作家でごはん!鍛練場
コツリス

ある台風の日に

 私の彼氏は鈍くさい。一緒に暮らすようになって随分経つが、EDで私を性的に満足させることも出来ない癖に、自分の頭の良さを鼻にかけ、皆馬鹿ばっかりだ、などと驕り高ぶった事を言う。いい加減ウンザリしてきた私は、そろそろ潮時かしら? と思い始めていた。
 
 その日は台風の影響で、朝から土砂降りだった。駅へと向かう間に足元は濡れて、夏の蒸し暑さと雨によるじっとりとした空気が私の肌に纏わり付いた。まるで生ぬるい水の中を泳いでいるかの様だった。私は憂鬱な気分で会社へ向かった。
 
 仕事も思うように捗らなかった。私はどんよりとした頭で思った。
 
「やっぱり、雨の日っていうのは何事も上手く行かないものかしらね? 皆不機嫌そうだわ」
 
 窓から外を見ると、激しさを増した雨が窓ガラスを叩き付けている。強風の中降る雨はまるで水のカーテンの様で、風景を遮断していた。今の私の心の中を反映しているかの様である。それにしても、何だってあんな男を好きになってしまったのか? 我ながら自分の男を見る目の無さに呆れてしまう。帰ったら別れ話を切り出してみようかしら? 
 
 仕事が終わり、私は重苦しい思いで帰路に付いた。電車に揺られながら、どうやって彼氏に別れる意図を告げようか? と、そればかり考えていた。上手い言葉を見つけられないまま、自宅近くの駅に着いた。
 
 駅を出ると、道路は浸水していた。濁った水が川のように流れている。
 
「長靴を履いてくれば良かったわ」
 
 そう呟きながらアパートへと向かう。ふと、遠くへ目をやると、雨の中傘をさしてじっと佇んでいる彼氏の姿が目に映った。私は水と格闘しながら彼氏の元へと近付いた。
 
「何やってるのよ? 私、今日は貴方に話があるの。とりあえず部屋へ帰りましょうよ」
 
 そう声をかけた。
 
「うん。ここのマンホール蓋が開いちゃってるんだ。君が落っこちやしないか心配で、待ってた」
 
彼氏は弱々しく笑った。
 
 おう……。貴方にそんな優しさが有ったとは。私は胸を揺さぶられた。もしかして、私が思っていたよりも良いところが有るのかも?
 
「それで、話って何だい?」
 
「……うん。いいわ、話はまた今度にする」
 
そう言うと私達は無言でアパートへ帰った。
 
 
 

ある台風の日に

執筆の狙い

作者 コツリス
49.98.147.176

この後の展開を読んだ人があれこれ想像してくれたらいいかなあ?

コメント

ダミちゃん
141.0.9.244

その彼女のマンホールに堕ちた

コツリス
49.98.147.176

読んで頂きありがとうございます。そういうオチかー(笑)

群青ニブンノイチ
221.22.130.5

>窓から外を見ると、激しさを増した雨が窓ガラスを叩き付けている。強風の中降る雨はまるで水のカーテンの様で、風景を遮断していた。今の私の心の中を反映しているかの様である。それにしても、何だってあんな男を好きになってしまったのか? 我ながら自分の男を見る目の無さに呆れてしまう。帰ったら別れ話を切り出してみようかしら? 


意地の悪い貼り付けですみません。
描写であったり、心情であったり、単純に筆致であったり文脈であったり、要はあらゆる課題において作者の書こうとする意識とスキルが乖離していることがまざまざと表れている気がするのですが、ご自身で観察出来るでしょうか。

語り手である彼女に一切の魅力を思いつけないのは舞台のせいばかりではなく、文章という意識の難しさそのものを表しているらしく感じさせられますし、自戒を込めて考えさせられます。

コツリス
49.98.147.176

読んで頂きありがとうございます。文章能力のいたらなさは、分かっております。勉強中です~。

青山りか子
126.179.245.110

 読みたい小説…恋愛ものが短編だけど拝読できて嬉しかったでした。細かいコトですが、私は彼氏とは書かず彼と書きます、どうでもいいですね。
 オチもあるし良かったです。
 どんな相手を選ぶかは御本人次第ですけどお互いが高めあえるような恋愛がいいですよね。この小説の後を想像するとなると幸せさが想像できます。読後感でです! なのでこの小説はプラス思考な小説だなぁ…と思いました。いいもの読ませて頂きありがとうございました。

えんがわ
14.8.22.192

目を見はる表現とかじゃなくて、ありきたりだけど、自分にも文章が馴染んできて、恐らく作者さん自身も使いこなせている言葉や描写で表現する、というのは、すごくイイな―と思いました。

その二人とかアパートとか雨が降った現場とか、描写が少なくても、ちゃんと脳内でイメージできてしまう確かさ。


最後の
>そう言うと私達は無言でアパートへ帰った。
の「私達」が良いなと思います。二人で仲良くアパートで過ごすような、そういう余韻をさり気なく混ぜていて。

反対に、冒頭のここは、「ここまで言う―? ここまで言わなきゃいけないー」って思いました。

>私の彼氏は鈍くさい。一緒に暮らすようになって随分経つが、EDで私を性的に満足させることも出来ない癖に、自分の頭の良さを鼻にかけ、皆馬鹿ばっかりだ、などと驕り高ぶった事を言う。

ここで大げさなフィクションっぽさが冒頭から出てしまって、なんか全体の読み味の、上手いことある現実感がちょっと伝わりくくなってんじゃないかなって。
なんとなく愛情が冷めた感じとかで、書き始めてもイイと思うし。
なんかもう絶対に仲直り出来ないって感じが漂いすぎていて、同じことを言うにしてももう少しライトになにか見切りきれない表現で描いてもイイかなって気がする。

いや、これは自分の好みで、ちょっとなにかを投影し過ぎてしまい。うーん、あんまりうまいこと言えないんだけど。


でも全体的に、好きなテイストだし、ストーリーはしっかりしてるんじゃないんだろか。ちゃんと余韻が膨らむ感じで。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内