作家でごはん!鍛練場
雨宮吾子

来たるべきもの

 堤の上をしばらく歩いていた。どこか低いところから響いてくる音が耳の辺りで囁いている。低くか細い音はいつからか意識の上に登ってきたけれども、いつしか意識の外に退いてしまった。そうして無意識に近いところで歩いていくうち、またしてもどこかから低くか細い音が意識の上に現れるのだった。
 野分を先触れするかのような、荒っぽく、それでいて小役人のような心細さの風が唸っている。空を見上げれば筆を走らせる前の紙のような雲が、やはり荒っぽい風に蹴散らされていく。彼方を見れば、夕立つのも遠くはなさそうだ、と今更のように実感した。上空で吹き荒ぶ風を見つめながら、今この大地を走り抜けていく生温い風に触れながら、しかし久しぶりに実感として腕に抱いたものは遠く感覚からはかけ離れたところの理性というものだった。いっそ雨が降れば感覚に訴えるものも強くはなるだろうが、しかし心の根本に問題があるのか、あるいは外界を感じる機関に故障があるのか、いずれにしても例え一雨打たれたところで何かを実感することはできないだろう。病を得て頭をぐわんぐわんとさせながら、妙に研ぎ澄まされた感覚の中で肉体の重みを感じながら、昨日の自分を恨むくらいが関の山だ。
 どこまで行っても答えがないのだからと、自分は着物が汚れるのも構わずに法面に腰を下ろした。算盤の延長線上にある水の流れを眺めやりながら、自分がこうして生きて歩いて考えることもまたどこかの誰かが算盤を弾いた結果としてあるのだろうかと考えたりした。だとしたら何たる悪趣味だろう。雨に打たれるよりも早く身震いがした。更に考えを進めれば、こうして考えている事柄もまた覗かれているかもしれないとすら思えてくる。さすがにそのようなことを考えるのは病的であるといえたが、それでも一度考え始めたことは容易に止まらない。人は誰しもが自分の懐に禽獣を忍ばせている。この大地にその現象が起こるかどうかは分からないが、いわゆる文明というものが、その進歩を旨とする運動が進められていくのであれば、いずれはその一頭一頭が野に放たれる日が来るやもしれない。もしそうなれば、この地平は焦土と化すだろうか。それとも、「楽園」が来るだろうか。
 鼻先に当たった雨粒が、ようやく自分の考えを押し留めた。本格的な雨もすぐそこへ迫っている。自分はその雨の、「自然」の循環というものを思いながら、再び目の前の水の流れに視線を向けた。すると、川上から流れてくるものがあり、それはもちろん大きな桃などではなくて、一艘の舟なのであった。舟といっても大層なものではなくて、童の手のひらに収まるかどうかといった程度の大きさである。材質は藁で、いかにも童の仕事といった風の出来栄えに見えたが、水面を渡っていく風の強さから考えると、信じられないほどに頑丈な仕掛けが施してあるようでもあった。ふと、郷里の祖父を思い出した。自分の幼い頃に亡くなった父の面影を自分は祖父に見出すことはできなかった。教えてもらったことといえば、この邦が辿ろうとしていた運命とは何の関係もない生活の様々であり、そのために自分は今もこうして生きており、またそのために自分は立身出世などとは程遠いところを彷徨している。
 それにしても、あれは幼い頃の自分が編んだ舟だ。ある年の精霊流しの際に流したものと同じであることを知りながら、全く気付かないふりをしたのは、それがまさに畏れ多いことであったからだ。この超常的な現象を畏れない者がいるだろうか。自分は畏れながら、しかし同時にある方向へと心理が傾いていくのを感じた。ようやく自分のところにも迎えが来たか、こうなった以上は冥土へ行くのも仕方ない。そう思った自分はすっくと立ち上がり、手近にあった棒きれを掴み取ると法面を駆け下り、藁の舟を引き寄せようとした。その動作が荒かったのか、その衝動があまりにも強かったのか、舟はくるりと、まるで意思があるかのような仕草で対岸の方へと向きを変えてしまった。そうしてそのままどこへ流れ着くこともなく、下流へと流れていくのであった。
 自分はいよいよ混乱してしまった。これは何を意味しているのだろうか、と。何もかもが分からず、何もかもが信じられない心理に自分は陥った。藁の舟は自分を迎えに来たのではなかったのか。そうであるなら、自分はこの地平に生き続けなければならないのか。己の運命というものを知らないまま、自分は頭を垂れて意気揚々と駆け下りたはずの法面を登っていくのであった。
 自分は堤の上を再び歩き始めた。生きているのだという実感もないまま、再び低くか細い音が耳の辺りを挑発し始めた。雑草を踏みしめるのと風の唸るのとが交わる中で、自分はその低くか細い音が自分を呼ぶ声なのだということにようやく気付いた。そして、その声を発しているのは遥か彼方にいる私自身なのであった。

来たるべきもの

執筆の狙い

作者 雨宮吾子
dynamic-27-121-131-62.gol.ne.jp

ある種の自己表現を目指した作品です。
作品として世に問う以上、多少なりとも読者の理解を求めなければならないものですが、必要以上の説明をしないように努めました。
文章や表現など、思うところをお聞かせ願えればと思います。

コメント

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

>文章や表現など、思うところをお聞かせ願えればと思います。

文章はとっつきにくいですね。それで内容は曖昧。
表現にもキレがない。スッキリしない。そんな感じです。

物語としては、主人公は思い込みの激しい人だな、思いましたね。
幻聴や幻覚があるように思えます。
もしかしたら死にぞこないのボケ老人の心理状態でしょうか。
どこか主人公に冷静で客観的な判断力のある要素があれば、
面白くなるのではないでしょうか。

雨宮吾子
dynamic-27-121-131-62.gol.ne.jp

偏差値45様、ありがとうございます。

文章はとっつきにくいですか、薄々感じてはいましたが反省すべきところですね。
登場人物にも親しみを感じられないようですので、仰るような描写ができればまた違ってくるのかもしれないと思いました。この点に関してはご意見を聞かなければ分からなかったところですので、参考にさせて頂きます。

ラピス
sp49-106-212-54.msf.spmode.ne.jp

私は文章が達者だと思いました。読みやすいです。
ただ、内容が無いよう(汗)。つれづれなるままに綴られた主人公の独白で、ドラマが不足しているというか。知性的な人の日記を読んでしまった感じがしました。

crew
astrikahosting.com

散歩しながら内面と世界の齟齬について理由を見つけようとしている。しかし世界の解釈をも内面を通して行うほかなくジレンマに陥っている。
と、いうようなことだろうけど全体的に散漫。シンボルが無いから何も伝わってこないしベースカラーが無いから印象にも残らない。

文章は「一節ごとにいちいち迂曲な言葉を使いたい気持ち」がよく伝わってくる。これは成功すれば「言葉の選択規範から立ち現れる作者の文学性」に成るかもしれないが、どうだろう。
現状だと、言葉の背伸びを感じる。目先のレトリックに意識が向かい過ぎているような気もする。一方で、基本的なロジックが曖昧な印象がある。ロジックとはここでは、他人に伝えるための文章作りという意味で書くが、それ以前に、作者自身も言葉に振り回されてロジックを認識しないままに終わらせているような気配がある。詩情と言説の間にある心地よい緩みに書き手が嵌ってしまうのは危険だ。

以下表現で気になった部分をいくつか。


>荒っぽく、それでいて小役人のような心細さの風

分かりにくいイメージだが、それはそれでいい。だが結局「心細さ」と直截な表現を補充してしまうぐらいならやらないほうがいい


>空を見上げれば筆を走らせる前の紙のような雲

片手落ち。これでは結局「雲が白い」という事しかうったえてない。筆を走らせる前のどんな「紙」なのか。和紙なのか。きめ細かいのか荒いのか、古くて多少くすんでいるのか真新しいのか、等々。その描写をこそ活かすための「筆を走らせる前の」という前置きだろう。


>上空で吹き荒ぶ風を見つめながら、今この大地を走り抜けていく生温い風に触れながら

段落冒頭で頑張りかけていた描写にもう飽きて単純な断定に走っている。表現感覚の地が見えてしまっている。別に悪い地ではないから素直にやったほうがいいのではないか。


>しかし久しぶりに実感として腕に抱いたものは遠く感覚からはかけ離れたところの理性というものだった。

何が「しかし」なのか。冒頭からの空や風についての「感覚」を受けてのものという事だろうが、その感覚について(理性的に)凝った説明をやってしまっている後なので、読者はピンとこない。また、主人公の内面を切り出すタイミングとして唐突でもある。


>あるいは外界を感じる機関に故障があるのか

器官。「故障」と呼応させるためだけに「機関」としたのだろうか。それならば、そこまでの心理描写をすべて調整する必要がある。


>小役人法面算盤禽獣焦土邦~

言葉の選択が、やや作品内容に馴染んでいないようだ。文章の読み味に無駄なストレスを加える効果以上に有益なものが無いように思える。この分量等では。



全体的に言い直しの「その」が多い。後半になるほど増える。これらすべての「その」が何を指すのか、作者は過不足ない把握ができているのだろうか。
抽象的・概念的な文章をやりたいなら、やはり根本的に何が言いたいのかを明確に認識して組み立てなければ、読者に伝わるはずもないと思う。

この作品は、いいと思えるところが7、問題に思えるところが3だった。その3の部分だけを書きました。

雨宮吾子
dynamic-27-121-131-62.gol.ne.jp

ラピス様、ありがとうございます。

読みやすいと言って下さるのはとても嬉しいです。読みにくいのかもしれないと自信を失っていましたので。ただ、起伏がないのだということでしょうか。上手い具合に起伏をつけられるように気を付けていこうと思います。

雨宮吾子
dynamic-27-121-131-62.gol.ne.jp

crew様、ありがとうございます。

基礎固めをしっかりとせずに思いつくままに書いていくという悪癖を見透かされてしまったという思いがしています。基本的なロジックに関することで言えば反論できるところはありません。基礎というか核というか、そうしたものをよく煎じ詰める過程をもっとしなければならないと反省しています。

以下、表現へのご指摘について冗長になるかもしれませんが触れさせて頂きます。


>荒っぽく、それでいて小役人のような心細さの風

分かりにくいイメージだが、それはそれでいい。だが結局「心細さ」と直截な表現を補充してしまうぐらいならやらないほうがいい

たしかにその通りです。気を付けます。


>空を見上げれば筆を走らせる前の紙のような雲

片手落ち。これでは結局「雲が白い」という事しかうったえてない。筆を走らせる前のどんな「紙」なのか。和紙なのか。きめ細かいのか荒いのか、古くて多少くすんでいるのか真新しいのか、等々。その描写をこそ活かすための「筆を走らせる前の」という前置きだろう。

念のために補足すれば荒くくすんだ和紙というイメージを作者としては描いていますが、しかしそれを伝えるための努力を怠っていることに違いなく、反省しています。


>上空で吹き荒ぶ風を見つめながら、今この大地を走り抜けていく生温い風に触れながら

段落冒頭で頑張りかけていた描写にもう飽きて単純な断定に走っている。表現感覚の地が見えてしまっている。別に悪い地ではないから素直にやったほうがいいのではないか。

そうですね……。もうちょっと腰を据えて取りかかるようにします。


>しかし久しぶりに実感として腕に抱いたものは遠く感覚からはかけ離れたところの理性というものだった。

何が「しかし」なのか。冒頭からの空や風についての「感覚」を受けてのものという事だろうが、その感覚について(理性的に)凝った説明をやってしまっている後なので、読者はピンとこない。また、主人公の内面を切り出すタイミングとして唐突でもある。

仰るように「感覚」を受けてのものということです。ただ、改めてこの部分を読み返してみると、作者自身もすっきりと頭に入ってこないところがあり、持って回った書き方をしているのだと気付かされました。反省しています。


>あるいは外界を感じる機関に故障があるのか

器官。「故障」と呼応させるためだけに「機関」としたのだろうか。それならば、そこまでの心理描写をすべて調整する必要がある。

意図的に機関としましたが、上手く機能していないということはよく分かりました。


>小役人法面算盤禽獣焦土邦~

言葉の選択が、やや作品内容に馴染んでいないようだ。文章の読み味に無駄なストレスを加える効果以上に有益なものが無いように思える。この分量等では。

舞台背景が曖昧なままに書き進めてしまったのが一因としてあるかと思いますので、次からはその点でももっと考え直していきたいと思います。


「その」については癖のようなもので気になってはいたのですが、ただ読者のストレスにしかならないのであれば矯正していくべきところなのでしょうね。

>目先のレトリックに意識が向かい過ぎているような気もする。
>抽象的・概念的な文章をやりたいなら、やはり根本的に何が言いたいのかを明確に認識して組み立てなければ、読者に伝わるはずもないと思う。

この二つのご指摘が特に心に響きました。頭を冷やして創作への向き合い方をもう一度考えていきたいと思います。
重ねてのお礼になりますが、ありがとうございました。

5150
5.102.5.24

拝読しました。

読んでいると随所に光る箇所がたくさんあります。

>>人は誰しもが自分の懐に禽獣を忍ばせている。この大地にその現象が起こるかどうかは分からないが、いわゆる文明というものが、その進歩を旨とする運動が進められていくのであれば、いずれはその一頭一頭が野に放たれる日が来るやもしれない。

こういう文、好きです。もうちょっとすっきり整理させる必要がありますが。文だけみると、他にもけっこうありました。

ただ、読む方として言葉だけを追って読み終えてみると、御作はよくわからない、という一言になります。さらに、御作は思いっきり不親切です。特に冒頭。

>>堤の上をしばらく歩いていた。どこか低いところから響いてくる音が耳の辺りで囁いている。低くか細い音はいつからか意識の上に登ってきたけれども、いつしか意識の外に退いてしまった。そうして無意識に近いところで歩いていくうち、またしてもどこかから低くか細い音が意識の上に現れるのだった。

はっきりと書きますが、作者にしかわからないのでは、と思えます。感覚的なものを捉えようとしているのはわかります。説明は省いたと書かれてありますが、そのためなのかすんなりとは頭に入ってはきませんでした。

風景描写と身体的な感覚を交えて描くと、特に冒頭なので、読む方はすっきりと入ってゆけると思います。

>>どこか低いところから
堤という言葉があるので、情景描写で表せるはずです。あるいは身体的感覚でも。

>>低くか細い音
比喩で具体的イメージを

>>いつしか意識の外に退いてしまった
>>そうして無意識に近いところで歩いていくうち
風景描写や身体的なもので、より具体的に

これだけ繊細に書ける作者さまに対して失礼かなと思いつつも、例を書いてみました。これくらいわかりやすくてもいいのではないでしょうか、冒頭なので。
個人的には、入り口はそっと入るのが好みだし、うまく誘えて入ることさえできていれば、あとは読者が勝手に想像して読み進めてくれるものと思っています。入り口って、どんなタイプの作品でも少なからず工夫が必要だと思ってます。

>堤の上を一人でしばらく歩いていた。覚束ない草履の足元から伝ってくるものがあった。ある音だ。耳飾りのある辺りで燻っている。縫い糸のようにか細い音だったが、いつの間にか小鳥の鳴き声に掻き消されてしまって、聞こえなくなった。足元で続く雑草ばかりの小道ばかりを見ていたら、またもや足元から聞こえてくる音が、意識の上に現れてくるのだった。

説明を省いたとする作者さまの意図するところとは違ってくるでしょうが、これはあくまで例にすぎません。それに僕ごときが書いても、作者さまのような優雅さはまったく出せませんので。お許しを。

>>多少なりとも読者の理解を求めなければならないものですが、

イコール、最低限のわかりやすさ、と解釈して、ちょっと出しゃばったマネをしてしまいました。

全体的には、幻想文学っぽい作風を狙ったのでしょうか。

すごく洗練された文を書ける人だと思いますし、可能性のある方のように思われます。

読んだ感じでは、自己表現は十分にできていると思います。そういう意味ではいいと思いますが、ただし、自分の作品を客観的に見るということは今作においてはできていない、ようにも思えました。

そういう意味で御作はひょっとして推敲はあまりされてないのかな、という印象を受けました。キラリという文を書ける方だと見受けましたが、自分が好きな文を変に固執したりせずに、気に入った文であっても、必要とするならばばっさり切り捨てられるくらいの勇気と思いっきりの良さがあればいいかな、なんて思いました。それほどの客観性は、作者さまはまだ持ち得ていないようにも思えましたので。

生意気なことばかり書いてしまいました。

雨宮吾子
dynamic-27-121-131-62.gol.ne.jp

5150様、ありがとうございます。

他の方からのコメントを踏まえた上で5150様のコメントを読みますと、どう書くかということに固執し過ぎて、肝心の「何を」という部分がおざなりになってしまっているのだなと改めて感じさせられました。
>全体的には、幻想文学っぽい作風を狙ったのでしょうか。
と推察して頂いているのですが、実際のところは「何を」の部分が上手く掴めないためにぼかした書き方に逃げてしまっているだけなのです。これもまた他の方のコメントを受けて自分なりに考えた結果、認めざるを得ないところです。ただ、これまでに書いてきた作品への反応を思い返しても「幻想的な~」といった受け止め方をされたことが多く、意図せずそうなった場合が多かったものですから、
>自分の作品を客観的に見る
ということについては今後の課題になってくるところだと思います。

>これだけ繊細に書ける作者さまに対して失礼かなと思いつつも、例を書いてみました。これくらいわかりやすくてもいいのではないでしょうか、冒頭なので。
>堤の上を一人でしばらく歩いていた。覚束ない草履の足元から伝ってくるものがあった。ある音だ。耳飾りのある辺りで燻っている。縫い糸のようにか細い音だったが、いつの間にか小鳥の鳴き声に掻き消されてしまって、聞こえなくなった。足元で続く雑草ばかりの小道ばかりを見ていたら、またもや足元から聞こえてくる音が、意識の上に現れてくるのだった。

具体的な例を示して頂きありがとうございます。改めて描写というものを考えると、これくらい丁寧にやるべきなのだなということが(今更ながら)よく分かりました。
冒頭でいかに読者の興味を掴むか、というのは仰るようにとても大切なことですね。特にネット上の小説は若い人も含めて気軽に読んでもらえるという利点がある一方で、冒頭部分で興味を掴めなければその後にどんなに素敵な展開が待っていても読まれはしないものですから。少し脱線してしまいましたが、そのことを再確認させてもらいました。

>そういう意味で御作はひょっとして推敲はあまりされてないのかな、という印象を受けました。

これは正しく推察して頂いた通りです。推敲というものは得意ではありません。つい先を焦って公開してしまうこともしばしばです。ただ、
>読んだ感じでは、自己表現は十分にできていると思います。そういう意味ではいいと思いますが、ただし、自分の作品を客観的に見るということは今作においてはできていない、ようにも思えました。
とあるように自作を客観視できていない、そのことはもっと深刻に考えなければならないと思いました。このご指摘を頂くまでは推敲というものを軽んじてしまっていました。

その他、様々な形でお褒めの言葉を頂きありがとうございます。至らない点が多くありますが、頭を悩ませながら書いた作品ですので、素直に嬉しく思います。
ありがとうございました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内