作家でごはん!鍛練場
友晴

骨の折れた傘

 泣いている男性に会った。
 私は骨が一本折れた傘を差して繁華街へ出かけていた。どこへ行こうかと悩んでいるとその男性に出会ったのだ。
 始めは、今日も普段通りに雨が降っているので、それが頬を伝ったのかと思ったが、どうも表情から察するに涙らしい。
 それだけであったなら、私はきっと胸を苦しめながらも素通りしていたのだろうけど、その男性は傘を差していないのにもかかわらず、頭や体が濡れていなかった。物理的に雨が当たってはいるものの、濡れていなかった。
 常識的にあり得ない状況に、私は立ち止まり目と口を大きく開けてしまった。男性は私の間抜けな顔をみると、すぐに袖でゴシゴシ目元を擦った。

「初めまして」

 私はついつい挨拶をしてしまった。
 何事もなかったように立ち去る雰囲気でもないし、特に急いでいるというわけでもないので、挨拶くらいはしようと思ったのだ。
 しかし、どうも間違えたようだ。
 男性は私が挨拶をした途端、また泣き出してしまったのだ。堪えてはいるが、引き泣きをしている。
 私はどうしていいのか分からず、とりあえず傘を差してあげることにした。男性は雨に濡れない不思議な人であったが、ここまで泣かれしまうと優しくしたいと思ってしまうのだ。お陰で髪と服は濡れてしまったが。

 男性はどうやら落ち着いてきたらしく、返事をしてくれた。

「……初めまして、どうもお見苦しいところをお見せしました」

 作り笑いが下手だった。
 でも何故だか、安心してしまう。なんだか、変な気分だ。

「何かあったんですか?」

 私は質問をしておいて後悔した。
 共感や解決のできない悩みだったらどうしよう。話を聞くだけ聞くにしても、私にはそれくらいしかできないだろうし、なによりそこまでする義理はない。私と男性は、ここで始めて出会ったのだから。

「お話、聞いてくれます?」

「少しなら」

 取り敢えず、言ったからには最後まで責任を持とうと覚悟を決めた。でも警察沙汰になるのは御免なので、逃げ道だけは確保しておきたい。心苦しいが、内容によっては切り上げよう。

「では、場所を変えませんか? ここだと人も多いので」

 この辺りには傘を差す人で賑わっている。確かに、ここではあまり話したくないだろう。私は了承した。

 *

「懐かしいなぁ……あの時のまま何も変わってない」

「へ、へぇ」

 濡れない男性の後をついてゆくと、辿り着いたのは小さな神社。街の中にひっそりと佇むこの場所は、雨宿りするにはピッタリだが、重たい相談をする場所には適さないだろう。
 一体、どうしてここを選んだのだろうか。普通、カフェとかであろう。こういう時は、女に奢るのが普通であろうに。

 でも確かに、なんだか落ち着く場所だ。とても初めて来たとは思えない。なんだか、懐かしささえ感じてしまう。

「すいません、お洒落な場所じゃなくて。実は内容が内容なので、この場所にしたのです。申し訳ないです」

「いえいえそんなお気を使わず」

 私と男性は拝殿へと進む。先程の通り雨宿りにはピッタリなので、私は傘を閉じた。男性はまじまじと傘を見つめていて、これまた悲しそうな顔を見せた。

「濡れましたよね。これ、使ってください」

 男性は鞄からタオルを取り出すと私に手渡しをする。濡れないのに、どうしてタオルを持っているのか不思議だったが、取り敢えず受け取り体を拭く。

「ありがとうございます」

「いえいえ、では早速」

「その前に質問です。どうして濡れないんですか? 傘も差していないのに。少し怖いです」

 すると、男性はアハハと笑った。

「私の相談を聞くと、分かりますよ」

 ぽつりぽつりと話し始めた。

「私には彼女がいました。結婚も約束していた程です」

 やはり重たい話だったか。そして恋人関係の相談は泥が付き物だと相場が決まっている。覚悟しなくては。

「実は亡くなったんです。交通事故でした」

 私は息を飲んだ。冗談抜きで逃げる準備をしなくてはならない予感がする。

「彼女はいつもガミガミ叱る人でしてね、貧乏性なんですよ。あの日も、骨の折れた傘を差していまして……」

 なるほど、それで私の傘をまじまじと見つめていたのか。それにしても貧乏性な彼女さんの気持ちは理解できる。骨が折れた程度で買い換えるなんて、勿体ないと思う。傘は生きているわけじゃないけど、きっとまだ捨てられたくないだろうし。

「それで、この街であなたを見かけた時思ったんですよ。似てるなぁって。骨の折れた傘を差しているところもそうですが、そもそも瓜二つなんですよね」

 突然なにを言い出すかと思えば、新手のナンパだったか。これ以上、話を聞く必要はないかな。別に、好みじゃない顔だし。
 私はタオルを返して帰ろうとした。すると、男性は私の手を握った。

 ついにするところまでするのか。今思えば、この場所は人目につきにくい。そのまま襲うには丁度いい。やられたと思ったが、男性は私の目をみつめて言った。

「会えて嬉しいよ、梅雨」

 梅雨。五月から七月にかけて来る曇りや雨の多い期間のこと。そして、私の名前。

 この時、私は全てを思い出した。
 私はこの男性、優也と恋人であり、交通事故で死んだ。
 とても貧乏性で、骨が折れた程度では傘を変える気にはならず、あの日はそのまま出かけた。しかし、そろそろ買い換えなくてはならないなと、気になって骨を眺めていた私は、信号が赤になっているのに気づかなかった。そしてそのまま、死んでしまった。

「優也!」

 私はずぶ濡れな状態で彼に抱きついた。

「ごめんね。私、死んじゃった」

「この馬鹿。死んでも貧乏性は治ってないじゃん」

 私と優也はしばらくこのままでいた。涙がいつまでも溢れ出るので、話すような状態ではなかったからだ。

「よしよし」

 頭を撫でられる。それでは逆効果だよ、優也。女は優しくされると余計に泣いちゃうんだから。でも、今は泣いておかないと二度と泣けない気がした。

「梅雨、落ち着いて聞いてね。僕とはそろそろお別れなんだ」

「どうして!?」

 顔を上げる。驚きが隠せなかった。

「ルールなんだ」

 優也が言うには、この私がいる街は現世に未練がある人が暮らす場所で、総じて生前の記憶がない。そして、自分の名前すら忘れているらしい。確かに、私は自分の名前を優也から聞くまでなんとなく気にもしていなかった。

 そして、この街の住人が自分の名前を思い出す時は、現世から来た人が教えてくれた時であり、この街を去ることを意味する。つまり、未練がなくなると言うことだ。

「でもどうやってここへ来たの?」

「梅雨の傘を弔おうとして、傘を差してみて気がついたら街の入り口にいてさ。この先にはあなたと関係の深く、現世に未練がある人がいるので、名前をお伝えくださいって看板が立てられててさ。他にも色々書いてあったよ。二人の思い出の場所がどこかにあるから、そこで名前を教えてあげるといいって。余計なお世話だよね。そしたらこの通り」

 なんともまぁ、都合のいい話だ。
 でも、この街には私以外にもかなりの人がいるから、別に珍しいことでもないかもしれない。意志が宿る物さえあれば、この街へ来ることも容易いのかも。

「ねぇ、梅雨。この神社、覚えてる?」

「うん、そりゃね」

 ここは私と優也が通っていた中学の帰り道にあった神社だ。そして、通り雨にやられて雨宿りをした場所でもあり、初めてキスをした場所でもある。

「最後に、しようか」

 優也はモジモジと言った。
 彼はいつも度胸がない。
 付き合いたての頃は、それはそれは困ったものだった。初デートのカフェは臨時休業だったし、お家デートではデリカシーがなかったし。

「その発言でムードぶち壊し」

「えぇ……」

 こんなダメな彼でも、どこか安心するのだ。名前の通り、優しいところだろうか。相合傘では片肩を濡らしているし、なにより私を中心に生活しているようだった。さようならは辛いが、優也のためでもある。

 私は自分から優也の唇と重ねた。その時は驚いていた優也も、すぐに私を抱きしめた。こういう時は察しがいい。この時間が永遠に続けばいいのにな。こうしていられるのも、そろそろ終わりな気がしてならない。そもそも、生きている人と死んでいる人が会うのはご法度なのだから。

「優也、私の分まで幸せになってね」

 一度唇を離し、それだけ伝える。優也は何か言おうとしていたが、それを遮るように再び唇を重ねた。


 そのまま、私と優也はこの街から消えた。

骨の折れた傘

執筆の狙い

作者 友晴
119.82.162.183

カクヨム甲子園という賞へと応募するために書きました。
辛口でも甘口でも良いので、思ったことを教えてもらえると助かります。

コメント

大丘 忍
121.92.117.245

「私」の性別が女であることはもっと早く知らせた方がいいと思いますね。
読んでみても遅らせる必然性は無いように思います。

友晴
119.82.162.183

大丘忍さんへ

確かにそうですね。心がけてみますが、内容的には如何でしたか?

大丘 忍
121.92.117.245

内容をどう感じるかは読者によって十人十色ですから、あまり参考にはならないと思います。私個人の思いは「あまり面白くない。少なくとも自分はこんな文章は書かない」と言うことです。したがって、小説としての形態について述べました。もう一つ付け加えるならば、行あけを考えることです。私は空行にも文書としての意味があり、おろそかにするなと言う主義です。また、小説の書き方として、起承転結にもこだわっております。
内容については、面白かったという方もいるかもしれません。これは個人の受け止め方ですね。

あらと
126.247.139.82

賞に応募されるようですが、もし記念応募ではなく、入賞を狙っている作品ならば受賞はないです。あくまでも個人意見ですが。

事故で亡くなり、離ればなれなった二人。
タイトルの傘で、再会して終わる話です。が、ただその事実を垂れ流しただけの内容だと思いました。

読んでいる途中で話の最後が、予想できてしまいます。
二人が再会して、もう二転三転の驚きや展開が欲しいです。

あとそういう性格設定なのかもしれませんが、愛し合った二人が再会にしては二人が冷静すぎる感じがしました。
そこまで二人は、相手のことを好きではなかったのかな?と感情移入が出来ないです。

二人の性格も似ていて、性別以外見分けがつきません。
梅雨はズボラ設定されているだけで、上手く使いこなせていない印象を受けました。

もっと二人の感情を突き抜けさせて、エピソードが欲しいです。

現実世界であれば、似た者同士が惹かれ合うのも分かりますが、これはあくまでも小説として描かれたもの。エンターテイメントを読者は欲しています。

長々と個人意見、失礼致しました。

u
183.176.70.188

読みました。
マアそこそこ面白いというか。

この設定(死んだ人の視点で描く→最後種明かしネ)はよく見られる手法だと思います。
いつだったかネット上のSSコンテストで御作とよく似たお話読みました。

こういった趣向だけを使うなら、もうひとひねり二捻り必要かと思いました。そうでないなら、読者の心に切り込むような、何かが必要ではないかと思います。

例えですけどミステリーのトリック。クリスティ・クイーンあたりで出尽くしている。でも、現代作家描いてる。工夫してネ。そのあたりだわ。キミスイ参考になるかも(初心者的に)。

ということで疑問点です。
幽霊の彼女は雨に濡れる。現世の彼は雨に濡れない。あたしはここ、分からなかったんですよね?
作者様としては何らかの設定があるのかなーナンテ? よろしかったらご教授願えますれば幸甚です。

マーマー良かったんですよ。御健筆を。

友晴
119.82.162.183

あらとさん、ありがとうございます。

確かにありきたりだったかもですね、参考にします。
しかしはやり、4000文字以下で伝えきれません。題材を変えるべきですかね。

友晴
119.82.162.183

uさん、ありがとうございます。

濡れる人と濡れない人の区別は、現世の人と雨の降る世界の住人というだけです。
この世界における雨は悲しみを表現しました。よくありますよね、主人公の気持ちと天気がシンクロする技法。それです。

何故、濡れない設定にしたのかと言いますと、早めの段階で感づいて欲しかったからです。でも今思えば、ミステリーでもないのだからそれは適切ではなかったかなぁと。

コメントありがとうございました。

inose
140.227.213.165

雨の雰囲気がよく伝わってくる作品でした。
しっとりとした悲しみの中に、いくばくかの優しさが感じられる。その理由の一つとして、マイペースな主人公の性格があると思います。
前半の、ゆったりとした思考の流れが、いい味を作り出していると思います。

ただ後半になると、設定消化と紹介を詰め込みすぎていて余裕がなくなっていると思います。
たとえば「街」の正体を、口頭説明だけでやってしまうのは無理があると思います。
また、セックスへの言及は、二箇所ともやや唐突で違和感があります。

名詞について。
「梅雨」という特殊な人名に、ある程度の印象効果は感じられるんですが、読者にとっては、消化不良気味だと思います。
また、タイトルにも使われている「骨の折れた傘」に、理由は設定されているものの、物足りないと思います。
思わせぶりな言葉を使うときは、相応量の意味や意趣を込めなくては、ストーリーラインが散漫になってしまうので、意識して読者に伝える工夫をしたほうがいいと思います。

ラスト一行は、さっぱりしていて、それが冒頭の、
”ひょんな偶然かと思われた出会いこそが、彼らにとって避けられない別れの順番が来たそのときだった”
というような感慨を起こさせてくれたので、いいと思いました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内