作家でごはん!鍛練場
えんがわ

光の道

 赤い赤い光が、黒い道にぽつぽつとある。光が照らし出すは一つのライン。
 僕はただその赤い光に沿って、歩き続ける。光は輝いていて、だけどその輝きは瞬間に消えてしまいそうで、僕の胸はちりちりとする。ただ前へ進むのは、この先の光の方が少しだけ強く見えるから、少しずつ強くなっているように見えるから。それはただ真っ暗なところに取り残されるのが怖いだけなのかもしれない。
 だけど、この砂利道、なだらかな上り坂。靴裏いっぱいに広がっていく痛み、徐々に重力に屈するように痛み出すふくらはぎ。寒風の中、背をじわりとさせ、シャツに染み、空気にふれ冷え、身体を震わせる汗。それに反して身体の底で熱く血のように沸騰していく熱。

 辛い、苦しい、の先に、喜びがあり、その先に、もっと大きな痛みがあり、だけどその先にまた。感覚と思考がスパイラルのように輪転し、徐々にそれぞれが強くなっていく。
 その感覚を、暗闇から逃げているという表現にしたくない。タイムを争っているわけではない。競い合う相手もいない。それでもこの歩み自体に何か、何か、僕を動かすものが。

 強くなっていく光に温度を感じ始めたのは何時からだろう。最初は暖かく、優しく、勇気づけるように、しかし徐々に熱く、激しく、まるで僕を攻め立てるように。鼓舞していく。
 足裏の痛みは足首全体にまで広がり、猫背はきしむように鳴き、喉元はからからだ。かろうじて出ていた唾を、口中で遊びながら舌先に染みさせていたが。それすらも絶えて、随分と経った。
 光はどんどんと熱く、輝き、ガラスのように透明に、だけどルビーのように強く。

 やがて、やがて、光の道の終わりが見えたころ。その正体もまた見えてきた。肉体。死体。人の形をした、もう人ではない、肉体の残骸を糧にして、光は燃え、輝いていた。明るいわけではない。ただ暗闇を頼りなく照らすように。

 徐々に光に侵食されきれていない死体を見かけるようになった。その顔の名残には、様々な表情が浮かんでいる。悔しくて溜まらない表情。まるで何か救世主を見たかのような安らぎの表情。どこかに帰ろうとする赤子の表情。だけど、一番多かったのがそのどれでもない、一日を終えて台所でビールとハンバーグをつついているような、そんな表情。それらを見るたびに、僕を焦がすちりちりとした熱は、少しずつ色を帯びるように強く、強く。

 光の道の果て。
 ようやく着いた。ああ、着いてしまった。
 先には暗闇が広がっていた。

 そこには老人というには若く、中年というには皴の深い男が、一人、眠るように横になっていた。
 僕に気づくと、彼はなんとか身体を傾けるように、両手をついて、顔を上げ、僕を見た。
 そして何かを言った。
 枯れ切った声、息では、何の音にもならない。それが僕には聞こえた気がした。
 僕もまた何かを返事し。それもまた音にはならなかったが。それからまた歩み始める。光の無い真っ暗な道を。
 背後でぼうっという音がした。彼の死にたての身体は、熱く、熱く、赤い光を発した。少しずつ彼の身体全体に燃え広がっていく。笑ったのかな。泣いたのかな。僕は歩き続けていく。やがて終わりが来るまで、真っ暗闇を。

光の道

執筆の狙い

作者 えんがわ

エチオピアのチキンカレーが食べたい。
よろしくお願いします。

コメント

今井舞麻

拝読しました。
抽象的な話でしたが、個人的には人生観的なものを垣間見たような気がしました。苦痛や喜びがめぐって行く様子や、初老の男性との出会いなど、肉体としての時間の流れが表されていると感じました。勘違いだったら申し訳ないです。
ありがとうございました。

えんがわ

ありがとうございます。

抽象的でした。
もっとお話し的なエピソードにこういうのは溶かした方が良い気がするけれど、これはこれで憎めないというか落とせないものだったです。いや、自分でもよく分かりません。書きたいものを書きました。

肉体というか、歩んでいる僕の身体感覚は伝えたかったので、そのように感じていただき、嬉しい。

人生観は語れるほど、悟れてないけど、こんなんになってしまったのはどうしてだろか?

お言葉をいただき、ありがたいです。

はるか

 えんがわさま

 拝読しました。
 難しい。私には難しかったです。
 
 老人というには若く、中年というには皴の深い男、これ、誰? もしかして、歩いてる彼?

 暗闇の中の赤い光? なんでしょうか?

 歩き続ける身体感覚、足の裏で感じとる地面、グラウンディングはされてるんですよね、感情は停止してるみたい、思考は、指向性を帯びて回転している。

 苦しいのでしょうかね? 苦役、みたいなことと、サダメ、みたいなものを、なんとなく感じました。コンドルは飛んで行く、が、私の頭の中で流れました。

 内容は難しいのですが、字面は追いやすかった、リズムがいいし、ひっかかりがないので。少し、狙いすぎたような、てらったような、悪くいうと鼻につくような言い回しが目につかなかったこともない……。わかってもらいにくい話を展開するなら、おかゆみたいにやさしい表現で語った方がバランスできる、かもしれない、とか。

 動物園の話がわりと牧歌的でほのぼのしてたような(彼氏は困った人だったけど)記憶があるのですが、今回のは、まったく、ぜんぜん、ちっとも、ほのぼのしてないのですね、いろんな話を書かれるのですね。

 よくわからなかったけど、味わい深いお話でした。ありがとうございました。

えんがわ

ありがとうございます。

はるかさんが疑問に思ったのは、なんとなく、はるかさんの中で答えを見つけて欲しいものなんですが、そのような問いかけがこちらにぶつかってしまうということは、そこらへんの何か行間みたいなのが、不十分なんだと思います。

コンドルは飛んでいく。良いですねー。
夜のアンデスの山中みたいな。横笛が鳴るような。そこらへん、もっと強くイメージさせるような文章力ほしいっすよー。


>内容は難しいのですが、字面は追いやすかった、リズムがいいし、ひっかかりがないので。
よかったー。
抽象的な内容でも、読みにくーって感じにはしたくなくて。


>おかゆみたいにやさしい表現で語った方がバランスできる、かもしれない、とか。
あー、そうですねー。
自分はなんというか子供でも食べれるものでも、「焼肉屋さん」とか「かば焼きタロウ」とか、そういうちょっと固いけど、気軽に食べれて、味が出て来るものが書きたかったんですけど。自分で見返すと、筋がゴリゴリのお肉。そんでちょっと腐ってる。みたいな。(どよーん)

>少し、狙いすぎたような、てらったような、悪くいうと鼻につくような言い回しが目につかなかったこともない……。
はい。ズキンとするご指摘です。
なんだか酔ったような、背伸びし過ぎたような、うん、認識してしまうと、ナルシ―が入ってしまったような。
そういうとこ、ありました。

そうですね。うーん。
こういうの書くには、もっともっと心の視点が高い、というか、距離を置いて、読者との距離感も持ちながら書かないと、今回みたいな失敗になってしまうんかなー。
こういうのも若さになれば良いんだろうけど、かなーり臭みになってしまっている。そのはるかさんの嗅覚は鋭い。

でも味はあったみたいで、それだけで嬉しーです。

作風はあんまり意識しないけど、なかなか安定しないし、読者さんを安心させる努力してないな。それが自分なんだろー。

変な味みたいな、ちょっと腐ってるけど意外と食べれる、みたいな、そんなレストランを開きたい。

u

えんがわ様 よみました

えんがわさんって不思議ww

なんか良い作もUPするし、本作みたいなイミフな(なんとなくわかるんですよ あたしアホですけど)のもあげるし

あたしとしては前作みたいなのがいい

なんだか感想になってないし
あたしとしては以前みたいに、ごはんモット盛り上がってほしいしww

スミマセン 再び言うwwww御作の感想になってないヮ

ラピス

描写が上手い。沁みてくる。作者の人柄も伝わります。ただ、このお話には物語がありません。
作者の意図によるものだそうですが、この描写で物語を読んでみたいです。
テーマはあるので、肉付けしませんか?

えんがわ

>Uさん

なんとなく分かっていただいて、嬉しいです。
それを踏まえて、「イミフ」になってしまったのは、うん、そりゃ、どーしよーもない自分の性癖のマニアックさ?

前作を過大評価していただいた、今回はイマイチだった、両方だと思うけどー。
書きたいものを書いていきたいっす。
読者さんのことを考えてないダメな自分だけど、自分は自分のことを精一杯見つめるのにいっぱいいっぱいで。もー。ほんと、これだから、ダメなんだ。

んーですねー。自分はまだ不安定なんだ、何も完成していないんだ、なんかそう思うと、嬉しい気分になってくる。
まだどこへも行けないと思うけど、歩くのが楽しい。
カオスなお言葉、実は嬉しい。

ありがとー。

えんがわ

>ラピスさん

描写を見てくれてありがとー。
もー、説明を思うだけカットして、描写で文を進めるのは憧れの形なんだけど、んー、それやっても、今の総合力じゃ説明不足になるんだ、ってのが分かったのは、収穫です。

たぶん、みなさんオブラートに包んでいらっしゃるけど、「何言ってんだかわかんねー」って言う文章としては最低ランクの印象をお持ちになられたのかなって気がするし。

膨らませたら面白いと自分でも思うんだけど、なんとなく緊張感とか冷たさとかそういうのこの形で欲しくて、出来れば長く書いても続いてほしいんだけど、そういうのを保ち続けるような真剣さの持続力もなく、読んでいる人もめいり過ぎてしまうかなとか。そういうのあって、ほのぼのが入っちゃうだろうなとか。
長いのを各ステップにある課題のいくつもを、まだ今の自分ではクリアできないのは、わかってしまってる。

でも、そういうのに挑んでこそ、挑戦作になるのだろうし―。ですねー、もっと、こう煮詰めて煮詰めて、容量と濃さを両立させるものを書けるようになりたいっす。その練習も、今からはじめないと、人生手遅れになっちゃうだろうし。

なんか、わけわかんねー、電波な独り言になってしまいすいませんー。
考えが育つ苗床を、ありがとー。

『』

えんがわ様

お元気でいらっしゃいますか?←リアル知り合いみたいだなー( ´ー`)
抽象的なお話で私には難しかったです。が、お上手で読まされちゃいました。
次回作も楽しみにしております。

P.S.
インドのカレー食べたい。エチオピアとどうちゃうの?

えんがわ

>『』さん
どうもー。
元気でも病気でもない。なんとなく生きてる感じです。うん、いつもどーり。

全ての人に全てをわかってもらおうとは思ってないけど、それでも伝えたい印象や感覚ってあって。
そういうのを押しのけて「難しかった」という言葉を出させてしまったところに、自分の力不足があるです。
どんなに、うん、読ませるものだとしても、そうなってしまったら、イケナイ。

たぶん、自分が何かしら楽をしているところを、読者さんに背負わせてしまっているようで、書く行為以前のスタンスとかなんか価値観のところも含めて、もう、そこは、ううう、もがきたいけど、なんかだらしない自分は、すぐにへばって、また、しょーもない文章を書き始めるんでしょう。
(うわー、暗い文章。こういうの笑いながら書けるのはね、ほんとダメな人)

PS
エチオピアはお茶の水と神保町辺り(知る人ぞ知るカレーエリア)にあります。
インドカリーと銘打ってますが、あれはエチオピア(って店の)カレーです。自分はそこの大ファンなんですよーん。

『』

ありがとうございます。
いやいや、作者様にお気を使わせて読者として申し訳なかったです。
何度も読ませて頂いているうちになんとなく理解できてきたような……やっぱり難しいかなあ……?
とにかく素敵な作品を読ませて頂いてありがとうございました。

P.S.
カレー情報もありがとうございます! 美味しいですね、チキンカレー(⌒‐⌒)

カリフラワーの存在価値について考える人

 さる大家いわく、作家に必要なのは才能でも感性でもなく、距離を測るためのものさしである、ということらしいのだが、距離を制御するという点において、この小説には問題点があるように思える。この小説には、抽象的側面を描くための最小ズームインか、身体感覚を描写するための最大ズームアウトかの、両極端の調整しか存在しないのである。しかも、それらが文節ごとにめまぐるしく行ったり来たりするため、作品世界と同調することに、不可能とは言わないまでも、かなりの困難が生じることになる。このことは、一フレーズごとに音量が大きくなったり小さくなったりする、いみじくもエンコードに失敗したYoutube動画を想像してみれば、容易に理解できることであろう。読者は肝心の内容理解に集中できず、距離感の調整のほうに苦心することになる。
 この距離感の問題とも関わってくるのだが、より深刻と思われるのは、視点誘導の問題である。テーマの都合上、断片的な表現を重ねる方式を取らざるを得ず、ひとつなぎの意味をなすような一本の線を用意することは難しいし、その必要も全くないとは思うが、だからこそ、視点誘導の役割を担う隠れたひとつなぎの線を用意しなければならない。なぜならば、この作品の場合、読者の注意は、断片と断片との連結点、すなわち行間に注がなけれるべきであるからである。断片と断片との間の断続性を、別の形で、連続につないでやるための工夫が必要なのである。ありふれたところでは、ラップミュージックが、その好例であろう。メロディーラインの断続性を、韻を踏むというリズムの文脈の連続性で補間しているわけである。韻を踏むという点において、言葉の取り合わせが見事なのである。このことは、逆説的に次のようにもいえる。第二の問題は、言葉の取り合わせの不適合にこそ、存在する。とはいえ、言葉の取り合わせの問題は、照らし方によって利点にも欠点になりうるので、取り扱うのが難しいゆえ、ここでは、言葉の取り合わせについて、再考されるとよいのでは、という指摘に留めることにする。
 作者とは、ある意味で、問題意識の化身である。問題意識に殉じれば殉じるほど、作品は難解に、そして、個別的なものへと育っていく。そのことは、むしろ、歓迎すべきことである。なぜならば、作者のその特異性こそが、それゆえに生じる熱量こそが、まさに、売り、だからである。さて、ここにきて、著者は一つの間違いに気づくことになる。さる大家の言葉にあった、距離を測るためのものさしとは、ズームイン/ズームアウトといった小説との対話に必要な距離感を捉えるものなどではなく、もっと高次元のものさしではなかったか? それこそ、作者の奥で静かに青い熱を放射する問題意識の塊を、正しくキャプチャーするためのに必要なものとして。参考になれば幸いである。

えんがわ

『』さん

こちらこそ、気を遣わせていただいて、すいません。ありがとねー。

あー、やっぱ難しーっすか。
ここを溶くのはまだ自分の心が整理されてないんだろうな。うーん。熟してもいないかー。

PS
チキンカレー、ウマーです。お肉、大きめが好きです。

えんがわ

>カリフラワーの存在価値について考える人 さん

ほんと、考えていただいて、ありがたいです。
こちらがそれに見合う考え事が出来たかというと、そうではないのですが、なんとなく過ごしてしまう自分が、立ち止まって振り返るきっかけになった、これからなると思う。です。ほんとー?

>作家に必要なのは才能でも感性でもなく、距離を測るためのものさしである
>距離を測るためのものさしとは、ズームイン/ズームアウトといった小説との対話に必要な距離感を捉えるものなどではなく、もっと高次元のものさしではなかったか?

ものさしと言うたとえは、とても素敵だなと思いました。このような言葉を教えていただいて、嬉しいです。
ものさし。は距離を測るもの。自分の持ち物を測るもの。誰かを測るもの。そしてそれ以上の何かの、世界の何か。うー。ダメ、ギブアップ。
自分のものさしは小さく、歪んでいて、どうしようもないのですが、折れるまでいろいろ叩いていきたいし、これ以上の伸びしろは無いのですが、歪みは激しくなりそうで、ぶんぶん振り回して、でももう少し優しく大切に扱っていきたいなとか。

>抽象的側面を描くための最小ズームインか、身体感覚を描写するための最大ズームアウトかの、両極端の調整しか存在しない

描写のテクニックというところで、身体と風景を上手く同時に? 絡み合って? 映すようなカットというか、シーンがない。意識してなかった。というのは、その通りでした。これはそのまま漫画化とか出来ないものだなって思ってたんですが、そういうところにもある気がします。

視点の誘導。というのは。
動画のyoutubeを例に挙げていただいたのだけど、たぶん、その映像で言うイマジナリーラインみたいなもの、ここのシーンとかピースのつなぎ方とか、そういうものは文章でも蓄積されていて、そこは自分は不勉強で。ほんと、すいません。読書するだけで、分析とか研鑽とかしてないから。ほんと。

取り敢えず、なんとなく読んでいてすごく好きな、北村薫とか宮沢賢治とかヘミングウェイの文章をもう一度今から読んで、そんでまた時を置いて、今度は各文のパーツの繋がりみたいな役割とか、そういうの意識してちまちまとゆっくり読もうかなって思います。これは、たぶん、読んでくと思います。

ラップは漫画の「CHANGE」とか「ダヨネー」とかで止まってしまう自分ですけど、言葉の韻とかライムとか、あとけっこう言葉遊び的なものを上手い事、オヤジギャグすれすれのところを滑っていくところとか、もうちょっとふれてみたらいいのかな。ここはどうなるかわからんっす。ラップに限らず、歌にもっと触れて、何かを得れたら。

何かを掴みたいです。

カリフラワーのことをこんなにも考えていて凄いなって思いました。

自分はブロッコリーのことを、青臭くもいずれ菜の花に。なんというか、不真面目な人ですね。自分。

ありがとうございました。

瀬尾 りん

赤い光がぽつぽつ、というところで夜の滑走路かと思って読み進めたら大間違いでした。死後の世界?いやでも主人公生きてそうだし……?なんだかよく理解できませんでした、すいません。あれかな、日常で幾度となく殺してきた自分自身と邂逅しながら、まだ頑張って死なない!っていう感じなのかな。
私に読み取れるのはここまでのようです。

上記で出てきた神保町のカレー、こないだ食べました!
ふかした芋が出てきて???ってなりましたよ笑お味は大変美味しかったです。

えんがわ

>瀬尾りんさん

なるほど。滑走路ですかか。そういう風に書いて、なんか最後にココロ的に飛んじゃうんだっていうのもアリで、そっちの方が読者さんは分かりやすく楽しめれるんだろうなーとか思ったりしました。自分はこういうのしか書けんかったんだけど。
「理解はしなくて良いですよー」って言っちゃうんですが、でも、理解しようとちょっとでも唸っていただくのはとても申しわけなくも、ほのかに嬉しいです。なんか、ごめんなさい。

イメージを膨らませていただければ嬉しいのですが、感情豊かな瀬尾さんでさえ止まっちゃうんだから、難しいというよりもスムーズな感じとか、それ自体の奥の無さみたいなのが問題にある気がします。

「まだ頑張って死なない!」という言葉は、むしろ今の少しダウナーな自分に響いてしまうメッセージで。
そういう言葉をもらえてしまうから、書くのは止められないのかも。

ありがとうです。

はい。神保町の名店「エチオピア」。
おいしいですよね。神保町はカレーのメッカなんで、本とか買う時にランチでここに限らず名店とか立ち寄るのも面白いかなって思います。
エチオピアは野菜カレーもけっこう美味しいです。一番のオススメは野菜チキンカレーなんですが、女性にはちょっとボリュームがあり過ぎるかな。

加茂ミイル

躍動感のある文章が素晴らしいと思いました。

何か参考にされた作品や手本にしている作家さんとかはいらっしゃるのでしょうか?

演劇風のセリフのような感じも受けましたが、そういうわけではないのでしょうか。

えんがわ

ありがとうございます。

動きは意識しました。意識し過ぎて、説明が疎かになっちゃいました。
なんとかエッセンスを吸収したい作家が、北村薫さんです。けど、自分の荒い文章とは遠いところにいる達人の域の作家さんです。
うーん……参考にならないか。

演劇はそんなに観ていないです。芝居っぽくなり過ぎたのは、反省しなきゃ。ねー。

上手いこと受け答えできないですいませんです。
ありがとでした。

夜の雨

えんがわさん、「人生劇場」読みました。

人生を精神世界に抽象化して書いているのではありませんか。
普通に書いてしまうと、いばらの道をいろいろと苦労をしながら歩いていく話なのですが、それでは面白くないので、精神世界を抽象化した人生を何か意味ありそうに書いてみた。
まあ、実際に人生を歩いてみると、それぞれに意味がある道(エピソード)なのですけれど。

ジャズが似合うと思う。

えんがわ

>夜の雨さん

「人生劇場」ですかー。おおお、なんかカッコいいですね。自分の文には何か大きすぎて恐縮ですけど。
うん。エピソードとして書くとまた違った作風になるのかな。
んー、別の話を書くにしても、今回みたいな考え方みたいなのは反映されるかもしれないですけれど、
ちょっとこれを真正面に真正直に長編で書くというには、まだまだ自分は熟してないな。

そもそもいい人生送れてないし。自分。

ジャズー♪ 夜中のバーとかで静かなどこかがエモいジャズサウンドとか。行ったことないのに妄想。
そんなんに浸れる全国のおしゃれカップルさんいたんだろうな。メリークリスマス!

夜の雨

「色彩のブルース」を聴きながら御作を読むとイメージが広がります。

YouTubeでどうぞ。

「人生劇場」といっても尾崎士郎の自伝的大河小説や映画の話ではありません。
御作は人生を抽象化した世界であると思ったわけです。
それをジャズにすると「色彩のブルース」になるということです。

まあ、ジャズとブルースは若干違うようですが。

メリークリスマス!

えんがわ

>「色彩のブルース」
見ましたー。聞きましたー。

あー、良いですね、熱を秘めつつ寂しさを漂わせていて。
自分の文章はこの曲には食われちゃうだろう、いやーこれと張り合える文章書けたら理想だろーとまで、思ってしまったんですが、夜の雨さんがそれを出会わせていただいたなら、恥ずかしくも嬉しいです。

ああー、良い曲聞きました。もう、これ、自分へのクリスマスプレゼントでしたよー。

あの、それで同時に自分の文章というか人間というものに決定的に欠けているのがまた、分かってしまい。
この曲にある色気ですよね。
しょーじき、それは諦めてるけど、まだ枯れたくないので、なにかでこれに及ぶようなものをなんとかしなきゃな。
なんて、そんな抱負も鳥頭の自分は3日で忘れると思うけど、そう思ったのでした。

ありがとでしたー。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内