作家でごはん!鍛練場
えんがわ

福寿草特別 2019/1/9

 ポテトフライを食べる。心持ち長い串に、薄茶の揚げ物が刺さっている。コロッケはすり潰したジャガイモを揚げたものだが、こちらはゴツゴツとしたジャガイモがほくほくとした食感となっている。上品ではなく、荒々しい。かけられたソースは安物で物足りない量だけど、それがしみじみと浸みる。
 食べた後の発泡スチロールの四角い皿をゴミ箱に入れようとしたら、離す寸前に寒風にさらわれ、露店の集まりの方まで持っていかれてしまった。盛況とは言えないが、程々の密度の往来はみな、それを気に留めない。おでんやモツ煮をつついたり、新聞とにらめっこしている。このままでもいい、誰にも文句を言われない、とわかっていながら、半ばヤケな気持ちで風に飛ばされたゴミを追う。

 浦和競馬場は南浦和駅から徒歩十五分、送迎バスならば五分のところにある。インターネットによる馬券購入などで、地方競馬は再び収支は増加傾向にある。かつての地方の場末での、寂れて廃れていくイメージとは遠くなった。
 しかし、必ずしも地元の町興しとして歓迎されてはいないように思う。駅から出て、まず見えるのが東京には及ばないものの地方都市としてまずまずのビル街、駅横の大きめのタコヤキ屋。焼きの甘いせいか、皮がぐしゅぐしゅしているそれを突つきながら、駅前の商店街を行けば、街頭に取り付けられているのは「浦和レッズ」の赤いエンブレムの旗。定期でやって来る浦和競馬場直通のバスの案内は、小さな板切れ一枚のため見過ごしてしまい、道を迷った。
 しかし頻繁にやって来る無料バスの乗客は多く、古い内装のバスにこれまた使い古されたような服の中年男が一杯に詰まり、椅子は全て埋まり、立たなければならないほどだ。今日は平日。一月九日水曜。第62回ニューイヤーカップが行われる日だ。そのレースは地方重賞に当たるSⅢで浦和競馬にしては大きめのレースだ。

 バスは目的地に到着し、おじさんらは無言でぞろぞろ歩き出す。立ち読みしていた「名馬を読む」をバッグにしまい、その流れに混じる。バスを出ると競馬場がある。東京の府中のように入場チケットをどこで買おうか迷っていると、みな購入する素振りもなくゲートを通っていく。良く見ると、百円玉をチャリンと入れると、そのまま駅の改札のようなゲートを通れるらしい。それに倣う。

 競馬場に入ると直ぐに馬にお目にかかることになった。パドックだ。レース前の馬たちがお披露目される小さなトラックのような円形コースだ。馬の状態を直前で見て、それが馬券を購入する際の判断材料の一つとなる。
 馬が厩務員に引かれてパカパカ歩く。ときどき馬糞を落とす。それを直ちに掃除する係員は、中央競馬とは違ってそこにはいない。馬糞を厩務員はひょいと避けてコースを回るが、馬たちは構わずにその上を悠然と歩いていく。客との距離も中央の競馬場よりも近く、集まっている人の数も少なく、最前列に立って間近で馬たちを見ることが出来る。
 寒空に手をこすりあわせながら、地面を踏みしめ続ける馬を見る。どれも良く見える。改めて眼の前に来ると「大きいなっ」て思う。馬鹿みたいだけどそう思う。四百キロを超えるサラブレッドには、生命のパワーのようなものの詰まり方が人とは違うように思う。
 どの馬も本に出てくる名馬のように見える。テレビ中継では解説者がしたり顔で、「この馬は歩様が」とか「イレコミが」とか言っていて、それを聞いていると自分も同じように競馬を分かったような気がする。しかしここで、馬と一対一で面してみると、自分の見る目の無さを実感する。この中に何十億と稼ぐオグリキャップが混じっていても、名前が示されなければ自分にはわからないだろう。
 いや、馬どころか人を見る目もない。なんというか、物事を見る目も、場所を見る目もない。その目は曇っている。輝いていれば、新年早々、こんなところには居ないはずだ。
 ポテトフライを買いに、露店の集まりに向かう。二百円ちょっとだった。


 競馬場の建物内には、馬券売り場とちょっとした売店と観覧席がある。中央競馬の府中などはとても綺麗で清潔感があって、それこそデートだったり子供との家族サービスに使われそうな雰囲気があるが、どうも浦和競馬のそれは加齢臭がする。年季の入った地方都市の駅のホームのような、決して汚くはないが、拭えない庶民臭さが満ちている。ただ、それが心地よい。地味な、妻に買ってもらったようなそういう値引きされた感じのジャンパーやズボンを普段着で着こなしているおっさんらと調和して一つの空気を作っていて、「ああ、自分もその一員になってしまったんだなあ」と思ってしまう。それだけ、その安っぽさが心地良いのだ。
 場内を見て回ったのは、それもあるだろう、また外の寒さ、今日は特に風が強く芯に来る、を避けたい気持ちも手伝ったのだろう。思ったよりも長くなり、レース発走が近くなってしまった。投票締め切り四分前のアナウンスがあり、走れば外のゴール前で観れる、のだが怠惰が勝ってしまった。もう何時の間にか興奮に急かされ走る年でもなくなっていた。
 建物内の三階から、コースに面した全面のガラス張りの窓を通してレースを見る。アナウンサーが実況をするが、どうも音響が悪いのか、妙にかすれて遠くから聞こえている。コース全体を見下ろしていると、熱は冷め、子供の運動会の徒競走を見つめている気分になる。秋の日の当たる小学校で、赤白帽に短パンで、走る背の低い我が子。運動神経の鈍さは遺伝しなかったらしく、八人中の二番目でゴールした。二着の旗の前での笑顔に、なにか自分自身のあの頃がピカピカに磨かれて帰って来たような。微笑ましく、誇らしい気持ちになった。その子と会うことは、もう無い。
 誇らしい気持ちは無いけれど、妙ににこにこしてしまうような真剣な遊戯を見ているような楽しいレースだったような気がする。もちろん見ている自分だけだろうけど。場内は静かで、窓で隔たれているせいか、野次も応援も飛ばずに、むしろ平常よりも静かに終わった。レース直後に「当たった当たった」と誰も聞いていないのに、繰り返しながら払い戻しに向かうおっさんがいた。濃紺のジャンパーを着た、なんだか呑気そうな背中だった。

 イベントとして用意されたトークショーがあった。メインレースであるニューイヤーカップの予想だ。おっさんらに囲まれた女優は、少し美人な肌の白い何処にでもいそうな、でもアイドルとしては年をとり過ぎた顔だった。予想をクイズ番組に良くある紙に書こうとして風にあおられ「すいません」と言いながら、でも周りは迷惑そうにも、さりとて楽しそうでもなく、まるで観葉植物のようだった。

 焼き鳥を買う。レバー百二十円。ボンジリ百二十円。注文してから網で焼く。たとえ二度焼きだろうが、目の前で肉が煙をたてるのが嬉しい。レバーは臭いがきつかったが、ボンジリのかりかりとした歯応えある食感は、なかなかだった。


 メインレースの二走前。福寿草特別のパドックを見つめる。一番レインボーシャトル。二番エリノブリザード。眼の前に映るそれは凛々しく賢そうで、それこそ観客一杯の中央競馬の芝の上を駆け巡る馬らと変わらないように思える。冬だから毛は艶の良さはないが、年季のこもった歴戦のツワモノって感じがする。どの馬も良く見える。それなのに、ふとしたことか、どうしたことか。

 黒毛の馬に、心を掴まれた。

 正面から見た時に前脚の、首へと至る胸にある筋肉が隆々として力強かった。黒い姿が、陰影をよりはっきりさせたのか、他の馬よりも明らかに厚みのある立体的な姿をしていた。首を大きく動かすこともなく、歩様も穏やかなほどにゆっくりで、しかしはっきりした目は前を見据えている。特別に大きな体ではなく標準的で、しかし如何にも筋肉が締まっている印象を持った。柔らかな背のライン。七番の馬だった。
 電光掲示板を見る。三連単、レースの一着、二着、三着を順番通りに当てる投票方法。その三連単の人気上位のオッズが並んでいるが、その中に七の数字はない。上から眺めたが、最後までない。パドックの奥の巨大な電光掲示板と、離れて奥へと向かう七番の馬を交互に見つめる。掲示板の表示が切り替わった。7番、ミスターソウルマン、場体重マイナス8。オッズは単勝94倍ほど。百円で一万円が帰って来るオッズ。万馬券にも近い大穴だった。
 それを知った時、この黒い馬は単なる凡馬になると思った。人気薄の穴馬。色あせると思った。そしてその馬を確かめると、しかし存在感はより増し、ただ走りそうだった。それはどんどんと大きくなっていく。投票の締め切りは近くなっていく。ずっと七番を見つめていた。

 本当はメインレースまで馬券は買わないはずだった。買ったにしても肩慣らし程度にするはずだった。だが、この気持ちを裏切っては嘘になる。この時を逃したら、ここに来ている意味がない。出会いに意味があるとしたら、この出会いにはきっと。

 無我夢中で馬券売り場へと早足で向かい、一万円の七番の単勝を買った。七番がトップでゴールすれば、百倍の百万円。景色がドンドンと過ぎ、頭は一点に集中し、記憶をとどめず、ただ機械的に動いた。そのまま駆け足で再びパドックに向かい、号令がかかるまで七番を見つめ、騎手が向かうと、その青一面に黄の横縞が走ったレース服を頭に焼き付けた。そして馬がコースに向かうと、直ぐにゴール前に陣取るように立った。

 興奮して寒さを忘れる、とよく言われる。しかし実際はそんなことはなく、ただ寒かった。冷たかった。手はかじかんでジャンパーのポケットに入れながら、手袋はすべきだった、無くても軍手でもと、ちりちりとした。耳や顔も寒気が刺さり、特に風が吹くと上半身全体に寒さが服を透けるように浸みた。風は吹きっ晒しの遮蔽物のないここでは容赦なかった。投票締め切り二分前のアナウンスから一分前のそれまでの時間が、ひたすら長かった。馬券が当たったら、百万円を手に入れたら、何をしようか。考えていた。百万円で何を買うかよりも、それを話のタネに子供とまた会えるのではないか。そんなことを。だけど、とにかく寒さが厳しく、早く終わらないか。そう、思考は沈んでいった。

 ターフビジョン、ゴール板の後ろにある大型モニターに、チェスのナイトが映り、虹色のデジタルな線が突っ切り、プロモーションビデオのようなものが映った。それから少し。画面にスタートのゲートが映され、いよいよレースが始まろうとしていた。スタートは遠く、肉眼ではどれがどの馬だか良く分からない。まずスタートして、ゴール前のここを通り、コースを一周して、最後にここゴールを目指す。短い旅が始まる。集まった十数人たちと一緒に、ただ始まりと行く末を見守る。

 レースが始まった。スタートした。ゲートが開いた。七番の馬は明らかな動きをした。
 スタートが鈍い。その後の加速も鈍い。どん尻につけた。馬が車のように突っ切る中、最後に青の服が通った。向こう正面、はるか遠くに、レースの中盤になっても七番は後ろだった。「勝てない」。レースの山場前にわかってしまう。燃え立つこともないまま、挽回することもないまま、レースは進行していく。この寒空の空気を真っ向に受けて騎手は己の背よりも高く、高速で揺れ動く視界を見つめる。汗でびっしょりと背中を濡らしながら、鞭を振りかざす。そのような熱気あるシーンも、車が通り過ぎるのを遠くから見守るように、ただ滑らかに穏やかにゴール前の自分の目を駆けて行った。勝てなかった。虚しさや悔しさよりも、ただ「当然そうなるよな」という思いが一杯だった。風が冷たかった。

 メインレースのニューイヤーカップになると、ゴール前には妙に頭が出っ張った本格的なカメラを携えたファンが、十人ほど陣取った。レースの第三コーナーを過ぎると、競馬記者専用のコースとゴール前の観客の間の、排水溝があるスペースに、ずらりと報道陣が並びシャッターを切っていた。予想は随分と気軽なものになっていて、金額も五百円だったが、やはり当たらなかった。結局はどこでどう賭けても同じだったのだろう。すっからかんだ。レース後に、随分と若い二人連れが、「盛り上がらないなー」と言った。確かに、興奮と野次の飛び交うあのお馴染みの競馬シーンとは遠いものなのだろう。出汁の薄い塩ラーメンをふうふうして、競馬場を後にした。

 賭けには応えられなかったが、まだ七番の素晴らしい筋肉の固まりの、前脚から首にかけてのあの盛り上がり、馬体のライン全体の美しさを忘れられない。レース結果を見て、それこそ見た目だけだったと思う筈なのに、頭に浮かぶのはその筋肉が躍動しトップでゴールを目指す姿なのだ。それは恐らく最下位に終わったこと。最後に印象的に砂を蹴散らすのでもなく、淡々と、でも確かにゴール前を通り過ぎた姿を見たからかもしれない。
 浦和競馬の常連になることはないだろう。だけど、これからの人生の節々も、様々なものを賭けるだろうし、それは決して日の当たらないもので、賭けがはまって当たることも少ないだろう。でも、今の何処かすがすがしく、何かを失い、何かが満ちた思いは、きっと嘘をつくことはないだろう。肌に染み入る残念感。敗者の道を寒いけれど、ゆっくりと駅のホームへと歩いていく。

福寿草特別 2019/1/9

執筆の狙い

作者 えんがわ
165.100.179.26

正月の浦和競馬を題に書きました。その時に投稿したものの、再掲となります。


今日、浦和競馬場に行ってみて、それでこの小説に合わせて動画を作ってみました。
https://vimeo.com/358782742



両方を通して、なにかしら浦和競馬場というものが伝わればいいなと思いました。
それに対するコメントを聞いてみたくなりました。

既にこの小説を読んでいてくれる方は、ほとんど改稿できなかったので、動画だけを見ても大丈夫です。
動画は被るところが多いので、小説を読んでイマイチだと思ったら、小説オンリーのコメントを気軽に書いていただけたら嬉しいです。

コメント

夜の雨
118.18.72.209

読みました、こちらの作品は以前読んで感想を書いていると思います。

で、今回はビデオも視聴させていただきました。
画質は悪いしカメラを左右に振る速度が早くて目が回りそうですが、浦和競馬場の雰囲気はよく出ていました。
プロが撮影する映像とは違いますが、どこかほのぼのとするものがありますね。
文章の方はビデオと違い、読みやすく内容も理解しやすかったです。
こちらも浦和競馬場の雰囲気、そして作者さんの人柄をよく描いていると思いました。

―――――――――――――――――――――――――――――――

ちなみに前作の花火の話ですが、あれは文体を創りすぎて読みにくくなっています。
途中まで読んでギブアップしましたので、感想は控えました。


また、読ませてください。

えんがわ
165.100.179.26

夜の雨さんだー。
うん。なんか前回投稿したときに、とても長文をいただいて、馬を夢だっけな、象徴なのだとまで解釈いただいたのかな? こそばゆくなってしまった覚えがあります。
うろ覚えなんですけれど、評価されにくい地味な文章だと思っていたものに、背中をポンと叩いていただき、こういうのを書いていいんだって元気づけられていました。今もです。

はい。確かに「花火使い」は文体が自然とは言えないですよね。なんか固い。ギブアップ、というのが痛くも、頑張らねばと発奮させてくれる批評です。

投稿したてにそんなこと言われたら、落ち込んでたでしょうけれど。今ならこのような文章なら夜の雨さんにヒットして、あっちはやっぱり駄目なんだろうなって。そういうのをなんか思います。もうちょっと力を抜いて、素の方がいいのかな。その自分の素って、すごく、うーん拙いとも思うんですけど。ごまかしてもダメだって。


あー。ああー。動画みていただいてありがとうございます。
はい。素人です。無駄にカメラは動かしちゃいけないってのは聞いてはいたんですけど、出てしまいました。右左に慌てすぎでしたー。画質は、うん、悪いっす。
でもでも雰囲気が伝わったなら嬉しいです。

いや、あの、でも、人柄については夜の雨さんは、犬の話でもなんか褒めていただいたのですが、でも、それは過大評価だと思うんです。
人柄はそんなに良くないです。悪い方です。嘘はつくし、冷たいところはあるし、我がままだし。

文章と人柄が結びつくとしたら、自分の中のどす黒い、淀んだような、悪い(深い)部分を表現できていないようで、それは文章が未熟なのだろうし、そこらへんサボっているんだろうな。うーん。

オースミロッチ
126.140.231.135

浦和競馬場。昔はマーク式じゃなく窓口でオバハンに番号伝えたな。
食堂のハンバーガー、粗雑だったけど手作りで、旨かった。

偏差値45
219.182.80.182

>福寿草特別
よく分からないけど、一瞬、老人ホームかな、と思ったりして。

ストーリー性はなく、描写のみという印象ですね。
たぶん、趣味でしょうし、書いている最中は心地よかったのではないか、
と想像します。

動画も撮られているようですが、こちらはもう少し編集しても良かったかな。
カットしたり、字幕を入れるといいかも。

競馬場の雰囲気は良く分かりましたが、
個人的に知りたいことは、競馬の醍醐味ですね。
競馬の面白さ、楽しさをいかに伝えていくか、そこが大事なような気がしますね。

大丘 忍
153.186.197.93

どうせ馬券など当たらないと思っている(当たらないのが当たり前ですから)読者に、万馬券が当たったと言う夢を与えたらいかがでしょうか。

えんがわ
165.100.179.26

>オースミロッチさん

あー。うーん。自分は歴史を語れるほどに浦和競馬場に月日も数も通ってないけど。
先日、新しいスタンドが作られて、開放感と清潔感がある感じになったなーって。
それ以上に衝撃的だったのが、喫煙所が設けられ、場内喫煙禁止となり、風物詩にもなっていた歩きタバコが全くなくなっていたこととかー。

んー、風景や景色って変わっていくから、今をしっかりと留めて書き残すのもなにか意味があるかなーって。よくわからないです。

えんがわ
165.100.179.26

>偏差値45さん

ドラマチックじゃないですよね。大金も動かないし、破産もないし。そういうのと離れていっている自分の嗜好が、世間一般が求めているストーリーとは違ってきているのは自覚してます。合わせれない人間です。

>たぶん、趣味でしょうし、書いている最中は心地よかったのではないか、
>と想像します。

偏差値さんはちょっと否定的というか皮肉的にこうおっしゃったのかもしれませんけど、それはその通りです。
趣味で心地よかったら、文章を書く目的の大部分は、達成されてしまいます。


>動画も撮られているようですが、こちらはもう少し編集しても良かったかな。
>カットしたり、字幕を入れるといいかも。

はい。動画は小説が文字だけなんで、動画は映像だけにしたかったってのがあるんですけど。そんなん出来るほど動画を撮るの上手くないからね。ヘタレだからね。
だらだらっとした競馬場の雰囲気でいいかなって思ったんです。けれど他人様に見せるなら、もっともっと削ってテンポよく、加工してわかりやすくしないといけないですねー。うーん。


>競馬場の雰囲気は良く分かりましたが、

ありがとうございます。

>個人的に知りたいことは、競馬の醍醐味ですね。

うう、難しいですね。自分の感じる競馬の醍醐味は、血統、血のドラマなんですけど。
それは平日のこういう地方の競馬でもそんなに大きくないところでは、それは通じないんですよねー。
オスはまず種牡馬になって血を残せないし、メスもまた牝馬に成れるほどに上品なのは地方でもこんな日には出てこない一流、だいたいはJRAの中央競馬になってしまう。
父の名も母の名もマイナーな馬が集まったりしているし。
だから「血のロマンがー」なんて、声高には言えない。

それ以外のなにかが競馬にあるとして、それを求めて浦和競馬場に行ったのかもしれません。
それは掴めてないです。
けっきょくのところ、そこが書いている自分にもあやふやだから、読み手にとっても曖昧なものになってしまう。

今回は競馬じゃなくて「競馬場」というのを書きたいというのもあったんですけど、もうちょっと真剣にディープに競馬というのを知っていったり、体験していくものが、自分には要るのかなって気がします。他に競馬モノを書くとしたら、そこはなんとかしないといけない。

かと言って、木村カエラのCMの「ラッタッタ―」にはなりたくないんですけど。
あとユーチューバーで100万円をかけて1000万円稼いだとか。

JRAのほんとうに凄い馬のレースの時に、ラッタッタ―女子が、アイドル男性俳優を間近で撮りたいからと観客席の最前列に陣取った時に、すげー悲しくなったもん。


なんか長くなってしまいすいません。そういうとめどない思考を、なんとか描写に反映したいです。

えんがわ
165.100.179.26

>大丘さん

自分はそういう夢を与えられる人じゃないです。
残ねんな人です。ごめんなさい。

なんだろうね、たぶん、この文章や動画で伝えたかったことがあんまり伝わっていないように思えて。
そこに悲しさや悔しさも感じるし、うん、やっぱり自分の力不足を感じます。

なんてね、仮想通貨で100000000000000000000円儲けて、大きな塔をたてて、紙ヒコーキ飛ばしたい!
なんてね、ほんとうに今の人って求めてるのかな。

九丸(ひさまる)
126.179.100.248

拝読しました。

エッセイ色が強いのでしょうか。
寂れた? 競馬場の雰囲気は伝わってきます。
熱もなく、淡々と過ぎていくような感じは、地方競馬を良くあらわしていると思います。ネット購入で馬券の売上は、地方競馬といはいえ、軒並み上がっています。でも、実際の競馬場はそれとは対照的に盛り上がることもなく。中央のスター騎手が来るなら話は別ですが。でも、今でもわざわざ競馬場まで足を運ぶ人達にはそれなりの理由や思いがあるわけで。主人公以外の人達の、そんなちょっとした雰囲気がもう少し伝わってくると、良いスパイスになるのかもなんて思ったりもしました。
ジャンクフードの描写好きでした。
拙い感想失礼しました。

えんがわ
165.100.179.26

はい。
エッセイとフィクションの半々です。
実際に福寿草特別ってレースがあって、ミスターソウルマンはどんじりだった。
でも自分は一万円なんて賭けてないし、それどころかそのレースには一円も賭けてないです。心は賭けたけど。

でもリアルとして感じていただいたなら、こちらの意図は叶ったんだと思います。

>地方競馬
確かにネットさまさまで地方競馬の多くは存続を危ぶまれていたし、盛り上がりに欠ける部分はあります。でも、淡々と熱もなく、という印象を与えてしまったのは失敗です。主人公やその場の内なる熱というか淡い思いは、低温でも伝わって欲しいところでした。余りに温かい、ハートウォーミングにはしたくないのですけど、いまいち温度が伝わらなかったような手応えの無さを感じます。はい。

>でも、今でもわざわざ競馬場まで足を運ぶ人達にはそれなりの理由や思いがあるわけで。

周りは見れてなかった感じです。それは正月明けの1月9日というのもあったと思います。自分も含めて、その寒くて、どうしようもない時期に行く人って、やっぱり周りを見れてないと思います。多くの競馬ファンは年末の有馬、地方でも帝王賞で一区切りで。浦和競馬場自体、先日完成したスタンドが当時は改装中で、というか工事されているのが見えていて、淀んでいたんです。わざわざこの時期に行くって言うのは何かあるんでしょう。それが自分には分からなかったし、ご指摘されるまでスポリと抜けていたところでした。なんでだろうね。ほんとわざわざ。そこらへんに、自分の競馬場通いの経験の浅さが出たのだろうし、ほんとなんでだろう。推測で書いたら、嘘になっちゃうだろうし。そこを今の自分が描いたら、エッセイという印象は悪い意味で消えてしまうだろうな。

その時も動画を撮っといたら、なんか空気とか見直せたかなー。広い視野で書けたかなー。


>競馬場の雰囲気は伝わってきます。
>主人公以外の人達の、そんなちょっとした雰囲気がもう少し伝わってくる

このひさまるさんの言葉に、ズドンと来ます。
雰囲気を伝えれたのは嬉しいのですけど、その「ちょっとした雰囲気」まで伝わらないと、この文章を自分が書いた意味がないです。そのちょっとがスパイスどころか、秘伝の味レベルに大事だと思うです。そこを上手く感覚で捉えられなかった感性、うーん、それを言葉に表すことができない自分の文章力。ヘタレな自分です。自分はここまでの人間だとも思います。突き破れない壁でしょう。


はい。競馬のジャンクフードは美味とは違うのですけれど、その場所ならではの味というのがある気がします。お金と直結するギャンブルだから、そこで買うフードにもなにか想いがにじむ気がします。そう言う感じの味みたいなのは、他のシチュエーションでも表現できたらなーって。

ゴイクン
121.92.248.111

読ませて頂きました。
私も競馬が好きなので、浦和競馬場にも行ったことがあります。

中に、「どうも浦和競馬のそれは加齢臭がする。」とあって、笑ってしまいましたが、確かに。

でも、地方競馬やJRAの場外はどこもそうじゃないでしょうか。やはり若い人の比率は低いですね。いまどき地方競馬やパチンコする者は、年配者だけのような気がします。半分は偏見ですけど。

なので、競馬的なことを最初に書きますが、

>四百キロを超えるサラブレッドには、生命のパワーのようなものの詰まり方が人とは違うように思う。

 と書かれていますが、400キロを超えた程度の馬は、小さいですよ。あくまで他の馬との比較ですが、
パドックでは十頭以上の馬が歩くので、普通は460キロを超えていて、500キロ超えも多いはずです。現役馬で最高は650キロだったかな。ま、あここは「500キロ近い」とすべきかな、と競馬依存の私としては思います。

>黒毛の馬に、心を掴まれた。

これは初心者の設定なので問題ないかと思いますが、ちゃんといえば、競走馬の毛色に黒毛というのはないです。
 黒く見えるのは、青毛か青鹿毛です。一番多いのは鹿毛ですので、青毛は目立ちますね。強そうですが、さすがに7歳では無理かも。

私は競馬に狂っていますから、最後までちゃんと読みましたが、作品としてみれば、推敲不足というしかないです。文章にもう少し手を入れたほうがいいかと思います。

>コロッケはすり潰したジャガイモを揚げたものだが、こちらはゴツゴツとしたジャガイモがほくほくとした食感となっている。

>誇らしい気持ちは無いけれど、妙ににこにこしてしまうような真剣な遊戯を見ているような楽しいレースだったような気がする。

>レースが始まった。スタートした。ゲートが開いた。七番の馬は明らかな動きをした。

最期のは、スタートしたのに、ゲートは閉まっていたわけですね、といいたくなります。

文章で悪い癖かな、と感じたのが、一文の中の言葉の順番、まあ、副詞などの位置がすっきりしない気がします。構成もそうですね。
あるべき所にあるべき文がないので、読み難かったです。

辛口書きましたが、私は面白く読みました。最初に競馬場に行った日のことを思い出しました。
それでは(競馬?)頑張ってください。

えんがわ
165.100.179.26

>ゴイクンさん

うん。ゴイクンさんから見たら、競馬はにわかなヒヨッコですよねー。
主人公は初心者に近い感じで書いたのですが、作者はもっと競馬に精通していないと、いけないです。

>やはり若い人の比率は低いですね。
そうですねー。東京競馬場や中山競馬場は女性専用スペースを用いたり、らったったーCMで呼び込もうとしていて、最近は大きなレースがあると居るところには若い人は居たりして。それと比べると浦和競馬はよりおっさんくさいっす。


>四百キロを超えるサラブレッドには、生命のパワーのようなものの詰まり方が人とは違うように思う。黒く見えるのは、青毛か>青鹿毛です。一番多いのは鹿毛ですので、青毛は目立ちますね。

ここらへん、にわかですよねー。いいかげんですよねー。うー。
んー、しょーじき、パドックで馬を目の前にすると(特に浦和競馬場は距離が近いので)そういうのが吹っ飛んじゃいました。
色とかもわかんないし。黒鹿毛だっけ。青鹿毛だっけ。ゲームなら見分けがつくけど、それを現場で単体で見分けれるなんてできやーしません。あと葦毛とかは目立ちますよね。

>私は競馬に狂っていますから、最後までちゃんと読みましたが、作品としてみれば、推敲不足というしかないです。

はい。頑張ります。


>文章で悪い癖かな、と感じたのが、一文の中の言葉の順番、まあ、副詞などの位置がすっきりしない気がします。構成もそうですね。
>あるべき所にあるべき文がないので、読み難かったです。

うん。もともと読みにくい文章を書いているんで、推敲をしっかりして、ナラサナイトいけないですねー。
他の文章に比べても、練り込みが足りないのは、あります。


>辛口書きましたが、私は面白く読みました。最初に競馬場に行った日のことを思い出しました。
ああ……競馬場を知っている人に、そう思っていただいたのは、すごく嬉しいし、励みになります。
けっきょくは競馬通になるよりも、競馬半可通でも出来るなにほどか、を追求するのがあってるのかなと思います。
競馬を毎月の趣味に出来るほど、マネーが無い。(そこで泣いてしまう)

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内