作家でごはん!鍛練場
おかゆ

言わぬが花

私は気の弱い女でございます。

言いたいことが言えません。思ってることを中々、言葉にできません。
でも、何も考えてないわけではないのです。むしろ、頭で考えて考えて、
言葉と出来事と感情とがぐるぐると色々たくさん混ざってしまうから、すぐに言葉として召喚出来ないのです。
相手の言動の矛盾点もちゃんと気付いているのです。


ただ、人は何も喋らないのなら意見がないのだと決めつけます。
たちが悪いやつは自分が言い負かしたんだと良い気になって、
自分の力を意識した自惚れの顔をします。
うるさいだけの空砲を撃ってるに過ぎないのに、浅はか極まりないと思います。



私の家は、4人家族でございます。
母と父と、私と弟です。

母と父は仲良くありません。あまり喋りません。子供の頃、
父は母が寝てる間に私と弟を連れて某テーマパークへ
連れて行ったことがありました。

父はそもそも、人混みが嫌いです。
家で子供の相手などしないうえに、家事もしません。
結局、大した乗り物にも乗れずに時間だけが過ぎて、疲れて家へ帰ると
母は泣いておりました。みんな心はバラバラでした。
気が強くて口も達者で態度も体型もでかい父親も、
何も言わないけど言いたいことも思ってることもたくさんある力のない私も、
笑顔のない母親も、まだ幼い弟も。

それから間もなくして父と母は離婚しました。当然のことでしょう。

大人になった私は、言いたいことが言えるようになりました。
自分の思いや考えをちゃんと口に出来るようになりました。

ですが、人間が十人十色であること。人には百も千も万も事情があって、
歴史があること。

最近、私はまた言いたいことが言えなくなりました。
いえ、言わなくなりました。

わかっていると思っていたことは、すべて幻だったからです。

相手のことなど、わかりやしないのです。
下手に自分で勝手な解釈を挟んで、偏見や自分の好みなんかをデコレーションして
相手へ投げつける。これは、そうだ、うるさいだけの空砲。

なにも的など当ててはいない。検討はずれの、マトハズレ。
私が昔、忌み嫌って軽蔑したもの。



私は気の強い女です。
でも、言いたいことは言いません。

言わぬが花

執筆の狙い

作者 おかゆ
p9f1c597b.chibnt01.ap.so-net.ne.jp

人っていろんなひとがいるよねー
って思う場面がいつもたくさん
あるので、人の多様性を描きたかった。
でもこの書き方だとひねくれ者ののように
見られるのかなー

コメント

加茂ミイル
i219-167-55-204.s42.a014.ap.plala.or.jp

最初は気が弱いだったのに、最後で気が強くなっているのはどうして?

おかゆ
p9f1c597b.chibnt01.ap.so-net.ne.jp

最初は子供のころの気持ちの
目線だからです。
最後は大人になった今の目線
として書いています。

子供は親がいないと自力で稼いで
生きていくことはできない生き物
なので、立場としても弱く無力です。
そういったところも含めて、気が弱い
と書きました。

最後に行くにつれてこの主人公は大人になります。なので、大人目線です。
自立した大人で
自分の責任は自分で取れるようになり
立場も昔とは変わったことで、
気弱ではなく、むしろ気が強くなった
と書きました。
立場的の変化、考え方の変化、物事の捉え方の変化と、それらから影響を受けて変わったこの主人公の性格の変化でもあります。
色んな意味で強くなったというのを書きたかったのです。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

読みやすくて分かりやすいです。

自分の世界と他人の世界は違う、という感じかな。
従って解釈が違うのは当たり前ですからね。

例えば、役に立たない「人糞」でも、かつては農業において「肥料」として
活用された時代がありました。

また「戦争」は悪と考える人が多いとは思いますが、
版図の拡大や利権の獲得ができると考える人もいる。

つまり、人それぞれ異なるのです。

けれども、意見を言って存在するわけです。
逆に主張しなければ、存在しないと解釈されても仕方ないです。
存在しないものは空気と同じですからね。

仮に間違っていても、嫌われても、存在しないことよりも
はるかに良いと思いますね。
なぜなら言って損をするよりも、言って得をしたことが多い気がします。

例えば、喫煙問題もそうです。
タバコが嫌いな人もいるわけです。主張しなければ、喫煙家には分かりません。

 また「愛している」と毎日言わないと分からない人もいるのです。
もしかしたら、この家族も「愛している」「感謝している」そのような言葉が頻繁に言えていたら、離婚なんてことにならなかったかもしれないですね。元々好きで一緒になったのでしょうからね。

放浪マック
202.190.93.30

 久しぶりに良書を見つけた気分です。簡潔に、直截に、言いたいことが分かりやすく書かれていて、しかも言わんとすることに共感できます。
 最後の、「でも、言いたいことは言いません」もよく分かるし、この終わり方が絶妙です。

おかゆ
p9f1c597b.chibnt01.ap.so-net.ne.jp

偏差値45さん
コメントありがとうございます。

物事は一長一短ということですよね。
だからこそ、一方向だけで見てはいけないと私も常々感じています。

「言いたいことを言わない」と
書きましたが、伝えなきゃいけない事や
感謝だったりごめんなさいとかありがとうとか、それこそ好きな人へ愛してるって言葉だったりは、ちゃんと伝えるべきだと考えています。
言わなければわかりませんから...
「察して!」だなんて思いません。
言葉で伝えることは大切だと思います。

ここでの、「言わない」は
個人の決めつけや偏見でむやみやたらに
ズケズケと発言しない
というようなニュアンスです。

んー難しいですね。
ここも、シチュエーションだったり、
相手との関係性だったり、内容だったりによると思います。

おかゆ
p9f1c597b.chibnt01.ap.so-net.ne.jp

放浪マックさん
コメントありがとうございます。

拙い文章ですが、そんな風に思ってもらえてうれしいです。書いた甲斐がありました。

自分の書く文章でちゃんと伝わるのか...
と不安な気持ちだったので、なんだかほっとした気持ちです。

夜の雨
i223-216-205-231.s42.a027.ap.plala.or.jp

「言わぬが花」読みました。

御作はこんな感じです。


大人だが、気の弱い主人公(青年)。
相手(世間)は、矛盾していることを平気で行っている、浅はかな奴が多い。
主人公は、相手の矛盾はわかっているのだが、頭の中で整理できないので、発言できない。

2 
子供時代の主人公
家族という世間(相手)の縮図があった、という話。


大人(盛年から壮年)になった主人公で「1」よりもあと。
自分の思いや考えを主張できるようになったのだが、時代(人生)を生きにくくなったのも事実(敵を作ってしまう)。


気の強い女になった主人公だが、世の中がわかり、世間を渡るコツが「口に蓋(ふた)をすること」だとわかった。


つまり、人生の何たるかが書かれていて、スフィンクスに御作を読ませてやると喜ぶ話。

旅人を捕らえて「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。これは何か」という謎を出し、解けない者を殺して食べていた。

御作をスフィンクスの謎かけと関連させればこうなる。

朝は4本足「2」。
子供時代の自分では、世間(両親)に対して服従する存在。

昼は2本足「3」。
自分を主張できるようになったが、生きにくい世の中だと感じるようになった。

夜は3本足「4」。
世間の渡り方がわかり、人生という海原を渡っているが、初老を越えた年齢になっていた。

ちなみに「1」は、昼は2本足になります。


お疲れさまでした。

おかゆ
p9f1c597b.chibnt01.ap.so-net.ne.jp

夜の雨さん
読んでいただき、ありがとうございます。

私自身まだまだ勉強途中、修行途中。
わからないものだらけ知らないものだらけで、いわばこの作品も途中なのかもしれません。
晩年を描いてないので、最後の文章に続く物語があるかもしれないですね。
(というか物語の先まで想定してなかった...なかなか物を書くのは難しいです)

スフィンクスの話、面白いですね。

夜の雨
i223-216-205-231.s42.a027.ap.plala.or.jp

再訪。

余計なことを書いてしまいすみません。

御作は人生のことを書いているので、それをスフィンクスの話と関連させただけです。
スフィンクスも謎解きで人生のことを話していたようなので。
御作を面白おかしく関わらせてみました。

御作は掌編ですが、人生の縮図を書いているのでなるほどと思いました。


それでは、失礼します。

群青ニブンノイチ
softbank221022130005.bbtec.net

>でもこの書き方だとひねくれ者ののように
見られるのかなー


というのであればどうとでも申し開きが出来ようというもので、まともな読者からは信用を得難い散漫な作為と受け止められても仕方がないでしょうが、言い訳が趣味ということなら読み捨ててください。


>うるさいだけの空砲。

むしろそれは語り手自身ということであって、それを書き手が意図するものらしいことや構造らしく積極的に理解したがらない質の読者もいることを理解することも心掛けてみて損はないような気がします。


地の語りは不十分に過ぎるので触れることはこの際避けておきます。
鼻に突くですます調も見た目のテーマらしき体裁に適うものとしてはむしろその純度を下げるものと受け止められても仕方がない気がしなくもありませんし、むしろ先に申し上げた通りのような魂胆とするならやはり作為としてねじ曲がったもの、単に操り損ねただけというその証左としか受け止めようがないように感じさせられますが、いかがですか。


家族のエピソードはこの作品において唯一ともいえる希少な機能ではあるはずなのですが、エピソードのようでいて所詮エピソードとしての最低限の根拠を与えられていないことは書き手として早めに気付けるようになるべきと個人的には思います。
読書の何が楽しく、有意義な体験がもたらされると思いますか。
読み手として、あるいは書き手としてということです。



1を描くために100を要することを抜粋して10に収めることが掌編の妙であって、10を装うために100を暈して1に誤ることはただの書き手の怠慢であって手抜きあるいはただの面倒臭がりの言い訳のようにしか個人的には受け止めがたい気がしてしまいます。



>ですが、人間が十人十色であること。人には百も千も万も事情があって、
歴史があること。


これが視点の転換として、掌編たる機能として認められるものなら、読書も小説ももはや無価値と言っても過言ではないでしょう。



>相手のことなど、わかりやしないのです。
下手に自分で勝手な解釈を挟んで、偏見や自分の好みなんかをデコレーションして
相手へ投げつける。これは、そうだ、うるさいだけの空砲。

なにも的など当ててはいない。検討はずれの、マトハズレ。
私が昔、忌み嫌って軽蔑したもの。


そういった言質の裏付けを何一つ頑なに表現されていないことに、一読者として単純に不快を思いつかされます。
批判など何一つ恐れるつもりもなく、これは小説ではないと個人的には断言出来ます。



面倒に押し負ける理屈に読書など存在しないと個人的には考えます。
練り上げるのは気持ちや考えであったとしても、結局のところ小説と名乗る以上はそれを的確な言葉や文章として表現して的確に削ぎ落すことが求められるわけで、それを怠って欺瞞に化かすことが満足であるなら、おためごかしたような文言のつらなりに気を良くしていたらいいと思います。



意識的な読書を心掛ければ、これを安易に認めたがることはないはずのように思います。
素人ももプロも趣味も娯楽も関係ありません。
小説の話、読書についての話をしています。

ssss
40.85.189.146

人の多様性を描いているわけではなく、
人には多様性が有るという事を私は知っている(知った)と独白している様子を描いた文章に見えますが、主人公が言いたい各所の概念は、出だしがよく伝わります。「訴えかけ」の部分です。表現が明度高い感じで良いと思います。

>言葉と出来事と感情とがぐるぐると色々たくさん混ざってしまうから、すぐに言葉として召喚出来ないのです。

例えばこの序盤の一文、何を言わんとしているかという事が頭にぱっと入ってきました。いい意味で「鷲掴みに」表現するセンスだと思います。
こういった、納得や共感を得やすい一文が多くあります。
しかし作品全体を見ると、繋がりがいまいちよく分かりません。鷲掴みにされた、それら概念のパーツ達が、並べられたまま接続されていないように見えます。
似たような方向性のパーツ達なのでモジュール化されて機能し、それらが連絡してより大きな働きを持たせるように組みあがる事を期待して読み進めたのですが、いまいち納得できませんでした。
家族と上手くフィットできなかった父親という一例で、それを見た私の変化を説明・表現できているかというと否だと思います。これは材料の一つとしてはとてもいいと思います。が、あまりに少ないし、その一件自体も書き込み不足だと思います。
例えば散文詩のやり方の一つのように、配置によるイメージ喚起を主としたスタイルであったなら、それはそれでまた別の話ですが)
私の語りという強力に小説然としたスタイルをとっているからには、結論ではなく思考の「経過」を見せ納得させてこそ、主人公の変化というカタルシスが発生するのではないでしょうか。
背後に時間の経過があるとのことなので時系列の糸は一本通っているわけですが、それだけで何かを物語っているとするには、あまりに弁説的な語り口ですので、もう少し説得力を露にする必要があると思います。

加えて言うと文章の細部もちょっとグズついている感じ。
この感想の冒頭で「鷲掴みの表現」の好例として取り上げさせてもらった部分も更に細部を見れば、一文内で二回出てくる「言葉」の文字にそれぞれ別の解釈を求めているという、ちょっと読者に依りかかり過ぎの書き方です。「すぐに言葉として召喚出来ない」という言い回しが、面白いと同時にやや強引な表現ですね。候補として浮かび上がる多くの言葉と、実際口から出る言葉の選択の間にブレが有って処理しきれない、ということを表すために苦肉の策として生まれた表現だとは思いますが。

作者さんには、現在発揮されている言葉の一群を鷲掴みにするセンス、と同時に、妥当な場所に収まるべき単語を摘み上げる集中力の(これは表裏一体かもしれないので難しいかもしれませんが)両立を期待します。

でも私が本作中で一番いいと思ったのは、ちょっと方向性が変わりますが、現状では作中に沈殿しているエピソード自体です。


母と父は仲良くありません。あまり喋りません。子供の頃、
父は母が寝てる間に私と弟を連れて某テーマパークへ
連れて行ったことがありました。

先にも少し触れましたが、この話です。


父はそもそも、人混みが嫌いです。
家で子供の相手などしないうえに、家事もしません。
結局、大した乗り物にも乗れずに時間だけが過ぎて、疲れて家へ帰ると
母は泣いておりました。みんな心はバラバラでした。
気が強くて口も達者で態度も体型もでかい父親も、
何も言わないけど言いたいことも思ってることもたくさんある力のない私も、
笑顔のない母親も、まだ幼い弟も。


まるごと引用してしまって申し訳ないですが、すごく味わい深いです。これをプロットにして正面から書けば、本作より更に数段上のものが生まれる気がします。
正面からというのは、このエピソードを高密度に書き記すという意味で言いました。抽出された悟りや個人的な哲学、「学び」や「まとめ」等を、書く前からあまり意識しないで、先ずは出来事を読者に色濃く追体験させるように、ただ記述してみてほしいです。

おかゆ
p9f1c597b.chibnt01.ap.so-net.ne.jp

ssssさん

読んでいただき、ありがとうございます。

とても参考になりました!

ご指摘の通り、自分の思考のまとめ...
のようになってしまっていて、エピソードとしての繋がりが弱い気がしていました。

〉結論ではなく思考の「経過」を見せ納得させてこそ、主人公の変化というカタルシスが発生するのではないでしょうか。

まさにその通りだと思います。

短い文章でもありますので、そこらへんの経過をほとんど書いていませんし、
そこも弱くなっている原因かもしれません。


〉先ずは出来事を読者に色濃く追体験させるように、ただ記述して

家族のエピソードの部分。ここも、もう少し意識して書いてみようと思いました。

書き方も勉強不足ですね。。
なかなか難しいです。が、精進していこうと思います。

普段、フィードバックが貰える環境がないのでご指摘が嬉しかったです。
ありがとうございました!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内