作家でごはん!鍛練場
おけちゃん

一人称風景描写の練習

(前提:バイクで走って大きな川に出くわした)

 バイクを停めた。私はまず防寒着を二枚脱いで車体のサイドケースにしまった。昼近く、あまりに爽やかな秋晴れで、暑かった。
 川辺に降りて、しばらく川を眺めることにした。
 降り立った川岸は人工的に整備されていたが、暖色の不揃いな花崗岩の組み敷かれた陸がなだらかに水に沈み込んでいて、わりあい自然的な親しみを感じられた。数人の釣り人を認めたが、その背格好が分かったのは一人か二人で、他は各々ずっと遠く下流か上流で小さな影だった。水域は湖のように広く、対岸は低い山と街並みがぼんやり見えるだけだった。上流の長い鉄橋を自動車がゆっくりと行き交っていた。殺風景に思えるほどの蒼穹を数羽の鳥がつつましやかに漂い飾りつけた。
 穏やかな川面はときたま海の真似をして遠くで小さな白波を立て、たっぷりと間をおいた後に可愛らしく岸に打ち付けた。
 河口付近にしては綺麗な水だった。ドジョウくらいの大きさの小魚の二、三十匹のささやかな魚群が、私の前を下から上に緩やかに通り過ぎた。釣りをしてみたいなと思った。私は一度も釣りをしたことがなかったけれど。
 地べたに座り込んで、しばらくちゃぽんちゃぽんという水音を聞きながら小さく歌を歌ったりして、満足すると、再びバイクに乗った。

一人称風景描写の練習

執筆の狙い

作者 おけちゃん
61.8.87.55

描写を書きました。目線の移りを意識したつもりです。大河川の悠大な感じを描ききれて無いと思います。何が良くないでしょうか?

コメント

群青ニブンノイチ
221.22.130.5

前提は斬新ですね。
手抜きのようで読み出しからあまり印象は良くありませんでした。

独り言なのか、見せびらかしなのかよくわからない描写? で、跳弾から逃げ回るような読み心地でした。
熱心な人が書く文章は、恐らくこうはならない気がします。

櫻井
60.155.199.121

 それなりに写実的に書けているとは思いましたが、何というかそれだけです。基本的に小説においては全体を貫くテーマがあり、そのテーマに従って細部が作られるというのが常です。けれどもこの作品には、貫徹された一つのテーマが感じられません。河川の悠大さを表現したいなら、単調な描写を続けるのではなく、もっと主観を働かせ、意図に依った描写をすべきだと思います。これでは散漫な感想の羅列です。何かを表現したいなら、それに応じて語彙選択を工夫すべきでしょう。

おけちゃん
61.8.87.55

>群青ニブンノイチ様
コメントありがとうございます。

おけちゃん
61.8.87.55

>櫻井様
コメントありがとうございます。テーマを考えて書くようにしてみます。

ダミちゃん
141.0.9.244

描写。。。。。。。。。。

まほろ
119.239.184.12

先は拙作にコメントをありがとうございました。

河川の描写というより、釣り人や魚の描写だな、と感じました。

>たっぷりと間をおいた後に可愛らしく岸に打ち付けた。

「可愛らしく」という表現が、独特ではあるのですが、あまり効果を発揮していないように思います。描写に個性を出そうとして失敗したかのような印象を受けました。

おけちゃん
61.8.87.55

>ダミちゃん様
コメントありがとうございます。

おけちゃん
61.8.87.55

>まほろ様
コメントありがとうございます。
何を描写したいか、やはりテーマ性を持って書くようにしてみます。
感覚に合うと思っていた表現が人に伝わらないことが分かり、良かったです。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内