作家でごはん!鍛練場
前世はぺんぎん。

SFっぽいやつ。

カラダがなけりゃ、差別なんかいじめなんか全部が消えるのにね。

カラダを捨ててココロだけ。

自分の夢の中に永遠にいられる。

何もかも思い通り。

そしたら病気も寿命も差別もなくなるよ。


お腹も空かない。何もいらない。何も必要ない。

娯楽が貴方の手に。


そんなカラダを無くすことが2000年くらい前に流行った。

ほとんどの人間はカラダを無くしてしまったけど少数であったが
カラダを無くさなかった。カラダのある人間もいる。

カラダがある生活も不便じゃないよ。

めんどくさい人間関係もない。
一人で生きてける。

すべてロボットがやってくれる。
カラダがあろうがなかろうが娯楽は手にはいる。

でも、寿命がある。
いくら医療が進化したとはいえぽっかり死んでしまうものだ。


一人で生きているから人間は増えない。
自分から他人と関係を持とうとするものはおらず、
カラダを持ってる人間は消えた。

ココロだけの人間も元々のカラダは尽き、
ココロだけになってしまった。

いつか地球も尽きるだろう。
でもココロは永遠。

自分の夢の中で永遠に過ごすのだろう

SFっぽいやつ。

執筆の狙い

作者 前世はぺんぎん。
128.53.2.92

SFっぽいものを書いてみたかったです。
暇潰しです。

コメント

偏差値45
219.182.80.182

>カラダがなけりゃ、差別なんかいじめなんか全部が消えるのにね。

ココロだけであっても同じようなものだと思います。
それは事実と感覚は違うからです。

>そしたら病気も寿命も差別もなくなるよ。

ココロも病気になりますからね。なくなりません。

>自分から他人と関係を持とうとするものはおらず、

そういう時代は来ないかな。人間は社会性のある動物であるからね。
すべての人が仙人にはなれない気がします。

>SFっぽいものを書いてみたかったです。
むしろ、スピリチュアルの話かと思いました。

全体的に曖昧、理想的な世界を描いたのかな。
ストレスが無くなるかもしれないけれども、
孤独や不安という別の問題が生まれて来るかもしれないですね。

きときと
61.86.146.123

詩なのでしょうか。小説なのでしょうか。
暇つぶしとしてはいいと思います。

ココロだけ、ということですが、仮想現実上であってもサーバの故障やなんやらで
不便はあると思います。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内