作家でごはん!鍛練場
久方

夜中の魔法使い

 夜だ。静かなひんやりとした空気が皮膚に染み込むようだ。目の前にある物は白いコピー用紙数枚と書き方鉛筆そして子供用消しゴムだ。この部屋には時計がない。タブレットPCに備わっている小さなデジタル時計が頼りだ。23:52。その左に描かれているのは充電池残量のイラスト。そしてその数字だ。今は77%。

 冷たい空気が画面をさわる指先に刺さる。私は思わずタブレットPCを持っている左手から落としそうになった。それを持ち直した時。簡易テーブルの奥から何者かが現れた。その何者かは小さな人間のようで三角の緑の帽子を被っている。見ていると下半身が見え出した。テーブルの縁を必死に上るその姿は誰かを思い出した。薄茶のテーブル板の上についにその何者かは乗った。その何者かは私の両目を見て言った。

『僕が誰かわかるかい?』
「いや。ここま出かかっているのだが」
『ふうん。それならヒントをあげよう。君のクラスの右前』
「あ。思い出した!」
『おっと名前は言うなよ。魔法がとけてしまうからね』

 私は黙って頷いた。クラスの右前といえば「彼」しかいない。変わり者のF。クラス替えの日から目が悪いからと言って一番右の一番前の席に座らせてもらっている。別に出席番号が一番という訳でもなく成績優秀という訳でもない。その上眼鏡を掛けていない。一度聞いてみるとコンタクトも入れていないらしい。本当に何から何まで変なやつだ。Fは私を見て笑った。

『どうして小さいか聞きたいかい』
「いや」
『君は本当に変わってるね』
「そうかなあ。傷つくなあ」
『そうか』
「何か用なのか? 小さくなってまで来るなんて」
『君の願いを一つだけ叶えてあげよう』
「いきなりだね。ファンタジーの世界だなあ」

 Fはテーブル板の上に座って両足を伸ばした。これではどっちが変人か分からない。私は少し焦って何を言おうか考えた。Fは機嫌の良い声で話し始めた。

『ルールは一つ。その紙に好きになって欲しい人の名前を書く。OK?』
「それで? もしかして本当にその人に好かれるとか?」
『そういう事。制限時間は五分。OK?』
「了解」

 何だか知らないがラッキーだ。こんな事もあるんだな。もしかしたら夢かも? でも書いて本当に好かれるなら本当にラッキーだ。私は同じクラスのMさんを思い出した。黒い綺麗な髪をしたいつも控え目だけれど毅然とした女の子だ。あの子が僕に告白してくれたらそれこそ死んでしまうかもしれない。夜中に変な魔法使いに逢って死ぬんじゃなくて好きな子に告白されて死ぬなんて本末転倒かも。しかしこれは重大な事態だぞ。私は天井を見た。不思議な四角い柄に目がちかちかする。

『決めたかい。あと一分だ』
「ああ」


 次の日。私はいつもと同じように登校した。教室への廊下を歩く私の前にMさんが現れた。

「好きです! 付き合って下さい」
「いいよ」

 私は笑顔でMさんにそう答えると右後ろを見た。Fが小さい姿のままで空中に浮いている。私を見ると不機嫌そうに私の肩の上に乗った。

『僕を好きにさせるなんて考えたね。次は何を叶えさせようっていうんだい?』


夜中の魔法使い

執筆の狙い

作者 久方
121.134.31.150.dy.iij4u.or.jp

思い付いたつもりですが……似たような落ちがあったら教えて下さい……。
こういうのって自信無い。

コメント

そうげん
58-190-240-140f1.shg1.eonet.ne.jp

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」ですね。あるいは、魔法のランプの魔神に対して願い事の影響を及ぼすみたいな。たしかにこのオチを使用している類型的な作品は見たことはないのですが、しかしすでに日本でもことわざになっている言葉にもある概念であるから、目新しさはさほどないように感じます。

そして冒頭の入りから、Fとの会話に流れていくところは、村上春樹さんの『海辺のカフカ』の序章に出てくる、「カラスと呼ばれる少年」との対話の雰囲気に酷似しています。どこかで見た光景が展開されてるなという印象をもちました。

インナーチャイルドが冒頭に出てくるものを、辻仁成さんも「オキーフの恋人 オズワルドの追憶」で展開されていました。

そのあたりから、わたしにはあまり新規な感じをこの小説から受けることはありませんでした。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

>「いや。ここま出かかっているのだが」


さて、感想です。
ちょっとこれは納得できないオチかな。
Fが主人公の前に勝手に現れて、勝手に願望を成就されている。

>『僕を好きにさせるなんて考えたね。次は何を叶えさせようっていうんだい?』
そしてFは勝手に主人公を好きになっている。

簡単に言えば、バランスが悪い。

むしろ、展開としては、
「願いを叶えてやったのだから、眼玉を一ついただきます」
という台詞のパターンの方が多いかな。

つまり、Fとしての目的が分からないとダメのような気がしますね。

may
210.227.19.69

読みやすい文章でした。オチもあり面白かったですが、私の読解力だとちょっとわからない事が、、、。
Mさんが好きになったのはFですか?そうだとすると、どうしてまた願いを叶えてもらえるようになるのですか?
いまいちわかりませんでした。

久方
121.134.31.150.dy.iij4u.or.jp

皆様、ありがとうございます!

オチが分かりにくかったとの事。書かれて初めて気がつきました。
確かに分かりにくい……?

説明させて頂くと、Fに自分を好きにならせ、何度も願いを叶えさせる……Mさんから告白が最初の願いだった。という事でした!

Fの目的もぼやけたままでした。そこのところを詰めないとダメですね。

>「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」

そうなんです!

既存の作品に似てしまったとの事、お恥ずかしいです。独創性を産み出すのは容易では無いようですね。

ショートショート、本当に難しいです。
やっぱり他の人に読んで頂かないと駄目ですね……。

皆様の御意見を参考にさせて頂きます!

久方
121.134.31.150.dy.iij4u.or.jp

>「いや。ここま出かかっているのだが」

ああ。脱字です!
「いや。ここまで出かかっているのだが」でした。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内