作家でごはん!鍛練場
ワタナベ

酢の物

 腹が減ってる。カップラーメンはあるけど、昨日も食べたので、こればっかりじゃ栄養が偏ってしまう。だからスーパーに行こうと思う。
 なにか惣菜みたいなものを食べたいと思った。肉じゃがとポテトサラダが好きだ。でも、今いちばん食べたいのは酢の物だ。「心がだるいときは酢がいいのよ」母親がそんなことを言っていたような気がするけど、よく思い出せない。言わなかったかもしれない。
 酢の物は甘い。酢のものなのに、最初に感じるのは甘い味だ。もちろん最初に酸っぱいと感じる人もいるだろう。僕は酢の物は甘いものと感じる。甘くて酸っぱい酢の物。甘酸っぱいのは恋の味なんてつまらないことは書かない。そんなことはくだらない。今はタコとワカメの酢の物が食べたい。

 スーパーに行く準備をしていると、小便がしたくなった。トイレに行ってチャックを下ろしてチンコを出そうと思ったら、半立ちで出しにくい。酢の物のことを考えていたら、ちょっと勃起した。仕方がないのでズボンとパンツを下ろす。ちん毛がもしゃもしゃだ。たまには刈ったほうがいいのだろうか。
 チンコの先から小便がねじれながら出る。音を立てて溜まった水に落ちていく。眺めていたら、便器にうんこが付いているのに気がついた。柿の種くらいの大きさで二つ付いている。小便で狙ってみたけど落ちそうもない。固まっている。前から付いていたのだろう。気がつかなかった。
 うんこは僕と同じだ。そこにいるのに気づいてもらえない。小便をかけられても、しつこくこびり付いて取れないうんこのカスだ。
 小便を出し切ってもうんこは消えない。仕方がないからあとで掃除することにして、スーパーにタコとワカメの酢の物を買いに行く。

 部屋を出たところでおじさんに会った。同じ階のおじさんだ。前にも会ったことがある。
「こんにちは」
「こんにちは」
 声の小さいおじさんだった。挨拶すると、他に言うことがなくて、なんとなく気まずくなった。通路が狭くてどちらかが譲らないと通れない。僕が壁に張り付いて、おじさんを通してあげる。おじさんの部屋は僕より奥なので、これは仕方のない。おじさんはちょっと頭を下げて、僕の前を通り過ぎた。壁に張り付いていると、うんこになった気がする。うんこでいるあいだは、僕は人の役に立つのだ。

 階段を降りてアパートを出る。日差しが強い。僕は乾いて、固くなる。
 道には一人で歩いている奥さんや、子どもの手を引いた奥さんがいた。昼の道にご主人はあまり歩いていない。
 僕は奥さんが苦手だ。奥さんはいつもうんこに目を光らせている。うんこは奥さんの腹に詰まったり、便器にこびりついたりするからだ。それでも奥さんは毎日、腹にうんこを抱えている。
 時に奥さんは腹から小さな人間を出したりする。奥さんは腹から出した子どもの手を引いて歩く。僕もそういった奥さんの腹から出された。
 僕は思う。なぜ、出さないでくれと、そのとき言わなかったのか。そうしたら、こびりついて乾くこともなかった。
 僕は、これから強い日差しの道を歩いて、タコとワカメの酢の物を買いに行かなければいけない。

酢の物

執筆の狙い

作者 ワタナベ
pl8823.ag1212.nttpc.ne.jp

なんとなく純文学っぽいのを描きたくて書いてみました。

コメント

茅場義彦
M106072175192.v4.enabler.ne.jp

うんうんうん。。。わかるよ

shion
KD027083171050.ppp-bb.dion.ne.jp

最後は生まれてこなければよかったという感じでしょうか。確かに純文学的な要素はあると思います。もう少し物語があると簡素な感じではなくなるかなと思いました。

夜の雨
ai197205.d.west.v6connect.net

「つげ義春」の世界ですね。
つげ義春については、ネットで調べてください、元漫画家ですが、純文学を少し超えた世界だと思います。

御作の内容については、日常の中に非日常が描かれていると思います。
そのあたりが文学ではないかと思いますが。
ちなみに御作での日常は「腹が減ってる」から、続いている人間らしい要求。

非日常は、便器にへばりついているうんこであり、それを小便で撃退しょうとする主人公の一人称。

>>うんこは僕と同じだ。そこにいるのに気づいてもらえない。小便をかけられても、しつこくこびり付いて取れないうんこのカスだ。<<
このあたりが、御作の純文学たる所以(ゆえん)です。
人間とその排泄物を日常から非日常の世界へと昇華しているところが、一般的な文学少年や少女、文学老人たちには描き切れない、ということで、価値がある。

 A>>時に奥さんは腹から小さな人間を出したりする。奥さんは腹から出した子どもの手を引いて歩く。僕もそういった奥さんの腹から出された。
 僕は思う。なぜ、出さないでくれと、そのとき言わなかったのか。そうしたら、こびりついて乾くこともなかった。<<
Aの前に、奥さんが多岐にわたり描かれているところに伏線があり、主人公の出生にまで絡んでいるところに人間の深さがある。

>僕は、これから強い日差しの道を歩いて、タコとワカメの酢の物を買いに行かなければいけない。<
このラストは主人公の初期の目的に絡んでいて、無常を感じる。
「タコとワカメの酢の物を買いに行く」のは、初期の目的であるが、そのためには「強い日差し」の下を歩かねばならない。このあたりが無常です。

●つげ義春の漫画を楽しんで、御作を原稿用紙30枚の物語にしたら、作者さんの世界が広がると思います。

以上です。

それでは、頑張ってください。

大丘 忍
p1611005-ipngn200303osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

やたらと美文調が多い投稿作品の中で、素直な読みやすい文章でした。この様な文章で書き続けたらいいと思います。

ワタナベ
pl1695.ag1212.nttpc.ne.jp

茅場義彦 様
ありがとうございます。

shion 様
ありがとうございます。
純文学的な、もう少し長いものを書いてみたいと思います。

夜の雨 様
丁寧な読評ありがとうございます。
作品の言わんとすることが的確に捉えられていて驚きました。
つげ義春、名前だけは知っておりましたが読んだことはありません。
早速読みたいと思います。

大丘 忍 様
ありがとうございます。
文章は日々悩むところです。
励みになります。

とびうお
116-64-114-175.rev.home.ne.jp

読めば読むほど深まる作品だと思いました。抗えない人間の根本的な部分、生まれたからには生きるしかない、そんな思いを感じました。

ワタナベ
pl56901.ag1212.nttpc.ne.jp

とびうお 様

ありがとうございます。
なんだか作品以上の感想をいただいたようで恐縮です。

スカイ画廊の父
sp49-97-104-114.msc.spmode.ne.jp

 何か人間の深いところを描いているようなら純文学になるのだという勘違いが広まりつつある。>文学的な要素はある だとか>御作の純文学たる所以(ゆえん)です。人間とその排泄物を日常から非日常の世界へと昇華しているところが、一般的な文学少年や少女、文学老人たちには描き切れない、ということで、価値がある (文学少年??文学老人??)とか勘違いも甚だしいものである。純文学に触れたことがないのなら、ひょいひょいと語るなと作者にも言いたい。

ワタナベ
pl56512.ag1212.nttpc.ne.jp

スカイ画廊の父 様

ひょいひょいひょいひょい

スカイ画廊の父
sp49-97-104-114.msc.spmode.ne.jp

んひょひょいのひょい

どんな言葉に変えて
sp49-97-104-114.msc.spmode.ne.jp

ひょひょいのひょひょいのひょひょーい

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内