作家でごはん!鍛練場
丸い菓子

一人暮らし

 先日まで生きていたらしい隣に住む大学生の女のペットの鳴き声は聞こえない。生きていたらしいと言えば違和感を感じるかもしれない。もちろん、僕だって初めてそんなふうに言われた時にはおかしいと思った。普通なら死んだらしいとか、どっかに持って行かれたとか、盗まれたとか、脱走したとかいう筈だ。しかし、新聞配達しているおじさんが僕に言った。
「隣の家のペット、先日まで生きていたらしい」
 喉が渇いた。意味もなく。ただその言葉は何かのメッセージとしても捉える事が出来た。それは僕だけの感性なのかもしれない。でも確かに新聞配達のおじさんが言った通り、その日から隣に住む大学生の女の家からペットの鳴き声は聞こえなくなった。
 携帯の画面に表示される。『今晩はビーフシチューです』最近、白髪が目立ち始めた母からであった。僕は小さく呟く「ビーフシチュー」。僕の母が晩御飯を作るなんて久しぶりだ。この前作ったのは半年前だっただろうか? 母は朝飯と昼飯は作るが晩御飯は作らない。昔からだ。理由を聞くと何時もこう答える。
「夜中、口の中に有機物は入れたくないの」
 じゃあ、僕の飯は作れよ、と、何時も文句を言うが聞いてくれない。小銭を貰って近くの食堂で飯を食いに行く。それで母が飯を作るなんて物珍しいと考えながら帰宅した。夕方で夕焼けが空を飾っている。そのような時刻に家の前に到着した。すると横から声が聞こえた。何処かしらか疲れた声だった。
「ねえ。見なかったかしら?」
 僕は声の主の方を見た。隣の家の女大学生だった。声と同じく女の顔も疲れた様子で今、流行の服装をしていた。
「何をですか? 何を見たって言うんですか?」
 僕は返答した。
「鍵よ」
 女は答えた。
「鍵? 家の鍵ですか?」
 僕は再び返答した。
「そう」
 女は軽く答えた後、僕を見つめた。
「見てないですね」
「それは困るわ」
 女は言うと話しを続けた。
「鍵がないと私、家に入れないじゃない。玄関前で寝ろって言うの?」
 僕は少し困惑しながら「ないなら、鍵屋でも呼ぶか、友だちの家にでも行くかネカフェでも行ったらどうですか?」と答えた。
「嫌よ」
「じゃあ知りませんよ」
 僕は家に入ろうとした。
「一緒に探そうと思わないわけ? 紳士じゃないのね」
 女は嫌味を言う。
「それなら、君が歩いた周辺や大学、女子便所、お洒落なカフェまで僕に行って探して来いとでも言うんですか?」
「別にそんな所を探せなんて一言も言ってないでしょ? 家の周囲を探してよ。そうね。庭でも探して」女そう言うと強引に僕の腕を掴んで自分の家の庭に僕を招き入れた。僕は嫌だと思いつつも近所付き合いも大切だと考えてしぶしぶ鍵を探す事にした。女の庭は雑草が生い茂っている。玄関まで続くレンガブロックが無ければ人が歩く事は出来そうになかった。
「ええ、こんな所に落としたのかよ」
「そうと思ってるわ」
「雑草を刈れば見つかるだろ。鎌を貸すから自分で刈れよ」
「なんで?」女は呟いて「もう暗くなるんだから急いで探すのよ」と言う。
 僕はため息を吐いて雑草を掻き分けた。見つかるわけはない、そう思った。女も雑草を掻き分けて探していた。そうしているうちに僕は家の裏側まで雑草を掻き分けて探していた。すると雑草はなく、かわりに渇いた土と大きな穴が掘ってあった。僕は思わず「は?」と言葉が出た。次に「もしかしてペットでも埋めたのか? でもそれにしては穴は大きすぎるし、土をまた埋めなおしていない」と独り言を言った。そう僕が述べると女が玄関の方から「ねえ? 鍵は見つかったかしら?」と僕に声が投げかけられた。僕は女のいる方に歩いて「ない」と言った。
「やっぱり、ないのね」と女は言う。
 僕は女に聞いた。
「なあ、家の後ろに大きな穴があったけど、最近、ペットでも埋めたのか? なんというか、君の家からペットの鳴き声とか聞こえないしさ」
「あー」
 女は僕の質問に困った声で言った。
「うん。ペット、病気で死んじゃったから埋めたよ」
「そうなんだ」
 僕は答えた。
「でも結局、鍵は見つからない」
「そうね。困ったわ」
 女が視線を足元に落とした。本当に困っているのか? そう思いながら僕はなんとなしに玄関に進んでドアノブを回した。ドアノブは簡単に回転して扉は開いた。
「鍵はかかってない」
 女は僕の声に疑問そうに扉を見た。開いている事を知って「嘘よ」と言った。
「かけるの忘れたのか?」
「なんで開いているの? 意味が分からないわ」
 女は不満と不安が入り交じった声で言った。
「知らないよ。でもとりあえず今日は家に帰れるな」
 しかし女は怒った口調で「うるさいわね。誰がこんな家に入るっていうのよ。今日はビジネスホテルに泊まるわ」と言った。
 女の発言に僕は当惑した。
「君の言っている事が理解できない。君はさっきこの家で眠れないのが嫌だから僕に鍵を探せって言ったんだろ? 矛盾している」
「うるさい。扉なんて開くわけないでしょ。だって最初から鍵なんてないし、扉もずっと締まってるし」
 女はそう言うとそっぽを向いて早歩きで去って行った。僕はポカーンと口を開き女の背中を見ていた。「一体なんなんだ?」僕が再び独り言を呟いた頃はもう辺りは暗くなっていた。それで僕は頭を掻いて自分の家に帰ろうとした。けど、ふと、あの大きな穴の事が気になった。どんなペットを放り込んでいるんだろうか? あれほど大きな穴だ。でかい犬とかでも不思議すぎる。そうして好奇心と共に家の裏側へと向かった。渇いた土に大きな穴があった。近づいて底を見るが暗くてよく見えない。深いのか深くないのか、それも分からない。ただ冷たい風が穴の奥から吹いているようだった。そんな気がした。僕はポケットから携帯を取り出してライトのスイッチを入れる。足元は明るくなった。軽く息をした後に穴を照らす。
 人の手が見えた。
 僕は一瞬驚いた。心臓の鼓動が激しくなり頬から汗が垂れる。僕は目を凝らして見た。数体、人のカタチがわかった。それらは乱雑に覆いかぶさっていた。しかしよく照らして見るとそれは、マネキンだった。男のマネキンが1体、女のマネキンが1体、子どものマネキンが1体あった。捨ててあるのか? 考えた所で理解は出来なかったが気持ち悪いと思った。趣味の悪いバカが隣に住んでやがる。そう唇を動かして家に帰る事にした。途中、開いた扉を見た。僕は再びドアノブを回したがドアは開かなかった。もしかして、鍵が壊れていてその所為でこんなふうになっているのか? と、考えた。変な疲れを感じつつ僕は自分の家に帰宅した。

 母の作ったビーフシチューを食べていると母は外行きの服に着替えていた。僕の方に向かって「今日は、同窓会があるから行ってくるわね」と言った。
 僕は無言で頷いた。その後、母は外に出てすぐに僕の携帯を鳴らした。要件を聞くと水道料金をコンビニエンスストアに払いに行って欲しいとの事だ。僕は了承してビーフシチューを食べた。食べ終わると丁寧に皿を洗い、家から出た。隣の家を見る。2階の窓から明かりが漏れていた。1階には光は灯されていない。きゃんきゃん、ハハハ、きゃんきゃん、ハハハと言った人の声と何かの鳴き声が聞こえていた。それからシルエットが見えた。大人の男の姿と大人の女の姿と子どもの姿。それからもう一つ、女の姿が映っていてソイツだけが動いていた。とても楽しそうだった。
「一人暮らし?」声が漏れた。

一人暮らし

執筆の狙い

作者 丸い菓子
204201014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

初めまして。3000文字程度のお話です。
書いた理由:読まれた方がいろんな考察ができるような話を書きたかった。
表現したいもの:読んでいて不思議に感じる事。
挑戦:客観的な意見が欲しいです。
読まれた方の手厳しい助言を頂けたら嬉しいです。
よろしくお願い致します。

コメント

shion
KD027083171050.ppp-bb.dion.ne.jp

鍵をなくした女性と埋められたマネキンが最後のシルエットを見たときに一致したと解釈しました。まず読み終わった後、ミステリアスという言葉が浮かんだので、不思議な感じはしました。意見としては、何か一貫した物語が欲しいかなと思いました。

丸い菓子
204201014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

shion様、私のお話に時間を取って読んで下さってありがとうございます。またコメントもありがとうございました。
ミステリアスの部分を感じ取れた事を教えて頂いて良かったです。またご指摘があったように話の一貫性は確かに乏しいと思いました。次はその点を意識して内容を整理し繋ごうと思いました。ありがとうございました。

あきら
133-106-72-42.mvno.rakuten.jp

リアリティの乏しさは小説において減点要因なんですが(理由は作者の下調べが少ない、やっつけ仕事になってる、社会や人間に対する理解が浅い、観察者として未熟、自作を客観視できていない等)、例え話として優れていれば問題視されません。イソップ寓話などがそうで、内容が真理を含んでいれば動物がしゃべっていても問題ないわけです。
本作はリアリティが乏しく、通常の小説として鑑賞するのは厳しいレベルだと感じました。
そこでアレゴリーとして読むことにしたのですが、アレゴリーの条件として、わかりやすさは必須だと思います。
例えばオオカミ少年の話ですと、言いたいことは「繰り返し嘘をつくと信用を失う」ということだと思いますが、あのような物語の形をとることで伝えたいメッセージがより深く伝わるようになります。その時に、その例え話が何を言わんとしているのかわからないようでは本末転倒となってしまいます。
より深く伝えたいのに、かえって伝わらなくなってしまう。
伝えたいことがそもそもない場合は、小説を書く必要があるのかどうか自らに問う必要があると思います。

PNかぶったので変えました
177.125.214.202.rev.vmobile.jp

 新聞配達員のセリフが日常会話の話し言葉として不自然です。
「先日」という堅い言葉を使っているのに、「らしい」という砕けた言葉を語尾に使っているからです。新聞配達員が配達先周辺の人に話すなら、敬語を使うと思います。主人公は学生ですか? だから配達員はぞんざいな口を聞いたんでしょうか? その辺が言葉足らずなので読者は余計なことが気になります。そして読み終わってもこの疑問が最後まで解消されないのでイライラします。

>夕方で夕焼けが空を飾っている。そのような時刻に家の前に到着した。
 重複してます。僕が自宅前に辿り着いたのは夕方だった、で良いのでは?

>隣の家の女大学生だった。
「女子大生」ではまずいんでしょうか?

>「うん。ペット、病気で死んじゃったから埋めたよ」
 ここだけこれまでの口調と違っているので違和感があります。これまでの彼女なら、「ええ、ペットが病気で死んじゃったから埋めたのよ」では?

>ドアノブは簡単に回転して扉は開いた。
 とあるのに、
>途中、開いた扉を見た。僕は再びドアノブを回したがドアは開かなかった。
 では激しく矛盾しています。読者はイライラします。そして、扉かドアかどちらかに統一しましょう。

 ラストのセリフは誰のセリフなのかわかりません。読者はイライラします。

 最後まで読んでも、冒頭で新聞配達のおじさんが主人公に「隣の家のペット、先日まで生きていたらしい」と話したのは、今朝なのか夕方なのかわかりません。読者はイライラします。あとから「その日「という記述が出てくるので今日ではないようです。じゃあいつなんだよ?と読者はイライラします。

 統合失調症患者の書いた文章を読んだことがありますか? 言葉足らずで説明不足で矛盾だらけで要領を得ず、何が言いたいのがわからないのに、書いてる本人はなんの矛盾も感じてなくて自分の書いている内容に絶対の自信を持っているから、読んでて不気味で気持ち悪いという特徴があります。ネットで検索すれば出てきますよ。この作品はそれによく似ています。
 統合失調症患者の書いた文章風に書いたのなら狙いは成功していますが、作品としては面白くないので失敗していると思います。ただただイライラさせられるばかりの作品でした。不思議な感覚として楽しめる作品ではありませんでした。

丸い菓子
204201014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

あきら様、お話しを読んで下さってありがとうございました。またコメントもありがとうございます。おっしゃる通り下調べはないです。観察眼が素晴らしいと思いました。リアリティがないと言われると、その点は言われて初めて気づきました。感謝します。イソップ物語から私のお話しをリンクさせて頂きありがとうございます。すごく分かりやすかったです。
他にも物語のメッセージせいとあってそこのほうは全く考えていませんでした。これからは考慮して含めたいです。助言して下さりありがとうございます。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

内容としては面白味はあるのだけれど、
小説全体を通した構造的な欠点があるような気がしますね。
簡単に言えば、まとまりがないですね。
起承転結を意識した方が良いでしょうね。

丸い菓子
204201014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

PNかぶったので変えました様。
私のお話しを時間を取って読んで下さりありがとうございます。また丁寧にご指摘して下さってありがとうございます。
私の文章の使い方、新聞配達員や女子大生等のご指摘ありがとうございます。うまく伝わらずすいません。
あと申し訳ないのですが他のご指摘、ドアノブや女子大生の話し方、最後の締め方はこのようにした方が不思議な感覚になるかなと思って書きました。イライラする読み手の方もいると知って次はどう当てはめるか考えます。読み手の気持ちとお話しの内容を上手く調和させます。最後に、長文のコメントありがとうございました。

丸い菓子
204201014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

偏差値45様
読んで下さりありがとうございます。またコメントも書いて頂きありがとうございます。
お褒めのお言葉ありがとうございます。嬉しいです。おっしゃる通り起承転結とお話しのまとまりはないですね。ただ個人的には起承転で面白くしたかったのですが私の力不足、能力不足の為に話の一貫性がなかったですね。
コメントありがとうございます。次に繋げます。

夜の雨
ai197192.d.west.v6connect.net

「一人暮らし」読みました。

ゾワッ……、と来そうな内容で雰囲気を作るのがうまいですが、練り込んでいないので、話の説得力が弱いです。設定が甘いということです。


>先日まで生きていたらしい隣に住む大学生の女のペットの鳴き声は聞こえない。<

この大学生は庭付きの広い家に住んでいるのですよね、一人で。
まず、ここで、どうして、大学生の女性が一人で住んでいるのか?
この「設定」が必要です。
例えば、親が数年前に相次いで亡くなったとか。兄弟姉妹はいないとか、またはいたが、小中学生の時に亡くなっているとか。
●こういった不吉(または、不運)な彼女の背景を、伏線として張っておく。
それで、彼女一人で住むようになり、ペットを飼いだしたとか。そのペットの声が聞こえなくなった。
ここですが、御作ではペットのところをあやふやに描いていて、後半でマネキンの親子らしい三人連れが「きゃんきゃん、ハハハ」そして、大学生の彼女が居るという展開です。
ここも、創りこんでおいた方がよいですね、説得力があるように。
兄弟姉妹、また両親が相次いで亡くなった、それで彼女が独りになった。
それから彼女の家に「親子らしい三人連れ」(彼女の実の両親と兄弟姉妹とかのマネキン)が住むようになった。
ペットではなくて、人間らしい。
その親子らしい三人連れ+大学生の彼女が住んでいる不思議な家。(亡くなった親族をマネキンにして生きているようにして、彼女は精神を癒していた)。
あるときは、楽しそうな声が、だが、またあるときは喧嘩のような声が。
しかし、その家の「親子らしい三人連れ」が、外出しているのを見た者はいない。
ただ、窓には彼らの影が見える。(動いているのは、大学生の彼女だけ)。

近所では彼女の家の噂が立っている。
財産が狙われているのではないかとか、窓から見える三人はナニモノなのかとか。
しかし、彼女は、そういったことはあいまいにしか答えない。

こういった背景の伏線を張っておき、今回の御作とドッキングさせればどうかと思います。

つまり彼女の背景を書いておく、兄弟姉妹とか両親とか。または、財産とか。
そして独りになった彼女の元に、ある日から複数の者が棲みつくようになった。
それは親子連れのようだったが、不思議と近所では彼らを外で見た者はいない。
●この親子連れは彼女が孤独になったので、寂しさからマネキンを三体購入して、声を流して遊んでいたという設定です。(亡くなった親族をマネキンにして生きているようにして、彼女は精神を癒していた)。
彼女は、少し狂っている、というところに怖さが出るようにする。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

それで導入部ですが、ペットの声が聞こえなくなったのではなくて、親子三人連れの影が窓から見えなくなり声も聞こえなくなったので、噂が立った、というエピソードの展開です。
その前に喧嘩するような声とか叫びとかが聞こえたということにしてもよいと思います。

ある日を境に、親子三人連れの影が窓から見えなくなり声も聞こえなくなった。
そして主人公が大学生の彼女に声をかけられて、鍵を探していて、庭で穴を見つけた。
そこには人間、いや、マネキンが無造作に放り投げられている状態でいた。
主人公は、それを見て、驚いた。

ラストは、また、彼女とマネキンが楽しそうにしている影が窓に映っていたというオチです。
これは、彼女が情緒不安定で庭に掘った穴に捨てたマネキンをまた、取り出して遊んでいるという設定です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
そのほか。
主人公が夕食を作らない母と一緒に暮らしているという設定ですが、これは、いりますかね?
ここは、普通の母親でよいと思いますが。
または、主人公はアパートかマンションで一人暮らしという設定でよいのでは。
ほかには、主人公に彼女がいて、ときどき遊びに来るとか。
主人公が自宅の前に不思議な家があるという話をすると、彼女が焼きもちを焼くとか。
主人公の彼女は深入りする必要はありませんが。
その主人公の住んでいるところの前にある屋敷に大学生の女性が一人で、マネキン三体と住んでいるという話です。

●どちらにしろ、彼女の背景を伏線として作り込んでおくと、面白くなると思います。


それでは、頑張ってください。

may
pw126182227199.27.panda-world.ne.jp

不可思議な摩訶不思議な話しでした。考えようによっては、僕の方に問題があるのかもしれないと思いそういう読み方でコメント失礼しますね。
まず、新聞配達の人の、話しはほんとだったと捉えます。そうすると犬は居なくなっていた事になり、何ものかにどうにかされた、と。次に。鍵が閉まっていたのは前からのことで、女子大生はほんとうに探していた。鍵が空いたとき僕は妄想の世界にはまっています。庭で見たマネキンはやっぱり死体で、それを見たショックにより僕は気が触れたのです。大きな穴をみて死体を見つけたとは描かれていないですが鍵が空いていると思った瞬間にはもう僕は正気じゃありません。そしてショックを和らげるためマネキンだと思い込んでしまったのです。
女子大生は殺人犯で、家族を殺しています。そして彼女も精神的におかしいため殺した遺体をまた部屋に戻して仲良く笑いあっているのを、最後僕が目撃するのです。
なんていう解釈で読みました。間違えているとは思いますがなんとも不気味でした。面白かったですよ。

丸い菓子
204201014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

夜の雨様
お話を読んで下さった事、また丁寧なご指導のコメントを書いて下さりありがとうございます。設定と背景と伏線を上手く交えて自分の中で落とし込んだ事がなかったのでありがたいです。確かに大切な部分では道筋を立ててストーリーを広げていく方がもっと良くなると思いました。最初の段階で登場人物の女子大生の設定と読む人に自然に伝わる説明を入れようと思います。今度、お話を考える際にはこの点を考慮して制作します。また主人公の背景も甘かったなとコメントを読んでいて再確認できました。最後に励みになる言葉も感謝します。ありがとうございました。

丸い菓子
204201014222.ppp-oct.au-hikari.ne.jp

may様
最後まで私のお話を読んで下さりありがとうございます。また、コメントもありがとうございます。嬉しいです。
may様が考察して下さった事に対して個人的にとても嬉しかったです。何故なら今回の目標の1つは読まれた方がいろんな角度から自由に考察して頂きたいと思って書いたからです。それで、あいまいな内容になったり登場人物の会話の内容が噛み合っていない事が多くなりました。この適度なバランスが上手く表現出来ていないといろんな方のコメントを読んで確認出来ました。ただ、読む人の受け取り方で変わる部分もあると知れたので今後に上手く用いていきます。面白い解釈を時間を取って書いて下さりありがとうございます。またお褒めの言葉も感謝します。ありがとうございました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内