作家でごはん!鍛練場
ゆたか

素晴らしき日々

物憂さに甘く、あまねく不安になんと名付けようか。静けさの果てに味わったあの無垢な夕日が奇跡になりかわり、私たちを照らす純新無垢にまだ見覚えがあるうちに、私は失われてしまった数十年の耐え難くも掛け替えのなかった歳月を思い出さずにはいられないのだ。まるで歳月の果てに出会う怪物のように、物憂さと退屈をほとばしりの彼方で目覚めさせる孤独さは、月の満ち欠けさえみえぬ夜の静けさに似て、私の魂を底からまざまざと震えさせる。高鳴りは運命なのか、偶然に見せかけられた悪の計らいか、愛さえを感じさせぬその果てしない渇望は生命のいぶきさえ凍りつかせてしまう。だしぬけに私はあの弱さを思い出す。裏路地で出会った泥まみれの猫を抱き抱えたあの瞬間でさえ、忘れることのなかった愛という名の矛盾を、心の底から感じてさえいるのだ。夜のない国に生まれたかった。蔑みさえも大陸が干上がるほどに飲み干してしまえばどれだけ楽だっただろう。しかし、空前の大地うねりのような植物に近い生命の波動が、わたしを悲しいまでにしめつける。山の頂きから眺める一切の偽りのない世界の姿に心打たれ、竹のようにしなやかな心を抱きとめるかのように、物語は私を目覚めさせる。あの時にかえろう。あの日にかえれるならば、私は孤独な船を打ち捨てて、どこまでも帰らぬ友人を思いながら夢に浮かぶ船を愛するあの人にむけて、いま、最果てへとこきだそう。底知れぬものに出会いたい欲求は荒らさをむき出しにした私の故郷の歌のように岩肌に乗り上げて潮で空であろうと錆びさせる。愛していたのだ。強くなくとも、嘘ばかりついても、私はあの何事も霧のなかの隣人のように叫びをあげる孤独を、果てしない無償の愛で心の底から愛していたのだ。だからいま思い出す。あのころの風景は偉大だったと。夕暮れに疲れた脚を癒すがごとく、鳥たちの幸福な羽ばたきに似て、狂った歯車さえも、すべてを根底から包み込む母性を忘れない。片時も離れなかった愛を忘れないのだ。たとえ寝たきりのふきだまりに打ち捨てられた老人のようになり変わろうとも、私は失われてしまったあの時を愛し尽くす。それは穢れなき時代をたくさんの偽りで飾り立てた時代のように、魂の孤独さが不可解な出会いを呼び起こさせようとも、禁じられた祈りを祈らずには居られなく、たとえ操られると知っていても、弱さを離さずにはいられなかったのだ。私はその光景にいま名前を名付けようと思う。悪の蝕みに光を見出した弱き魂をどこまでも大きなふたつの腕ですくいあげるがごとく、なんの被りもないまま、敵にさえ戸惑いを差し出そう。悪魔に魂を売り飛ばした契約の瞬間を、血がとびちる部屋ではるか彼方の日の名残りを求めようとしたあの瞬間を、私はいまだに忘れない。呼び寄せられた耐え難いそしりに身を焼き尽くされようとも、私はできそこないの権威を愛さずにはいられなかったのだ。だれか私をそこぬけに愛して欲しい。たとえその愛の果てが苦しみに塗りたくられていたときても、私が鳥たちの羽ばたきを愛した日々があったように、私を骨の髄から抱きしめるかのごとく愛して欲しかった。その言葉を伝えんがために、いま君を求めずにはいられない。降り注ぐ雨のしずくが身を焼く熱砂になりかわろうとも、すべてのはじまりとなったあの孤独を離しがたいほどに、いまこれを感じるあなたと分かち合いたいのだ。たとえなにかを犯されると知っていても、叫び声さえあげなかった子供部屋を、いま魂に刻みつけるがごとく、新しい時代の訪れを抱きしめようとせずにはいられなかったのだ。思い出す風景はため息混じりの栄光か、それともあざけりが支配する闇の王の根城か、私はそのどちらを選ばんとしても、愛だけは離してしまいたくはなかったのだ。だから数字たちがあざとくおどる数学教室のように、失われてしまった物憂さを甘き乾きとして飲み干さずにはいられない。こぎ出した船がどこにたどりつくとしても、私は多くの影に光を照らしたあの魔獣のあしおとのような物語の気配をまだ覚えているのだ。たったひとつ残す言葉があるとすれば、失われてしまった日々を必死に抱きとめても手が届かずにいる赤ん坊であった日々のように伝えたいひとことをかきとめるかのごとく、危うさにもにた家族への愛を君に伝えたかったのだ。夕暮れを待ちわびた少年時代が私にはあった。私はその夕日をあなたを待ちわびるがのごとくいまだに愛し続けるのである。夜をまたにかけて、朝を塗り替え、昼に大陸が困惑のどよめき声を聞かせる明日を私は手に入れよう。そして、それは、いまにこそ訪れるべき朝焼けなのだった。赤い糸に導かれるまま、奇妙という響きに食べ尽くされた旋律を抑えがたいほどに捕まえながら、私は矛盾に満ちて解き明かされることのなかった家宅の蔵書をむさぼるかのごとく読みふけり、わたしはわたしの運命を手にいれることにした。その衝動を働かせるのは何だったのか、私はいまも覚えている。その衝動こそが、過ぎ去りし日々を愛する私の無垢な魂そのものであったのだ。いまこそ、いまだに紐解かれていない分厚い本をひらくがごとく、世界を語り尽くしてしまおうか、むしろ君がのぞむなら、私は失われたあの日々をすべて語りつくそう。そのような時さえも影を残さず、大地にこげあとを残して遡ってしまいそうなそこしれぬ情熱と灼熱をまた手にれたいと思い、君に伝えたのだ。私はあのころ幸福だったと。光の降り注ぐ日常に足をついていたと。涙が出るほどに君に教えたかったのだ。不可能はないとさえ思い込んでいた若さが私にあったように、心さえ手放して惚ける日々があったがごとく、悦びが悲しみを知ったあの瞬間のようにいま世界を語りつくそう。煙をたちのぼらせる幻がいつか私の目の前にたち塞がろうとも、かつて狂おしいほどに欲したあの巨壁のような圧倒的な孤独を、私はいまだに愛しているのだ。たわわに実った果実をかじるがごとく、凍りついた宴に槍を突き立てるがごとく、かきむしるような苦痛を腕にだきしめたとしても、私は光の降り注ぐあの家々の瞬間を語り尽くさずにはいられなかったのだ。どよめきが腕を伸ばすあの瞬間にまた目を向けてみよう。それこそ私がどんな手段をしてももういちど見たくてたまらない光景なのだから。光を求めよう、たとえすべてを忘れ去ったとしてもだ。開かれた物語の系譜はたとえ驚きを隠せない狂気のなかに佇んでいても、光で炎を焼き尽くすがごとく、悪を討ち滅ぼしてしまいたいとさえおもうのだ。私がその光の群れに名前を新たに名付けるとすれば、そう、きっとそれは運命に定められた痛みであったのだ。

素晴らしき日々

執筆の狙い

作者 ゆたか
p7106091-ipngn32501marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp

ふたたび投稿です、コメントをくれたらうれしいです

コメント

丹村あさひ
ritt-177-66.ranksitt.net

ゆたか様

読ませて頂きました。が、ごめんなさい、全然意味が分かりませんでした。世にも硬い食べ物に前歯や犬歯や奥歯で一生懸命かじりついてみたけど、全然噛み砕けないうちに歯の方が砕けて、思いがけず歯そのものの食感を知ることになった感じです。

不躾なのですが、この作品がどういう物語なのか、よかったら教えて頂けないでしょうか? 「帰れ帰れ!」ってはじき出されちゃったみたいで、なんだか悲しいので。

ありがとうございました。

ゆたか
p7106091-ipngn32501marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp

丹村あさひ様

物語の全容は、実はわたしもわかってはいないのです。どこかしらか、この文章たちが現れ、わたしに文字を書かせました。

この文章にはベストセラー小説のような物語性はないのではないでしょうか。しかし、文章のあちこちに軽く扱うには惜しい芸術性と表現がみられましたので、行き場のないこの文章を読んでいただける人を探しておりました。

わたし自身も、感覚や印象のみでこの文章を書いているところがあるので、物語性はやはり低い文章であるといえます。

どのように感じたか、印象はどうであったかなど評論していただけるととても助かります。

文章という大陸がすこしだけ見えてきて、それがどこへと消えてしまわないうちに書き留めておいたのがこの文章なのです。

困らせてしまったならすみません。わからぬなら帰れという気持ちはないですよ。

日程
122x213x233x16.ap122.ftth.ucom.ne.jp

熱量は伝わります。しかしその熱を読者に噛み砕いて伝えるのが小説だと思うので、その努力を怠っているように見えてしまいました。せっかくの美文ですので、読者を掴みたいので有ればその辺りを頑張って欲しいです。もちろん人目を気にせず自分の書きたいものだけ書くのも一興なのですが。

エネルギー
sp1-75-5-112.msc.spmode.ne.jp

素人が文学をやろうとして陥る典型例です。文章の芸術と自分で言わないように。それは読者が判断します。もっと真摯に自分と向き合ってください。文学や芸術という言葉に自分を押し込めないで、もっと自由に、かつ客観的な視点を心掛けて執筆してください。文章はお上手ですのでもったいなく感じます。ありがとうございました。

団子
124-18-26-79.dz.commufa.jp

ゆたか様
拝読しました。何と言うんでしょうか。これは小説というより詩ではないでしょうか。今時小説と詩の区別は分かりにくくなってきてはいます。
しかし、詩として世に出すならばそれなりの評価はされると思いますが、小説としてはちょっと…というところです。
せめて読者が読みやすいように行間を開けるとか、その様な読者に自分の小説を理解してもらう努力も必要だと思います。ありがとうございました。

エネルギー
p5665006-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp

〉私がその光の群れに名前を新たに名付けるとすれば、そう、きっとそれは運命に定められた痛みであったのだ。

ごめんなさい、訂正します。
あなたの文章は下手くそです。

細田 勉
60.6.138.210.rev.vmobile.jp

ワードサラダにしか思えません。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内