作家でごはん!鍛練場
山木 拓

部屋で一人で

 終わった。俺の人生の夢は潰えた。全てだ。本当に何のために生きてきたのか。ずっと一つのことに命をかけてきた。いや一つの事といってもその時々で違うが。小中は野球、高校はラグビー、大学はアメフト。その一つ一つに。けど一貫して、大学を卒業したらずっとやりたかったことがあった。お笑いだ。お笑いで飯を食っていく。それができたらどれほど幸せか。いや、幸せだったか。結局のところお笑いは3年しかやっていない。いや、できなかった。コンビの解散を繰り返した。どいつもこいつも、俺の熱量について来れなかった。いや、進もうとする速度か?わからない。だが、俺はただ意見をぶつけ合って、議論して、話し合って。それだけでよかったんだ。何で、どいつもこいつも意見がぶつかったら『方向性の違い』に持って行ってしまうんだ。ふざけるな。決まって言うのが、『お前は上から目線だ』『お前は頑固者だ』ひどい決めつけだ。お前らだって、『上から目線』を上から決め付けてるだろう。俺はお前らが思っている以上に、お前らの意見を採用しているぞ。それに俺が頑固者だとしたらお前らは軟弱すぎるぞ。何で俺を論破してくれない。ただ俺は俺の思う意見とその理由と根拠を話しているだけだ。ここまで行って、その理由と根拠を否定しようとしてくれ。何から何まで。気付いてるか?俺はいつも集合場所をお前らの家の近くにしていたんだぜ?いや気付かなくていい。お前ら全員クソやろーだったから。

 コンビを解散した。今日の朝。最低だ。俺は真っ黒なコンクリートだけを見て歩いた。俺は、『重い』らしい。なんでそうなる。そりゃ重いだろ。これで食っていけなかったら死ぬんだぞ。住む場所も食うものも着る服も手に入らない。考えろ。死ぬんだぞ。なぜ重くならない?いや純粋な気持ちで目の前の事を楽しんでる輩なら、その重さを押し付けたりしないさ。純粋なら『何でアイツの方が認められてんだよ!』なんて愚痴を言うな。俺はアイツらの努力を知ってる。負けて当然だ。俺の知ってるお笑いの世界は、思ったよりもヤワだった。俺はまっすぐ歩いているのだろうか。いや一応家にはついたようだ。

 生きがいを失った。俺は生きがいを失った。服を脱いで、シャツとパンツ一枚で文字通り停止していた。死ぬきでやって来た事を、『もう無理だ』と悟った。まるで神がことごとく俺の邪魔をしてみて、俺がどこで諦めるかをみんなで賭けてるんじゃ無いか、そんな俺の夢路は、今、いやもう少し早い、今日の朝終わった。

 俺はリアルに死ぬ事を考えた。仰向けに寝転がった。寝転がって何分がたった?2分も経っていなかった。二十五歳。人生を諦めるのはまだ早いと皆は言うかもしれないが、二十五歳以降の人生のイベントてあるか?結婚?子供?出世?起業?どれも驚くほど興味がなかった。あの爆笑をとった時の快感に勝るものはこの世に無いと確信したからだ。事実俺はお笑いを初めてほどなくして彼女と別れ、その後恋愛をする気にも微塵も生まれなかった。お笑いが好きだったから、愛していたから。
 命をかけていた。そういう事だ。命をかけていたのだ。周りはいう。『何も死ぬまで考えなくても。』いや。死ぬわ。だって命をかけてんだもの。そういえば、わかるぜそういうアツい気持ち、とかいってたやつもいたけどあいつが一番酷かったな。いやどうでもいい。明日からどうやって生きよう。いや金とかそういう問題じゃない。どこに力を入れて生きよう、そういう意味だ。それが無ければ、無ければ。俺を背中から支えていた何かがいなくなっていた気がした。俺は目をつむった。

 俺は、不可思議ワンダーボーイの『世界征服やめた』を口ずさんでいた。
 ーもうやめた。世界征服やめた。今日のご飯考えるので精一杯。ー
 一節一節、まるで俺がこの歌を考えたかのようにつむぎ出した。
 ー少年ジャンプを読むおっさんにもー
 ー交差点に出るたびに左に曲がればー
 ーあいつは帰ってこないんだってー
 ーもしも誰かが世界征服しに行こうって言ってくれたら履歴書もスーツも全部燃やしてーーーーーーーーーー
 まるで、俺が作った歌詞みたいだ。
 ーでも、世界征服なんて無理だもの。サラリーマンよりいそがしいもの。ー
 ・・・・・・・・・このあたりで涙が出てきた。
 ああ、俺の人生ってこんなもんだったんだな。
 はっきりと、死のうと持った。







 そこに、仰向けになっていた俺の顔の横に、ゴキブリがいた。俺は叫び声をあげた、のぶっっといやつを。
「おおっつああん!」
 なんて情けない声だ。ゴキジェットアースはどこだ。どこに置いた。そうだ、あの本棚の一番上だ。なんてこった。このゴキブリを退治するには俺は一度こいつから目を離さなければならない!それはすなわちーーーーーーやつの勝利を意味する。この場を逃げ切り、物陰に隠れ、俺の恐怖を煽り、心をじわじわと真綿で圧迫していく。そうなれば俺の負けだ!だめだ、そんな事はあってはならない。俺が取れる最高の選択肢はーーーー。
 まず床はフローリング。俺の顔面はキッチンに向いている。そしてキッチンに行ってもゴキブリから目を切ることは無い。
 ここで一つゴキブリの特製を説明しておくと、ゴキブリは確かに明かりも感じるが、どうやら空気の流れも感じているらしい。実はこれが一番気をつけなければならないことで、空気の流れが少ないから、冷蔵庫の下や本棚の裏に隠れる。そういうこと、なのかな?と俺は思っている。だったら、スプレーはどうだ?空気の流れをあまりに作りすぎる。確かに一回でもクリーンヒットすれば動きが鈍くなりスプレーの追撃を即座に行える。しかしだ。その一発目をミスってみろ。あの暴れ回るあのやろーを俺たちは見てられるか?多くの人が無理だ。昔、スーパーでバイトしていてよかった。こいつの暴れっぷりに慣れてよかった、が、だ。嫌な物は嫌だ!!できるだけ暴れ出させずに殺すには!!
 長々と語っちゃいるが、俺はここまで2秒で思考している。
 液体洗剤ーーーーーー俺の視界に入った。聞いたことがある。ゴキブリは体表に油があって、それが落ちると呼吸ができなくなり、勝手に死ぬ。だから洗剤には意外と弱い。
こんな話があったはずだ。
 液体洗剤がとろりと落下する時、空気の流れを作るか?液体洗剤が体についたら激しく暴れまわれるか?答えは、否!
 俺は液体洗剤を手にとった。
 まずゴキブリの周りに円形に液体洗剤を落とした。ゴキに動きはない。
 そして真上から液体洗剤を落とす。ゴキに動きはない。
 そして液体洗剤が着弾する。ゴキが動き出した!思ったより暴れてはいるが、俺が知っているよりは暴れていない!!
 追加で液体洗剤をかけ続けると、ゴキブリは弱っていった。
 俺は頬が緩んでいた。
 ゴキブリは腹を見せてひっくり返った。
 俺は腹に力が入っていた。
 ゴキブリは足がゆっくりと止まっていった。
 俺は笑っていた。
 ゴキブリは死んだ。
 俺は生きていた。

 その日から俺は、ゴキブリが出たら、ゴキブリを笑いながら殺すようになった。

部屋で一人で

執筆の狙い

作者 山木 拓
59-171-167-36.rev.home.ne.jp

最近感じた、人生ってこんなもんかという思いを作品にしました。是非読んでください。

コメント

芥山龍花
softbank060127063148.bbtec.net

ゴキブリがでた時の叫び声とかリアルで好きです。このような、あまり楽しく人生を送れていない一人の話は、哲学的なことをすごくすごく深く考えていたりで読んでいて疲れることが多かったのですが、感覚や感情が中心になっているので読みやすかったです。リアリティーもあって、尊敬します。

山木拓
59-171-167-36.rev.home.ne.jp

芥山龍花 さん

感想ありがとうございます。
実際に感情感覚だけでキーボードをたたいてたので、自分の中のものが伝わった気がしてうれしいです。

大丘 忍
ntoska314132.oska.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

なにか、気持ちはわかる気がしますね。

山木 拓
59-171-167-36.rev.home.ne.jp

大丘 忍 さん

感想ありがとうございます。
何となく伝わる話を作りたいといつも思っているので、とても嬉しい感想です。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

>最近感じた、人生ってこんなもんかという思いを作品にしました。是非読んでください。

読んでみました。

人生に敗北して、ゴキブリに勝利したお話ですね。

それで思ったことは、この主人公は本当に「お笑い」が好きだったのか?
という疑問ですね。
本当に好きだったのは「成功」ではないでしょうか。
本当に好きなものは基本的に不変ですからね。
成功しても失敗しても続けるでしょう。
そういう人がいつか成功するような気がしますね。

そして主人公がゴキブリを殺して喜んでいるのは、ある意味、比較ですよね。
生きている主人公と死んでいくゴキブリ。
幸福は比較の中で生まれますからね。
偏差値なんてものは、比較する為のような存在です。
高い方がより幸福に成れます。しかし、残念なことに本当の幸福ではない。
だから、主人公は本当の幸福を求めるべきではないだろうか、と思った次第ですね。

Z
softbank126159233188.bbtec.net

諦観するのはいいんですが、それに到る挫折の数々が弱いなと思います。
要は自意識が人一倍高すぎた、のではないのかと。
それと、偏差値は基準に過ぎませんが、45というのはかなりのバカですよ。

shion
KD027083171050.ppp-bb.dion.ne.jp

二十代の夢を追いかける気持ちが伝わってくる小説だなと思いました。なんとなくですが数年したらお笑いに対する熱も冷めるのかなと思ったのですが、どうなんですかね。登場人物が出てきて会話とかがあるとより良くなるかなと。

山木拓
KD106132130122.au-net.ne.jp

偏差値45 さん

感想ありがとうございます。
すみません、この話は成功とか失敗とか、幸か不幸かを問う話じゃなくて、人が生きてる理由て意外と大したことないのかもという事をテーマにしてたのですが、、、

ゴキブリ殺して笑ってる描写は余計だったかもですね。

山木拓
KD106132130122.au-net.ne.jp

Z さん

この話の主人公は、大きな挫折じゃなくて小さい挫折があまりにも連続しすぎて、いやになったのだと思います。
なので、そういう種類の挫折ということをうまく伝えたかったです。

余談ですが、挫折して一つのことをすっぱり諦められる事も、私はある種幸福なのだと考えています。

感想ありがとうございました。

u
opt-211-132-66-15.client.pikara.ne.jp

読みました

なんかお話としてはこなれていないというか?

前半と後半をミキサーに入れて細かくかき混ぜて
ほんで程よく混ざったものを少しずつ取り出して再構築していけば
オモロイお話になるのではないかと思いました

山木拓
KD106132130122.au-net.ne.jp

shion さん

上手くいかなかったからこそ、負けじと熱がキープされたのかもですね。
上手くいっていたらそれはそれで、勢いにのれてたのかもしれないですし。

もしかしたらただ本当に年数で冷めて辞めようと思ってしまったのかもしれないですし。

ここは私にもわからない話です。

長々とすみません。

感想ありがとうございます。

山木拓
KD106132130122.au-net.ne.jp

u さん

確かに前半後半に繋がりがあったほうがいいですね。
自分のなかで、話の急ハンドルが発生することを押し出しすぎたのかもです。

指摘ありがとうございます。

加茂ミイル
i114-185-16-165.s42.a014.ap.plala.or.jp

若い時って、真面目な人ほど、たぶん、ある種の使命感みたいなものがすごく大きくて、
それが強迫観念にまでなりやすいところがあるのかもしれないですよね。
この主人公は、子供の頃から大学まで、スポーツに携わって来て、
そういう人は、たぶん、何かと戦って勝つことにやりがいを感じるところがあるのかなと思いました。
スポーツの世界って、ボールを投げれば、誰かが打ってくれる、誰かが反応してくれる世界なんだと思うし、
それはお笑いにも通じるのかなと思いました。
人から賞賛されることは善っていう意識は若い人ほど強いような気がします。
人が喜んでくれる姿を見て、それがそのまま達成感につながるっていうのは、
若い人の心がきれいだからだと思います。
年をとっても、ひたすら笑ってる人もいますが、その人は心がきれいなまま年をとったのかもしれません。
笑うことの中にある種の醜さを感じるようになったら、
人間、生きるのが辛くなるような気がします。
だって、人間、辛くなった時は笑うことでストレスを解消できるはずなのに、
その笑いまでを嫌悪するようになったら、もう逃げ場がないような気がするからです。
だから、笑いは汚れのない何かであるような気がします。

山木 拓
59-171-167-36.rev.home.ne.jp

加茂ミイル さん

そうですね、この主人公はもしかしたらまっすぐすぎる人間だったのかもしれません。
称賛されなくても、一人で生きていても、殻に閉じこもらずいろんなことを笑っていられる人間になりたいですね。

感想(?)ありがとうございます。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内