作家でごはん!鍛練場
春華

縋り愛

 突然、青いあの日が息を吹き返した。
 今や私たちには、その頃の面影もないのかもしれない。夏の暑い日に教室で二人きり、何を話すわけでもなく手を繋いで胸を高鳴らせていた。互いの手から感じる熱に心を揺さぶられ、窓際でふわふわと揺れるカーテンと赤みがかった空を見つめるのが楽しくて仕方がなかった。たまにぶつかる視線も触れるだけの軽い口づけも、私たちを青春という刹那に溺れさせていたのだと思う。その瞬間は人生において考えれば本当に一瞬のことだ。高校生の恋愛など裏を返せば「彼氏」という高位なタグを手に入れるものに過ぎない場合もある。だけれど私たちはきっとそうではなかった。互いに信頼を置き、受験の時も、就職した時もいつも私たちは一緒にいた。私はそこに必ず、彼に対する情愛を持っており、高校生の時から変わることはなかった。私はそうだった。そう、私はそうだったんだ。

 




彼には私とは別に本命の彼女がいるらしい。






「なんだよ。そっぽなんか向いて。」
「・・当然でしょ」

彼は大げさに一つため息をつくとライターで煙草に火をつけた。二人きりのこのワンルームに煙たい匂いが充満し始めた。わが物顔で二人掛けのソファの真ん中に座るこの男に怒りを覚える。どの面下げて私の家に来たのか。三週間の間私との約束を破りに破り、夜中に家に押し入って来て久しぶりに顔を合わせたかと思えばベッドに押し倒してきたのだ。反射的に平手打ちを彼の右頬に一発食らわせてしまった。彼は声にならないような悲鳴をあげると、ふらふらとした足取りでカーペットの位置をずらしながらソファに腰掛けた。
しばしの沈黙。そしてさきほどのやり取りに戻る。

「何も叩くことないだろ。」
「あんた本当に最低ね。自分の都合ばかりじゃない。」
「あぁ・・・・。」

彼は面倒くさそうな顔をしながら左手で頭をぽりぽりとかいた。あちらこちらに視線を向けながら適当な理由をたらたらと私に言い続ける。何を言ったって私の耳にはすぐに抜けていく。どうせ、本命の女のところにでも行っていたのだろう。あぁ、憂鬱だ。この最低な男にまだ好意を抱いている自分にも、セフレ扱いされていることも、煙草の煙も、私の息を詰まらせるには十分だった。

「ちょっと窓開ける。」
「あ、おい。寒いだろ」
「うるさい。あんたのせいで空気が淀んでるのよ。」

ガラガラと少し立て付けの悪い窓を開ける。季節は十一月になったばかりだ。外からは冷たい風が少し吹いている。地球温暖化だとかなんとかで気温が高い今年は比較的暖かいほうみたいだが、なるほどその通りだろう。重い空気が漂ったこの部屋にはピッタリな気温だ。空には今にも崩れそうなほどの細い月が高く昇っていた。細いながらも夜を照らす月に強い劣等感を覚えた。きっと今の私たちは、この月に適わない。ふとあの頃を思い出す。もう10年も前のことだ。あの頃の私たちなら満月にでも勝てたのではないだろうか。
・・・・随分臭いことを考えてしまった。
ふと、後ろから腕を回されて抱きしめられる。不思議とそこに暖かさを少しも感じなかった。

「な。本当にごめんって。」

何が。縋りつかないで。

「いつもお前のことを考えてるんだ。」

嘘つき。反吐が出る。

「だから今日も一回だけでも頼む。」

結局それじゃない。そっちが目的なんじゃない。
くるっと向きを変えられて目と目が合う。

「愛してる。」

ご機嫌取りの愛してるなんて本当に最低。救えないほど最低。

だけど。

「・・・・私も。」

それに踊らされる私はもっと最低だ。
そっと口を重ねるだけの軽いキスをする。

また私に、青いあの日が息を吹き返した。



 
  (縋りついていたのは私の方だ)

縋り愛

執筆の狙い

作者 春華
112.137.244.83

初投稿です。短い読み物ばかり書いてしまいます。ささっと読めますので読んで下さるとうれしいです。
まだまだ初心者のため全体的に拙い表現が多くあると思います。すみません。

コメント

えんがわ
14.8.22.192

けっこう好きですよ。

ちょっとカメラがロングで、なんとなくな空間を作っていて、そこにシルエットのような男女の輪郭と距離感が上手いこと出ていると思います。

確かに描写は淡白にも感じますけれど、表現が絞られているし、そのちょっとした軽さのような淡さのようなものが、なんとなく彼氏に流されてしまう主人公の主張のなさというか、なんとなく続いてしまう二人の関係の、そのいい意味での弱さ、柔らかさとか、そういうのにマッチしていると思います。


青春の赤みがかった空に、臭く言えば永遠を感じて。
でも、今は崩れそうなほどの細い月にも敵わないと思えてしまう。

そこらへんの流れに詩的な良さを感じます。センスがイイんでしょうね。


こういうのの似たような作品だったら、もうちょっと描写を濃くして、二人の表情やスケッチをわかりやすく書いて―って言っちゃいそうだけんど。
こういう作品とか、こういう作者に、それは当てはまらないようにも思えてしまう。

短いものを今は描いているかもしれないけれど。
こういうロングの視点から空気とか二人の距離を切り取ったシーンを、1つ、2つ、3つと重ねていって、中編、長編になった時に、どのようなモノが出来るのか、じわじわとワクワクしてしまう出来のものだと思います。

少なくとも自分はそう思いました。

えんがわ
14.8.22.192

追記です。

内容について書いてないんで。

しかし、ほんとにいやんな感じの男だよなー。後ろから抱きついて胸とかもみもみしてそうなー。
いやー、彼女が縛られてるのは思い出だけだろー。はやいとこ別れろよー。

とか思っちゃうのは、作者の術中にはまってるんでしょう。

大丘 忍
153.186.197.93

読みやすい文章ですね。

自分をセフレとしか見ていない男。でもそれを断りきれない自分。
女のやるせなさが分かるような気がします。

ワンシーンの描写だけではなく、起承転結を持ったストーリがあれば本格的な小説になると思いますよ。
また、空行の使い方にも気を使ってください。空行も一つの文章としての意味があると考えて、無意味な空行を使わないことです。

ゴイクン
121.92.248.63

短いので拝読しました。
私も、えんがわさんと同じで、うまいな、と思いました。
センスがいいんだな、と羨ましいような気持ちになりました。

絵としては、青いあの日と現在の小さな部屋しか出てきませんが、主人公の、離れたくても離れられない思いが、その絵を通して伝わってきました。

作者さんはきっと男だな、と思うくらい、男っぽい主人公で、それも生き生きとして読んで楽しかったです。

どうでもいいことですが、・・・というやつ。私が最初にこのサイトにきたときに注意されたことですが、これって三点リーダーというらしいです。
 ・・・と三つ書いて、変換をおせば…となります。そして普通は、……と二つ並べるみたいです。
プロの作品はみな、そうなっているはずですよ。
マメ知識でした・笑
頑張ってください。

スージーキュー
126.3.41.194

「突然、青いあの日が息を吹き返した」ー抽象表現が‥カッコ良いとは思えません。後述とのつながりがまるでないし。

「彼には私とは別に本命の彼女がいるらしい」ーおかしい…って思います。「彼には本命の彼女がいるらしい」のなら、「私」は本命ではないのだから、「別」とつくのはねえ…

「二人きりのこのワンルーム」を「私の家」と言うのは…捉え方は自由ですが…

読後「だから何?」って思いました。すみません。

春華
112.137.244.83

▽えんがわさん

拝読いただきありがとうございます。普段、自分以外の誰かに書いたものを見せることがないので感想や意見をもらえることにとても感動しております。


話は短いですが、その中に自分なりに色々詰め込んだつもりでした。それを汲み取っていただけて本当にうれしいです。
まだまだ未熟なため長い文章を書くとどうしても話の内容がぶれてきたり、表現に雑さが出てきたりしてしまうので、ぱぱっとかける1400文字くらいが今の自分にはまだ丁度いいと思っています。もっと文章をうまく構成出来るようになったら少しずつですがもっと長い物を書いていきたいです。その方が表現の幅も広がっていくと思いますし、もっとイメージがしやすい話になりますよね。

学生時代の彼との思い出、自分を都合のいい女としか思っていない今の彼、嘘の愛の囁きにこのままではだめだと思いながらも縋ってしまう主人公と、それを逆手にとるように彼女の体だけを求める最低な男。形だけで中身がからっぽな愛をお互い求め、鎖につながれているかのように離れられない。というところから縋り愛というタイトルを付けました。縋という漢字にはくさりという意味があるらしいですね。タイトルを付ける際に初めて知りました笑

もっと自分の思いを文字に出来るよう日々頑張っていきたいと思います。

春華
112.137.244.83

▽大丘 忍さん

拝読ありがとうございました。
主人公が仕切りに男に悪態を付いているのに、最後には都合のいい言葉一つで丸め込まれてしまっているのをうまく表現できていたようでよかったです。男は主人公が自分を好きなのを逆手にとって「都合のいい女」として扱っている感じもにじみ出していけたらいいなと思いました。

行間!!!失礼しました。昔夢小説などを参考にして文を書いていたため余分に行間を開ける癖がついているようです。行間を開けるとその空白で主人公の切なさを表現できているような感じがどうしてもしてしまって。本当に癖なようなものなので直していきたいと思います。ご指摘ありがとうございます。

春華
112.137.244.83

▽ゴイクンさん

拝読ありがとうございました。
二度もそのように褒められて本当にうれしいです。ありがとうございます。タイトルのとおりですが主人公が様々なものに縋りつき縋れ付かれている様子を表現したかったので良かったです。主人公の好きという純粋な思いと、体だけを求める最低な男のからっぽな愛を伝えたかったです。

最初から男に悪態を付く彼女が最終的に「愛している」という言葉一つですべてを許してしまう男にとって「都合のいい女」感を感じとってもらえたらとてもうれしいです。

本当ですね。・・・・になってしまっていますね。確かにいつも見ている本はすべて…でした。こんな初歩的なことも分からないようなところが初心者って感じですね笑ご指摘ありがとうございました。

春華
112.137.244.83

▽スージーキューさん

拝読ありがとうございます。
最初の部分は本来「学生時代の時の記憶を思い出した」と書く予定でした。それだとあまり興味をそそられない始まり方だと思い「青い日あの日が息を吹き返した」という表現にしました。ですがそうしてしまうと確かに後述の内容との繋がりが分かりにくくなっていますね。すみません。

彼には私ともう一人彼女がいて(二股ってことですね)そのもう一人の人の方が自分より好かれている。という意味にしたかったのですが、言われていればなんだか少しおかしい感じがしてきました。別の表現をもう一度考えてみようと思います。ご指摘ありがとうございます。


二人きりのワンルームというところは客観的な視点。私の家というところは主人公の視点での表現のつもりだったのですがこれだと変な風に見えてしまっているのでしょうか??鈍くてすみません・・・。

もっと伝わりやすい文章が書けるよう努力したいと思います。正直な感想ありがとうございました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内