作家でごはん!鍛練場
あかね

アイスコーヒー

こんなに寒い日にアイスコーヒーを飲むなんて狂気の沙汰だと思いながら凍えてかるく震えている指先でアイスコーヒーの氷をかき混ぜると、カランカランと涼やかな音がする。夏ならいいが今は冬真っ只中。ほんとになんで私は身を縮こませながら氷をかき回しているのだろうか。寒いのは承知の上ででも、胃の中に注ぎこまれるのは冷たい液体。冷たいのは身体だけじゃない。心も寒い。
自虐的な事をしたくなってあえてアイスコーヒーを頼んだのだ。苦い液体にとろけるようなガムシロップと人工的に作られたミルクを注ぎカフェオレにした。甘さとまろやかさがあいまみえて薄い黄土色になった寒さの元凶は早く飲んでくれと言っている。
知ってる?死体ってすごく冷たいんだよ。
一口飲んでやっぱり身体が凍えてくるのを感じながら、血の気を失って白くなった彼女を思い出した。愛は誰もが自然と求めるものだけれどどこにも落ちていないしお金でも買えないしまったくどうしようもないシロモノで、愛のために人は右行左行して最後には諦めの境地に至る。
彼女は僕に声をかけてくれた最初の人だった。
煩いなと思った。
僕は人の声が聞こえないようにかたくイヤフォンで耳に栓をしてつまらない授業を聞くふりをしながら緊張感を紛らわしつつ本当は何も頭に入っていなかった。
「ねえ。」
彼女は僕の肩を揺さぶり無理矢理に注意をひいてイヤフォンをひっぺがした。
「授業つまんないよね、このまま2人でサボっちゃわない?」
悪女の誘いに乗ったのは大学で友人が1人もいない自分の状況に限界を感じていたからかもしれない。
「私、類。鹿目類っていうの、よろしくね。」
ああ、鬱陶しい。僕みたいなやつに声をかけるからには相当の物好きで世間知らずでややこしいタイプに決まっているのだ。だが僕は大人しく類についていった。
2人で始めて一緒に飲んだのがアイスコーヒーだった。
「私アイスコーヒー好きなんだよねー。ほろ苦くて頭をスッキリさせてくれてカフェインがいい感じに作用するの。」
どうでもいい、と僕は不機嫌な顔をみせたが、類は気にもとめず授業が下手な先生は誰だとか、体育が苦手だとか、ランチは何がいいとかたわいないことを話していた。
季節は夏で、もうすぐすれば大学の長い長い休暇がはじまり、僕の緊張感に溢れた学生生活も一旦休息にはいる。夏の日差しは僕らをこんがりとバーベキューにしようと企んでいて焼かれながら少しは健康的な肌色になるのだろうか、それならいいかと汗をながす。
類からはバニラの香水の香りがした。
風の音、木漏れ日、殺風景な三流大学の校舎はいっぺんに僕の記憶に流れ込んできてそこに類がいた。光がキラキラと反射して類の口紅の色が少し派手すぎるように感じさせた。オレンジ。健康的な赤に黄色を少し混ぜ合わせてパレットの上でぐるぐると宇宙の木星の環を描く。オレンジは生きている女の子の色で、活発、素直、明るさ、とほとほと僕には関係ないようなイメージの色だ。
僕には眩しすぎる。薄暗いネットカフェでパソコンのブルーライトだけを見つめていたような僕に急に真夏の太陽がさんさんと降り注ぐハワイのビーチが襲ってきたみたいだった。
身体に急な変化は毒である。
スマホにイヤフォンを差し込み直して音楽で耳を塞いだ。暗い海の底の光も届かない所で深海魚のように環境に適応した進化を遂げて僕は生きている。ハワイのビーチは僕の居場所ではないことを自覚しているしそこに行きたいとも思わない。
類とはそれっきりだった。大学で探してみたけれどめっきり彼女を見かけなくなり、そのまま長期休暇夏休みに入ったからだ。
何の予感もなかった。僕はただ自堕落に毎日をおくり、退屈が脳を支配して何の予感もないまま、60日といううだる日をただただ消費した。
大学で、類を探してみてはした。だが彼女はどこにもいなかった。
彼女が自殺したと聞いたのは、噂にうとい僕だから、冬に差し掛かり12月の寒さが身を切るようになってからだ。
海に身投げをしたのだという。原因はよくあるイジメ。知らないところで密やかに人は人を追い詰め崖っぷちでその背中を押す。静かに誰も気づかないようにあざとく狡猾にとても静かに。
類は、オレンジの口紅が似合う子だったが、海の底の住人になったのだ、それは少し早すぎる決断だったように思う。
僕はこんな寒い日にだからアイスコーヒーを飲んでいる。

アイスコーヒー

執筆の狙い

作者 あかね

大学時代の憂鬱で暗い思い出を描いてみました。どんよりと、鬱屈した気分に浸っていただければ幸いです

コメント

ラピス

陰鬱な雰囲気はよく出てますね。構成もいいと思います。
ただ冬に暖かい部屋でアイスコーヒーを飲むのは普通なので、大袈裟に感じました。これが冷たい外で、手がかじかみながらとかならまだしも、喫茶店の中ですよね?
一文が長く、読点があまりないのは読みにくくなるだけで、おススメできません。近頃は、ごはん内でその手の試みをする人をわりと見かけますが、悪い見本ですよ。
いじめネタは安直でしたね。投稿作に多いらしいから、避けたが無難です。自死のわけは、謎めいたままでもいいんじゃないでしょうか。

あかね

ラピスさま
ありがとうございます。鬱鬱とした雰囲気感じでいただきありがとうございました。
一文が長くなるの私の癖でした。読みにくかったようで恐縮です。
確かに暖房の効いた部屋ではアイスコーヒー寒くもなかったでした、ただ、死体を思い浮かべながらだったので薄ら寒い雰囲気をだしたかったのです。設定を考えればよかたです。例えば海辺で自殺した類を追うようにとか。
いじめネタは手垢がついていましたか、もっともっと陰鬱な理由にすれば読書さまにお伝えできたかな。書き下ろしだったから推考が足りませんでしたね。類と僕が恋愛関係にあるわけでもなく、作品に深みが無かったです、色彩にこだわりがありましたがそこには触れていただけなかったのか残念でした、
厳しいご意見をありがとうございました。
またよろしくお願いしますね、

\(^o^)/

 飽きずに最後まで読めました。わりと読みやすく無駄なところもなくすっきりとまとめられた作品だと思います。憂鬱で暗い思い出を描いたんですね。読んでみて「どんよりと、鬱屈した気分」には浸れませんでした。
 彼女の死を知るまでの主人公の鬱屈した気分は伝わってきましたが、彼女の死を知ってからの描写からは淡々とした印象を受けました。
 悲しみや喪失感、『もっとちゃんと彼女と向き合えばよかった』という後悔、一度も彼女とちゃんと向き合わなかった自分への怒り、加害者たちへの怒りは感じませんでした。
 これらは心理描写が足りなかったのでなく、彼女の死を知ったばかりでショックが大きすぎて、主人公は一時的に失感情という状態になっていたとも解釈できます。であるなら心理描写がなくても問題ないと思います。

 いくつか気になった点を。主人公の一人称として「私」と「僕」が混在しています。

>甘さとまろやかさがあいまみえて薄い黄土色になった寒さの元凶は早く飲んでくれと言っている。

 苦さと甘さとまろやかさとがあいまみえて薄い黄土色になった寒さの元凶は、早く飲んでくれと言っている。

>愛のために人は右行左行して最後には諦めの境地に至る。

『右往左往』では? 右行左行という言葉があるんでしょうか? 知らないので教えてください。

>類からはバニラの香水の香りがした。

 活発、素直、明るさというワードやハワイのビーチが似合いそうな女子大生なら、香水(パルファム)ではなくシャワーコロンとかオーデコロンを使うと思います。

>そのまま長期休暇夏休みに入ったからだ。

 そのまま夏休みに入ったからだ。

>大学で、類を探してみてはした。

 大学で、類を探してはみた。

>彼女が自殺したと聞いたのは、噂にうとい僕だから、冬に差し掛かり12月の寒さが身を切るようになってからだ。

 僕は噂にうといものだから、彼女が自殺したことを知ったのは12月。風は身を切るような寒さになっていった。

 最後まで読んでから気になったのは、冒頭の喫茶店のシーン。

>血の気を失って白くなった彼女を思い出した。

 この箇所です。彼女は夏休み中に自殺したのだと思ってました。だから新学期には姿がなかったのかと。主人公は噂に疎いから、その事実を知ったときには12月になっていたのかと。この場合、遺体を見ることはできません。とうに灰になってますから。
 であれば、彼女は12月になってから死んだということになります。だから主人公は彼女の遺体を見ることができたわけですね? であれば、「噂に疎い僕だから」というくだりを削除する必要があります。

 執筆途中で設定(性別、死んだ時期、遺体と対面したか否かなど)を変更した場合、作品全体の整合性をよく確認しましょう。矛盾があると読者が感情移入してたとしてもシラケます。途中までは感動したとしても感動が減ってしまいます。

 表記の仕方(原稿用紙の使い方)について今一度よく確認してください。複数箇所、訂正の必要があります。

見習いさんH

拝読しました。

少し、順に読ませていただいて、勘違いしたところを……。

視点は女性?

男性

高校生?

大学生

イジメ??

大学でそんなイジメってあるのでしょうか?
私の感覚が違うのかしら?

冒頭、アイスコーヒーを『頼んだ』とあるので、お店?ですよね。
そんな寒いか?
この点にも違和感がありました。象徴的なシーンなので、ちょっと残念でした。

女性のお名前格好いいですね。
読ませて下さり、ありがとうございました。

見習いさんH

執筆の狙いに『思い出』って書かれてる……!
え、本当のお話だったのかなあ……だったら、ごめんなさい。

群青ニブンノイチ

クリスマスですね、こんにちは。
面倒な奴が来た、なんて眉をしかめるのはやめてください、せっかくクリスマスなんですし。


掌編がどうして難しいとされるのか、その理由の一つ一つを建前のようにあげつらうには持ってこいのような曖昧な認識に落ちた一作のように思わされました。
残酷な言い方ですが、こういった目利きのまま文章を書き続けても、恐らく成長は見込めないような気がします。
率直には狙いにある通り、

>どんよりと、鬱屈した気分に浸っていただければ幸いです

といったことが、何よりも書き手としての意識や観察を鈍く曇らせたのではないのか、と個人的には感じさせられています。


文章については読点がどうこうといった意見がありますが、それ以前に単純に文章としておかしい、ということなのだと思います。
いちいち説明しなければならないならやめてしまった方がいいような気がしますし、書きたいつもりでいるなら意味を考えながら、景色を、場面を、位置を、時間を最低限意識しながら、音読してみることをお勧めしたいような気がします。

M-1でかまいたちさんがやったやつ、UFJ、USJのネタ、ご覧になりましたか?
面白かったですよね。
ご覧になっていらっしゃらなかったらYouTubeで見てみてください。

そのネタの終盤の”どういう意味?”のくだり、あれを思い出しました。
意味がわからないというよりは、そもそもまともじゃない、というか、努めて結び付きたがらない感じといった方がいいのかもしれません。
もちろんわざとそうしているのだろう、といった意味で受け止めるつもりはありませんので勘違いしてはダメです。
いま、夏ですか? 冬ですか? 彼女、生きてます? 死んでます? くらい、個人的には結びつきの悪い文章にように思えて、こんなに短いのにもかかわらず、読了までに随分と時間が掛かりました。
あまり利口ではないので、何度か読み返したためそれは尚更のことでした。

一先ず端的には、読点がどうこうといった問題ですらないような気がします。


一人称としてのエピソードの語られ方や時制に対する意識など、基本的なことはほぼ完全に間違っていると断言しても問題のないレベルと個人的には感じさせられているのですが、そういったことは日々の読書や書き続けるに当たって、常に意識することを繰り返しているうちにいやが上にも違和感としてキャッチできるようになるはずと思うのですが、そういった意味合いでも現段階においてもっとも手加減のある指摘として単純なNG行動を考えるとすれば、やはり”雰囲気”ということなんだと思います。

>どんよりと、鬱屈した気分に浸っていただければ幸いです

やはり、すべてはこのせいなのではないのか、ということです。
こういうことを言われて、もし腹が立つのならば尚更ということなのですが、現段階の認識力で一人称を扱いたがるのだとしたら、まずは日記にすら及ばない現在進行形のシンプルな話を、回想などは一切盛り込まずに正確に書き切ることをやってみた方がいいように思います。
そんなことでも、”雰囲気”は死んだりしないもののように思うのですが、どうなのでしょうか。

キャラクターの思考や行動は文字通り、キャラですか。
もしそうなのだとしたら仕方がないのですが、それにしても作品全体の印象に役割をもってコミット出来ているものとは思い辛いような印象を受けますし、何より死んだ彼女がただの変わり者でしかなくなってしまうような気がするのですが、どうなのでしょうか。
ちゃんと、バニラの香りが似合う女の子に、その舞台を差し出してあげられていますか。
それともバニラの香りは、雰囲気のためのただのお飾りですか。
それは語り手である主人公の責任ですらあって、その役割を、せめてキャラクターレベルでも担保出来ているでしょうか。
そういった意味において、個人的にこの主人公は織り込み済みのモノとはとても思えない、ということを言っています。


雰囲気は雰囲気であって、作品がぼんやりと怠けて許される理由ではないように思いますので、他の感想者とは違う意見になりますが、浸れませんでした。
文章技術は仕方ありませんが、キャラクターの精度も低いです。
現時点の実力のままこのお話を少しでも読むに値するものにしたいとするなら、キャラクターの精度を上げることが手っ取り早い方策のように個人的には思います。
作品として未熟なりにも、読む人に少しでも親しみくらいは覚えてもらえる景色を描けそうな気がしないですか。

わかりますか?
つまり、この作品を一番見通せていないのは他でもない作者自身なのではないのか、ということを言っています。
納得出来ないようでしたらそれでも構いませんが、個人的には作者が他の感想にあるような理解に単純に筋を寄せてしまうのは気の毒なように感じさせられたため、お邪魔させていただいた次第です。
感じが悪くてすみません。

この程度では、恐らく完全にダメのような気がします。
単純に、文章としてまるきりダメのように感じさせられます。

由紀夫

執筆の狙いにもある通り、鬱屈とした雰囲気が出ていました。クールな文体ではありますが、主人公の内側にある人情味が感じられるところもよかったです!

細かい指摘の方は、すでに他の感想者さまが述べられているので、私の感想はここまでとさせて頂きます。

えんがわ

木漏れ日、光、オレンジ、ビーチと、そこらへんを上手くイメージを繋げていて、夏の空気を描いているところは好きです。

意外と言い回しとか比喩とか、ギリギリに気障っぽくなく、でも淡白すぎない、そういう言葉選びのバランス感覚は響いてくるところがあります。

夏から彼女は海の底、それは主人公の住んでいるこちら側に来てしまったのかな、彼女を通じて主人公の彼自身を描こうともしてるのかな、と思うのですが、どうにも言葉が足らないのか、そこまでイメージが深くは行きませんでした。

そのアッサリ感は実は悪いものではないし、個人的には好みのタイプです。
さっと流れてしまうのに、彼のアパシーというか、無関心な感じというか情の無さが出ていて。

でも、狙いを読むと、その最後あたりは、もう少し踏み込む、それは表現なのか、描写量なのか、いやその考え方なのか、わからいのですけど、そこが出来ればなんとなく狙った余韻みたいなものはディープになる気がします。

確かにアイスコーヒーの冷たさ、あたりは自分も違和感を感じました。シチュをもうちょっとうんうんしてもと思います。

\(^o^)/

 再訪です。冷たさを体感するためにアイスコーヒーではなくて、親水公園の水路に入るのはどうでしょう? 親水公園って、街なかにある街路樹と水路のある遊歩道みたいなのです。水路なら濡れるのは膝より下か少し上くらいまでなので、無理はないと思います。
 主人公は男性なので、豪快に噴水へダイブでも良いかもしれませんが、このキャラだとダイブはしないような気がします。水路に入って冷たさを噛みしめながら回想するのが似合いそうです。立ち尽くすか歩くかはお任せします。

そうげん
121-83-151-235f1.shg1.eonet.ne.jp

あけましておめでとうございます。寒暖の色彩感覚と肌感覚に溢れた掌編だったように思います。
なぜ冬の寒い日にアイスコーヒーを飲んでいるんだろうという、序盤の疑問が、ラストでしっかり明かされています。夏に彼女(類)と飲んだときと、いまこの冬にひとりで飲んでいるときの感じは、どうちがうんだろう。類が見せてくれたオレンジ色、またコーヒーの黄土色、光の世界、温かい感覚、その気持ちの点火されて、自分はずっと深海にいるものを思っていた主人公が、この冬にだって彼女との思い出のなかに浸りながら、アイスコーヒーを口にして彼女のことを想っている。ブルーライトの人工の光とハワイのビーチの天然のてりつける日差しとの対比もよかったです。だからこそ、読み終わった後に、温かいものと冷たいものを暗示する言葉の氾濫から来るあれこれが、かきまぜられた混乱のようなものを思わせて、ラストの切なさにもつながっていった気がします。よかったです。

そうげん
121-83-151-235f1.shg1.eonet.ne.jp

(見直し前のものを投下してしまいました。修正版です。)

あけましておめでとうございます。寒暖の色彩感覚と肌感覚に溢れた掌編だったように思います。
なぜ冬の寒い日にアイスコーヒーを飲んでいるんだろうという序盤の疑問がラストでしっかり明かされています。夏に彼女(類)と飲んだときと、いまこの冬にひとりで飲んでいるときの感じはどうちがうんだろう。類が見せてくれたオレンジ色、またコーヒーの黄土色、光の世界、温かい感覚。自分はずっと深海にいるものと思ってきた主人公が、彼女から温かい物を点火されて、この冬にアイスコーヒーを口にして彼女のことを想っている。ブルーライトの人工の光とハワイのビーチの天然の照りつける日差しとの対比もよかったです。だからこそ、読み終わった後に、温かいものと冷たいものを暗示するそれぞれの言葉の氾濫から来るあれやこれやが、かきまぜられた混乱を思わせて、ラストの切なさにつながっていった気がします。よかったです。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内