作家でごはん!鍛練場
花様りょう

無償の愛

「人の愛ってどんな感じなんだろう」

殺人鬼が言った。俺はそれになんとなくムカついた。

「それが知りたくて生きてきていた感じだったんだけど。結局のところ僕にそれが何か、わかんなかった」

こいつはつまらないことを言い出した。
「かわいそうな奴だな」
同情。

「かわいそうなのかな? 僕は」
「かわいそうだよ。普通に生まれてりゃ、そんな人生もなかっただろうに」
「君はイライラしてるね」
「するだろうさ。こんなとこで知らねえ奴と話すぐらいしかやることもない。最低さ」
殺人鬼は3秒黙って、心なしか暗い声で言った。

「でも、かわいそうなのも悪くないでしょ。君だってさ、本当はイライラさせられてる自分をかわいそうだと思っていて、僕を恨んで、その実、うれしいと思ってる。まんざらでもない。僕を恨むことで快楽を得てるんだ。謝ってよ」

「はいはいごめんなさいね。俺はふつうの人間だから、そんな物事を深く考えたりしないの。お前は異常者だからそんなこといちいち気になるんだよ。それにお前の論で言ったら、地上にゃ罪人でごった返してるわけか。いったい何人殺したんだ。お前の顔、もしかしたら俺は見たことがあるかもしれないぜ?」

人殺しの顔など、普段から見ないでいる。気分が悪い。
彼はまた3秒黙って、細いため息をついた。
「おい、こんな離れてるんだ。お前、ちゃんとでかく話せよ」
「君もうるさいね。殺してやりたい。こっちにちょっと来てくれない?ねえ」

本当の殺気だったと思う。

「ハン、やれもしないこと言うなよ。全然怖くないぜ、坊主」
「嫌味な古い人間だね。それにもうすぐ会える。隙を見て殺してやる」
「おーおーがんばれ。俺もお奇麗な人間じゃねえんだ、おまえにやられるならそれも悪くない」

奴はまた黙った、今度は5秒。

「君と僕は、そんなに遠くはないのかもしれない」
「こことそこじゃ、6mは離れてるぜ」
「心のありようの話だよ。君って哀れなんだ。でも泣けやしないのさ。そんな奴だ。僕が代わりに、泣いてやってもいいぜ」
「ありがたいねえ。だがその必要はない。お前はお前で俺は俺だ。それに俺は、泣きたくはない。泣きたいのはお前なんだろう。今なら俺しかいないぞ、泣き放題だ、坊主」
「はは。」


今度は黙りこくった。2分間、何の音も聞こえなかった。
上で観客どもが足を踏み鳴らす、それで天井から少しの砂が落ちるのが、2分間で起こった変化のすべてだった。

それから奴は、俺に聞かせるつもりがなかったろう呟きを発した。小さい小さい声だ。
「宇宙。宇宙にとって、僕なんて、ひとつの砂粒。それが失われるだけさ。死ぬってそういうことだ。ああ、くだらない人生だった…」

俺は生まれつき、他人より耳がよかった。だから、糞ほど無意味なこの仕事を上から授かっている。

俺は胸ポケットの高価な懐中時計を引っ張り出して、その針を眺めた。
また沈黙が下りる。3分間。どんな城のどんな高貴な沈黙よりも、尊く美しい時間だった。
「時間だ。」立ち上がる。



殺人鬼を檻からだし、連れ添って上への扉を開ける。古い木の台座がギシギシ音を立てた。観客らは声をそろえて悪魔の処刑を望んだ。鼓膜の振動が感じられるほどのその罵声に、すべてが込められていた。
祭司が声を張り上げる。『これより悪魔を処刑す!』 腹から出た遠い空まで届く合図の声であった。
半円の台を囲む蟻のごとき観客の興味は、台に乗る二人の男のうち、跪き項をさらす華奢な青年にある。いつものことであった。
罵声が膨らみ、普通の耳じゃもうそれ以外聞こえない。
俺は奴に叫ぶように言った。それでも奴に聞こえているかわからなかった。
「よう、坊主よぅ! これは俺しか知らないことなんだが特別に教えてやる。神さんに貰えなかった分の愛は、死ぬと全部もらえるんだよ、意外か? 死は全ての苦痛からお前を救ってくれるんだよ。
安心しろ。大丈夫だ。俺のは、痛くないって評判さ。深く呼吸をしろ。じゃあな。」
殺人鬼が言った。
「うん。ありがとう。」







血のようにこびりついて離れないのが、人の記憶である。
俺は檻前に戻り、剣の血をぬぐい始めた。次が来るまでに研ぎなおしておくのも仕事のうちだった。

水を取りにふと立ち上がり、檻を見る。灰色のコンクリートには、数点のまだらが落ちていた。奴が座っていたあたりだった。
どうもこれは、忘れるのが難しい。本当に、難しい。俺は心の中で溜息をついて、のろのろと椅子に戻った。

無償の愛

執筆の狙い

作者 花様りょう
139.101.115.77

久々に筆が乗ったので、シンプルな構造で救われない人間のお話です。
暗い中にある幻の灯りを表現できていればと思います。
ほぼほぼ初心者なので、手加減いただければ幸いです。

コメント

ぷーでる
157.65.82.154

初心者?でも、私には読みやすくて、話の内容が分かり易かったよ。

花様りょう
150.66.84.114

>ぷーでるさん
ありがとうございます。少し書いていた時期もありましたが、最近はからっきしでしたので、安心しました。

hir
58.138.153.141

 無償なのは救いかもしれません。
 森羅万象に死を与えたのが神さんの愛情なのでしょう。
 それを確かめたくて殺人鬼になった。とてもシンプルです。

花様りょう
139.101.115.77

>hirさん
コメントありがとうございます。その通りです。死はみなに等しく与えられる唯一の愛・救いとして描きました。
確かめたくて殺人鬼になったのかは不明ですが、大きな悲しみや苦しみの中で自覚したのは確かでしょう。

0706
49.97.100.208

1100
1230

ケーゴ
49.97.100.208

予定

花様りょう
139.101.115.77

>0706さん
>ケーゴさん
コメントありがとうございます。バグでしょうか?数字の羅列と「予定」の二文字しか表示されません…。

白米
161.202.72.155

読みやすくわかりやすくシンプルでした。

気になる点が一点。

秒数の描写にはこだわりがあるのでしょうか?後々の懐中時計にかけての描写でしょうか?読めていないのなら申し訳ありません。でなければ、主人公の心情に沿った時間経過の描写をすることにより、より臨場感が出るように思います。三秒という感覚は次に何を話そうかと迷う秒数であると私は感じました。では、なぜ何を話そうかと躊躇したのか。なぜ躊躇してるのかと思ったのか、殺人鬼の表情が変わったのか、雰囲気が変わったのか、それとも主人公の心情変化がそう感じさせたのか。
例えば、最初の三秒の沈黙。殺人鬼は俺がもとより高尚な人間とでも思っていたのか、言葉に詰まった。(くそ駄文ですいません)など。

もし、秒数や距離間の数字にこだわりがあるのなら、それにつながる話が必要だと思います。数字は客観的事実を伝えるのに非常に便利ですが、味気がないのがデメリットです。主人公が時間にうるさい設定ならば、殺人鬼の面会時間が刑務官の伝達ミスによりズレることにより、予定のズレを秒単位でイラつく描写などどうでしょうか?
また、殺人鬼がどのように誰をどれだけ、どのように殺したのかも気になるところです。(それだけ話に魅力があります)ぜひ、台詞の合間でいいので(調書でみたとか他の刑務官に聞いたとかでいいので殺人鬼がなんのために殺人を犯したかを主人公が聞き出すところでさらっと言ってくれたらすっきりします)

参考までに駄文失礼いたしました。

花様りょう
139.101.115.77

>白米 さん コメントありがとうございます。

キャラクターに魅力を感じていただけて光栄です。なるほど、人物の特性を表現するのに、今回でいえば時間というツールを使用するのですね。たいへん参考になります。

数字は味気ない。確かにそうですね。何かはっきりした意図があったわけではないのですが、あえて数字でそっけなく描くことによって、読み手が自由に解釈できるかなと思っておりました。
主人公の処刑人は、この面会時間を何度も経験しているので、その短時間だけ過敏に時間を気にしている、というような想像をしておりました。描写が足りませんでしたね。
殺人鬼がどんな人物であったかは、機会があれば、という感じでございます。

魅力的に感じてくださって光栄です。ありがとうございました。

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内