作家でごはん!鍛練場
跳ね鳥

走れねこまんまカー!

「走れねこまんまカー」


ザ、パーフェクトデイフオーザバナーナフィッシュ


ザ、パーフェクトデイフオーザバナーナフィッシュ♪


ザ、パーフェクトデイフオーエニワンダイ♪


ザ、パーフェクトデイフオーエニワンダイ♪


ザ、パーフェクトデイフオーザバナーナフィッシュ♪


ザ、パーフェクトデイフオーザ


エニワンダイ♪


 私前橋あきこは、精神病院でバナナフィッシュ先生に出会った。死にたがりのだめ人間で皮肉屋さんのバナナフィッシュ先生は、女性だけれども、たぶん股間に巨大なバナナがあったんだと思うし、ふにふにした金たまの話を食事中にして、私を吹き出させるのはおやめ下さいませ。

 バナナフィッシュ先生は、先生とはいっても、ただの入院患者で、私と同じ札付きの精神疾患者だから、別に偉いのではない。ただ、やたらと知識のある神話作家先生で、アマチュアだけど物書き十年やってるというから、たぶん強い作家なのだと思う。話しうまいから一緒にいて飽きないのだ。私は入院中に毎日数時間「梨日記」をつけている。下手したら一日中やることがなくて日記を書いている。10ページ数時間で書くこともある。日々が楽しくて、バナナフィッシュ先生の話を忘れたくなくて、書いているが、別に楽しく書いているのではなく、焦燥と記憶の不確かさから日々ノートに向かっている


梨日記 2月13日木曜日


朝3度寝して、ストレッチの最中もうとうとして、質問されたことにうまく回答せずにジェスチャーで答えたため、みんなから変な目で見られた。バナナフィッシュ先生は、私を堂々と茶化し、森清龍にはあきれてものも言えないという表情をされて、顔から火が出るかと思った。バナナフィッシュ先生は、うざにゃんなことに、私に変わってストレッチマン(講師)からの質問に「ストレス解消にはカレーににんにくチューブをいっぱいに入れるんですよ」といって、フロイト的下ネタに走り場を爆笑させたので、私は彼女を白い目で見るしかなかった。もー、うざにゃんニャー!午後はアートセラピーを看護学生さんがやるが、お昼はまた塩気のないまずいねこまんまだ。今日もねこまんまカーが那由多走ってくる。1号車から7号車まであって、逆さに保管されているねこまんまカーは、丸いフォルムでベビーピンクがかわいい。うちの2病棟は2号車のとちおとめという愛称で親しまれるバナナフィッシュ先生が、「魚がまずい、ねこまんまがまずい、肉食わせろ肉!」とトイレでひとりごとを言っていた。食膳車がねこまんまカーだが、カーナビ式の保温人力車で手で調理師さんがひいてくる。十段くらいになっていて、一段に2つずつおぼんが入り、ねこまんまが6列に入っている。毎日追いかけている私が目撃したのは、2号車よりひとまわり大きな1号車のあまおうと、紫の6号車紅玉苺とよのかだ。丸いフォルムのねこまんまカーはかわいいが、きっと高いだろう。カーナビがついているので、乗用車並だ。入院している猫たちはみな耳が良いので、ねこまんまカーのキュキュキュというねこまんまが運ばれてくる車の音をきちんと聞き取ることができる。夜に徘徊して奇声を上げるおばさんやトイレトイレ騒ぐおばあさんや金切り声で叫び出すおばさんたちが退院してからは平和だがこの束の間の平和のまま退院したいと、バナナフィッシュ先生は、今日も不満を言うばかりである。バナナフィッシュ先生は、アートな部屋、通称保護室に入れられていた時期がある。それが、私との違いだ。アートな部屋は上からラベンダーの香りの催眠ガスが噴霧され、暗くてジメジメしていて、総ガラス貼りの白い鉄格子の向こうには、車椅子と、バイオリニストのカレンダーがあり、看護師の通路があると、バナナフィッシュ先生は皮肉な口ぶりで語る。「照明が薄暗くて、その明かりに照らされて、アートなOの鉄のオブジェがあった」とバナナフィッシュ先生は語る。ただの便器のことだ!アートな部屋ではやることがない鍵の開かない監禁部屋だから、みな歌って過ごすしかなく、全員アーティストになる。友だちの森清龍もまたアートな部屋にいた時期があるらしい。無機質な部屋が気に入らなかったバナナフィッシュ先生は、入院時パンフレットの気球電球のイラストをちぎって窓辺に飾っていたらしい。あと、足裏にお経を仕込んで無断で持ち込み、日夜勤行に勤しんでいたと、自称仏教徒のバナナフィッシュ。


梨日記 2月14日金曜日


今日私は、ねこまんまカーに接触事故を起こした。私の顔のドアップが知らぬままねこまんまカーのカーナビに映っていて、調理師さんに「バレてますよ前橋さん」と言われてしまった。ねこまんまカーを隠れて追いかけていたのかバレバレだったらしい。恥ずかしい。今日はバレンタインメニューで、ねこまんまカーからガトーショコラとハートコロッケが出てきて、愛のある味が嬉しく美味しかった。珍しくバナナフィッシュ先生もねこまんまを褒めていた。バレンタインメニューごちそうさまでした。
バナナフィッシュは仏教スクラッチ黄金版を作業療法のOTで仕上げていた。後光が細かくてすごい。森清龍は、ウパニシャッド、バガバットギーターのインド哲学と瞑想をやる、曹洞宗の仏教徒らしい。今日は彼は太宰治の女生徒を語り、バナナフィッシュ先生は芥川の地獄変と川端康成の眠れる美女と谷崎潤一郎の痴人の愛と春琴抄について話していた。私は読んでないからよくわからない。バナナフィッシュ先生は目を輝かせて添い寝美女も畳針の従者も芥川のお辞儀猿も萌えだと話していた。きっとバナナフィッシュ先生は森清龍のことが好きなのだ。ただ、ライバル意識もあるようで、ツァラトゥストラはかく語りきはまだ未読だと、悔しそうにしていた。


梨日記 2月16日月曜日


院長の(工藤)新一と主治医のレアキャラスイクンと担当看護師のピカチュウというひどいあだ名はもちろんバナナフィッシュ先生がつけた。バナナフィッシュ先生にはユーモアのセンスがある。今日のねこまんまカー大捜査線でも捜査一課の前橋あきこが果敢にねこまんまカーに飛びかかり奔走するのだ。
「レインボーブリッジ封鎖できません!」
「そりゃねこまんまカーだから無理だろ……」


梨日記 2月17日火曜日


私の梨の実ハウスでの体験がはじまった。退院後は梨の実ハウスの人間になる予定だから仕方ない。梨の実ハウスはグループホームのことだ。実習生とのプレイセラピーというお芝居で、バナナフィッシュ先生のフリーダムドラゴンという脚本で演技をして恥ずかしかった。ニャンニャンゴーを歌わされた。
シーツ交換とストレッチを面倒くさがって、バナナフィッシュ先生が実習生にシーツ交換をやらせているのを目撃した。ビジネスホテルのベッドメイク係とか、この人には無理だと思う。バナナフィッシュ先生はストレッチ中に居眠りしつつ、黄緑色の輪ゴムのオズ虫の幻覚を見たらしい。あれ、幻覚見えている?統合失調症!
突き当りの窓のところで私が「お米、お米、お米♪」とお米の歌を歌っていたら、バナナフィッシュ先生に「あいつは変人だ!」と変人扱いされた。なんだよ。
私は梨の実ハウスにオムレツを作りに言ってお昼のねこまんまカーは食べなかったが、バナナフィッシュ先生が明太子厚揚げは美味しかったと自慢してきた。ねこまんまカーやるなあ。
私は父も母もいないし、つい先日姉も葬儀を出し、身寄りがない。おじ兄に頼って生きていたが、独立を決めてひきこもり生活をやめて、S病院に入院した。甥っ子は大学生でとてもかわいい。


梨日記 2月18日水曜日


バナナフィッシュ先生が、採血で梨汁を3本も抜かれて痛がっていた。今日も早く退院したいとバナナフィッシュ先生はごねていてうざかった。


梨日記 2月24日月曜日


バナナフィッシュ先生のうるう年退院が決定した。おめでとう。しかし、「ノーモア入院生活、ノーモアねこまんまカー!」と叫んでいるのは非常にKYで顰蹙である。夕食に梨の缶詰が出て共食いだと言われた。近日中に謎の魚バサの白身が三度目の登場らしい。バナナフィッシュ先生の退院祝いのメモリアルバサだね。


梨日記 2月25日火曜日


コップに熱でひびが入っていた。バナナフィッシュ先生のピンクの輪っかのかわいいプラスチックコップは分厚い珍しい質の良いものだったが、見せてもらうとやはりひびが入っていた。バナナフィッシュ先生の話しによると、バサは退院後のメニューらしく、もう食べられないと思うとのこと。かわりにスヴェーデンのリンゴンジャムが出るとのこと。リンゴンのミートボールって初めて。楽しみ♪
バナナフィッシュ先生は退院までねこまんま生活だ。


梨日記 2月27日木曜日


梨の実ハウスの体験。午前、全体掃除。梨は洗面所をやった。棚を拭いて石鹸の補充をした。帰ってきてねこまんまカーのごはんを食べて、眠い眠い言いながら梨の実ハウスに向かう。午後は運動。梨は外が嫌で中に逃げた。ウィルス体操といつ謎の体操をやったぜよ。前橋あきこ談。


梨日記 2月28日金曜日


親子丼がねこまんまカーで出たらしいが、私はCOCO'Sに外出で包み焼きハンバーグを食べた。いいのかなこんな贅沢。バナナフィッシュ先生はその間にネット手芸の魚座の小箱を仕上げていた。見事なものだ。バナナフィッシュ先生との日々も残り少ない。バナナフィッシュ先生によると、ここは玄米茶と緑茶が濃いめにブレンドできる、無料のお茶コーナーがあるのが良かったし、小箱とミサンガ手芸を覚えたのは良かったと語った。あと、梨に会えて良かったと、ぽそりと言ってくれた。嬉しい! バナナフィッシュ先生はガードハロー歯磨きの味を愛しているらしい。やっぱり変人だよね?


バナナフィッシュ先生に退院前日だからと前橋あきこロングインタビューをされた。恥ずかしかった。


Q入院はいつですか?


A12月15日です


Qなぜ入院したのですか?


Aここに入院したのは梨の実ハウスの空き待ちと病気の軽減とお勉強のため


Q前橋さんが自立したいのはなぜですか?


A年齢的に人のお金を当てにできないので、一人で生きてちゃんとしていかないといけない。自分で働いて自分で稼ぎ、自分のほしいものを買わないと人としてだめ。


Qなるほど。


自分で買いたいものの夢は?


A顔を剃るカミソリ
あと、100均のプーさんのボールペン。かわいいものが好き。


Q入院して良かったことは?


A本来の自分が取り戻せたこと。人と明るくお話していて大切な友だちができたこと。


Qこれからの目標を教えて下さい。


A自立のために学んで、墓前のお姉さん、お父さん、お母さんに自立の報告をしたい。あと、義理兄と甥っ子には会ってきちんと独り立ち出来ましたとちゃんとした状態でお礼が言いたい。


Qありがとうございました!


こんな感じで、私は毎日梨日記を書いて過ごしていた。バナナフィッシュ先生の退院が間近になった「あの日」までは。あの、赤いリンゴンの実の、ホッペたが落ちるような美味しいねこまんまカーの悪夢のあと、ここでの生活も私の人生もすべてが暗転したのだった。あの丙午の調理師の女植松のせいで。調理師の植松は、その前日に姉の葬儀で参っていたらしく、バナナフィッシュ先生が皮肉な口ぶりでねこまんまカーを運ぶ彼女に「おやつまだですか?」と言ったのだって、悪気は全くなかったのだから、本当に酷いことだったのだ。なぜあんな地獄がたち現れてしまったのか、今も私にはわからない。バナナフィッシュ先生の何気ない一言で精神障害者への悪意と憎しみを爆発させてしまった調理師の植松は、その人生のすべてを犠牲にして、リンゴンの贄料理を作り、ラベンダー石のヒ素を削り混ぜて毒を混入させた。その北欧スヴェーデンのミートボールは、コケモモのリンゴンの甘酸っぱさで、極上だった。


調理師の植松という女は、ミートボールで精神病院の入院患者15人をたったの一度の料理で毒殺したのだった。私は朦朧とする意識の中で生き残り、ねこまんまも食べられない胃洗浄と点滴の中で、数週間の地獄を彷徨った。嘔吐と腹痛の中で、よくわからない原因と伝え聞いた調理師の誰かをひどく呪った。地獄を彷徨ったあげく、私は親友だったバナナフィッシュ先生と、ひそかに恋心を寄せていた森清龍の死に、なんの感情もない新聞記事の犠牲者リストで直面して、私前橋あきこの人生は暗転した。そして私は、それ以降の人生をただ調理師の植松を呪殺する死神の喪となって、死んだように送ったのだった。

走れねこまんまカー!

執筆の狙い

作者 跳ね鳥
p2057124-ipbf906souka.saitama.ocn.ne.jp

やまゆり園事件の報道をアイデアにして、精神病院ものを書きました。ご意見ご感想お待ちしております。

コメント

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

・冒頭のカタカナ英語をはじめ、言葉の選択が甘い。
作者は伝わる「だろう」と思っているけれど、伝わらない「かもしれない」と考えるべきなのです。

>私前橋あきこは、精神病院でバナナフィッシュ先生に出会った。死にたがりのだめ人間で皮肉屋さんのバナナフィッシュ先生は、女性だけれども、たぶん股間に巨大なバナナがあったんだと思うし、ふにふにした金たまの話を食事中にして、私を吹き出させるのはおやめ下さいませ。

 バナナフィッシュ先生は、先生とはいっても、ただの入院患者で、

冒頭の内容ですが、イケてないですね。〇〇先生と言いながら、次はただの患者なのですと説明が入ります。わりとメンドクサイわけです。簡単に言えば、スムーズな流れを阻害していることが問題です。冒頭はシンプルがベストだと考えます。冒頭はおかゆのように消化しやすいものが望ましいかな。

・全体的には、軸がない。あるいは弱いです。
伝えたいことがボケている。

・コミカルな言動やしぐさはあるのですが、面白くない。
簡単に言えば、感情が伝わっていないのだと思います。
例えば、幼児からオモチャを取り上げたら、今にも泣いてしまうような表情や感情です。
そういうものが欲しいですね。

跳ね鳥
p2057124-ipbf906souka.saitama.ocn.ne.jp

偏差値45様へ

お読み下さいましてありがとうございました。

小説の冒頭は作品の命とのこと、耳にしたことがあり思い出しました。確かにシンプルイズザベストですよね。肝に命じておきます。ありがとうございます。気をつけます。

こどもの泣き出す感情の発露、たしかにこの小説無表情だなと読み返して思いました。すみません、ご指摘ありがとうございます。こどもの感情の素直さを大人になって忘れているのではないけれども、大人って心はこどものようにナイーブなのに、鉄面皮で、面白くないですね、なんだか自分の性格の問題点が浮き彫りになってしまったようで、お恥ずかしいですが、今後留意します。ありがとうございました。

夜の雨
i223-216-205-231.s42.a027.ap.plala.or.jp

「走れねこまんまカー!」読みました。

>やまゆり園事件の報道をアイデアにして、精神病院ものを書きました。<
ということで、そのままではありませんが、基本部分が似ています。
具体的にいうと、精神疾患者が病院関係者に殺されるという事件部分が似ています。
御作の話の大部分は精神疾患者たちの交流が描かれていて、そういった人間関係が事件により壊されるという顛末になっていて、考えさせる話だったということです。

●御作では主人公は「前橋あきこ」で、一人称で書かれていました。 ←この主人公視点で書かれているところが、重要ですが、御作は失敗している。
どうしてかというと、精神疾患者が書いているという設定なので、文章がたどたどしい。
なので、読みにくいし、内容が伝わりにくくなっている。

それではどうすればよいのかというと「ダニエル・キイス」という作家の「アルジャーノンに花束を」という小説を読めばヒントになります。
この小説は知的障害のある主人公・チャーリイの書いた記録という設定(一人称)で書かれています。
昔、この小説を読んだことがあるのですが、何しろ「知的障害のある主人公」が書いている設定なので、導入部は誤字や脱字のオンパレード。(で、読みにくい)
主人公は、周りの友達と同じになりたいと願い。他人を疑うことを知らず、周囲に笑顔をふりまき、誰にでも親切であろうとする、大きな体に小さな子供の心を持った優しい性格の青年。
その彼が脳手術を受け天才になったために、周囲の醜い人間模様と社会を知り、自分は周囲の者を見下すようになる。
だが、ある日を境に退化が始まり、絶望の中に主人公は。
というような話でした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

御作に当てはめると、「アルジャーノンに花束を」の導入部に近い書き方になっているということです。
もちろん、御作の方が読みやすいですけれど。
御作は最初からラストまで主人公は精神疾患者のままなので。
「アルジャーノンに花束を」の導入部のように、誤字脱字のオンパレードだったら、読んでくれませんからね。

御作では主人公は「前橋あきこ」で、一人称で「ねこまんまカー」のことや「バナナフィッシュ先生」それに、「森清龍」とのエピソードが書かれていて、なかなか楽しい。
これはキャラクターの設定に味があるからだと思います。
そういった精神疾患者ではあるが、楽しい交流をしていたところ、伏線もなく、ミートボールに毒を盛られて悲劇が起きる。
なので、「丙午の調理師の女植松」である犯人の伏線が要ります。
また、視点も一人称で伝わるのか、三人称の方が伝わるのではないのかなど、工夫をする必要があると思います。

それでは、頑張ってください。

お疲れさまでした。

跳ね鳥
p2057124-ipbf906souka.saitama.ocn.ne.jp

夜の雨様へ

お読み下さいまして、ありがとうございます。感謝いたします。

文章のたどたどしいところは、拙作意図したものではないので、文体の力不足だと思います。すみませんでした。

あと、女調理師の植松の複線は、例えばねこまんまカーを運ぶ時の交流の冷ややかさなどに出せば良かったなと思いました。アドバイスありがとうございます。精進します。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内