作家でごはん!鍛練場
ワークマン

食卓のある風景

 スマホの着信メロディが鳴って、山本達也は目を覚ました。
 うつ伏せに眠っていた達也は体を動かし、白いふわふわの掛け布団を無意識に抱き寄せた。
 白い掛け布団には、伊藤美樹の汗の匂いと体温が残っていた。その残り香を吸い込んだ達也は、ため息をついた。
 着信メロディが煩わしくて仕方がない。
 達也は右手をさまよわせ、着信メロディが鳴り続けるスマホのありかを探った。
 探り当てたスマホを握りしめながら、おもむろに寝返りを打った。そしてディスプレーを見ながら指先でタッチパネルをタップすると、スマホを耳に当てた。
「朝食ができてるよ」
 美樹の声が耳に届いた。
「ううん……」
 達也はすっきりしない頭で、寝ぼけた声を出す。
「ねぇ、起きて。いい天気なんだから」
「ううん、わかった」
 達也が応えると、通話は切れた。
 下着姿の達也は、ベッドから起き上がった。壁際にはパソコンラックがあり、その隣の本棚には建築関係の書籍が詰まっている。八畳の寝室は、達也の書斎も兼ねていた。

 部屋着にしているスウェットの上下を着込んだ達也は、大きく背伸びをしてから引き戸を開け、リビングダイニングに入った。寝起きの髪はボサボサで、締まりのない顔つきだった。
 達也は、リビングダイニングの右側の対面キッチンに目にやった。そしてやおら視線を移してゆくと、木目調の食卓に目を留めた。
 食卓にはフルーツがトッピングされたヨーグルトがグラスに入っていて、別の小皿にミックスナッツがあった。そして傍らにフランスパンのハムサンドに、ゆで卵が入った小皿が置かれている。
朝食が用意されていることを確認すると、リビングダイニングの左側のリビングに目をやった。
 リビングは長方形の部屋で、壁と天井は白っぽい色のクロス貼り。床は、明るい木目調の化粧合板のフローリングになっていた。
 壁際に置かれた、二人掛け用の深紅のマシュマロカウチソファのそばには、邪魔にならない程度の大きさのローテーブルが納まっている。それ以外目ぼしいものはなくて、リビングはシンプルな佇まいだった。ソファもローテーブルも、美樹が選んだものを達也は買っていた。
 
 ベランダでは、達也と色違いのスウェットを着込んだ美樹の後ろ姿があった。
 美樹はベランダの手すりに体を預けるようにして、右手にスマホを握りしめている。
 マンションのベランダは南向きで、建物の接道の向こうに広々とした森林公園がある。ショートボブが似合う小顔の美樹は、三階のベランダで森林公園を眺めていた。
 建築士の達也は二十九歳で、ひとつ年下の美樹はインテリアデザイナーの仕事をしている。
 ふたりは同じ職場で出会い、一年ほど前から付き合いを始めた。そして半年前、達也はひとり暮らしをするために、1LDKのマンションに引っ越した。
 当時、大阪の実家を離れて独り暮らしがしたいことを美樹に伝えたところ、一緒に不動産会社を回りたいと美樹は言った。そしてこのマンションを内覧すると美樹は物件に惹かれたのか、達也に強く勧めた。達也もマンションの間取りや周辺の環境が気に入り、入居を決めることにした。美樹は社宅の寮に住んでいるため、そこに、達也が出入りするわけにはいかなかった。誰にも付き合っていることを知らせていない達也は、美樹と二人だけになれる場所が欲しかった。それが、独り暮らしをする理由だった。

 それから月二回ほどの頻度で火曜日の夜に訪れる美樹は、一夜をこのマンションで過ごすようになった。
 二人は住宅建設会社の部署が違っても、新規の住宅プロジェクトで同じ担当になることがある。案件によっては、打ち合わせの場で注文主の施主を交えて同席して話し合うことも度々あった。
 会社は週休二日制だが、業態の都合で平日が休みになる。土・日曜日と祝日に休めることはほとんどなかった。就業規則の休日は火・水曜日になっているが、案件の工程具合で休める日が不規則になることもある。だから別会社の異性との休みが合わず、おのずと職場恋愛の比率は高くなっていた。
 結婚願望の薄い達也は、二人が付き合っていることを職場の同僚や上司に話してはいない。結婚が決まるまでは、達也は誰にも公言するつもりはなかった。秘密にしていることは、二人の暗黙の了解になっていた。だから美樹も、職場では単なる同僚として達也と接していた。

 白いカーテンを引いた掃き出しの窓ガラスに、十月の青空が映っていた。目映いほどの朝の陽ざしが、窓際のフローリングを鮮やかに照らしている。
 森林公園を眺めていた美樹は視線を感じたのか、振り返った。
 笑顔を向ける美樹が掃き出し窓を開けると、小鳥のさえずりが聴こえてきた。
「おはよう」と、美樹は明るい声で言った。
「ああ、おはよう」と、達也も言った。
「髪、バサバサじゃない。洗面所で顔でも洗ったら。ねぇ、珈琲でいい。それともミルクにする?」
 美樹は訊ねた。
「アイス珈琲がいい」と達也は答えて、洗面所に足を向けた。
 洗顔を済ませた達也は、冷蔵庫を開けた。ヨーグルトの容器がある。
 それは昨夜、美樹がスーパーで買ってきたヨーグルトだった。
「冷たい珈琲で良かったんでしょう? 何、探してるの?」
「いや、何となく。冷蔵庫に何が入ってるのかと思って」
「疲れてるんじゃないの、たっくん。自分の家の冷蔵庫に何が入っているのか知らないなんて、変ねぇ」
 美樹はそう言って、笑い声を立てた。
 睡眠は充分摂ったはずなのに、頭がすっきりしない。達也は最近、仕事に追われて神経過敏になっていた。だから寝付きが悪く、寝不足が続いていた。昨夜、ベッドの中で美樹と話し込んだ達也は、普段の緊張が解けて緩んでしまったようだ。
 
 食卓で、二人はまるで儀式のように手を合わせてから朝食を始めた。
 トッピングされたヨーグルトが入ったグラスは、フルーツの色彩も豊かで食欲をそそるようだ。
 スプーンでヨーグルトを掬う美樹は、目を見開いておどけるような仕草で口に運ぶ。その表情が愛らしくて、達也はつい、微笑んでしまう。すると美樹は、口もとに笑みを浮かべる。そしてわざとらしく、お茶目な仕草で口をもぐもぐさせる。美樹の頬は、ヨーグルトのように滑らかだ。
 達也もつられてヨーグルトをスプーンで掬って食べた。
「おいしそうに食べるな」
「味わって食べてるから」
「でも最近、ヨーグルトのトッピングが派手になってきた気がするけど……」
「そうかなぁ……。でも、一緒に食べる日は、トッピングを考えるのが楽しくなるの。普段のトッピングは簡単にしてるわよ。簡易的なリフォームのように」
「簡易的なリフォームって?」
「ヨーグルトを部屋に例えて言ったの。ヨーグルトは白いでしょう。トッピングの色彩でヨーグルトの表情や味わいが変わるのがおもしろいのよ」
「ああ、そう言えばそうだな。特に賃貸マンションは、壁や天井を白い色かベージュ系の色にするのが多いからな。家具の色彩を際立たせるために、空間を白っぽくさせるんだ」
「そうね。ヨーグルトは部屋の空間と同じ。部屋のリフォームは、天井や壁のクロスの張替だけでも大変だけど、ヨーグルトのトッピングなら、毎日でもできるから楽しくなるのよね」
 美樹はそう言って、微笑んだ。瞳がキラキラして見えるのは、無邪気そうな笑みを浮かべているせいだろうか。
 達也は休日を美樹と過ごしていると、仕事で打ち合わせをしているときと別人のような印象を受ける。
 職場で美樹と一緒になることは度々あった。社内の打ち合わせのときの美樹は、怜悧なまなざしを向けることが多くて、あまり笑顔を見せることはない。施主に対しては、営業スマイルを見せることがあっても。
 達也はプライベートで付き合いを始めたころ、ひょうきんで茶目っ気のある美樹を目の当たりにして、職場での振る舞いとの落差に驚いたことがあった。

 美樹はさりげなく、ベランダに目を向けた。
「いい天気ね……。ねぇ、朝ごはん食べたら、公園で散歩しない?」
 美樹は声を弾ませるように言った。
「うん、いいけど」
「公園に行く前にキスして」
 甘えるような口調で言った美樹は、瞼を閉じて少しだけあごを突き出してきた。
 達也は美樹の口もとを見つめた。いつ見ても、やわらかそうな唇に思える。
「ねぇ、キスして」
 美樹は、ねだるように言った。
 食卓越しにいる美樹の息づかいが感じられるほど、達也は顔を近づけた。そして美樹の後頭部を手のひらで軽く支えながら、達也は唇を重ねた。やわらかく生暖かい唇の感触がして、達也の気分は高揚した。口づけを繰り返すと、まろやかなヨーグルトの甘酸っぱい味わいが口の中を溶かすように満たした。そんなとき、達也はしあわせを感じるのだった。

 平日のせいで、午前中の森林公園の人はまばらだった。
 雑木林に囲まれた散歩道を歩いた。
 しばらく歩いていると、前方から保育園児の集団が姿を見せた。
 中年の女性が先頭にいて、三.四歳児ほどの園児が二列になって歩いている姿が目に映った。
 緑や黄色の帽子をかぶった園児は、周りをキョロキョロさせている。列のそばにいる付き添いのランニングウェア姿の若い男性は、周囲を注意する目の動きで歩いていた。後列にも、ランニングウェア姿の髪の長い女性がいて、水色の帽子をかぶった園児が詰まっている籠車を押している。
 近づくにつれて、ひとりの男の園児と目が合った。
 四歳ぐらいの園児だろうか。鋭いまなざしに、達也は一瞬ギョとして落ち着きを失った。息子でもおかしくない年齢の園児に驚くのも変な話だった。平静を保とうとするが、体がわずかに震えるのを達也は感じた。涼しい気候なのに、背中に冷や汗が滲んでくるような気がしてきた。
 園児の、達也に向ける視線は執拗だった。立ち止まった達也は、園児に意識を注いだ。するとトラウマのように、断片的な情景が溢れるように浮かんできた。
——それは両親が離婚した記憶だった。
 達也は幼稚園に通っていたころ、母に連れられて母方の実家で暮らすようになった。実家には祖父母がいて健在だった。
 達也の両親が住んでいた家を離れてから長い時間、母と二人で電車に乗った記憶があった。前方の座席にいる母は、口数が少なかった。黙り込んだ母の顔は青白く、目の色がうっすらと赤かったような記憶がある。事実、そうであったのかどうかは定かではなかった。車窓の風景を見ていて、さりげなく母を見たときに感じた曖昧な記憶だったのかもしれない。
 またある場面では、母方の家の玄関先で厳めしい表情を浮かべる祖父と向き合っていた父のしょんぼりとしてうつむいている姿が浮かび、遠ざかってゆく父の背中が浮かんだりした。母の実家には父の写真はなくて、淡い記憶としての父の姿があるだけだった。

「たっくん、どうしたの? 急に立ち止まったりして」
 心配そうに眉間にしわを寄せた美樹が、達也の顔を覗き込んだ。
「いや、かわいい子どもだなと思って……」
「でも、顔色が少し悪いみたい。本当に大丈夫」
「ああ、大丈夫、大丈夫」
「そう……。変なの」
 美樹は微笑んで、安心したように達也の左手を握りしめた。
 園児の集団の先頭を歩いていた中年の女性が、軽く会釈しながら通り過ぎた。後に続く園児たちは、二人に無関心を装って歩いてゆく。

 草原のような広場の木のベンチに、二人は座った。
 少し汗ばんだ肌に、涼しい風が吹くと気持ちよかった。美樹はトートバッグからペットボトルのスポーツドリンクを取り出し、ひとつを達也に渡し、もうひとつのペットボトルを口に付けた。
「今日は天気が良くて、気持ちがいいね」
「うん、そうだな」
「仕事だから仕方がないけど、普段室内にばかりいるでしょう。だから、自然が恋しくなることってあるよね」
「うん、確かに。そう言えば、美樹は北海道出身だったな」
「そうよ。小樽市だけど、端っこのほうなの。大阪の青空に比べると、少し寂しくなるような空の色になることがあるけど。でも、小樽は好きよ」
 うれしそうな表情を浮かべた美樹は、白い歯をみせて口もとに微笑みをにじませた。
「僕は北海道に行ったことがないから、想像がつかないな」
「でも、グーグルマップを使えば日本中の場所を見ることができるもんね。たっくんは、建築しか興味がなさそうだけど」
「いいや、そんな事はないよ。小説だってたまには読むし、音楽も聴くし、映画だって一緒に部屋で観ることもあるだろう」
「それはそうだけど、外出すると建物にばかり目がいってるような感じがするけど」
「そうかなぁ」
 達也はそう言って、笑った。
 ワンピース姿の美樹は、脇に置いていたトートバッグからタブレットを取り出し膝の上に置いた。そして目を落として、ディスプレーのタッチパネルをタップし始めた。職場ではパンツルックを装っている姿しか見たことがなかったので、休日の美樹のワンピース姿は、いつ見ても新鮮だった。
「あっ! 出てきた」
 美樹は弾んた声を上げて、達也にタブレットのディスプレーを向けた。
 画面には、グーグルマップのストリートビューの風景写真が映っている。道路の左右には、ぽつぽつとサイディング張りの外壁の住宅が散らばっていて、突き当りの向こうにくすんだ海の色が見える。風景は、海辺の住宅地のようだった。上空には、灰色の空が覆っていた。いまにも霧雨が降りだしそうな寂しい雰囲気が、風景には漂っていた。
「実家の近所なの」
 美樹はそう言って、軽い吐息をついた。
「でも私、京都に憧れて市内の大学に通って、大阪の会社に就職してから関西も好きになったのよ。で、達也と巡り合って……」
「いままで、京都も何回も行ったよな」
  膝の上に戻したタブレットに目を向けたまま、美樹はこっくりとうなずいた。
 達也は、瞬きを繰り返す横顔を見つめると、美樹の手に手を重ねるようにして握った。
「あのね。母の具合が少し悪いようなの……。だから、来週の月曜日から会社を休む予定にしたの」
 タブレットから目を離した美樹は、達也に顔を向けた。
「じゃ、小樽に帰るの?」
 達也の問いかけに、美樹はうなずいた。
「母が病院で精密検査を受けることになったの」
「どこか、病気でも?」
「乳がんの検査。疑いがあるんだって」
「——心配だな」
 達也は、軽く眉間にしわを寄せた。
「そうでもないけど……。検査結果しだいで、向こうにいるのが長くなるかもしれないわ。でも、心配しないで」
 美樹は、つないだ手をぎゅっと握りしめた。
「課長には言ってあるの?」
「二日前に事情は話してる。だけど、大丈夫。すぐに戻ってこられると思うから。戻ってきたら、京都に連れてって」
「ああ、行こう。楽しみに待ってるから」
 達也の言葉に、美樹は力なく微笑んだ。目を凝《こ》らすと、美樹の瞳が潤んで見えるのは、気のせいかもしれなかった。

 月曜日の深夜、美樹からスマホに連絡が入った。数日ぶりに聞く声だった。
「寝てたの?」
「いや、フェイスブックを見ていたところ」
「良かった。こんな時間だから、寝ているのかと思って。ごめんね、心配かけて」
「ああ、僕はいいけど。疲れたんじゃないか。お母さんの具合は、どう?」
「思ったより元気だったわ。明日、母と一緒に病院に行くから」
「そうか。……心配だろうけど、気をつけて」
「ありがとう。じゃ、また連絡するね」
 美樹はうれしそうに言って、通話を切った。

 その後、数日が過ぎても美樹からの連絡はなかった。
 職場で日常業務をこなしていた達也は、日を追うごとに心配で不安になってきた。小樽に帰省してから二週間が過ぎても、美樹から連絡は途絶えたままだ。その間、美樹に会いたい感情を抑えるのに苦労した。美樹を考えれば考えるほど、切なさに胸が突き上げられる。職場でも自宅でも、美樹を考えることが多くなった。一度、こちらから電話してみようかと何度も思い、達也は悩んだ。
——いくら考えても、電話が入らないのは腑に落ちなかった。
 月曜日の夜、達也はしびれを切らして電話を入れた。七回目のコールで、電話は繋がった。
「美樹!?」
「……うん」
 かすれたような声が耳に届いた。
「美樹だろ。どうしているのかと思って、心配してたんだけど」
「ごめんなさい、連絡ができなくて」
 美樹のため息が聞こえてくる。
「それは良いけど。お母さんの検査はどうだった?」
「うん……」
 美樹の話声が途切れてしまう。
「どうした美樹。なんかおかしいよぉ」
「ごめんなさい……。あのね、たっくん。……会社、辞めることに決めたの」
「辞めるって、どうして? お母さんの具合が悪いのか?」
「それもあるけど。小樽で暮らそうかと思って」
「えっ! どうして。急な話なんだな」
 達也はあまりの驚きに、言葉を失いそうになった。
「会社、本当に辞めるのか?」
「辞めることに決めたの。病院の先生の話を聞いていて、母がこの先何年も生きられないかもしれないと思ったの。母が病気になるまでは、両親の寿命なんて、頭に浮かんだこともなかったわ。でも、母の病気でいろいろ考えていたら、両親のそばにいてあげたくて仕方なくなったの……」
「じゃ、遠距離恋愛になるんだな。僕は構わないよ」
 達也は落ち着かなくなって、パソコン用の椅子から離れてベッドに座った。達也の耳には、鼻息のような音しか聞こえてはこなかった。美樹からの返答を待っていると苛立ちを覚えて、部屋のいたるところに忙しなく目を向けた。
「別れてほしいの……」
 一瞬、美樹の言葉に、頭の中が真っ白になった。
「ど、どうして……別れるって。遠距離でも構わないって、言ったじゃないか。何も、別れなくてもいいだろう」
「たっくん、前に公園で園児と会ったことがあったでしょう」
「ああ、覚えてるよ。それがどうかした?」
「あのとき、たっくんの顔が強張っていて、目付きが少し怖いように感じたの。子どもが好きじゃないんだなって、そのとき思ったわ」
「それは……」
 言葉が浮かばない達也は、そのときの情景を思い出した。ひとりの園児が、睨み付けるようなまなざしを執拗に送ってきた。達也は園児の視線から、幼いころの情景が目に浮かんできて、体が強張ったのを憶えている。それは、トラウマのようなものかもしれなかった。
「私、母のことを考えていたら、命(いのち)をつなぎたくなったの……。母を安心させたくなった。たっくん、いままで楽しかったわ、ありがとう……。さようなら」
 美樹の声は、涙声になっていた。達也は唖然として言葉を失った。数秒後、通話は切れてしまった。
 部屋の色がぼやけてきて無色になった。唇をゆがめていた達也は、肩を落として瞼を閉じた。

                了

食卓のある風景

執筆の狙い

作者 ワークマン
p2990198-ipngn201010osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

作品の推敲を重ねたいと思っています。推敲する上で参考になるようなご意見、感想をお待ち申しております。よろしくお願いします。

コメント

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

公園のシーン以前の文書はカットしても良いかな。
この場合、衣服や住宅環境はあまり興味がないですから。
むしろ、贅肉に思えて仕方ない。もちろん「個人的に」ですけどね。

簡単に言えば、「勘違いの話」ということですね。
日常では、本当はそういう誤解や錯覚で氾濫しているのでしょうけど、
気が付かないだけなのかもしれないですね。

>推敲する上で参考になるようなご意見、感想をお待ち申しております。

うーん、推敲してから投稿してもらえると読者としては助かりますね。
確かに、おかしな文章はありましたけど、
それはご自分で探さないと意味がないですからね。

放浪マック
202.190.93.30

 率直な感想ですが、なんだか安っぽい日記を読んでいるような気が……。
 例として、極端に言えばこんな感じです。
 突然セブンイレブンのおでんを食べたくなった。
 それで僕は腰を上げた。外は寒そうだからマフラーを首に巻いた。念のために手袋も持った。
玄関のドアをあけるため、ドアノブに手をかけた。ドアノブを回したら、さび付いた音がした。ドアを重く感じた。外に出たら星が見えた。誰も歩いていなかった。僕はゆっくり歩きだした。ゆっくり過ぎて進みが遅かった。野良犬が歩いていた。少し怖かった。やっぱり寒かった。外へ出たことを後悔した。おでんを買えたときは嬉しかった。(了)
 もっと極端に言えば、右足を前に出した。左手を前に出した。次は左足を前に出した。そして右手を前に出した。これを延々と繰り返す感じ。
 さて、僕が何を言いたいのか分かりましたでしょうか?
 ストーリーやテーマに関係のない事柄が圧倒的に多く、そのほとんどが『た』で終わる文章。最後は、一体何が言いたかったのか??? といった感じです。
 そして
「私、母のことを考えていたら、命(いのち)をつなぎたくなったの……。母を安心させたくなった。たっくん、いままで楽しかったわ、ありがとう……。さようなら」は、唐突過ぎるというかあっさり過ぎるというか、それまでつらつらと書いてきた仲睦まじい内容とのギャップが大き過ぎてずっこけ感ありでした。
 余分な飾り(説明、情景、情報)を削り、できるだけ本質に近づいて書いた方がいいと思います。とは言え、この書き物の本質が何か? 作者が分かっていればですが。なんとなくつらつらと書いたのではないかと邪推するのですが、そうでなければ、ストーリーなりテーマなりにできるだけ寄り添って書いてみて下さい。そして、文章の最後の言葉(例えば ……た。)を工夫した方がよいと思います。
 もちろん、狙いがあって文末に『た』を多用する、そしてどうでもよい事実を羅列する書き方もあります。それで総合的に何かを感じることができる文章になれば、それはそれで成功です。

>推敲する上で参考になるようなご意見、感想をお待ち申しております。
については、前の方と同感です。
 推敲、頑張って下さい。

ワークマン
p2990198-ipngn201010osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

偏差値45さま
参考になる感想をいただき、ありがとうございます。
また、よろしくお願いします。

ワークマン
p2990198-ipngn201010osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

放浪マックさま
参考になる感想をいただき、ありがとうございます。読者には十人十色の感じ方があり、とても興味深く読ませて頂きました。新しい発見がありました。
これからも、よろしくお願いします。

愛&背文
nthkid021022.hkid.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp

そうですね。話の骨子としては
仲がよさそうなカップルが、男の子供を見る目をきっかけにして別れることになった。
ということだと思うのですが、そうなると部屋の詳細なものの配置とか間取りとか職業とか、題名の食卓もあまり
関係ないということになってしまいそうです。
こうなると推敲というより題名を含めた根幹の問題になっていきそうです。

別れる原因としても、朝食を共にするのが一回や二回ではない様子(台所に慣れている)なので、その時の視線が
彼女の初めて見るそれだったとはどうしても考えにくいし、母親の病気切っ掛けにしても、電話で別れを切り出す
ような状況にしてはかなり弱い。そもそも、現実ではありがちかもしれないけれど、小説の主題として書き出す別れ
の原因としては、視線病気ひっくるめてとても弱いように思います。

may
pw126233153249.20.panda-world.ne.jp

失礼ながら飛ばし読みしてオチをみて、また戻って読みました。
文章力はもっと磨けると思いますね。なんだか、地の文が説明だけっぽくて退屈しました。もっと比喩とか描写とか入れてみてはいかがでしょうか。二人の関係も希薄です。泊まりに来てる仲ならば前半何かしら心の繋がりが現れるような出来事があれば最後のオチのショックが大きくなるので良いのでは?二人がもっと愛しあっているのか、それとも最初から仮面夫婦みたいなカップルなのか、はたまた片方だけの気持ちが強いのか。小説は、心の機微が感じられるともっと面白くなります。
さらに、言わせてもらえば起承転結が無い。
メリハリをもたせてください。場面ももっと工夫して。
以上、偉そうにすみませんでした。次回作期待しています。

ワークマン
p2990198-ipngn201010osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

愛&背文さま
ご丁寧な感想をいただき、ありがとうございます。とてもうれしいです。
問題にされていたのは「視点」ですね。そのことに気をつけながら推敲していきたいと思いました。ありがとうございます。

ワークマン
p2990198-ipngn201010osakachuo.osaka.ocn.ne.jp

mayさま
ご丁寧な感想文、ありがとうございます。
叱咤激励のような文章に思えて、とてもうれしい気持ちになりました。優しさが滲み出ているような文章に、心が癒されました。感謝いたします。これからも、よろしくお願い致します。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内