。
空が瑠璃色に染まる時。
何も聴こえない闇。
それでも前に進む時。
空が瑠璃色に染まる時。
世界を満たす光。
その先に導かれる時。

空が瑠璃色に染まる時。
割れた時の欠片。
世界が見せる幻。
先を信じて、進み行く時。
空が瑠璃色に染まる時。

空が瑠璃色に染まる時

執筆の狙い

作者 小鳥遊 皐月
softbank126242233182.bbtec.net

難しいですね。
ストーリーが思い浮かばないので、とりあえずこんなのにしてしまいましたが…
心を無にして読んでいただければ有り難いです。
短すぎてすみません。

コメント

小鳥遊 皐月
softbank126242233182.bbtec.net

不備、質問などありましたらコメント欄に書いてくださると幸いです。

茅場義彦
M106072175192.v4.enabler.ne.jp

不備というか不憫 というダジャレ

小鳥遊 皐月
softbank126242233182.bbtec.net

僕が不憫と言う事でしたら、もっといいものが書けるように努力します。

大丘 忍
ntoska314132.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

小鳥遊と書いてタカナシと読むんだそうですね。鷹がいないところでは小鳥が安心して遊べるという意味で。作品とは関係ありませんが。

ぷーでる
pl59059.ag2525.nttpc.ne.jp

ポエムだね。でも、ライトノベルとかだと、最初の書き出しが、こんなだったりします。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

>空が瑠璃色に染まる時

太陽が顔を出す、手前の時間帯でしょうか。
そんなイメージしかないですね。
物語ではないにしても、時系列的な表現で展開しても良いと思いましたね。
あるいは広い空間的な感覚があればとは考えますね。

小鳥遊 皐月
softbank126242233182.bbtec.net

大丘 忍さん
意味は知りませんが、読み方は合っています。

小鳥遊 皐月
softbank126242233182.bbtec.net

ぷーでるさん
そうなんですか、知りませんでした。
教えていただいてありがとうございます。

小鳥遊 皐月
softbank126242233182.bbtec.net

偏差値45さん
太陽が登ってくる手前の時間帯と、太陽が完全に沈む手前の時間帯をイメージして書きました。
アドバイスしてくださってありがとうございます。
これからも努力します。

飼い猫ちゃりりん
123-48-70-185.dz.commufa.jp

小鳥遊様
 不憫だと思います。このままでは努力が無駄になるような気がします。
 詩は(小説も)記録とかレポートではありません。言葉で描くのです。言葉で奏でるのです。詩も小説も、その本質は絵画と音楽です。

(有名な俳句)
 古池や 蛙飛び込む 水の音

なにが違うか、考えてみることをお勧めします。説明しても良いのですが、それは貴方のためにならない。決して意地悪するつもりはありません。自分の頭で考えないと身に付かないのです。

小鳥遊 皐月
om126208228072.22.openmobile.ne.jp

飼い猫ちゃりりんさん
ご指摘ありがとうございます。
今後しっかりと考えます。

みく
om126194113170.10.openmobile.ne.jp

読ませていただきました。第一印象は、綺麗な文体だと感じました。体言止め(〜時。〜欠片。〜幻。など、文末を名詞や代名詞で止める技法)で統一感があると思いました。

ストーリーが思い浮かぶって、なかなか難しい時ありますよね。ライトノベルの最初の書き出しという意見もありましたが…。
何か悩み事を抱えた主人公がひと晩モヤモヤしながら考え、夜明けを迎えて心境に前向きな変化が訪れる、みたいな。大きな変化があったわけじゃないけど、作中のように先を信じようという気持ちになる。こういう雰囲気のストーリーはいかがでしょう。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内