作家でごはん!鍛練場
蛇穴

パンクな彼女

駅近くのこじんまりとしたカフェ。僕はこのカフェでバイトを始めて2年経つ。そんな僕にバイト中の楽しみが出来た。
木曜日の午後5時45分。いつも通りカランコロンと店の鈴を鳴らしながら彼女がやってきた。そう、彼女が僕の唯一の楽しみである。
「いらっしゃいませ」
「コーヒー下さい、ホットで」
「かしこまりました」
そうして僕はコーヒーを用意して彼女に手渡す。小さくお礼を言いながら受け取る際もずっと彼女は伏し目で何処か遠くを見ている。そしてコーヒーを受け取るや否や目の前の砂糖やミルクを無視して喫煙席へと向かっていった。彼女はいつもブラックで飲むのだ。
彼女が店に来て席に着くまでの間、彼女が一切こちらを見ていないのを良いことに僕は彼女の長い睫毛や艶やかな唇、そして大量のピアスに見とれてしまう。言わば僕は彼女に恋をしているのである。
今喫煙席で煙草を吹かしている彼女を一言で説明するとしたら、「パンク」だ。
真っ黒いワンピースの上に黒いパーカーを羽織り、僕が履いたらすぐにでも転びそうな程高さのある厚底ブーツを履いている。腰にまで届きそうな黒髪は頭の高い位置にひとつに纏められ、そこに更に黒の髪飾りを付けている。いつもこんな感じの黒一色の格好だ。いつもの違いを強いて言うなら、首元には珍しく鎖のようなネックレスがあり、今日の髪飾りは骸骨モチーフのものだということ。それとピアスが今日も見たことない物だった。
彼女の両耳には大量のピアスがある。正確には左耳に3つ、右耳に2つ付いている。その大量のピアスこそ僕が彼女をパンクだと思わせている最大の要因である。
そんなパンクな彼女のことが好きな僕だが、別に僕はパンク系の子が好きというわけではない。寧ろああいう見た目の子は怖いと思ってしまう。きっと、あの姿の彼女しか見たことがなかったとしたら僕は彼女に恋心を抱くことはなかっただろう。
僕は彼女の他の姿を知っている。いや、普段の彼女と言った方が正しいのだろうか──
つい数ヶ月前、昼寝をしてしまったせいで僕はバイトに遅れてしまった。それも大遅刻だ。店長に怒られる、いっそのことバイトを辞めてしまおうか。そんなことを考えながらカフェに向かう途中、通り雨に降られてずぶ濡れになり、店の前に着く頃には更に最悪な気分へとなっていた。
完全にバイトを辞める気になってしまった僕は重い足取りでドアの前へ進んだ。すると先にドアは開かれ店を出ようとした彼女に出会した。この時僕が始めて彼女を認識した時である。
お互いがお互いに反応するのが遅くなり、ぶつかる寸前だった。
「あっ、すみません! 私ってばぼうっとしてて……」
「あ、あの、こちらこそすみません」
まだぶつかってもいないのに頭を下げて謝る彼女に僕はおろおろと返事をすることしか出来なかった。女の子と話すことがあまりなかったせいでもあるのだが。
「えっと、北高の方ですよね。制服、同じですし」
いつも来ているパンクな彼女とは違って、この時の彼女は僕の目をしっかりと見て話している。しかも格好はいつもの黒と違って僕と同じ制服姿だ。一つに纏められていた髪は下ろされていて、例のピアスを隠している。この時の彼女はいかにも清楚という感じだ。
「は、はい。そうです、北高です」
「ってことは先輩ですよね。私、1年なんでタメ口で良いですよ」
はにかむ彼女はとても可愛かった。その可愛さ故に更に僕はしどろもどろになりながらも、何とかタメ口になることができた。
「さっきまで雨降ってましたよね。良かったらこれ、使ってください」
そう言って彼女はポケットからハンカチを取り出し、僕に差し出してきた。花の刺繍が施された、いかにも女の子の物だというデザインのハンカチ。
「えっ、いや悪いよ。会ったばかりの、しかも後輩に借りるなんて」
「同じ高校のよしみじゃないですか。どうぞ使ってください。返すのはまた今度会えた時で良いんで」
一応断りをいれたつもりであったが僕の頬を伝う雨水が彼女に気を使わせてしまったのだろう。これ以上平行線なやり取りをしても逆に失礼だと思い、僕はどぎまぎしながらも彼女からハンカチを受け取った。
「ありがとう。返すの、此処のカフェで良いかな」
「あ、いや、このカフェには私いないと思うので……学校でお願いします」
「そ、そっか。ま、まあ兎に角これ借りるね。ありがとう」
「はい、では失礼します」
そう言うと先程から気まずそうな表情をしていた彼女は小走りで去っていった。その後ろ姿もとても可愛らしかった。
この時既に彼女に恋した僕はすっかり有頂天になっていて、案の定店長に怒られた後でもバイトを続けていた。
──そして再び彼女に出会ったのである。そう、今のパンクな彼女に。
今の彼女を初めて見た時は大変驚いたものだ。よく周りで聞くような「夏休みが開けたら好きな女の子が元の面影もない程に変貌していた」という現象かとも思ったが、どうやら違うらしい。学校で時折目にする彼女はハンカチを渡してくれた時と至って変わりないのだ。つまり今の姿は彼女の秘密の姿なのだろう。
そうだと理解した瞬間、彼女への恋心は冷めるどころか一気に増大した。これが「落ちた」というやつなのだろうか。
パンクな彼女は清楚な彼女と違っていつも伏し目がちで周りのことをあまり見ていない。何か考え事をしているような、何も考えていないような、そんな目をしている。
その為彼女は僕のことに何も気付いていない。ハンカチを渡した本人が目の前にいたことも、未成年なのに煙草を吸っているのを黙っていることも、秘密の姿も普段の姿も両方知っていることも、僕が彼女を好きだということも。
彼女がコーヒーを飲み終え、一服し、店を出るまでの間。いつも僕はこのハンカチをいつ返そうか悩んでいることも彼女は気付かないだろう。学校じゃなかなかタイミングが合わなくて返せずにいること、僕がこのカフェで働いていると知ったら彼女は来なくなるんじゃと不安になっていること。嗚呼、僕に気付いた彼女は一体どんな表情をするのだろうか。
そんなことを考えている間に彼女は店を出ていった。今日も結局渡せず終いだ。情けないことこの上ない。
次こそはちゃんと渡そう、次こそはと思うと同時に次の彼女はどんなピアスを付けてくるだろうかと楽しみにしてしまう僕はきっと次も渡せずにいるのだろう。
僕は大きく溜め息を吐いた。いっそのことまた通り雨でも降れば良いのになんて思いながら。

パンクな彼女

執筆の狙い

作者 蛇穴
126.212.185.201

別のサイトであげた短編(ショートショート)の一つです。
ジャンルは恋愛。強いオチや盛り上がりはありません。悪しからず。

コメント

えんがわ
14.8.22.192

厳しめの感想になってしまいます。

なんとなく言いたいことはわかるのだけど、設定だけを並べただけで終わってしまった感じがします。

特に彼女が女子高生ながらパンクでもあるのだ、そこに惚れたというところを。

>つまり今の姿は彼女の秘密の姿なのだろう。
>そうだと理解した瞬間、彼女への恋心は冷めるどころか一気に増大した。これが「落ちた」というやつなのだろうか。

だけだと、物足りないです。そこがなんでだろう、主人公自身も分からないと思うのだけど、ここをもうちょっと濃く考えて、彼女のことを考えて、容姿を並べるだけじゃなく、「そこになんで惹かれるんだ?」 というのを描かないと、とってもあっさりしすぎてしまう。無個性というか。あなたの味が出ないし、パンクという素材の出汁も効いてこないような気がします。このテーマを敢えて選んで考え抜いていたあなたなら、なにかもっと素敵な表現が出来ると思うし、濃く語れると思う。「単なる女子高生がちょっとタトゥー入れて―」と変わらない描写の浅さが、ちょっと受け付けなかったです。


そこは個人の好みなんですけど。

この題材が活きるのは、彼女と主人公がカフェで接触する、お互いの秘密がばれるかばれないかのドキドキの中での交流だと思うし、そこを書いてこそだと思うのだけど、敢えてそこを書かなかったのかな。でも、その、敢えて、があんまり効いてない気もします。

そして、その設定も、ハンカチなんてあまりにもベタだけど、むしろパンクという奇手がかなりベタっぽくて、赤毛のバスケットボーラーのスラムダンクからの系譜で、そこに個性を出すにはパンクかその手の恋愛を知りまくって何かしらの味を抽出しないとと思うような……

なんだか書いている自分でもわからなくなってしまったんで、退散です。

九丸(ひさまる)
126.179.133.8

拝読しました。

文章読みやすいです。
『一応断りをいれたつもりであったが僕の頬を伝う雨水が彼女に気を使わせてしまったのだろう。』
なんか、この言い回し好きです。

気になった点を。
外見からパンクってとらえてますが、パンクってそういうもの? いや、若者の感覚からしたらおかしなこと言ってるわけではないのですが、もう少し内面や行動で何かほしいです。現状はパンク風と読めてしまうだけかと。

漢字の開き。
出会した、此処、兎に角。
高校生視点なら、開いても良いような。

疑問。
結構がっちりな出会いをしているので、さすがにレジで気がつかないのは? と個人的には思ってしまい。
だから、最後まで読んでの感想は、これって、まだ途中? と感じました。彼女も実は気がついていて、ただ気がつかないふりをしていて、そっから何かしらのドラマなんて展開にしたら、ハッピーだろうがバッドだろうが、おさまりが良いような。
でも、僕はこんな終わり方も嫌いではないので、実はなんとも言えないのですが。

拙い感想、失礼しました。

はるか
106.154.130.111

 蛇穴さま

 拝読しました。
 リズミカルで、読みやすい文章だと感じました。凝りすぎた表現もないし、無理のある比喩もないし、嫌みのない、多くの方に好感を持たれるであろう文章だと思いました。
 意外な面、これ見せられちゃうと、きますよね、わりと、きゅんと。わかります、多面体ですからね、人間、普段は見えない別の面、あるわけですよね、そこが見えて、そこをも受け入れたりしちゃうと、落ちたりしますよね、蛇の穴に、っていうか、恋に。そういう感じのスケッチだと思われます。するっと読めたし、好印象でした。向こうにあるものが香りますよね。余分なことが書かれていないあたりがいいな、とも感じました。
 でも、狙いに書かれているとおりで、目立ったヤマがなく、オチ、というかエンディングがないですよね、そこを物足りなく思う読者もいらっしゃることでしょう。でもでも、小説は落語じゃないし、オチなんてなくても構わない、ような気もします、余韻が残れば。ヤマ、あったほうがいいかもしれないけど、なくてもよいかと、漂うもの、匂うもの、香るものがあれば。なんて思いました、御作には、ありますね、そこはかとなく香るもの、敢えて書かれてはいないもの、刺激を受けました。この感じで、私も何か、書いてみたい、と、そんなふうに思いました。
 ご存知のことかもしれませんが、算用数字は、なるべくなら、漢数字で表記する癖をつけちゃうとよろしいかと、公のコンテストなんかに出すときのことを考えると。電話番号なんかは算用数字じゃないと変かもしれないけど、日付とかは漢数字が無難かもしれませんね。
 文章、書き慣れた方だとお見受けしました。フレイバーな作品、ありがとうございました。

蛇穴
126.200.16.29

えんがわ 様

コメントありがとうございます!


>厳しめの感想になってしまいます。

いえいえ寧ろ詳しく丁寧に書いてもらえて嬉しい限りです!


>設定だけを並べただけで終わってしまった感じがします。

言われてみれば全くその通りでした……!
登場人物がいて、それぞれどんな人物で、こういう関係で……というのばかりで今読み返すと何だか物語を創る前のメモ書き状態ですよね。もしくは味噌汁の出汁抜き味噌少なめ状態……完全に味薄でした。


>特に彼女が 〜 濃く語れると思う。

そうですよね。あくまで主人公は秘密の彼女の姿だけでは好きにならなかったとまで書いてあるのでそこをもっと掘り下げた方が良かったかも知れません。
正直言うと理由は「ギャップ萌え」の一言に尽きてしまうのですが(汗)、その点を詩的に言い換えたり深く理由付けしたりできるよう色々考えておきます。


>この題材が活きるのは、彼女と主人公がカフェで 〜

そのドキドキ感……! まさにそれこそが恋愛での醍醐味みたいな所でしたね……!(何故書かなかったんだろうか自分でも謎)
彼女視点では本文にもある通り周りをよく見て(認識して)いないので、せめてその分主人公が彼女の言動一つ一つに慌てふためくようにしとけば良かったです……。


>そして、その設定も 〜

なるほど、確かにパンクってジャンルとしてかなり確立されたものですし題材や設定で使うとしてはちょっと在り来りだったのかも知れません。(パンクって言っときゃ目立つだろ感も否めない……)
せめて使うならとことん調べて奥深い表現が出来るようになってからですね……不精せずに頑張ります。


えんがわ様を混乱させてしまうくらいの拙い物語で本当申し訳ないです……! そんな物語を最後まで読んでくれた上にアドバイスまでしてくれて心から感謝致します。ありがとうございました!

蛇穴
126.200.16.29

九丸(ひさまる) 様

コメントありがとうございます!


>文章読み 〜 好きです。

ありがとうございます!! 読みやすさだけではなく言い回しまでお褒めの言葉を貰えたのが嬉し過ぎてつい体が小躍りしちゃいました……!


>外見からパンクって 〜 と読めてしまうだけかと。

そこに関しては図星過ぎてぐうの音も出ません……。今(?)で言うところの「バンギャ」をもう少し自然に小説に出したかった結果の表現が「パンク」となっただけですので、正直言うと私自身にパンクの知識は殆どありませんでした……下調べを怠ってはいけないというのを痛感しました……。


>漢字の開き。

あ、私の悪い癖が出てました……頭が悪い反動なのかどんな人が主人公でも書き方が堅苦しくなってしまうんですよね。漢字平仮名の使い分けから直していきます。


>結構がっちりな出会いを 〜

メタ的な事を言うと彼女は本当に周りをよく見て(認識して)いないんですよね。なのでその分主人公がひとりで慌てふためいたり彼女が気付いた時にはリアクションをオーバーに書いたりとした方が良かったなと今更ながら思ってます。そっちの方がオチ付けやすいですし。


自分でも結構曖昧な終わり方してるなあとは思ってました……!(が、改善策が見つからなかった) でもぶっちゃけ私もこういう終わり方は嫌いじゃないので結局まあいっかとなっちゃったわけなのですが(汗)
こういう曖昧な終わり方って個人的に何か小説というよりも詩という感じがしますよね。だけど書きたかったのは詩じゃなくて小説なのでなるべくおさまりの良いラストを迎えられるように書いていきます。
お褒めの言葉やアドバイス、本当に嬉しかったです。ありがとうございました!

蛇穴
126.200.16.29

はるか 様

コメントありがとうございます!


>リズミカルで 〜 だと思いました。

そう言って頂けて嬉しい限りです!! 個人的に文章を書く時は読みやすさと文法的正しさを重視しているので問題ないことがわかって安心しました……!


>意外な面 〜

そうなんですよね! この話はまさしくそのギャップ萌えをベースに書いたのでその意図を汲み取っていただけたばかりではなく共感までしていただけて喜びと安堵が入り交じる……いや入り乱れています!(笑)


>目立ったヤマがなく 〜

なるほど、確かにヤマやオチがなくとも余韻に浸らせることが出来ればそれだけでもう素敵な作品となりますもんね。
自分では全く気付くことが出来ないのがもどかしいですが香りを出せたようで幸いです。


>算用数字 〜

あ゛ー!! 横書きのサイトに慣れてしまってうっかりしていました!! 気付けて良かったです、ご指摘ありがとうございます!


私の創った物語で誰かの創作意欲を掻き立てることが出来るなんて夢にも思いませんでした……! 何かもう語彙が出てこないくらいの嬉しさです。
あと「落ちたりしますよね、蛇の穴に、っていうか、恋に。」が結構好きです(笑)
はるか様の創る物語楽しみにしていますね! 沢山のお褒めの言葉とアドバイスありがとうございました!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内