作家でごはん!鍛練場

眺めのなかで

 窓から街宣車を眺めながらコーヒーを飲んでいたら、一日が終わった。勿論街宣車は常にそこにいたわけではないし、ずっとコーヒーを飲んでいたわけでもない。要するに、「ぼーっとしていたら一日が終わった」ということだ。スマホを弄るだけの休日を過ごすよりは窓から道路でも眺めていた方がいくらかマシだろうという謎の思考回路を経てこんな下らない一日を過ごすことになったのだが、5時間ほどの窓際生活の収穫は、「市民の代弁者気取りの街宣車にはサイレンサーを付けたい」というしょうもないダジャレだけに留まった。



 本当にどうしようもない時は人はどうするのだろう、なんて、やたらと漠然としたテーマについて思考を巡らせてみたところで、今の自分がそこまで切羽詰まった状態に置かれているかというと、答えは間違いなくノーだ。「何もすることがない休日を過ごしているフリーター」を見て「ああ、この人は切羽詰まっている!」と思う人は、この街は疎かこの国にもいないだろう。「切羽詰まっている!」なんて変な表現だが。とは言え、実の所僕の人生はかなり切羽詰まっている。高校を卒業してから約5年の間フリーターをしている僕だが、そろそろ人生が心配になってきた。若さだけを武器に振り払ってきた様々な問題が、いよいよ僕に追いつこうとしているのだ。23歳なんてまだまだ赤ちゃんだろうと僕は思うのだが、どうやら大人の世界に足を踏み入れてしまったらしい。足を洗って子供の世界に戻りたいものだが、この世界を抜けるには、小指一本どころでは済まないらしいのだ。



 どうしようもない時はシャワーを浴びると決めているので、今回もそうすることにした。脱衣場で服を脱ぎ浴室に入ったところで、シャンプーを切らしていることに気がついた。これはいけない。昨日の僕は何をしていたんだ。引き継ぎはしっかりする。これは社会人の鉄則だ。僕は社会人ではなくフリーターだけれど。なら仕方ないか。僕は、昨日の自分を許すことにした。寛大な心を持つこと。これは大人としての最低限のマナーだろう。違うかもしれないが。まあそんなことはどうでもいいとして、シャンプーが無いのはかなり困る。ボディソープで代用したら髪がキシキシになるし、手洗い用石鹸なんて試したくもない。僕はかなりのパターン人間であり、普段と違う行動はしたくない。シャワーに入って髪を洗わなかったことは一度もないので、シャンプーが無いのならシャワーを浴びることもない。一度脱いだ服を何もせずそのまま着るのはかなり虚しかったが、これも人生だろうということで、刺立つ心を酒で鎮めながらテレビをつけた。



 やたらと五月蝿いバラエティ番組を眺めながら、ふと僕も子供の頃はこんな感じだったのだろうかと思った。多分こんな感じだったのただろう。こんな感じと言ってもどんな感じなのか伝わらないと思うが、語彙力も表現力もない僕には、目で見ている景色を言葉で伝えることは出来ないのだ。こんな時、僕はいつも電子の世界に行きたくなる。皆が意識を共有出来る世界。そして、悲しみも憎しみも、争いもない世界へ。少し憧れを抱きすぎかもしれないが、完璧な世界とは、つまりそういう場所だと思うのだ。僕が生きている間にそんな世界が出来上がるのかと言ったらまず無理だと思うが、諦めはなしだ。死ぬまでに間に合え、そう念じる。



 こんなどうしようもない日にも、夜は訪れる。シャワーも浴びずにベッドに潜り込んだ僕の目に、なぜか涙が溢れる。なんでこんなことになってしまったのか。責任の在処は何処か。ここだ。人として自立せずに流されて生きてきた僕の責任だ。生来僕からは責任感というものが欠落している。バイト先でもよく叱られる部分ではあるが、これはもう僕にはどうしようもない部分だ。欠陥品なのだ、僕は。なんて強がってみたところで、僕の心はその点を悲しんでいるらしい。涙がその証拠だ。「もっとまともな人間になりたい」と心は叫んでいるらしい。しかし、僕はもう大人だ。泣き喚いても助けてくれる「誰か」はいない。自分は自分で助けるしかないのだ。ああ、なんて生きづらい人間なんだろう、僕は。せめて今日くらいは優しい夢を見せてくださいと神に祈り、僕は今日も眠りにつく。

眺めのなかで

執筆の狙い

作者
KD121111148044.ppp-bb.dion.ne.jp

短編です。誰にでも訪れるどうしようもない日のどうしようもない感じを描写したくて書きました。

コメント

テイク
KD106133044103.au-net.ne.jp

コメント失礼します。
小説としては作者の心境が中心になっていると感じました。僕にもこういう時期がありましたが、一過性のものだったので時が解決する問題かなと思います。状況が改善する、または悩むことがなくなるなどです。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

そもそも人間そのものが、どうしようもない生き物だから、どうしようもないのです。
偶然、弱肉強食の世界で生き残ったに過ぎません。神様はいませんし、人間はいつかは滅びます。永遠なんてありえないのです。従って、どうしようもないことは仕方ないですね。むしろ、どうしようもない生き方ができることこそ平和であり、幸運なことであります。つまり、ここで何が言いたいか、と言えば、どうしようもない人生であろうとなかろうと、大して意味なんてないのです。

それはさておき、
>僕は。せめて今日くらいは優しい夢を見せてくださいと神に祈り、僕は今日も眠りにつく。
ラスト一行がこの内容だと、冒頭の最初の一行は目覚めのシーンから始めると良いかもしれません。

KD121111148044.ppp-bb.dion.ne.jp

テイクさん
感想ありがとうございます!
確かに僕の気持ちの羅列みたいになっていますね……直します!ありがとうございます!

KD121111148044.ppp-bb.dion.ne.jp

偏差値45さん
感想ありがとうございます!
人生に価値なんてないという面に関しては概ね同意です!
目覚めから始めるのは考えていませんでした!ありがとうございます!

群青ニブンノイチ
softbank221022130005.bbtec.net

ただの日記として書いたほうが情報が整理されて小説のつもりであるなら尚のこと、よほどその基礎になりそうな気がします。


書き手が魂胆を述べればそれが作品として担保されるかと言えば、個人的にはそうは思わないのでこれはほぼ何も書いていないこと大して変わらないように感じさせられます。



単純に”窓”のみで世界が決定されていることにはこの際目を瞑るとして、

>要するに、「ぼーっとしていたら一日が終わった」ということだ。

という一文ですでに読み進める意志が削がれます。
それは書き手としての己の照らし方ですから、わからなければやはり読む人の興味や期待を遠ざけるままのような気がします。


並みの読者なら、最初の二段落のみでこの書き手の余剰は尽きたことを察するのではないかと思います。
以降は作品としてのアイデアに支えられた文章とは個人的には受け止めていません。


書く以上は読む人がいることを忘れるべきではないと思うのだし、垂れ流す程度のことで同意や共感のきっかけを務めたがるようなアイデアになど大した使命を認められるべきではないのが例えば”小説”といった面倒さに託されるべき矜持のようなものではないのかと個人的には思うものなので、こういった弱々しい世界に化かす程度の作為など、日記で済ませて育てろ、と普通に思います。


安易な射精は怠惰な依存に鈍らせるばかりだと心掛けるべきのような気がします。

KD106128126017.au-net.ne.jp

群青ニブンノイチさん
感想ありがとうございます!
これは僕の日記でも僕の思考の言語化でもないので、もしそのように受け止められたとしたなら、文章に人格を持たせられたんだなとポジティブに受け止めることにします!

夜の雨
i114-189-82-112.s42.a027.ap.plala.or.jp

短いので、全文に感想を書きます。

 窓から街宣車を眺めながらコーヒーを飲んでいたら、一日が終わった。勿論街宣車は常にそこにいたわけではないし、ずっとコーヒーを飲んでいたわけでもない。要するに、「ぼーっとしていたら一日が終わった」ということだ。スマホを弄るだけの休日を過ごすよりは窓から道路でも眺めていた方がいくらかマシだろうという謎の思考回路を経てこんな下らない一日を過ごすことになったのだが、5時間ほどの窓際生活の収穫は、「市民の代弁者気取りの街宣車にはサイレンサーを付けたい」というしょうもないダジャレだけに留まった。

「こういうことって、あるよね、そこの君」という感じ。
街宣車が「わたしたちは」「どうたら」と「市民の代弁者気取り」で長い間おしゃべりをしているわけでしょう。
主人公は「スマホを弄るだけの休日を過ごすより」は「まし」だと思っているのだが、「街宣車にはサイレンサーを付けたい」と、思っているわけで、共感しているわけではない。
ここでの問題は「スマホ」でも「街宣車」でもなくて「謎の思考回路」によって「くだらない一日(時間の無駄)」を過ごしたというわけです。
―――――――――――――
 本当にどうしようもない時は人はどうするのだろう、なんて、やたらと漠然としたテーマについて思考を巡らせてみたところで、今の自分がそこまで切羽詰まった状態に置かれているかというと、答えは間違いなくノーだ。「何もすることがない休日を過ごしているフリーター」を見て「ああ、この人は切羽詰まっている!」と思う人は、この街は疎かこの国にもいないだろう。「切羽詰まっている!」なんて変な表現だが。とは言え、実の所僕の人生はかなり切羽詰まっている。高校を卒業してから約5年の間フリーターをしている僕だが、そろそろ人生が心配になってきた。若さだけを武器に振り払ってきた様々な問題が、いよいよ僕に追いつこうとしているのだ。23歳なんてまだまだ赤ちゃんだろうと僕は思うのだが、どうやら大人の世界に足を踏み入れてしまったらしい。足を洗って子供の世界に戻りたいものだが、この世界を抜けるには、小指一本どころでは済まないらしいのだ。

「とりあえず、日々は困っていない生活なので」「切羽詰まった状態ではない」という主人公なのですが、人生の青年期でやるべきことが出来ていないので、そういった意味では、「切羽詰まった状態に置かれている」という主人公なので、時間を戻せないだろうかと考えている「アマちゃん」でした。
―――――――――――――――
 どうしようもない時はシャワーを浴びると決めているので、今回もそうすることにした。脱衣場で服を脱ぎ浴室に入ったところで、シャンプーを切らしていることに気がついた。これはいけない。昨日の僕は何をしていたんだ。引き継ぎはしっかりする。これは社会人の鉄則だ。僕は社会人ではなくフリーターだけれど。なら仕方ないか。僕は、昨日の自分を許すことにした。寛大な心を持つこと。これは大人としての最低限のマナーだろう。違うかもしれないが。まあそんなことはどうでもいいとして、シャンプーが無いのはかなり困る。ボディソープで代用したら髪がキシキシになるし、手洗い用石鹸なんて試したくもない。僕はかなりのパターン人間であり、普段と違う行動はしたくない。シャワーに入って髪を洗わなかったことは一度もないので、シャンプーが無いのならシャワーを浴びることもない。一度脱いだ服を何もせずそのまま着るのはかなり虚しかったが、これも人生だろうということで、刺立つ心を酒で鎮めながらテレビをつけた。

大人とは何か、社会人とは何かというようなことを考えるよりも、シャンプーがないのが困るという主人公。
井上陽水の「傘がない」を思い出した。
世の中のいろいろなこと(国や政治)よりも、今日は雨が降っているので「傘がない」と困る「君に逢いに行きたい」というような歌。
御作では「シャンプー」なので、陽水の「傘がない」よりも深刻でした。

●続く。

夜の雨
i114-189-82-112.s42.a027.ap.plala.or.jp

●続き。

―――――――――――――
 やたらと五月蝿いバラエティ番組を眺めながら、ふと僕も子供の頃はこんな感じだったのだろうかと思った。多分こんな感じだったのただろう。こんな感じと言ってもどんな感じなのか伝わらないと思うが、語彙力も表現力もない僕には、目で見ている景色を言葉で伝えることは出来ないのだ。こんな時、僕はいつも電子の世界に行きたくなる。皆が意識を共有出来る世界。そして、悲しみも憎しみも、争いもない世界へ。少し憧れを抱きすぎかもしれないが、完璧な世界とは、つまりそういう場所だと思うのだ。僕が生きている間にそんな世界が出来上がるのかと言ったらまず無理だと思うが、諦めはなしだ。死ぬまでに間に合え、そう念じる。

バラエティ番組がうるさいと感じるのは人間成長している証拠。
僕はいつも電子の世界に行きたくなる。皆が意識を共有出来る世界。 ← つまりネットのことであり、それがネットを越えて、実際の生活が電子社会にならないだろうかと考える、未来青年的な主人公。
悲しみも憎しみも、争いもない完璧な世界。
―――――――――――――
 こんなどうしようもない日にも、夜は訪れる。シャワーも浴びずにベッドに潜り込んだ僕の目に、なぜか涙が溢れる。なんでこんなことになってしまったのか。責任の在処は何処か。ここだ。人として自立せずに流されて生きてきた僕の責任だ。生来僕からは責任感というものが欠落している。バイト先でもよく叱られる部分ではあるが、これはもう僕にはどうしようもない部分だ。欠陥品なのだ、僕は。なんて強がってみたところで、僕の心はその点を悲しんでいるらしい。涙がその証拠だ。「もっとまともな人間になりたい」と心は叫んでいるらしい。しかし、僕はもう大人だ。泣き喚いても助けてくれる「誰か」はいない。自分は自分で助けるしかないのだ。ああ、なんて生きづらい人間なんだろう、僕は。せめて今日くらいは優しい夢を見せてくださいと神に祈り、僕は今日も眠りにつく。

シャンプーがなかったのでシャワーを使わなかった主人公は、ベットに潜り込み、涙した。
責任は自分にある、自立せずに責任感がないがゆえに問題を起こす、欠陥品。
もう大人なので主人公は自分で何とかしなければならない。
ただ、今夜ぐらいは優しい夢を見させてほしいと、神に祈っている、神を信じていない主人公でした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まとめ。
なんとなく日々を暮らしているが、着実に年月が経ち、人生を歩んでいる主人公。
だが、何かが欠落している。
何が欠落しているのかというと、人生に立ち向かう気構でした。
それに気が付いたのが、シャンプーがなければシャワーを使えない主人公のささやかな日常生活からの「性格」でした。
「人生に立ち向かう気構」があれば、「シャンプー」がないことなどは、小さな出来事なのだが、それが許せない主人公は涙するのでした。
このあたりの主人公は、男性というよりも女性に近い存在かもしれません。
「シャンプー」が毎日必要かとなれば、女性の場合は「なるほど」と思うが、男性だと「明日シャンプーを使えばよい」程度だろうと、思うのだが。

主人公の一日の思考回路が描かれているわけですが、なかなか味がありました。
御作は、大したことが書けていないように思えるかもしれませんが、実のところ、人生(青年期)にとって重要なことが書かれていました。
時間に追われていないようで、切羽詰まっている主人公の哀しみ。
御作は掌編で主人公の一人語りでしたが、複数の人物を増やして絡ませれば、面白くなるのではないかと思います。


お疲れさまでした。

夜の雨の要約
sp1-75-228-111.msc.spmode.ne.jp

主人公の一日の思考回路が描かれているわけですが、なかなか味があり、青年期にとって重要なことが書かれていました。一人語りでしたが、複数の人物を増やして絡ませれば、面白くなるのではないかと思います。

群青ニブンノイチ
softbank221022130005.bbtec.net

日暮(藁

キタノ病相手に乞食企んでおまえやっぱ文盲自決馬鹿でウケる

KD121111148044.ppp-bb.dion.ne.jp

夜の雨さん
感想ありがとうございます!
会話文が苦手で逃げていた部分があるので、今後は逃げずに登場人物を増やしていこうと思います!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内