作家でごはん!鍛練場
加茂ミイル

日本史上最大の傑物 織田信長

 織田信長は尾張の国(現在の愛知県にあたります)に生まれました。
 それは室町時代後期のことでした。
 駿河国(現在の静岡県にあたります)に、今川義元という武将がおりました。彼は武勇に優れた名将で、天下を狙えるほどの器でした。
 その義元が大軍を率いて西に進軍し、信長の尾張に攻め込んで来たのでした。
 2万5千の今川軍に対し、織田の兵はその10分の1ほどでした。
 織田軍に対し圧倒的優位に立っていた義元でしたが、桶狭間という場所で休憩していたところを信長に奇襲されました。
 ちょうどその時、突然雨が降り出し、その雨の音で信長軍の気配に気づかなかった今川軍は不意を打たれました。織田軍はここぞとばかりに果敢に攻め込み、今川軍に勝利しました。
 今川に勝利すると、勢いづいた信長は今度は尾張の北にある美濃という国(現在の岐阜県)に攻め込みました。
 信長の家来となった木下藤吉郎(後に天下を統一する豊臣秀吉)の活躍などもあり、織田軍は美濃を攻略することが出来ました。
 ここから、信長の快進撃が始まります。

 その後、信長は近江(滋賀県)の浅井長政と、越前(福井県)の朝倉義景を打ち破りました。
 信長はこの戦いの勝利で京の都に近い琵琶湖周辺を支配下に治めました。
 その頃、京の都は三好氏という武将が実権を握っていました。
 既に弱体化していた将軍家の足利義昭は、三好氏の脅威から逃れ、信長に助けを求めました。
 信長はその要求を受け入れました。
 信長は義昭を保護し、室町幕府を再興するという名目で京都に進軍し、三好氏に勝利しました。
 信長に守られながら入京した義昭は征夷大将軍に返り咲くことが出来ました。
 しかし次第に、義昭と信長の間で意見の対立が生じるようになりました。
 義昭の普段の行状に不満を感じていた信長は、義昭を説教するような内容の手紙を彼に送りつけます。格下であるはずの信長から説教をされて頭に来た義昭は、過去の恩も忘れて武力で信長に戦いを挑みます。この戦いは信長の勝利に終わり、義昭は京から追放されました。義昭は中国地方の毛利氏にかくまわれることになりました。
 全国の武士を統率するはずの将軍が不在となり、信長が実質的な中央の権力者となりました。

 織田軍の勢いはとどまるところを知らず、各地の戦国武将たちが次々と信長の支配下に組み込まれて行きました。
 しかしながら、どの戦国武将よりも手ごわい相手がいました。
 それは、石山本願寺で、一向宗を信じる宗教団体でした。
 宗教団体と言っても、彼らの領地は要塞化しており、戦国大名並みの軍事力を持っていました。
 しかも、全国各地に膨大な数の一向宗信者がおり、彼らが各地で一揆を起こしてゲリラ的に信長に立ち向かったため、戦線は泥沼化して行ったのでした。
 これまで数々の戦国大名を短期間で打ち破って来た信長も、石山本願寺には相当手こずって、10年もの歳月をかけても勝敗がつきませんでした。
 結局、勝負は引き分けのまま、天皇の仲介で和解することになりました。

 石山本願寺にだけは勝てなかった信長も、個々の戦国大名に対しては相変わらず有利に戦闘を進め、東の強敵である武田氏にも勝利しましたし、秀吉の働きで西日本方面もどんどん攻略して行きました。
 信長の次の大きな敵は中国地方の毛利氏と、四国の長曾我部氏でした。
 特に毛利氏は西日本の覇者であり、信長にとってラスボス的な存在ではありました。しかし、時の勢いを得た信長の天下統一をはばむものはもはや何一つないかに見えたその時のことです。
 あの有名な、本能寺の変が起きたのでした。
 信長が最も信頼する家臣の一人である明智光秀が突然反乱を起こし、信長を暗殺したのです。
 未だに多くの謎が残る本能寺の変ですが、この突然の大事件で、信長の天下取りの物語は唐突に幕を閉じます。
 本能寺の変は光秀が信長を裏切り、天下の支配権を奪ったというのが通説です。
 しかし、本当のところ、誰が何の目的で企てたのかという点については、いまだに多くの謎を残しており、日本史上最大のミステリーとなっています。
 
 ところで、歴史というものは予想外の突然の出来事に見舞われながらも、大局的にはあたかも筋書き通りに進んでいるかのように見えることがあります。
 実際、信長亡き後、再び群雄割拠の戦国時代に逆戻りするのかと思いきや、信長の事業を継いだ秀吉と家康が、その後短期間で天下統一を成し遂げたのです。
 秀吉は明智を倒し、主の仇討ちを果たした後、軍事と外交を上手く使い分けながら、ついに日本全土を豊臣政権の支配下に治めました。
 しかし、その後、徳川家の勢力が豊臣を上回るようになり、最終的には徳川が豊臣に勝利します。
 家康は征夷大将軍となり、幕府を開き、全国の武士の頂点に君臨します。
 ここから、徳川政権による太平の世が黒船の来航まで続くことになります。
 信長、秀吉、家康。この3者の見事な連係プレーによって、日本の乱世に終止符が打たれ、265年に及ぶ平和な時代が幕を開けたのでした。

日本史上最大の傑物 織田信長

執筆の狙い

作者 加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

織田信長様の偉大さを現代の人々に知ってもらうために、
なるべく平易な文章を意識して書きました。
歴史に興味のない人にも分かりやすい内容になっているでしょうか。

コメント

茅場義彦
M106072175192.v4.enabler.ne.jp

信長は遠出して予定より早く帰ってきたら 女官たちが外で遊んでたの知って 殺すた最古パス

アリアドネの糸
dhcp.nipne.ro

歴史に興味をもてない人に向けておよそ興味をもてそうにない説明文を提供するのは本末転倒な気がします。わかりやすい平易な文章ってこういうことじゃないと思いますよ。このお話を語る相手はちゃんといますか? と思いました。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>茅場義彦様

現代の感覚で戦国時代の人の感覚を裁いてはいけないと思うんですよね。
平和で豊かな時代に慣れ切った人間の感覚と、
戦国時代を生き抜いている人間の感覚では、
全く何が善で何が悪かは異なると思いますから。
戦国時代はサイコパスでないと生き残れなかったかもしれませんね。
でも、現代におけるサイコパスは本当に迷惑ですよね。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>アリアドネの糸様

なるほど、確かにそうですね。
私もスポーツに興味がないので、いくらスポーツの面白さを分かりやすく説明されても、
たぶんスポーツには関心持てないだろうけど、それと同じですよね。
ただ、本当に信長様は偉大なお方だと思います。
その思いだけでも伝わればと。

shion
KD027083171050.ppp-bb.dion.ne.jp

読みやすかったですが、小説というよりは歴史の説明のような感じがしました。

そうげん
58-190-240-140f1.shg1.eonet.ne.jp

> 信長の家来となった木下藤吉郎(後に天下を統一する豊臣秀吉)の活躍などもあり、織田軍は美濃を攻略することが出来ました。
 ここから、信長の快進撃が始まります。

 その後、信長は近江(滋賀県)の浅井長政と、越前(福井県)の朝倉義景を打ち破りました。


一行空白の間に12年間がすっ飛ばされてます。市の輿入れ、浅井との同盟、上洛、信長包囲網、叡山焼き討ち、姉川の戦い、なにもかもすっとばされていてここまで雑なのは驚きました。

浅井・朝倉が滅んでから、義昭保護のことを出してくるのも意図的にやっているのだとしたら、歴史改変にしか思えない。

そしてこの文章はなんのために書かれているのか、自分の知っていることを形にしたかった。授業を受けた後に自分でメモを書き直したような雰囲気です。浅井長政で過去に1000枚で小説を書いたことがあったので、物足りなさを覚えました。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>shion様

小説と小説以外の明確な区別って何なんでしょうね。
明確な定義ってあるのかな。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>そうげん様

説明の項目が前後したくらいで歴史改変というのは、
ちょっと言いがかりですよね。

そうげん様がどれだけ多くの項目を詳しく書いたかは知りませんが、
大切なのは作者独自の視点であって、
量じゃないと思いますよ。
量や項目をたくさん書いたからって、別に偉いわけじゃないと思いますけど。

そうげん
58-190-240-140f1.shg1.eonet.ne.jp

>信長は義昭を保護し、室町幕府を再興するという名目で京都に進軍し、三好氏に勝利しました。
>信長に守られながら入京した義昭は征夷大将軍に返り咲くことが出来ました。

これが引っ掛かるんです。
そもそも信長がはじめて上洛したときの目的が表向きかどうかはともあれ「義昭を保護し、室町幕府を再興するという名目」をもった行動でした。そして「信長に守られながら入京した義昭は征夷大将軍に返り咲くことが出来ました」と書いていますがそもそも義昭はその時点ですでに征夷大将軍だったのではないですか?

だから歴史改変。もしくは読者に歴史の流れのミスリードを誘う文章だと感じました。
つまりあなたのノートのメモ書きの域を出ていないと思ったのです。

そうげん
58-190-240-140f1.shg1.eonet.ne.jp

もちろんはじめての上洛とは、浅井・朝倉が滅亡する以前の事です。
ご存じの事と思いますが、説明不足なので言葉を補います。

そうげん
58-190-240-140f1.shg1.eonet.ne.jp

信長包囲網が敷かれたのも、将軍義昭が諸国の大名に蹶起を呼びかけたことが原因ですから、信長と義昭の不仲なことも示すのが親切と思ったのです。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>そうげん様

>信長は義昭を保護し、室町幕府を再興するという名目で京都に進軍し、三好氏に勝利しました。
>信長に守られながら入京した義昭は征夷大将軍に返り咲くことが出来ました。

便宜上、

A 信長は義昭を保護し、室町幕府を再興するという名目で京都に進軍し、三好氏に勝利しました。
B 信長に守られながら入京した義昭は征夷大将軍に返り咲くことが出来ました。

とします。

まず、この作品は歴史年表ではないので、
厳密に出来事の順序に従って文章を書く必要はないと思います。

ちゃんと先入観なく読んでもらえば気づくと思うのですが、
Aは信長についての説明で、
Bは義昭についての説明です。
つまり、Aの後にBという出来事があったという年表的な書き方をしているのではなく、
Aで信長の話を、Bで義昭の話をしているのであって、並列的な書き方をしているのですよ。
主語に注目すれば、明らかです。

たとえば、

昭和といえば、東京オリンピックという華やかな出来事があった時代である。
しかし、第二次世界大戦という悲しい出来事もあった。

と書いた場合、
そんなに年代通りの順序にこだわりますかね?
こういう書き方してるのを読んで、これは歴史改変だって騒ぐ人なんていますか?

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

歴史を扱った文学作品の場合、
必ずしも年表順でなければならないというルールはないと思います。

近江方面の攻略のことをまず先に書いて、
それから信長と義昭の関係を書くために、時代が少し遡っても別に何の問題もないと思いますが。

歴史改変となるのは、たとえば、1500年江戸幕府が開かれる、みたいなことを書いた場合じゃないでしょうか?

信長が浅井と朝倉を攻略した。
と書いた後で、
その頃京都では……、と、京都と三好、義昭の関係に話が移る場合、
時代を少し遡ったところから書いたとて、それの何が歴史改変となるのでしょう?

そうげん様がどういう意図で、私の作品を歴史改変と言いがかりをつけたのか、その本意は分かりませんが、
歴史改変などという、作者の立場を貶めるような言い方は、少し考えてから発言した方がいいのではないでしょうか?

そうげん
58-190-240-140f1.shg1.eonet.ne.jp

> その後、信長は近江(滋賀県)の浅井長政と、越前(福井県)の朝倉義景を打ち破りました。
 信長はこの戦いの勝利で京の都に近い琵琶湖周辺を支配下に治めました。
 その頃、京の都は三好氏という武将が実権を握っていました。
 既に弱体化していた将軍家の足利義昭は、三好氏の脅威から逃れ、信長に助けを求めました。
 信長はその要求を受け入れました。
 信長は義昭を保護し、室町幕府を再興するという名目で京都に進軍し、三好氏に勝利しました。
 信長に守られながら入京した義昭は征夷大将軍に返り咲くことが出来ました。



信長が義昭を奉って上洛を果たしたのは永楽11年(1568年)でしょう。

三分目「その頃」ってありますけど、浅井長政・朝倉義景の討たれたのは天正元年(1573年)。

1573年のあとに、1568年が来るのか? あなたの歴史では。

>信長に守られながら入京した義昭は征夷大将軍に返り咲くことが出来ました。

これも1568年の話でしょう。
書きたたがまずいからミスリードを誘うものになってるというんです。

そうげん
58-190-240-140f1.shg1.eonet.ne.jp

1537年のことがあったのに、すでに信長と義昭の関係は最悪であり、しかも最悪にもかかわらず、なぜ信長がこの状況で将軍に返り咲かせる記述があるのだ。信長は二重人格者なのかということになりかねません。「その頃」という語でつなぐことに問題があるのです。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>2020-06-28 21:32
>58-190-240-140f1.shg1.eonet.ne.jp
>1537年のことがあったのに、すでに信長と義昭の関係は最悪であり、しかも最悪にもかかわらず、なぜ信長がこの
>状況で将軍に返り咲かせる記述があるのだ。信長は二重人格者なのかということになりかねません。「その頃」という
>語でつなぐことに問題があるのです。

1537年?
信長はその頃3歳くらいだったのでは。
義昭が生まれた年ですよね。

本当にそうげんさんはこの時代のことを詳しく知っているのですか?

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>三分目「その頃」ってありますけど、浅井長政・朝倉義景の討たれたのは天正元年(1573年)。

>1573年のあとに、1568年が来るのか? あなたの歴史では。

1573年と1568年って、たった5年の差しかないですよね。
「その頃」の範囲にその5年が含まれていたらおかしいですか?
そういうあいまいな範囲を指すために「その頃」って言葉があるんじゃないの?
あなたにとっての「その頃」というのは、何か厳密にここからここまでっていう狭義の定義があるの?
「その頃は……」って誰かが過去を振り返る時、それが5年くらいの幅があってはいけないの?
「その頃」のことを誰かが話す時に、必ず過去の古い話から順番にしないといけないルールがあるんですか、あなたの日本語の辞書には。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

そうげんさんは一体何にこだわってるの?

>その後、信長は近江(滋賀県)の浅井長政と、越前(福井県)の朝倉義景を打ち破りました。
>信長はこの戦いの勝利で京の都に近い琵琶湖周辺を支配下に治めました。
>その頃、京の都は三好氏という武将が実権を握っていました。

その頃っていうのは、だいたいその出来事があった辺りにっていう意味だって普通分かるよね?
信長が近江攻略した時と全く動じではないけれど、だいたい近い時期っていうくらいの意味ですよ。
これが、「ちょうどその時」だったら、そうげんさんの言う通りかもしれないよ。
でも、「その頃」だから、そうげんさん、何か勘違いしてませんか?
「その頃」の正しい使い方、分かってますか?

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

そうげんさんへ

人の作品を「歴史改変」だの「メモ書き」などといった言葉で貶める前に、まず自分がちゃんと日本語を正しく読解しているかどうかに気を配った方がいいと思いますよ。
これはあなたのためを思って言っているんです。

そうげん
58-190-240-140f1.shg1.eonet.ne.jp

1937は1973の表記ミスでしかない。それをつくということはそれくらいしか批判する余地がないということを示している。

それはさておき、このころの5年間にどれほどの政変があり、人間関係のごたごたが生じて、まさしく生き馬の目を抜くような動乱があったかといったことに対する意識が向いていない。

むしろこれこそ、平成令和に生きる人間の無邪気さってもんなんだなと思えば、いまを推知するための格好の材料となり得るでしょう。

5年の差異をたかがそれくらいの誤差といってのけられる気楽さが、わたしとはそもそも意識が違うのだと思います。

どうぞ、ご勝手に。
もう言いません。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>1937は1973の表記ミスでしかない。

1937?
1973?
20世紀の話になってませんか?
それこそ歴史改変ですよ。
戦国時代は16世紀の話ですよ。
表記ミスでしかないって軽く言ってますけど、さすがに2回も続けてやられると、
ちょっとこれはそうげんさんが歴史改変しようとしてるのかと疑いたくなります。

光の子
softbank060147026154.bbtec.net

作品を読ませて頂きました。織田信長と言えば私の中では緒方直人さんの大河ドラマが印象的でした。中断していますが「麒麟がくる」の染谷信長も斬新で好きです。
で、肝心の本作の感想なんですが、正直他の方たちと概ね同意見で事実の羅列に終始しているような印象で、小説という感じではありませんでした。
事実を並べることが間違っているということではないんですけど、そもそも加茂さん自身が目的としている「織田信長の偉大さを伝える」ということを果たせているかという点では、残念ながらできていないのではないかと思います。
実在の人物でも架空の人物でも、作品の登場人物に読者を惹き付けるにはその人物が「何をしたのか」だけでなく「どんな人物なのか」という部分が描ききれていないと難しいのではないでしょうか?

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>光の子様

>緒方直人さんの大河ドラマが印象的でした。

ZIPANGUですね。
私、今も時々観てます。
あの独特の暗い感じが好きです。
謎めいた感じが漂っていて。

大河は、最近めっきり見ていないですね。

橋田壽賀子先生の脚本が好きなので、
女性を主人公にした大河を橋田先生が書いてくれたら絶対観るんですけどね。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

うーん、内容的には小説家というよりも歴史家という感じですからね。
はっきり言えば、この種のものは歴史家のブログに任せてもいいのではないか、
と思ったりして、、、。

>織田信長様の偉大さを現代の人々に知ってもらうために、

偉大さ? 戦争の天才であったことは言うまでもないけれども、
それをもって偉大か? と言えば、違う気がしますね。
もっと違った側面で織田信長を語っても良かったのではないか、と思いましたね。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>偏差値さま

>偉大さ? 戦争の天才であったことは言うまでもないけれども、
>それをもって偉大か? と言えば、違う気がしますね。
>もっと違った側面で織田信長を語っても良かったのではないか、と思いましたね。

私も最初は、信長様は残酷なお方だと思い込んでいたところがあります。
しかし、全国が乱れ、治安も悪く、悪い人たちが集団になって農民たちに略奪を働く時代、
また小規模のグループ同士が、法も道徳もなく争い合って血を流す、
それを見過ごしたまま、何もしない人間よりも、
信長様のように、自分の手をたくさんの人の血で染めてでも、
日本で短期間を統一させ、庶民が暮らしやすい制度を整えた人間の方がよっぽど偉いと思います。
私たちが今平和に暮らしているのも、
そういう英雄が日本を統一するために、
普通の人が出来ない大胆なことをしたからだと思います。
もちろん、その過程で敗れて行った人、被害に遭った人の立場からすれば、
ただただ恨みしかないと思います。
じゃあ、いつまでも、弱い農民たちが、権力者や荒くれ者たちに虐げられる時代が続いていいのか、という話です。
信長様は、こういう末端の人達の暮らしがなるべく平和で楽になるような、そういう制度をしいたんです。
その点が見過ごされて、ただただ自らの野望のためだけに人をたくさん殺したサイコパスという人物像は、
話を面白くするだけの単なる捏造に過ぎないと思います。
信長様をそういう人物に描いた方が話が面白くなるからそうしているだけです。
江戸時代は平和だったというのは大方の意見だと思いますが、その礎を築いたのは他でもない信長様なのです。
むしろ、信長様が鬼だと思われるくらいに、殺戮を繰り返したのは、
それくらい、当時世の中が乱れに乱れていて、途方もない数の勢力に日本が分裂していたということです。
こういう風に、いつまでも日本人同士が争って、治安も乱れて、弱い者たちが苦しみ、理不尽な死を遂げて行く状態が何世紀も続く状態を放置しているのと、
信長様のように多く血を流してでも短期間で一気に平和な日本を作り上げるのとどっちが善でしょうか。

グルーちょ
softbank126159236031.bbtec.net

貴方の作風も、上総介信長に対する思いも、否定するつもりはありません。

しかし。読み手が求めているのは「本能寺の変」です。なぜ信長は殺さなければならなかったのか。

黒幕。秀吉説、家康説、足利説、朝廷説、さらにフリーメイスン説などなどなど。
そこで珍説トンデモ説でもいいですから、創作すべきですよ。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>黒幕。秀吉説、家康説、足利説、朝廷説、さらにフリーメイスン説などなどなど。
>そこで珍説トンデモ説でもいいですから、創作すべきですよ。

この作品では書きませんでしたが、
私が考えたのは、「勘違い説」です。
どういうことかと言うと、

光秀は丹波を召し上げられたことについてはそれほど恨んでおらず、
粛々と信長の命に従い、次なる戦功をあげようと前向きに考えていた。

「敵は本能寺にあり」というセリフのその「敵」というのは信長のことではなくて、
信長を暗殺しようとすた人間がいて、その暗殺者のことを指して言ったのではないか。
そもそもこの「敵は本能寺にあり」っていう言い方、あいまい過ぎませんか?
もし本当に信長を暗殺するつもりなら、「信長を討て」とかはっきり言いませんでしょうか?
「敵は本能時にあり」の、この敵というのが信長であるという確証はどこにもありません。
何ともミステリアスな言葉じゃありませんか。
だから、その敵というのが、信長以外の人物である可能性は十分にあるわけです。

その情報はひょっとしたら誤報だったかもしれない。
しかし、本当に信長の命を狙う暗殺者がいたのかもしれない。
信長が毛利に攻め込もうとしていたから、毛利からの刺客だったかもしれない。
ちょっと前まで石山本願寺と戦っていたから、本願寺関係の誰かがその刺客だったかもしれない。
信長に恨みのある人間を数えきれないほどいただろう。
その中の誰かが、たまたまその時に暗殺を企てたのかもしれない。

とにかく、光秀は、本能寺に刺客が送り込まれているという報告を信じ、信長の命が危ないと思った。
そして、光秀は信長を助けるために、本能寺へ向かうことにした。
しかし、突然のことなので、全体にはすぐに命令が正確に行き渡らない。
それどころか、情報が錯綜した。
「え? 中国地方に向かうんじゃないの?」
「おい、敵は本能寺にいるらしいぞ。光秀様がそう言っていたらしい」
「敵って誰だ」
「本能寺にいるって、ひょっとして、信長様のことか?」
「そうか。ついに光秀様も目が覚めたんだな。明智家の丹波が召し上げられて、黙っていられないものな」
「おい、みんな、光秀様は信長殿を討つつもりらしいぞ」
「それなら俺が一番乗りだ!」
という感じで、どんどん話が大きくなっていった。
そして、どうも先に本能寺に到着した一隊が小競り合いを繰り広げているらしい。
光秀「先方の者たちは、暗殺者を捕えたのか?」
利三「それが、どうも、様子がおかしいのです。信長様の近習の者たちと小競り合いをしているらしいのです」
光秀「何故、わが軍の兵士が、信長様の近習たちと戦っているのだ? どうなってる!」
駆け付けた兵「殿! 大変です! 事件は現場で起こっています!」
光秀「おい、どうなんってんだ! コラ! ふざけた真似してんじゃねえぞ! 勝手にクーデター起こしてるんじゃねえよ。おい、ちょっと、本当、マジでどうなってんの」
みたいな感じで、突発的に起きてしまった事件なのではないかと。

グルーちょ
softbank126159236031.bbtec.net

面白いじゃないですか!!!ぜひアップして、と言いたいところですが、公開したら
ダメですよね。頑張ってください!

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

これって結構新説かな?
私もいろいろドキュメンタリー番組とか討論形式の番組見てるけど、
だいたい、長曾我部説、義昭説、朝廷説、イエズス会説、秀吉説、家康説はよく聞くけど、
勘違い説は聞いたことがない。
私のオリジナルと考えていいのかな。

グルーちょ
softbank126159236031.bbtec.net

私は長曾我部説は聞いたことがないw。
ですから、公共放送に先を越される前にぶっちぎって書かれたら?
どんな形でもいいですから、貴方の「本能寺」を読みたいです。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>私は長曾我部説は聞いたことがないw

実は、専門家の間では、これを推す人が結構いるんです。
どういう説かというと、
四国を支配していたのは長曾我部氏という武士だったのですが、
この長曾我部氏は光秀の重臣斎藤利三とは縁戚関係だったようです。
したがって、明智家の家臣と縁戚関係ですから、明智家と長曾我部氏とのつながりは深いわけです。
で、信長がこの長曾我部氏を攻略しようとしたので、光秀はちょっと待ってください、私の重臣の斎藤利三と縁戚関係のあるところに攻め込むなんて、私の立場がありません、ということになったわけです。
光秀は主君と重臣の間で、板挟み状態になりました。
一方の味方につけば、一方を裏切ることになります。
主君に逆らうわけにもいかないですが、かといって、重臣の一族に攻め込むようでは、重臣の心が離れてしまいます。
光秀としてはかなり悩んだはずです。
そして、その織田軍が四国に兵を動かそうとしたその一日前に、本能寺の変が起きたのです。
このタイミングから考えると、この長曾我部説が最も有力なのではないかと唱える専門家もいるのです。
光秀が暗殺の首謀者だとすれば、光秀がこの長曾我部氏と重臣利三との関係を最優先して、信長に敵対したということになると思うのですが、
光秀が暗殺者ではなく、長曾我部氏自身が暗殺を企てたと考えることも出来ます。
それと私の勘違い説を結び付けると、
まず長曾我部氏がクーデーター隊を本能寺に送った。
それをいち早く察知した明智の一部隊が、「本能寺に敵あり」と光秀に急使を送った。
この時点ではその暗殺部隊が長曾我部とは分かっていない。とにかく、本能寺周辺で怪しい動きをする一隊があると気づいただけだ。
その報告を受けた光秀が、「本能寺に敵あり、今すぐ駆け付ける」ということになった。
光秀はまず、先遣隊を本能寺に送った。
その先遣隊が本能寺の門前まで来て「この門を開けよ。敵を征伐しに来た」と言うと、
信長の近習たちは「光秀の軍が襲来!」と勘違いをした。
光秀側の勘違いがさらなる信長側の勘違いを引き起こしたわけである。
そして、情報が錯綜したまま、本能寺の門前で小競り合いが生じる。
信長のもとには「どうも明智が攻め寄せているようです」との報告が。
信長は状況を素早く分析し、「是非もなし」と自らの進退を見極めることとなった。

>どんな形でもいいですから、貴方の「本能寺」を読みたいです。

ありがとうございます。励みになります。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

ちなみに、もう少し正確に言うと、
四国に攻め込もうとしたのは、織田軍であって、光秀自身ではありませんから、
光秀は信長の四国進軍を止められなかった、という立場になりますね。
重臣の縁戚関係があるところに、織田軍が攻め込むのを止められなかった。
実は光秀は織田家と長曾我部氏がうまく行くように、仲介役を奔走して来たのです。
その光秀の努力を無駄にするかのように、信長は四国に攻め込むことを決めました。
これに光秀は怒り心頭に発したのか?
少なくとも、斎藤利三にとっては、縁戚関係のあるところに織田軍が攻め込むということで、
自分の一族が攻められるということになります。
では光秀が信長の四国進軍を止めるために、
長曾我部氏に対する明智一族の義理を果たすために信長を暗殺したのだろうか?
しかし、これまで信長の天下統一のためにあらゆることをして来た光秀が、
ここに来て、明智家の事情を最優先したのだろうか。
あるいは、そこに個人的な憎悪や恨みも重なって、
思い切って暗殺に踏み切ったのだろうか。
しかし、暗殺を企てたのは光秀ではなく、長曾我部氏自身だったのではないか。
そして、長曾我部氏が動いたという報を聞いた光秀は信長と付き合うのは面倒臭いから、もうこの際長曾我部のクーデターに乗っかってしまえという気持ちになったのか。
当時リアルタイムで何が起きたのか。
考えれば考えるほどいろいろな仮説が浮かんできりがない!

夜の雨
ai195078.d.west.v6connect.net

「日本史上最大の傑物 織田信長」読みました。

織田信長がいかに戦ったのかということは伝わりました。
連戦連勝で日本各地を治めて行った。
しかし、御作には信長の人となりが描けていないので、彼が周囲の者とどうコミュニケーションをとったのかがわかりません。
信長以外の登場人物も個性の部分が書かれていないので年表として読むにはよいのですが、小説的な面白さはありませんね。

「本能寺の変」も、武将たちの人間的な部分が描かれていればミステリーが深くなるのではないかと思いますが。

作品全体の内容はわかりやすかったですけれどね。


お疲れさまでした。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

もしかしたら、
光秀「長曾我部さん、すみません。私、信長様とあなたの間を仲介しようと出来る限りのことはして来たんですけど、その努力を全部なかったことにするかのように、信長様がそちらに攻め込む決定をしました」
長曾我部「嘘だろ。信長さんは四国の支配権を私に認めたじゃないか。少なくとも私が自力で切り取った領土は私のものだろ。それを丸ごと信長様が奪い取るっていうのか?」
光秀「もう、疲れました。信長様が何を考えているのか、もう私にはついていけません」
長曾我部「信長様は約束を守らない人なのか。力でねじ伏せることの出来る相手は、全部力でねじふせるつもりなのか」
光秀「もう、分かりません。信長様の考えていることは私にはもう理解できません。疲れました。私ももう高齢ですし」
長曾我部「最近、信長様はあなたに冷たいらしいじゃないですか。あなたが高齢になって、もう使い物にならないと見て、あなたを切り捨てようとしているのでは」
光秀「実は私もうすうすそう感じていました」
長曾我部「この際、私と手を組んで、信長様をやっつけませんか」
光秀「……やりますか」

そして、本能寺の変成功。

しかし、
光秀「何! 秀吉がすぐそこまで来てる? おい、まだこっちは戦闘の準備ができてないんですけど! ちょっと待って。計画が狂ったー!」

って感じなのかな。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

>夜の雨様

先日、ゲームの話をしましたが、信長の野望面白いですね。
もうグラフィックが美しくて。
知らない武将とかもいっぱい出て来て、すごく勉強になります。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

長曾我部のスパイと、信長を助けに来た明智の先遣隊が入り乱れて、信長側の誤解を生んだ説

まず長曾我部氏がクーデーター隊を本能寺に送りこんだ。
本能寺周辺に怪しい動きを察知した明智の一部隊が、「本能寺に敵あり」と光秀に急使を送った。
この時点ではその暗殺部隊が長曾我部とは分かっていない。とにかく、本能寺周辺で怪しい動きをする一隊があると気づいただけだ。
その報告を受けた光秀が、「本能寺に敵あり、今すぐ駆け付ける」ということになった。
光秀はまず、先遣隊を本能寺に送った。
その先遣隊が本能寺の門前まで来て「この門を開けよ。本能寺に敵がいる! この門を急いで開けよ!」と呼びかけると同時に、
周辺に潜んでいた長曾我部の暗殺隊が攻撃を開始。
これに驚いた信長の近習たちは、
明智の一隊が矢を打ち込んだと誤解。
「光秀の軍が攻めて来た! 我々を敵とみなしている!」と勘違いをした。
光秀側の勘違いがさらなる信長側の勘違いを引き起こしたわけである。
そして、情報が錯綜したまま、本能寺の門前で小競り合いが生じる。
信長のもとには「どうも明智が攻め寄せているようです」との報告が。
信長は状況を素早く分析し、「是非もなし」と自らの進退を見極めることとなった。

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

「是非もなし」ではなく「是非に及ばず」でした。

よく間違えるんだな、私この部分。

ぷーでる
pl60654.ag2525.nttpc.ne.jp

拝読しました。これは、小説っていうより加茂さんが語る織田信長っていう感じかな?

加茂ミイル
i58-89-137-224.s42.a014.ap.plala.or.jp

まあ、そんなとこだね。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内