作家でごはん!鍛練場
金川明

×××

 やることは決まっていた。
 律儀に家の鍵を閉め、マンションの階段を登っていく。夕焼けで空が赤い。最上階手前の踊り場で足をとめ、塀に手をかける。そのまま体を引き上げると、今度は足をかけ、塀にの上に立った。
 天井に頭をぶつけそうになりながら両足で立つ塀の上からは、俺のことなんて見向きもしない夕日が、ビルの隙間に沈んでいくのが見える。
 震えていた。怖かった。
 ただ一歩、踏み出すことができない。しかし、後戻りすることは、それ以上に恐ろしい。真下に広がる駐車場では、ちょうど三台分、駐車スペースが空いている。
 絶好のタイミングだった。
 ついに、一歩踏み出すと、そこに地面はなく、燃え盛る空に投げ出される。
 俺は、その下で、どす黒いコンクリートの海へ、ーーーー落ちた。


 しかし、目が覚めてしまった。
 どうしてか、女の嗚咽と、男たちの荒い息づかいが聞こえる。体の感覚はなく、ぴくりとも動かなかった。最悪の自体を想定しながら、かろうじて開くまぶたを持ち上げると、”それ”は、想定以上の最悪だった。
 三台分空いた駐車スペースの白線の上で、男たちが、一人の女を取り囲んでいた。
 端的に言えば、犯していた。
 俺なんてまるでいないかのように、男たちの視線は女に集中していて、女はというと、裸で四つん這いになったまま、コンクリートに手をついて、ただじっと耐えていた。長い髪で、顔はよく見えない。
 実際、俺はもういないのかもしれない。そう錯覚させるほど、男たちは夢中で、女は絶望していた。
 声を振り絞っても、嗚咽さえ漏れなかった。動けない。何もできない。何も、感じない。
 俺はただ、地面に横たわったまま、獣のような男たちに犯される女を見ていた。
 不意に生まれた耳鳴りが、じんと強く鳴る。
「×××くん……」
 薄れゆく意識の中で、誰かが、俺の名前を呼んだ気がした。


 どれくらいたったのかわからない。暗い空で、薄ぼんやりとした街灯がうるさい。夜。それも真夜中らしいことはわかった。体の感覚が戻っていたので、手をついて立ち上がる。街灯に照らされた体は、薄汚れていたが、なぜか、目立った怪我はなかった。
「おかしいだろ……」
 確かに俺は、8階と7階の間にある踊り場から飛び降りたはずだった。しかし、傷一つないように見える。目の前に横たわる裸の女の方が、むしろ重症に見えた。
 ぴくりとも動かない女をまたぎ、俺は夜の街に繰り出す。あてもなく、ただぼんやりと、ここにいてはいけないという空恐ろしい感覚から逃げ出すために。


 数ヶ月前、俺はネット上でクリエイターの真似事をしていた。自分の作品が大好きで、自分こそが一番だと思っていた。けれど、いくら依頼をこなしても、俺の作品が世にでることはなかった。活動休止だの音信不通だので、依頼は完遂されなかったのだ。一生懸命頑張って作った、俺の作品を残して。
 次第に嫌になって、依頼を受けるのをやめるころには、俺は、自分の創作物に自信が持てなくなっていた。それどころか、何をやっても楽しくなかった。退屈は人を殺す。大学生の俺は、春休みというありあまる膨大な時間に押しつぶされそうだった。
 そんなときだ。
 ネットで親しくしていた女性から連絡があった。一緒にゲームを作って欲しいということだった。信頼から、俺は承諾した。実際、突然音信不通になるようなことはなく、途中経過を見せるたび、彼女は心から喜んでくれた。俺は彼女が好きだった。そう気づいたのは、制作途中、彼女が不意にできた男と結婚した、そのあとだった。俺は、ゲームが完成したら、彼女と会うはずだった。あるいはそこで、想いを伝える気だったのかもしれない。けれど、俺の恋は無残にも散り、途中だったゲームは、中止になった。
 なんだったんだろうと、思った。悩んだ。
 俺が今までやってきたすべては、どうしようもなく報われなかった。
 そうして、今に至る。


 たどり着いたのは、赤い鳥居の神社だった。街灯はなく、薄暗い。足元は大粒の砂利で、下手をすれば転びそうだった。道の両側に等間隔に植えられた木々が俺を見下ろす中、ずんずんと進んでいくと、本殿が見えた。賽銭箱の上で巨大な縄から鈴がぶら下がっている。祈る気はなかった。
 脇にそれると、こぢんまりとした長細い建物があった。あかりがついていたので戸を開くと、誰もいなかった。もともとそう大きな神社ではないし、いつも人気がないので、当然と言えば当然だが、その代わり、温かい香りがした。匂いに誘われ奥へ入ると、背の低い薄橙色の机の上に、質素な食事が用意されている。迷わず手を伸ばした。
 のどごしが、生を実感させる。俺は生きていたのだ。
 あぐらをかいて、紙の貼られた格子戸を見つめながら、味のない味噌汁を一気に飲み干す。汁が透明だったので、味噌汁ではないのかもしれないが、そんなことはどうでもよかった。
 犯された女も、この神社も、知ったことではない。世界が、俺にそうであるように。
 どっと疲れが湧き、まどろみの中で机にほほをつける。そのまま、まぶたを閉じた。
 今度こそ、目が覚めなければいいと、願いながら。


 しかしまた、目が覚めた。胸騒ぎがして、どうにも落ち着かない。トイレにでも行こうと外に出ると、本殿に明かりがついているのが目に入った。
 誰かいるのかもしれない。中へ入ろうとふすまを開くとそこは廊下だった。さらに奥のふすまから明かりが漏れている。片目でのぞきこむと、広間らしき畳の床で、巫女服の少女が襲われていた。取り囲む男たちの顔には見覚えがあった。さっきの女を犯していた奴らだ。どうもそういう集団らしい。少女は、まだ元気があるらしく、酷く抵抗していた。床に仰向けに転がったまま四肢を振り回して、必死に振り切ろうとしている。男たちは、それを見て笑っていた。抗えるはずがなかった。このまま、少女は犯されるのだろう。俺と同年代くらいのその黒髪の少女はしかし、諦める様子がない。不意に飛び出した足が男の一人の顔面に当たった。激昂した男が少女を殴りつける。悲鳴こそあげたが、少女はそれでも抵抗していた。無駄なことだと思った。
 少女も、立ち尽くす俺も。
 無駄じゃないのは、皮肉にもあの男たちだけだ。そう思うと、虫酸が走った。隣の部屋にかけこみ、戸棚を物色する。ナイフや銃なんて、都合よくありはしないし、求めてもいない。探しているのは、
「あった」
 ライターだ。
 線香やろうそくに火を灯すために常備されているのだろう、その戸棚からは火をつけるための道具がいくつも見つかった。俺は使い方のわからないライターにもたつきながら、部屋に火を放った。
 薄い壁越しに、少女の喘ぎ声が聞こえる。俺はただ、立ち尽くすことしかできない。
 叫んだ。心の中でだけか、否か、自分でもわからなかった。
 頭を抱え、のたうちまわる。火は最初こそ弱かったが、あっという間に燃え広がった。
 このまま、燃え尽きてしまえばいいと思った。あの男たちも、世界も、俺も。
 目の前で、火柱が立ち上がる。それはまるで、炎の悪魔が俺に語りかけるようだった。そうだ、そのまま燃え盛れ。異変に気付いたらしい男たちの声が聞こえた。廊下に出て、逃げ出していく男たちの姿を認めると、俺は広間へ入った。
 中央で、犯された後の巫女服の少女が、横たわっていた。
 あおむけにされた目に光はなく、灰色の世界を見つめていた。
 天井に、左右の梁に、炎が燃え広がる中、俺は、少女に手を伸ばす。
「ーーーー神はいたか?」
 返事はない。少女は、俺の方を虚ろにみつめたまま、呆然としている。
「ーーーー努力は、報われたか?」
 葉っぱ一つ落ちていない、綺麗に整備された鳥居の道を思い出す。少女の、今までの善行と努力の結果がこれだとしたら、なんという仕打ちだろう。
「そうだよな」
 一人納得し、俺は少女の腕をつかむと、半ば引きずるような形で外に出した。
 燃え盛り、今にも崩れ落ちようとする本殿を見つめ、俺は呟く。
「綺麗だ」
 少女の、灰色の世界を映し出した目にも、炎の光だけは届いていた。
 空は、まるで炎が燃え広がったかのような朝焼けに包まれていた。虹なんてかかっていないし、特別晴れているわけでもない。強いていうなら、燃えていた。
「このまま、崩れ落ちればいいのにな」
 かろうじて立ち、横に並ぶ少女は、応えない。
「ーーーーさぁ、行こうぜ」
 さしのべた手を、少女は静かにとる。

 俺はおかしいのかもしれない。
 俺は可笑しいのかもしれない。
 それでも、どうでも良かった。
 ポケットに入れたスマホを見ると、画面がバキバキに割れていた。
 それでも、画面に浮かぶ通知は、かろうじて読み取ることができた。
『×××くん、わたし、犯されちゃった』
 あの人からだった。
 用済みのスマホを賽銭箱に投げ入れると、俺は歩き出す。あても、何もなく。


 ただ、握り返す、少女の手はーーーーー

×××

執筆の狙い

作者 金川明
ac022089.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp

※この物語はフィクションです。

こんにちは。衝動にかられ、ろくに読み返しもせずに勢いのまま投稿してしまいました。
そこは反省しております。のちに訂正版を投稿する予定です。
しかし、どうか最後まで目を通していただければありがたいです。

コメント

茅場義彦
M106072175192.v4.enabler.ne.jp

すっごい 雰囲気はいいです。でも 意味はわかんなかった

おむ
sp110-163-216-220.msb.spmode.ne.jp

中々ですね(◜௰◝)👍👍👍

三枝松平
ntngno151245.ngno.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp

金川 明 様

 読ませていただきました、というよりパラパラと。
 ご自身が「勢いのまま」投稿されて、のちに訂正版をお出しになるおつもりでしたら、この場で読み手に「全部読んで」と要求することも意見を聞くことも変な話ですよね。

金川明
ac022089.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp

茅場義彦様

意味についてはあえて明言しない形にしております。

おむ様

ありがとうございます。

三枝松平様

あらかじめそう断った上で、それでも読んでくださる方を募集しておりますので、ご了承ください。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内