作家でごはん!鍛練場
ゆなぎ

餞別

歩き慣れた街は、閉塞感を感じさせる。
自分は何処にも行けないのだと思い知らされる。
いつからか、この街を出ることが、生きる目標になっていた。
そして今日、その夢が叶う。

大学受験を終え、A県行きの夜行バスを待つ僕に、一通のメールが届いた。
差出人は中学時代の友人、Nだった。

『大学合格の話聞いたよ。おめでとう!A大学に進学するってことは、A県に住むんだよな?もう3年近く会ってないけど、気軽に会えなくなるってのは寂しいな』

Nとは中学時代、親友と呼べる仲だった。
明るく友達が多いNと根暗で本ばかり読んでいた僕とでは、まるで釣り合いが取れないように思えた。しかし何故だかNは僕のことをいたく気に入っていたらしく、頻繁に声をかけてきた。意外にも本好きだったNとは共通の話題が出来たことで一気に関係が進展し、1年の後期からは毎日一緒に下校するほどの仲になっていた。2年からは文芸部だった僕とサッカー部でレギュラー争いをしていたNとの間に下校時間のズレが生じたため毎日とはいかなくなったが、それでも時間が合った日は一緒に帰っていた。

『中3で進路が分かれることを知った時は結構ショックだった。お前とは高校でも一緒だと思ってたから。進学校に進むお前についていけなかった自分を憎むべきだったのかもしれないけど、俺も青かったんだ。あの時はごめんな、今更だけどさ』

そう、中3の時、進路の件でNと喧嘩をしたんだ。Nが地元のスポーツで有名な高校に推薦で進学を決めていた冬、僕は少し離れた進学校を受験することをNに打ち明けた。それが喧嘩の発端だった。高校受験でありがちな、友達同士のいざこざだ。

その後、無事に仲直りしたのだが、どこか気まずさが残ったままだった。卒業式が終わり挨拶を交わしてから今に至るまで、遊ぶことはもちろんメールでやり取りすることもなかった。

『今日いきなりメールを送ったのは、謝りたいことがあるからなんだ。高3の夏、お前のロッカーにカラスの死骸が入ってたの、覚えてるか?』

そんなこともあった。クラスでも浮いている方だったので、多少のイジメは覚悟していたが、あまりにも惨いやり口に動揺、いや怯えを感じたのを覚えている。

『あれ、俺がやったんだ。ほんの出来心だったんだけど、結構大事になっちゃって言い出せなかったのが心残りだったんだ』

本当に今更だな。ショックだし、何様のつもりなんだ。
不満が心から溢れ出して止まらない。

『こんなのただのエゴだって分かってる。でも、吐き出しておきたかったんだ。ごめんな、本当にごめん。許してもらえるなんて思ってない。それでも、弱い俺をどうか許してくれ。要件はこれだけだ。合格おめでとう。達者でな』

要件はこれだけだ?よくそんな言い方ができたものだな。こんなものは薄汚くて狡くて醜い油まみれのエゴだ。Nが進学するのか就職するのかしらないが、節目に全部吐き出してスッキリしたいってことか?ふざけるな。そんなことは許されない。罪人は一生罪を背負い続けるのが唯一の償いだ。

だが、そんなNともこの街とも今日でサヨナラできると思えば、このクソッタレなメールも餞別と思えなくもない。
新しい地で、新しい自分になろう。
強く正しい、人に優しい大人になろう。
汚れた世界から、綺麗なものを救える人間になろう。
そう、心に決めたのだから。

スマートフォンの電源を切りコートのポケットにしまった、丁度その瞬間。
夜行バスが、ターミナルに向けて速度を落とさずに突っ込んでくる。
頭は逃げろと信号を送ってくるが、身体が思うように動かない。
衝突の直前、ヘッドライトの光。
脳内を駆け巡った走馬灯の大部分を占めていたのは、Nとの思い出だった。


Rが死んだ。
その知らせを聞いた時、不思議と胸のすく思いがした。

俺とRは、かつて親友と呼べる仲だった。
そして今はもう、その彼はこの世にいないのだ。
その事実が、俺を可笑しな気分にさせる。俺は、人間関係で絶対にミスを犯さないように、常に気を張って生きてきた。そんな人生で、たった1度だけ、大きすぎるミスを犯したことがある。
あれは、中学3年の夏のことだった。

朝、歩き慣れた通学路。昨晩の大雨が嘘のように、空は晴れ渡っていた。
道路の真ん中に、カラスの死骸が落ちていた。いや、落ちていたと言うには流石に位置が整いすぎていた。轢死体のようだったが、道路に血は一滴も落ちておらず、死骸はまるで供え物のようだった。
雨が洗い流したのか、あるいは、誰かが。
いつもの俺なら軽く胸を痛ませながら通り過ぎていただろう。しかし、その日の俺は
、ある種異様な高揚感に包まれていた。理由は分からない。まあ、強いて言えば、太陽のせいといったところだろう。

3年の引退を目前に控えたサッカー部では、朝練が朝の7時から行われていた。キャプテンの俺は、他の部員よりも早く登校する。
片手に、カラスの死骸を持って。
カバンに隠そうと思ったが、臭いが付くのが嫌だった。それに、別に見つかってもよかったのだ。埋葬すると言えば、それで終わる話だ。

3-1の教室に入った俺は、Rのロッカーにカラスの死骸を投げ入れる。Rのことはよく知っているし、あいつはジョークが好きな男だ。これくらいの悪ふざけ、笑って流してくれるだろう。そんな現実の見えないイカれた男が、当時の俺だったなんて信じたくもない。しかし、それが真実だ。
俺はイカれたクソ野郎。それが俺の本質。
いくら汚れていようとも、それが自分。
背負わなければならない、俺の罪だ。

そこから先の展開は、正に理想と正反対とでも言うべき酷いものだった。
Rは傷つき、誰も笑わなかった。
学年集会が開かれ、犯人探しが行われ、結局不審者の仕業ということで幕が下ろされた。犯人は、ここに居るのに。
サッカー部の理想のキャプテン、クラスの人気者、そして、Rの親友。そんな俺の仮面に、罪人という新たな1枚が追加された。

Rの進学の話を聞いたのは、一昨日の朝だった。もう、Rと一生会うことはないのではないか。そんな考えが頭をよぎる。
ならいっそ、全てを打ち明けるべきなのではないか。そうすれば、俺の長年の悩みはひとつ解消されるのでは?
そんな浅薄な思いで、俺はRへのメールを打ち始めた。

『大学合格の話聞いたよ。おめでとう!A大学に進学するってことは、A県に住むんだよな?もう3年近く会ってないけど、気軽に会えなくなるってのは寂しいな。

中3で進路が分かれることを知った時は結構ショックだった。お前とは高校でも一緒だと思ってたから。進学校に進むお前についていけなかった自分を憎むべきだったのかもしれないけど、俺も青かったんだ。あの時はごめんな、今更だけどさ。

今日いきなりメールを送ったのは、謝りたいことがあるからなんだ。高3の夏、お前のロッカーにカラスの死骸が入ってたの、覚えてるか?

あれ、俺がやったんだ。ほんの出来心だったんだけど、結構大事になっちゃって言い出せなかったのが心残りだったんだ。

こんなのただのエゴだって分かってる。でも、吐き出しておきたかったんだ。ごめんな、本当にごめん。許してもらえるなんて思ってない。それでも、弱い俺をどうか許してくれ。要件はこれだけだ。合格おめでとう。達者でな』

薄汚いエゴで塗り固められた、醜さが透けて見えるような最低なメッセージ。
でも、これが俺のRへの気持ちの全てだった。親友だったなんて口が裂けても言えない。俺は、狡くて汚れた男だ。

あいつが俺のメールを読んだかなんて分からない。
ただ、ひとつ願うとしたら。
死の直前、あいつが見た走馬灯が、幸せなものだったことを願うだけだ。

餞別

執筆の狙い

作者 ゆなぎ
106.180.38.246

短編の書き方、心理描写について勉強したいと思いこの作品を書きました。
人間のエゴ、ふとした行動が相手の人生に与える影響などを表現したかったです。
作品の中に2つの視点を置くのは初めてだったので、正直自信がありません。
感想・ご意見、よろしくお願いします!

コメント

月野 夜
126.79.71.77

読ませて頂きました。

えっと、中3の時に、ロッカーにカラス入れたんですよね?
高3だとお互いに学校違うと思うので、出来ないんじゃないかな?
誤字かな?

最後のN君の場面で、R君が死んだことに既になってたのは、なにか意味があったんでしょうか?
メール送って、死んだことを察してますけど、見た、じゃなくて、見る。の間違いですかね?

心理描写について、N君からのメールですが電話の方が良いかな。
文面だと、パッと全体が見えて小説みたいに順序よく読んでいくことってなかなか出来ないものです。

電話ならカラスの話もちゃんと順番に聞けてR君の怒りがフツフツと込み上げてくる。メールだと、疑問とか疑念とか本当なの?とか真意が推し量れず、モヤモヤするだけだと思います。

心理描写は人それぞれなんで正解は無いんですが、リアリティは作ることができます。頑張って下さい。

瀬尾辰治
49.96.7.244

ゆなぎさん、
最後まで読んでみました。
最初だけの感想ですが、
 歩き慣れた街は、←これだけで街の擬人化のストーリー? と思ってしまいました。書き方次第で変なことになりますね。

 歩き慣れた街は、閉塞感を感じさせる。
一人称の登場人物目線で、全て見ている書き方にしては、擬人化をしなくても、一行目は変ですね。

 大学受験を終えた主人公が、見たままの実写版のように、バスを待っている辺りから始まると、分かりよいですけどね。
 内面を書く練習なら、次の改行から風景を混ぜた内容を書くと、独り言のような文章にならないと思います。

動いがないと、どうしても独り言みたいですね。
そんな感想でした。

田中一郎
219.117.13.241

進路が変わるだけで友達でなくなるのは寂しい話ですね。
ただ、方や進学校に通うくらい頭が良い人物なので仕方ないですよね。

ただ、カラスの死骸はやりすぎですね……。
犯人探しが普通は始まりそうですがよくばれませんでしたね。

偏差値45
219.182.80.182

>進路の件でNと喧嘩をしたんだ。
中三にしては、ものすごくワガママですね。

>Rのロッカーにカラスの死骸を投げ入れる。
腹が立っての行動なのでしょうけど余程の暇人ですね。
おそらくかなり精神年齢が低いのでしょう。

>作品の中に2つの視点を置くのは初めてだったので、正直自信がありません。
章で視点変更するか、Rサイド・Nサイドと表記する方法がありますね。

内容は過去の悪行の謝罪。
・Rはバッドニュースそして死亡。
・Nは謝罪してすっきり。
バランスとしてはあまり良くない気がしますね。
Rが死んでしまったことで、
Nはより大きな良心のかしゃくに苛まれるような気がします。
そこまで表現できていると良かったかな。
ここで大事な点があるとしたら、「失ったものは元には戻らない」
ということでしょうか。それは命であり、信頼ですね。

ゆなぎ
106.180.33.139

>月野 夜様
コメントありがとうございます!
確かに、メールは全文が表示されるのに順序良く読んでいくのは不自然ですね…
全然気が付きませんでした泣

Rが死んでいるのは作品を上下二分割にした時ラストの時系列が合うようにしたつもりだったんですが、読み返してみると説明が無いのでかなり違和感がありますね、そこにも気が付きませんでした泣

頂いたコメントを参考に、もう一度書き直してみようと思います!

ゆなぎ
106.180.33.139

>瀬尾辰治様
コメントありがとうございます!
序文で作品の雰囲気を読者の方に伝えようと思って書いたのですが、繋がっていなくてかなり違和感が出てしまいました泣

風景描写に関しても、かなり課題の残る結果になってしまいました…
自分で書いた作品を自分で読み返してもなかなか気づけないことが多いので、本当にありがたいです!

頂いた感想を参考に、練り直してみます!

ゆなぎ
106.180.33.139

>田中一郎様
コメントありがとうございます!
設定に関しては、自分でも少し無理があるかなと思いました…
なんとかRを秀才キャラにして収集をつけようと思ったのですが、それにしてもカラスの死骸はやりすぎでしたよね…
反省です泣

リアリティの課題をクリアできるよう、努力していきます!

ゆなぎ
106.180.35.124

>偏差値45様
コメントありがとうございます!
作品の登場人物の精神年齢には作者の精神年齢がそのまま反映されると聞いたことがあるので、僕自身の心が幼いのかもしれません笑
でも、幼稚な行動が作品内に出てくると読み手の心は冷めてしまいますよね、反省です泣

視点表記は盲点でした!確かにその方が分かりやすいですし、表記無しでのいきなりの視点変更は分かりにくいですよね!ありがとうございます!

ストーリーとしてRとNのバランスが取れていなかったという点は、まさにその通りだと僕も感じました…
あまりにもRが不憫な内容になってしまい、Nのキャラクターが軽かったですね…

指摘して頂いた課題をクリアできるよう、精進します!

月野 夜
219.102.246.215

再び失礼したします。

読み返したら確かにN君のパートの冒頭で死んだことに触れてますね。
ただ構成が複雑で読者に伝わりにくいかもしれません。

自分なら

Rが死んだ。
その知らせを聞いたのは、不覚にもこんなメールを送った後だった。

メール文

過去の回想

あいつが俺のメールを読んだかなんて分からない。
ただ、ひとつ願うとしたら。
死の直前、あいつが見た走馬灯が、幸せなものだったことを願うだけだ。

上記のように組み替えるかもしれません。

メール文を書く描写を最後に持ってこられていたので、自分の解釈としては、『書いて送った場面』と認識しました。
故に、メール送って何故だかR君が死んだことを知ってる?と混乱しました。

こんな感じの説明で良かったでしょうか?

ゆなぎ
106.180.35.112

>月野 夜様
詳しいアドバイス、ありがとうございます!
構成を考えるのがめちゃくちゃ下手なので、例を上げていただけて本当に助かりますm(_ _)m
これからは読みやすい構成と作品を客観的な視点で見つめることを意識して書いていこうと思います!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内