作家でごはん!鍛練場
しまるこ

年末年始は竹内まりやのことを考えていた

【年末年始は竹内まりやのことを考えていた】


 年末年始は竹内まりやのことを考えていた。もともと竹内まりやにはこれっぽっちも興味はなかったけど、年末の竹内まりやの特集番組を見ていたら、こんなに綺麗な64歳がいるのか……! とびっくりしてお茶を吹いてしまった。俺だけ2019年に永遠に置き去りにされそうなくらい固まってしまった。
 おそらく年齢を考えれば、この世で最も綺麗な女性ではないだろうか?
『いのちの歌』には興味がなかったから紅白さえ見なかったけれども、YouTubeでずっと竹内まりやの楽曲を聴いていた。ガキの使いや大晦日の格闘大会やらに目もくれず、ただ竹内まりやの動画を見ていたら2020年を迎えていた。とうとう俺も狂ってしまったのかもしれない。
『純愛ラプソディ』が一番素晴らしいと思った。『真夜中のナイチンゲール』のPVも、女神の降臨にしか見えず、煌々と下々の民を圧倒するオーラを飛ばしているが、個人的には『純愛ラプソディ』が一番よかった。夫の山下達郎氏もこれが一番いいと言ったらしいが、その意味がよくわかる、思わず30回ぐらい聴いてしまった。
 女というものを極限まで洗練させていくとこういうことになるのだろう。中島みゆき、松任谷由実と共に最高の歌姫の三傑として数えられるが、歌手としてはとなると俺にはよくわからないけど、女を一番極めたのは竹内まりやだと思う。
 
 この人には狂気が内包されている。目の奥にどこか危なっかしい光がある。この目は悪い世界が見えている目だ。怪物と目が合ってはいるけど、軽く戯れる程度に抑えている。入り込むのは想像の中だけにしておこうと散歩する程度にしている。実際、不倫を題材にしたものや火曜サスペンス的な楽曲が多い。これらは自身が体験したものではなく、周りの女性や、想像の中を散歩して持ち帰ってきたものだろう。女の血が騒ぐが、それを芸術に昇華させて遊んでいるように見える。
 雰囲気でいえば大地真央と似ている気がする。二人とも、朝起きたらスリッパを履いたままどこかに旅立ってしまいそうなところがある。夢遊病的な、詩的めいた、日常から離れたものを感じる。

 歳を取らないのはこの幻想的な世界に住んでいるからだろう。どこかの記事に、仕事よりも主婦業を優先してきたとあったが、この人は日常に溶け込んでしまう人ではない。皿を洗いながら、光粒に囲まれて過ごしている。日常に溶け込んでしまう人は凄まじい速度で老化する。うちの母は竹内まりやの10個下だけど、ずっと老けて見える。
 波動だろう。女帝の波動だ。シワもシミも汚れもすべてを超越する波動。この人はその存在を知っている。歌を歌いながら、あるいは洗濯物を干しながら、その波動ですべてを払拭してしまう。内側からこの波動を発揮さえすれば、いつでもキレイになれることを知っている顔だ。見た目も、心も、歌も、すべてはこの一点から来ている。すべての女性は、この一点を探求することで永遠に綺麗でいられることを、竹内まりやから学ばなければならない。


【馬場ふみかの考察】


 まず、名前が素晴らしい。顔と名前がこれほど一致した女もいないだろう。
 一見、上品な顔で育ちが良さそうだから、丁寧に扱ったらいいのか雑に扱ったらいいのかわからなくなるが、「馬場」という苗字で合点する。ああそうか、そういうことか、抜き散らしていいんだと、こいつは抜かれにきた女なんだと腑に落ちる。これが、「加藤恵理子」とかつまらない名前だったら、あー? なんだてめぇ、アナウンサーでもやってろッ! と髪を掴んでTBSのビルに放り投げるところだが、馬場はまさに奇跡だ。それに続くふみかも、マクド・ナルドのように完璧な配置とリズムを誇っている。
 
 細いのに巨乳。砂時計のような胴をしている。しかし、こんなに細いのに不健康には見えない。健康そうに見える。上品でありながら、エロさがある。これはグラビアで最も大事なところだろう。いくら天才美少女の名を欲しいがままにしている橋本環奈だとしても、抜けなかったりする。
 神聖さがある。あごのラインがすっとしていて、抜けるように気が流れている。一つ一つのパーツがうるさくなく、控えめである。といっても、顔が小さいことが一番大事だったりする。顔が大きいとその時点で神聖さはなくなる。50万と10万以下で売られるトイ・プードルの違いは骨格にあるという。運がある。どうやっても悪い人生にはならない顔だ。美しいとは、それだけ神に近いことだ。しかし神聖でありながら、たぬきのような顔をしている。たぬきという、動物の中で最も下等でだらしない生物に似ていることは、我々を安心させる。たぬきだから安心して抜き散らしていいんだということになる。アーメンとザーメンをひとつにしたような女だ。
 
 この手の女は決まって女優になりたいというけど、馬場ふみかは女優にはなれない。変な医療ドラマに出ているのを目撃したけど、あれはドラマではなく写真撮影だった。一人だけ写真撮影をしていた。みんなが役になり切っている中、彼女だけが自分の顔をしながら救急箱を持って走っていた。馬場ふみかと似たタイプを探すなら相武紗季だろう。相武紗季と存在と役割がよく似ている。彼女たちは観葉植物みたいにその辺に突っ立ってることしかできない。なのに仕事がもらえる。それが一番いいのである。彼女たちを主役にしてしまったら一話目で病院が潰れる。間違って点滴にウーロン茶を入れてしまい患者は全員死ぬだろう。彼女たちが自分の内面を豊かに掘り起こし、泣いたり怒ったりしているところなんて、誰も見たくないのだ。それは沢尻エリカの仕事だ。

 馬場ふみかは自分が抜かれていることに対してどう思っているか? おそらく、どうでもいいと思っているだろう。彼女は自分がどう見られているか、どう抜かれているか、気づいている。目の前の男たちのひとつひとつの視線に質量を感じていて、右のおっぱいに14グラム、左のおっぱいに11.5グラムといったように、正確に測定できてしまえる。数字を叩き出しながら、元気におはようございますと言っている。その視線に気づいていないふりをしているが、その気づいていないふりすら気づかれていることも気づいている。みんなですべてに気づいていながら仕事の話をするので、いったい何をやってるんだろう? と思いながら、今日も仕事に行くのだ。


【もし俺が山口メンバーだったら】


※控え室

城島「何してくれてんだよ〜……、しまるこ〜……」

国分「あのなぁ、お前のせいで解散になったらどうすんだよ」

松岡「落ち着こうぜみんな。しまっちゃん。なんかあったんだろ? 俺は、しまっちゃんのこと信じてる。本当のこと俺達に話せよ」

しまるこ「松岡。前から思ってたけど、お前はいつも話し方がかっこつけてて不自然なんだよ」

しまるこ「福山雅治もそうだけど 、話し方だけは絶対に不自然になっちゃいけない。 一瞬時間が止まるんだよ。この人はかっこつけることに夢中で、こっちのことは何も考えてくれないって気分になる。頭の悪いファンはその違和感をかっこよさと履き違えるけど、そんなことやってると本当のお前を出しきれないまま終わるぞ松岡」

松岡「……」

しまるこ「お前は一度、生放送で全裸になった方がいい。そうすれば男のファンが増える」

城島「女のファンが減るだろ」

長瀬「おい、ふざけんなよしまるこ!」

しまるこ「長瀬。お前は演技はいいけど歌は駄目だな。ヴォーカリストとして声質がよくない。どこにでもいる兄ちゃんの声だ」

長瀬「ああ?」

しまるこ「そうやってヤンキーみたいな役をやってるのが一番いい」

国分「しまるこ! お前のせいで今俺達がどういう状況になってんのかわかってんのかよ!」

国分「俺達だけの問題じゃねえんだよ! 番組スタッフやスポンサーや事務所だったり、関係者にどれだけ迷惑かけてんのかわかってんのかよ!」

しまるこ「国分。ガチンコファイトクラブはもう終わってる」

城島「国分の言うとおりだしまるこ。ファンがどれだけ悲んでるのかわからないのか?」

しまるこ「ファンだってわかってるだろ。俺たちがオワコンだってことに」

しまるこ「コンサートも、昔からの根強いファンが骨を拾いにやってくるだけだ。『宙船』歌うと、酔っぱらいが顔を紅くして騒ぐだけだ」

しまるこ「昔あんなにいた女の子たちがいなくなっちまったから、女子高生に『うわさのキッス』をするしかなくなっちまったんだろーが……!」

城島「しまるこ……」

しまるこ「ファンも気づいているんだ。SMAPも解散して、嵐も休業を発表して、俺たちもとっくにその段階に来ているのに、だましだましやっていることに」

長瀬「サガること言うんじゃねーよッ!」

城島「でもな、しまるこ。謝らないと、その風呂場の汚れのような根強いファンすらいなくなっちまうんだぞ?」

しまるこ「いや、ここで謝って世論に屈する方がまずい」

しまるこ「『やっぱりTOKIOは社会や既得権益に屈するんだ。結局芸能人生が大事なんだぁ〜』って思われてしまうんだ。世論は今、それに反抗する豪傑を求めている。リーダーはおっさんだから時代錯誤しているけど、若い奴らは、謝らない俺達を見て、『へぇ〜、TOKIOって、国家権力に屈しないんだぁ、すげぇ〜』って思うんだ」

城島「いや、でも、これまで支えてきてくれたファンは……」

しまるこ「リーダー。あんたはファンがファンがっていうけど、エアコンのファンのように空回りしているよ。ファンは果たして俺達が世論に負けて、泣きながら宙船歌うのを聴きたいかねぇ?」

長瀬「お前が謝んねーと、宙船も歌えねぇんだよ!」

国分「おいしまるこ。俺たちの前では何言ってもいいけど、謝罪会見では絶対に謝れよ?」

しまるこ「国分。ジョン・レノンやフレディ・マーキュリーが謝ると思うか?」

しまるこ「二流三流は謝るけど、一流は決して謝らない」

しまるこ「本物はいつだって自分の信念をメロディーにのせる。ここで謝るのは自分の音楽を否定することになるんだ」

しまるこ「沢尻エリカはいいとこまで行ったけど、惜しかった」

松岡「なんでこいつ女子高生とキスしといてこんな偉そうなん?」

※記者会見

記者「しまるこさん! 女子高生とキスしたというのは本当なんでしょうか?」

しまるこ「はい」

記者「なぜキスしたんでしょうか?」

しまるこ「したかったからに決まってるじゃないですか(笑)」

記者「相手の女性は嫌がっていたと伺っていますが?」

しまるこ「彼女はもともと知能が低くて、僕と一緒にいる時は楽しんでたくせに、親やマスコミが騒ぐと、一緒になって僕の悪口を言っちゃうほど、ずるくて未熟なんです」

記者「あのー、しまるこさんの口から謝罪の言葉が聞こえてこないのですが」

しまるこ「は? 謝りませんよ?」

記者「は?」

周囲「(ザワザワザワ……!)」

しまるこ「謝罪ならむしろあなた方がするべきでしょう。寄ってたかって、一人を取り囲み、さぁ泣かしてやるぞ、情けない大人の姿を公知に晒してやるぞ、と意気込んでいることの方が謝罪に値します」

しまるこ「あなた方は局に守られてるし、この場にたくさんのお仲間がいるし、世論の追い風もあるし、さぞ強気でしょう。矢が飛んできたら引っ込めばいい。あなた方の一人でも私と今入れ替わったら、 泡を吹いて卒倒するでしょう」

記者「しまるこさん。あなたはどれだけの関係者に迷惑をかけたか分かっているのですか?」

しまるこ「関係者……ですか」

しまるこ「あなたは今朝、廊下ですれ違った女性記者の性的感想文ならいくらでも書けたけど、目の前の仕事は2、3行書いてタバコを吸いにいってしまい、昼はうなぎを食って、夕方過ぎにやっとの思いで怒られない程度に仕事を片付けて、その足でここに来ましたよね? 僕にはわかるんです」

しまるこ「関係者なんていうけど、関係者の一人一人なんてこれが実態です。うなぎ食ってタバコ吸ってるだけです。例えば、『Rの法則』ですか? あれは僕が司会をやってましたけども、あの番組がなくなったとしても、プロデューサーもスタッフもその仕事をやらなくなるだけです。楽しみにしてた視聴者も、番組が視れなくなるだけです」

記者「視れなくなったら困るじゃないですか」

しまるこ「すぐに『Lの法則』が始まるだけです。いいんです。『10代の水着女子ポロリしやすいポイント!』をカンペ通りに言わされて、僕たちは下品な言葉で口を汚すしかないだけの番組だったんですから」

記者「どうして女子高生とキスしといてそんなに偉そうなんですか?」

しまるこ「僕がロックだからです」

記記者「(お前ベースだろ)キスをした女子高生とは『Rの法則』で知り合ったそうですね?」

しまるこ「はい」

記者「企画によっては、『スカートがめくれる問題』と題して、女子高生に強風を当てて実演させるなど、あからさまなお色気企画もあり、それがしまるこさんの欲望に火を付けたのではと憶測が飛び交っていますが?」

しまるこ「おっしゃる通りです。私はあの番組の被害者です」

しまるこ「あの番組に出演するモデルやアイドルは、楽屋が男女同じであり、連絡先の交換が容易なんです。男女交際の温床になってました」

しまるこ「同じ司会の高市アナウンサーも楽屋で出演者とキスしてましたよ。NHKのアナウンサーはみんなやってました。なんで僕だけ矢面に立たされなきゃならないんですかね?」

記者「簡単に仲間を売るんですね。ロックだったんじゃないんですか?」

しまるこ「僕はベースだからいいんです」

記者「では、被害者の女性に謝罪の気持ちはないということなんですね?」

しまるこ「嫌だったら家に来るはずがありません。女子高生はいつだって世論を隠れ蓑にする生き物なんです。あなた達と一緒です。『大丈夫? 変なことされなかった?』と周りに同情されると、ぶわぁーーっと涙が溢れてしまうんです。さっきまで一緒にドラクエウォークやってたんですよ? それに付き合わされた私の目にもなってください」

しまるこ「だから私は絶対に謝りません」

年末年始は竹内まりやのことを考えていた

執筆の狙い

作者 しまるこ
KD106180004110.au-net.ne.jp

芸能ネタの短い書き物を三作品寄せ集めてきました。

コメント

そうげん
121-83-151-235f1.shg1.eonet.ne.jp

わたしは中高時代、竹内まりやさんの「マンハッタン・キス」とかラジオで聞いていたはずです。まだデビューしていないはずの大人の世界に対して、デビューする前からもうその世界が終わりに近づいていることを潜在意識のなかで感じとっていたように思います。自信を鼓舞する傾向が垣間見えた瞬間にそのカテゴリーはオワコンであることを自ら露呈してしまっている。しかし当時高校生だった自分は知らない世界を自分の中に受けれるためには全的にその要素を享受するしかない、一種の諦念めいたものが自分に内部に存在していたことを懐かしく思い返しています。

90年代の空気感を十全に小説世界に描いてくれているアーティストを自分はまだ見いだせていません。80年代の安定の中、00年代のポップに過ぎる時代のあいだに挟まれたミステリアスな90年代をちゃんと受け継いで作品にしてくれているものって、プロの作品の中にもあまりにもタブー視されるものが多すぎて、安易な手には余る仕事になっているように思っています。

世紀末というガワの論理だけでなく、世論が小室ファミリーの音楽性を語っていれば何とかなっていったように見えるその裏側でどれだけの多くの人が、本来見据えるべきものをスルーして放擲してきたか、本当はその本質こそをとらえて抉り出すべきであった文筆の世界で大勢に流されて行っていまにも継続されるあまあまの世界観へとつづく流動性に、わたしは遣る瀬無い思いを抱いているものです。

本来かけていくべきフックの矛先をあいまいにしてきた結果が、いまの現状だと思っています。いまの文化の一般はあまりにあまあまだと思いませんか。90年代前半の本質論を知っていればこそ、これではだめなんじゃないかと感じるだけのベースが書き手さんのなかにあるのではないかとわたしは思うのです。

しまるこ
KD106180004110.au-net.ne.jp

そうげんさん

コメントありがとうございます。確かに、最近の音楽より90年代の音楽の方が好きです。ドラマもです。

たまたま映ってた竹内まりやの美しさに驚いて書いてみたくなっただけなのですが、そうげんさんの中高時代の思い出を刺激することができて何よりです。

松岡修子
105.250.149.210.rev.vmobile.jp

【年末年始は竹内まりや】
>俺だけ2019年に永遠に置き去りにされそうなくらい固まってしまった。
この一文、良いですね。作者のセンスが感じられます。

女性を賛美する際の陳腐な言葉を使わず、自分の言葉で力いっぱい表現して成功している作品です。素晴らしい言語センスだと思います。ご本人に送って差し上げてはどうでしょう?
 
【馬場ふみか】
>アーメンとザーメンをひとつにしたような女だ。
これまで述べてきた彼女に対する考察を端的に表す名文です。彼女の写真集やDVDのキャッチコピーにも使えそうですね。彼女自身のキャッチフレーズとしても(実際には無理ですが)。

【山口メンバー】
>風呂場の汚れのような根強いファン
秀逸です。

作中のしまるこメンバーの主張内容は、山口メンバーや山口メンバーのファンの腹の中というシニカルなブラックジョークですね。

しまるこ
KD106180004110.au-net.ne.jp

松岡さん

ありがとうございます。松岡さんのお褒めに与り光栄です。竹内まりやのやつは5日間ほど竹内まりやさんのことを考えて、書いたのは10分ぐらいでしたが、私のお気に入りなので褒めてもらって嬉しいです。

うたれ弱さがカワイイ
softbank126243119145.bbtec.net

あー、めんどくせえー。クズどもに訴えられるかもしんねー、
投稿日:2020-01-13 更新日:2020-01-17

小説投稿サイトのゴミどもに、この記事を投下して、てめーらが糞つまんねーということを知らしめてやったら、訴えるとか言ってきやがった。

おめえらがクソつまんねーもん書いてるから、本物の芸術を見せつけてやってんだろうが。著作権侵害だと? 悪辣で最低だと? 見て絶句しただと?
なーにが著作権だよ(笑) 著作でもなんでもねーよ、ただのウンカスじゃねえか。糞ッタレどもが、ちゃんとオムツはいとけよ。垂れ流れてんだよ。
教科書だよ、教科書!
お前らの目を覚ましてやるために、こうやって仕方なく骨を折ってやってんだろうがッ!
天才様が、汚ぇ通りがかりの壁にションベン引っ掛けてやってんだろうがッ! ありがたく両手を差し出せや!
作品で殴られたなら、作品で殴り返してこいよ! それが創作家の態度だろ? それが出来ねぇから、お前らは三流なんだよ。お母さんの代わりに裁判官に泣きつくのか? ウンコ漏らしながら? 未だに赤ちゃんだから、ウンコ漏らしちゃうんだな。
俺だって暇じゃねーんだよ。いつまでもゴミみてえなこと書いてるから、親切にブンショウの書き方を教えてやってんだろうが。
ちっとはまともなもん書いてからブツブツ言いやがれ!
全く感謝されんだったらわかるけど、飼い犬にウンコ投げられるとは思わなかったぜ……! もう寝るッ!


 
0321 この名無しがすごい! 2020/01/14


287にこう書いたのは何も、法の話に限定しているわけでは無い。 
しるまこは、体験を感性で面白く述べていくタイプだろ、だから、 
ああいうネットの悪戯をやった場合にも、どういう報いを受けるのか強烈に体験したほうが書き手としての糧になるんじゃないのかって話。 
なんとなく流されたままじゃこういう寒い行為がセンスあると勘違いしたまま歳とって、何も成さないまま虚栄心だけが無意味に残る。松二号の出来上がり。


しるまこにとって、ごはんの作品投稿者や作品批評者が馬鹿に見える、マウントしたい、それで書きなぐるのも、個人的には悪くないと思う。若いうちなら愚かでも花があるからな。



でも、こいつ、 

「作品と感想の組み合わせを改ざん」 

してるだろ、すでにそこまでやってる。

あんなつまんないことで、実はそこまでやって、あのよくある無頼系ライター気取りの文章って、もう終わりじゃね? 
だからセンスの枯渇に追いつかれない量で、濃い経験続けていかないと伸びないような気がするんだよな、ああいうのは。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内