作家でごはん!鍛練場
夕凪

天使の悩み

人は誰しも不満を抱えて生きている。当たり前のことだ。そんな当たり前のことを、17年間も知らずに生きてきた人間がいる。俺だ。世間に反抗する気概があるのは俺だけだと思っていた。

 これは、そんな俺を成長させてくれた天使との出会いの物語だ。



 高3の春。残り1年の高校生活を惜しむ者もいれば、あと1年で檻から出られると弾む心を抑えられない者もいる。俺はどちらでもない。いや、どちらかと言えば寂しいかもしれない。

「君が隣?私、三崎奈々。よろしく!」

「佐山裕太です。よろしく」

 三崎奈々。その名前には聞き覚えがあった。なぜなら、去年のクラスメイトだからだ。派手な赤髪に青のクラゲのピアス。中々のインパクトだ。他の校則はきっちりと守っているのも面白い。

「佐山くんって、去年も同じクラスだったよね?うーん、あんまり覚えてないんだよね。おかしいな」

 いや、おかしくはないぞ。俺は影の薄さには定評があるんだ。

「おかしくないよ。学校、休みがちだったし。担任だったヤマ先覚えてる?あいつに土下座してなんとか進級させてもらったんだ」

 なにそれ〜、と笑う三崎を見ていると、なんだかこっちまで楽しくなってくるようだ。三崎は周囲の感情を支配する能力を持っているのかもしれない。

「三崎さんはクラスでも目立つほうだったよね。ほら、三崎さん可愛いじゃん。高嶺の花って感じだったよ。今話せてるのも夢みたいだ」

「佐山くんは口が上手いね〜。でも確かに去年の私は輝いてたかも。少なくとも今年の私よりは輝いてた。それは間違いないね」

 うん?なんか引っかかる言い方だ。地雷を踏んでしまったのかもしれない。他人との会話は紛争地域を裸足で歩き回るようなものだ。気を弛めてはいけない。常に集中していなければ。

「そうかな?その美貌は今年も健在!って感じだけど」

「そんなに褒めても何も出ないよ?なんて、古い台詞回しだね。うーん、ここで話すのもなんだしなあ。佐山くん、今日のお昼暇?」

 そうだ、今日は新学期初日だから午前で終わりだった。女子との食事なんて小学生ぶりかもしれない。このチャンスは逃せない。

「暇だよ。その、なんだ。話を聞かせてくれるの?」

「うん。全部話す。全部話すって言ったって、大したことじゃないけどね。私さっきからぼかして話してるから、佐山くん今何も分かってないでしょ?」

「正直、何の話してるのかさっぱりだよ」

「ははは、そりゃそうだよね。私も何言ってんだか分からなくなってきたよ」

 そうこうしてるうちに担任が入ってきて、ホームルームが始まる。俺の視線は他の窓際の生徒と同じように、青く澄み渡った空に向けられていた。



「天使になった?」

 同日、昼。学校近くの公園で2人でサンドイッチをパクついていると、三崎さんがおかしなことを言い出した。

「そう、天使になったの。春休み最終日に」

「ちょっと待って、整理しよう。まず1つ目。なんで三崎さんは天使になっちゃったの?」

 いきなりの告白に頭が追いつかない。天使になった?三崎さんは電波系なのか?

「なんでって、自殺しようとしたからだよ?」

「自殺!?三崎さん、自殺したの!?」

「自殺しようとはしたけど、失敗したよ。ほら、この通りピンピンしてるでしょ?」

 サンドイッチを咥えながらぴょんぴょん飛び跳ねる三崎さん、可愛い。いや、そんなことは今どうでもいい!

「なんで自殺なんてしようと思ったの?いじめ?」

 美人はいじめられやすいと何かの本で読んだことがある。三崎さんは美人だし、少し変わっている。いじめられる要素が揃っているとも言える。悲しいことだが。

「ううん、いじめじゃないよ」

「ならどうして?家庭の問題とか?」

「それも違う。ただ死ぬのが怖くなっただけだよ。生きている限り死の恐怖から逃れられないんだって気づいて、死にたくなった。ただそれだけのこと」

「ああ、それなんとなく」

 分かる気がする。そう言いかけた僕に向けられた三崎さんの目は、失望と哀しみで満たされていた。ああ。そんな目で俺を見るな。

「……分からないな。俺は死にたいって思ったことないから。でも、死ぬのが怖いって感覚は、みんな持っているものだと思うよ」

「それは分かってる。誰だって死ぬのは怖いもの。でもね佐山くん、その感覚に取り憑かれたらどうなるか分かる?」

 死のうと思ったこともない俺に、一日中死について考えている人の気持ちなんて、分かるはずもない。

「分からないでしょ?責めてるわけじゃないの。私は佐山くんの気持ちが分からない。佐山くんは私の気持ちが分からない。おあいこでしょ?」

「おあいこなのかな?俺にはよく分からないよ」

 なんで死に囚われるのかも分からないし、なんでそこで死のうと思うのかも分からない。いや、本当は分かっているのかもしれない。でも、それに気づいたら。俺も死にたくなってしまうから。

「それで、どうやって自殺しようとしたの?」

「至って単純な方法。飛び降りだよ」

 サラッと言うな、この人。飛び降り自殺。確かにポピュラーな方法だ。失敗することもあると聞いたことがあるが。

「で、失敗したの?」

「うーん、どうだろう。失敗と言えば失敗だけど、望んでいたものは手に入ったよ」

 望んでいたもの?まさか、三崎さんは幽霊なのか?

「一応聞くけど、その望んでいたものって?」

「もちろん、不老不死だよ!」

 三崎さんは、満面の笑みでそう言い放った。



 不老不死。まあ簡単に言えば、老いないし死なないということだ。詳しくは知らないけれど。で、その力を三崎さんが手に入れたということは、彼女は永遠に17歳だと言うことだろう。彼女の言葉を信じるのなら、だが。

「私、マンションの12階から飛び降りたの。そしたら、飛び降りてすぐ意識がなくなっちゃって。目が覚めたら自室のベッドだった」

「今更こんなこと聞くのもなんだけどさ、怖くなかったの?」

 12階。結構な高さだ。飛び降りるのが怖いのは勿論、一歩踏み出したら人生が終わるという恐怖は、半端じゃないだろう。

「怖くなかったよ、死にたかったから。死ねなかったけどね」

 彼女は自虐っぽくそう言うと、烏龍茶を1口飲んだ。

「で、天使ってなに?」

「そのままの意味。天使になったの」

 この人、話通じないタイプ?

「どういうことなのかさっぱり分からないよ。翼が生えたの?」

「うん。翼が生えたの」

 今、なんて言った?

「翼って、あの翼?生えた?三崎さんに?」

 他人事のように頷くと、三崎さんはゴミを纏めはじめた。

「見たいなら見せてあげる。うちに来なよ」



「どうぞ、入って」

「お邪魔します」

 生まれて初めて女性の部屋に入った。緊張を通り越してリラックスできている気がする。それにしても、何も無い部屋だ。机とベッド以外のものが何一つ無い。

「じゃあ、翼を出すね」

 一瞬だった。三崎さんの背中が光ったことを認識した瞬間、そこには真っ白な翼があった。

「なんかあれだね、実際に見ると驚きってそこまで大きくないね」

「私もすぐ受け入れられたし、そんなもんだよ。それよりさ、なんか気づいたことない?」

 気づいたこと?堕天使っぽい見た目なのに翼が白いことか?ん?ああ、そういうことか。

「漫画みたいに羽が散らないってこと?」

「そうそう!それ!私それを期待してたから、なんかガッカリ」

「でも、片付けが必要ないのは楽じゃないか?」

「それもそうだね、翼さえあれば満足だしね」

 それから俺と三崎さんは、色々なことを話した。家族のこと、学校のこと、友達のこと。三崎さんは生まれ変わった気でいるらしく、髪の色も赤から金に変える予定らしい。友達も変えるとかなんとか。ただクラスが変わったから疎遠になっただけだと思うが。

「ねえ佐山くん、天使には使い魔がいるって知ってる?」

「聞いたことはあるけど、それがどうしたの?」

「佐山くんを私の使い魔にしてあげようと思って」

 美少女天使の使い魔。まあ、悪くないかもしれない。でもお断りすることにしよう。

「悪いけど、お断りするよ。俺は世界を変える男だから、使い魔なんかじゃ満足できないんだ」

「それは残念。だけど、仕方ないね。異端児とは常に孤独であるものだから」

「別にそんなことないと思うけどな。意図的な孤独なんて、ただ寂しいだけじゃないか?」

 天使は、笑いながらこう言った。

「本当の安寧ってのは孤独の中だけにあるものなんだよ、佐山くん」



 話し込んでいるうちに日が暮れていた。スマートフォンの画面には午後6時と表示されている。

「もうこんな時間だし、今日は帰るよ」

「今日はありがとう。打ち明けられて良かった。楽になったよ」

「三崎さん、今朝と全然テンションが違うね。どっちが素なの?」

「さあ、どっちでしょう。これから分かると思うよ」

 その言葉に、不覚にもドキッとしてしまう。年頃の男子だし、こればっかりはどうしようもない。相手は美少女だし。

「まあ、これからもよろしく。また明日学校で」

「うん。よろしくね、佐山くん」



「あ、そうだ。三崎さん、最後に1つだけ聞いてもいい?」

「いいよ。なに?」

「不老不死って、本当なの?」

 天使はピアスを指さした。

「さあ、どうだろうね」

天使の悩み

執筆の狙い

作者 夕凪
KD121111148044.ppp-bb.dion.ne.jp

思春期特有の世の中に対する穿った見方と死に囚われた少女の軽すぎる死生観をマッチさせたくて書きました
青年の心理描写を薄くすることで少女の印象を強くしようとしました

コメント

そうげん
121-83-151-235f1.shg1.eonet.ne.jp

読みました。

地の文をこの分量で進めるのであれば、「戯曲」として作品にするのもいいかなと思いました。登場人物は二人のみで、舞台のセリフのように書いていく。会話にウィットを含ませながら、テンポよく進めてゆけば、セリフだけでその場面が目に浮かぶように描き出されそうな予感がします。

死生観――については、わたしはやっぱり彼女がどのような葛藤にぶちあたって、天使と変ずることによってその悩みがどのように昇華されていったのか、すとんと得心のいくように書かれてあるといいなと、期待交じりに思ったものです。

>世間に反抗する気概があるのは俺だけだと思っていた。
>これは、そんな俺を成長させてくれた天使との出会いの物語だ。

冒頭にこのように書かれてあって、期待はありました。
しかし「成長させてくれた」部分が、うまく描き出されていないのか、それともまだそこに至っていなかったのか、続きがあるのかもしれないと思わせているところで、冒頭のこの言葉が、作品として描かれている部分より未来のことも示唆しているようで、可能であれば、その未来についてもなんらかの記述があればいいなと思いました。

彼女とのあいだに何が起こって、どんなふうに「俺を成長させてくれた」のか、そこを読み手としては、もっと知りたいなと感じた次第です。

読ませてくださり、ありがとうございました。

偏差値45
softbank219182080182.bbtec.net

>人は誰しも不満を抱えて生きている。当たり前のことだ。そんな当たり前のことを、17年間も知らずに生きてきた人間がいる。俺だ。世間に反抗する気概があるのは俺だけだと思っていた。

冒頭、矛盾を感じます。不満がないと言っておきながら、世間に反抗する? 反抗するのは不満があるからではないでしょうか?

>「暇だよ。その、なんだ。話を聞かせてくれるの?」
会話の流れが不自然のような気がしますね。

>「天使になった?」
誰のセリフなのか、分かりにくい。

>彼女は永遠に17歳だと言うことだろう。
内心なので否定はできないのだけれども、不老不死であっても歳はとる。

全体としては「もったいない」気がしますね。天使に出会うことは滅多にない。あるわけがないのですが、平坦過ぎる。そこはよりドラマチックな展開を期待したいですね。

そうげん
121-83-151-235f1.shg1.eonet.ne.jp

偏差値さんへ


>>人は誰しも不満を抱えて生きている。当たり前のことだ。そんな当たり前のことを、17年間も知らずに生きてきた人間がいる。俺だ。世間に反抗する気概があるのは俺だけだと思っていた。

>冒頭、矛盾を感じます。不満がないと言っておきながら、世間に反抗する? 反抗するのは不満があるからではないでしょうか?

矛盾してないですよ。丁寧に読んだ方がいいです。
人は誰でも不満を抱えて生きているということを、自分は17年間知らずに来た。不満を抱えて生きているのは自分だけなのだと思い込んでいた。だから、世間に反抗する気概があるのは「俺だけ」だと思っていた。と書かれてあるのでしょう。

群青ニブンノイチ
softbank221022130005.bbtec.net

>思春期特有の世の中に対する穿った見方と死に囚われた少女の軽すぎる死生観をマッチさせたくて書きました

と言われてしまえば、もう文句の付けようがないほど軽すぎる仕上がりであることがこの作品の何よりもダメなところであるような気がするのですが、どうなのでしょうか。
わざと、ということなら見事、などと言ってみたところで所詮面白くも何ともない気がするのですが、まあそんなことはどうでもいいです。


>思春期特有の世の中に対する穿った見方と死に囚われた少女の軽すぎる死生観

といったことはとりあえずどうでもいいですし、どうでもいいと思うのは読み手としてのこちら側の意思や感想ということではなく、書き手側から提出される天使や使い魔や不老不死、といった物語以上にふわりとした感触に投げて不時着して許されるような“軽すぎる”らしい作為にむしろ理解こそを思いつかされなかっただけのことなので勘違いしてはダメです。


むしろ偶然にも表現されていることがあるのだとしたら、

>思春期特有の

というその良くも悪くも未熟な感じには違いなく思わされるのはわたしだけでしょうか。
単純に作品レベルとしての読み心地という意味において、物語としての設定における事実と感情と思考の接続の悪さはある意味“思春期特有の”軽さ、浅さ、迂闊さ、のような、つまりは良くも悪くも未熟な感じと皮肉にもリンクして見えなくもないという印象ではありました。

ジャンルであったり対象読者層であったりと、作品の目指し方次第によってそれらしい及第点や表現レベルは変化して然るべきとは思うのですが、それにしても読み物として成立するためにこそ最低限担保されて然るべきと思われる感情や思考における事実っぽさというマナー、それにまつわる最低限の接続的な舞台表現やコミュニケーションのようなことが単純に人間らしさという意味において良くも悪くも維持されて初めてその世界になるものと考えるタチの者としては、そもそも登場人物のそれぞれの行動も思考も言動も感情もはっきりと出来損ないのロボットによるそれのようにしか見えない印象を受けずにはいられませんし、取り巻く事実の不可解さもまた白昼夢の如く寄る辺のない感触で、

>青年の心理描写を薄くすることで少女の印象を強くしようとしました

という狙いそのものこそむしろ不出来を炙り出す、付き合わされるものとしては違和感以外の何ものでもないものを見せつけられるばかりの、まったく無邪気な皮肉としか受け止めようがない印象でしかありません。



つまり作品の内容、物語について以前のことですから、例えば先にあるお二方の感想のやり取りなどはまったく馬鹿げた茶番としか思えない、というイラ立ちにこそ違いありません。
かなり失礼な感想であることは承知の上なのですが、個人的には最初の段落でさっそく読むのをやめたレベルの話について、あまりにも的外れのようなやり取りを見かけてしまったものですから、ついイラついてしまいました。
事故みたいなものなので素直に謝ります、どうもすみません。
ですが、作品への感想は全くの本音です。


文盲まるだしの馬鹿げた感想もどきと、こんな厭味ったらしさと、作者であるあなたの目的にはどちらが似合いますか。
最低限の土台を無視しても適うらしい世界など、個人的にはまったく評価に値しない気がしてしまうだけなのですが、どうなのでしょうか。

松岡修子
249.253.149.210.rev.vmobile.jp

>これは、そんな俺を成長させてくれた天使との出会いの物語だ。
 からイヤな予感はありました。『壮大な前ふりの割には中身が薄いのではないか?』という予感。ビンゴでした。

>三崎は周囲の【感情を支配する】能力を持っているのかもしれない。
 違和感あり。感情に影響を及ぼす、周囲の人間を和ませる、辺りでは?

日乃万里永
KD106160080156.ppp-bb.dion.ne.jp

拝読させていただきました。

御作は、ここで終わってしまう話ではないと思います。
これが序章だと言われるなら、読者は納得すると思いますが……。

一人の少女が死の恐怖から逃れるために自殺し、その報いとして不老不死の体を与えられた。
けれどもそれは、痛みのある不老不死です。
最も重い罰です。
多分これからその重すぎる罰を身をもって体感することになるのかもしれませんが、お話はこれからなのですよね。

死にたくても死ねないということは、それ自体が恐怖です。
記憶を持ったまま、いつか襲い来るだろう痛みに怯えながら生きなければならないというのに、これ以上の苦しみはありません。

それを主人公とどう乗り越えていくのか、少女が天使になったのなら、それ相応の天界とのやり取りがあるはずです。
少女が救われるために、これからどのような難題に立ち向かっていく必要があるのか、その辺りがこの物語の読ませどころであると思います。

ですが作者様の設定上、もし少女に痛みというものがなく、ただ不老不死の天使になったのなら、それはそれで、死ねないという、永遠に終わりがないという苦しみに苛まれることになるのだと思いますが、それはそれでまた、そういう生き方をしろということで与えられた任務ということになるのでしょうね。
そういった、歴史上の不可思議な存在は実際にいるようですし。

今後の展開がおおいに期待できそうな物語だと思いました。

読ませていただきまして、ありがとうございました。

夕凪
KD106128122201.au-net.ne.jp

>そうげんさん
感想ありがとうございます!
地の文の薄さに関しては自分もどうにかならないものかと思っていました泣
戯曲は盲点でした!勉強してみようと思います!
冒頭の部分で大きく出てしまったのは失敗でした……
短編全体がプロローグのようになってしまいました、反省しています。
今後はもっとストーリーの構成を練って、全体の見通しを良くしていきます!
ありがとうございました!

夕凪
KD106128122201.au-net.ne.jp

>偏差値45さん
感想ありがとうございます!
文章に関しては自分の筆力不足です。読みづらい文になってしまいすみませんでした。
盛り上がりに欠ける展開になってしまったことは、大きな反省点として受け止めます。
頂いたアドバイスを今後に活かしていけるよう頑張ります!

夕凪
KD106128122201.au-net.ne.jp

>群青ニブンノイチさん
感想ありがとうございます!
正直設定に関しては自分の筆力不足を誤魔化す言い訳のような部分があったので、本当に反省するばかりです。
読んでくださる方にも失礼だと、投稿した後に気が付きました。
作品に関するご指摘は、本当に仰る通りだと思います。
素直に受け止め、今後の作品作りに活かしていきます。
下手くそな返信になってしまいすみません。ありがとうございました!

夕凪
KD106128122201.au-net.ne.jp

>松岡修子さん
感想ありがとうございます!
バーン!と打ち出した割に小さく、というか広がらないまま終わらせてしまったことは本当に反省しています。
台詞回しに関しても、言い訳のしようのない筆力不足でした。
ご指摘を素直に受け止め、今後に活かしていきます。
ありがとうございました!

夕凪
KD106128122201.au-net.ne.jp

>日乃万里永さん
感想ありがとうございます!
正直これで終わりのつもりで書いた作品なんですが、読み返してみると設定だけ詰め込んだラフ画のような仕上がりになっていました。読んでいただくには稚拙すぎる作品になってしまい、反省するばかりです。
三崎の件に関してもいくらでも掘り下げられそうなので、続きも書いていこうと思います。
読んでいただきありがとうございました!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内