作家でごはん!鍛練場
トイトイ

もりのくまさん

ある日、突然思い立って、ハイキングに来るべきじゃなかったと、私は後悔している。
思い立ったが吉日、善は急げ、というが、今日に限っては例外だ。いつもの如く、優柔不断な性格を遺憾なく発揮しきれなかった自分自身が恨めしい。
「森のくまさん」というアメリカ民謡を、誰もが小学生の頃に歌ったことがあるだろう。
少し埃っぽい音楽室。軽やかに踊る十本の手指と、軽快な調(しらべ)を奏でるグランドピアノ。音楽の先生は朗らかな表情で合図を送ると、あどけない少年少女たちが、ふっ、と空気を吸い込んで、元気よく口ずさみ始める。「ある日森の中くまさんに出会った」と。
 まさに歌詞の通りの状況。私は花咲く森の道で「くまさん」に出会ってしまった。
 歌の中のくまさんのイメージ像は、紳士的で可愛らしい、くまさんである。もちろん私の勝手なイメージなので、他の人は違うのかも知れない。しかし、眼前のくまさんは、くまさんと呼べるほど愛らしくはない。
強靭な四肢に、巨大な体躯(たいく)。立ち上がれば、私よりも大きいことは想像に難くない。檻に遮られることない自然界で出会えば、彼はハンターで私はただの餌なのだ。もちろん熊と遭遇しないように、熊よけの鈴は腰に付けていたが、どうやら今回は役に立たなかったようだ。
私は鈴を手で押さえ、息を殺して少しずつ後ずさりする。熊との距離はだいたい六メートルほど。熊は唸り声を上げながら、こちらの様子を伺う。
 この唸り声が「御嬢さんお逃げなさい」と言っているのなら、とことことっことっこと逃げ出していただろう。だが、熊の目の前にいるのは、御嬢さんではなく、健康診断でメタボと診断された三十代のおっさん。運動不足と不摂生によって作られた肉体には程よく脂が乗る。きっとA5ランク相当の霜降り肉だ。こんな上等な肉を見逃してくれるはずはないだろう。冷や汗と手の震えは、収まる気配がない。
 不意に腰に付けていた鈴の紐が解け、手から零れ落ちる。鈴は地面に落ちると、ちりんと音を鳴らした。それを皮切りに私は熊に背を向け走り出す。
 後ろを振り向く余裕は無い。必死の思いで地面を踏み蹴る。聞こえるのは熊の鉤爪に引っ掛かった鈴の音と、熊の呼吸音。音はどんどん迫ってくる。
 走馬灯だろうか。小学生時代の音楽の時間に、クラスメイト達と「森のくまさん」の輪唱を楽しげに歌っていた光景が思い出される。あの頃の熊のイメージは決して恐ろしいものではなかった。むしろ力強さと優しさを兼ね備えた、ライオンも目じゃないくらい大好きな動物だった。動物園に遠足に行ったときも、芸を披露して餌をたくさん貰おうとする姿は可愛かった。それがいつからだろう、私の中で熊は危険な動物に変わっていったのは。
 テレビで報道される熊のニュースといえば、人を襲ったニュースばかり。まるで悪者のように取り上げられる。木を切り、山を開拓し、私たちの暮らしは豊になった。代わりに山の生き物たちが犠牲になる。初めはそんな彼らに、哀憐の情を抱いていたが、歳を重ねる毎に、私の感覚は麻痺し、何も感じなくなった。インターネットにより、熊による過去の凄惨な事件を目の当たりにして、やっぱり熊は恐ろしい生き物だと再確認する。そうして、熊は大好きな動物から、危険な生物へと私の中で次第に変わっていった。
 私は必死に動かしていた足を止めた。これは罰だ。臆病な熊が人を襲うようになったのは人間の罪だ。臆病な熊が、人間に手を出さざる負えない状況を作り出した責任が、間接的ではあるが私にもある。今まではそんな現実に目を背けて生きてきた。何の問題提起も起こさなかった。これはしかるべき罰だ。私は自然の摂理によって裁かる運命にあるのだ。
 背後に熊の気配をしっかりと感じる。さあ、好きに私を食らいたまえ。背中に生暖かい感触。瞼をぎゅっと閉じ、死を受け入れる。
「あの、これ落しましたよ」
渋めの声が鼓膜を振動させる。振り返ると先程落した鈴を、器用に指に引っ掛けて、私に差し出す熊。
 理解不能な出来事に、私は開いた口がふさがらない。
「大丈夫ですか」
熊は心配そうに私を見下ろす。あまりに人間じみた動作に思わず、中に人が入っているのかと疑う。
「じゃあ落し物は渡しましたからね。さようなら」
立ち去ろうとする熊を私は呼び止める。
「待ってくれ、君は本当に熊なのか」
「ええ、そうです。驚かれたでしょうが、熊です。私たちだって日々、人間と同じように進化していますよ。それじゃあ、これからダンスパーティーがあるので、失礼させて頂きます」
「待ってくれ。急で悪いのだが、良ければ私も連れて行ってはくれまいか」
「申し訳ないのですが、御嬢さん以外はご遠慮いただいております」

もりのくまさん

執筆の狙い

作者 トイトイ
114.152.189.238

掌編です。2000字程度の掌編を作る上で、構成をどう組み立てれば良いかアドバイスがいただけると幸いです。

コメント

ボンズ
126.3.58.18

オチが良く、語り口がひょうひょうとしていて面白かったです。
ただし、熊を見たことがあったりなかったり、統一されていないのが残念です。

「それがいつからだろう、私の中で熊は危険な動物に変わっていったのは」
と、
「インターネットにより、熊による過去の凄惨な事件を目の当たりにして、やっぱり熊は恐ろしい生き物だと再確認する。そうして、熊は大好きな動物から、危険な生物へと私の中で次第に変わっていった」

前記と後記が矛盾してますね。重箱つつきで申し訳ありません。

鯛茶漬け美味し
14.132.197.17

まず冒頭の言葉が変なように感じます
小説とは文章の冒頭で、これは読めるか読めないかが決まってしまう重要な部分だと思っております。

>ある日、突然思い立って、ハイキングに来るべきじゃなかったと、私は後悔している。

文中を途中で区切らなくては「ある日、突然 = 現在進行形」「来たのだけれど、来るべきではなかった = 過去形」現在進行形と過去形が混じってしまい掴みにくい文章になっているような気がします
もしそれが狙いであったならすみません

私ならタイトルからイメージしてこのような冒頭にします
修正>
ある日、森の中。私は思い立ってハイキングに来たのだけれど、来るべきではなかったと後悔をしている。

“突然”と“思い立って”という言葉が重複しているようなイメージがしたので「突然」をカットしてみました


しかし、眼前のくまさんは、くまさんと呼べるほど愛らしくはない。
修正>しかし、目の前にいるくまは「くまさん」と呼べるほど愛らしいものではない。
文章の流れからすると、眼前という言葉は少し硬いかもしれませんね
それと“くま”と“くまさん”で分けた方が「くまさん」という伝えたい名詞が映える
と思いました


それとくまから逃げるときは、歌詞でもあるように、トコトコトではなく、スタコラサッサですね

提案なのですが、ざれ言だと思って下さい。
物語の進行に立体を持たせるのはどうでしょうか?
1.くまとの出会い 静止している模写
2.じわじわと来る恐怖感の模写 例(歌やお話しとは違い、とてもたくましく獰猛なビジュアルでいらっしゃる。やはり私の脂身が気になっているよで…)というような丁寧が言葉をあえてここで使う 
3.恐怖、絶望、絶叫の模写
4.走馬灯、友人、家族への感謝、思い残したこと
5.落ち

というようなのはかがでしょうか?
大変失礼いたしました

でしか
106.132.137.111

つけていたテレビを消すほど物語に引き込まれたした。
圧倒的なセンスだと思いました。また投稿してくれたらまた読みたいです。

トイトイ
49.98.54.229

ボンズさん
読んでいただきありがとうございます。

ご指摘いただいている点ですが、熊を好きだった子供時代から、大人になるにつれてニュース等で危険な動物だと認識が変わっていく回想になっているので、特に自身では矛盾を感じてないです。
返答の内容がズレていたらすいません。

トイトイ
114.152.189.238

鯛茶漬け美味し さん
読んでいただきありがとうございます。

修正いただいた文章の方がいいですね。

>それとくまから逃げるときは、歌詞でもあるように、トコトコトではなく、スタコラサッサですね
その通りです。言われて自分でも思わず笑ってしまいました。

構成についてのアドバイスもありがとうございます。
もう少し笑いのとれる作品に改善できそうな予感がします。

トイトイ
114.152.189.238

でしか さん
読んでいただきありがとうございます。

コメントが大げさすぎる気がしますが、嬉しいです。
これから木に登ってきます。

ボンズ
126.3.36.222

「それがいつからだろう、私の中で熊は危険な動物に変わっていったのは」って自問してらっしゃいますが、後述「テレビで報道される熊のニュース」「大人になるにつれてニュース等で危険な動物だと認識が変わっていく」「インターネットにより、熊による過去の凄惨な事件を目の当たりにして、やっぱり熊は恐ろしい生き物だと再確認する」って、報道をみたときに危険な動物だと認識していらっしゃるので、「それがいつからだろう」って記すのに意味がないんですよ。分かっているんだから。すみません。

トイトイ
114.152.189.238

ボンズ さん
返答ありがとうございます。

なるほど!そう言われて読み返してみると違和感ありますね。
指摘された後も、気付けてなかったので助かりました。

カリフラワーの存在価値について考える人
194.102.58.6

 「森のくまさん」を引用したところが最大の功績だったように思えます。まず第一に読者に説明が不要なこと、第二にすっかりあの愉快な音楽が頭の中に流れだすこと。そのため、熊に出会ったときの緊迫した状況はよいギャップになっていたように思いました。まら、「森のくまさん」なる世界観の説明がいらないので(多くの読者は知っているので)、テンポを損なわないのが一つ、また、最後のオチを気取らせないよい塩梅にもなっていたところも一つ(説明が少ないことの利点です)。ただ、「私たちだって日々、人間と同じように進化していますよ。」という台詞は余計だったのではと思います。これは人間視点に立たない限り出てこない台詞ですから、くまさん側のとぼけた雰囲気とリアリティを損なうのです。読み手に話しかけるメタな視点での説明台詞ってのがあると思うのですが、それの一歩手前のような効果を発揮していたように思えます。

トイトイ
114.152.189.238

カリフラワーの存在価値について考える人 さん
読んでいただきありがとうございます。

確かに「森のくまさん」の世界観があるので、メタ視点は余計でしたね。それに歌詞に寄せるなら主人公はおじさんでなく、山ガールの方がよかったと思い直しました。読者視点に立つのって難しいですね。アドバイスありがとうございました。

メイ・セブンスシー
119.82.161.121

読みました。深夜に読んだのでより一層面白みのある作品だと感じました。
読見終わってからふけっていると「宮沢賢治の『注文の多い料理店』のような雰囲気の作品だったなぁ」と感じました。
少し逸れますが、注文の多い料理店において捕食者は猫であり、ターゲットは主人公ら人間です。本作と似ていますね。
出会った場所が山、これも似ている。
捕食者は喋る。これも似ている。
とまぁ、他にも共通点はあるのでしょうがここまでにしておくとして、なにが言いたいかと言いますともう少しファンタジックにしてみてはいかがでしょうか。具体的には童話のようにしてみるとか。
「ちゃんちゃん」という効果音が鳴りそうなオチなだけに、序盤からオチまではかなりシリアスに書き上げると落下度が増しますので拍子抜けで面白いかと。
それと、童話風に三人称視点で書くのが良いかと。本作は練習用に書いたとありますのでそぐわないかもしれませんが、本作の雰囲気とマッチしています。

それと、全力疾走している時は頭が回らない物です。とんでもない思考回路の持ち主だと思いました。

トイトイ
114.152.189.238

メイ・セブンスシー さん
読んでいただきありがとうございます。

シリアスとファンタジーの緩急が付けば、オチも映えるかもしれませんね。
その感覚はよく分かっていないので参考になりそうな書籍がございましたら、ぜひお教えください。

メイ・セブンスシー
119.82.161.121

書籍とまではいきませんが、昔の小説家のノリで書いてみるのが良いかと。昔の作家(国語の教科書に載るような人)とかですかね。内容はどうでもいいので、書き方の雰囲気を真似てみてください。それか童話とかね。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内