作家でごはん!鍛練場
世界史

薔薇(原題)権力の華(副題)

時は朝鮮王朝18世紀
この時は朝鮮では身分制度が厳しかった。
その1人として身分制度に縛られていたのは後の偉大なる国王となる延祀君イ・グムだ。彼は賤しい身分の''ムスリ(雑事担当の女官)''から産まれた。その母と言えば大人気韓国時代劇「トンイ」の主人公淑嬪崔氏だ。そんなグムは宮中から虐げられてた。増しては民からも虐げられていた。虐げられ続け、心を痛んでいただろう。さらに1718年に悲劇が起きた。
何と淑嬪崔氏が亡くなったのだ。淑嬪崔氏の崩御直後、放蕩したのだ。
そしてそれから1年が経った。1719年(粛宗45年)、運命の戦いが今 始まる!
第1章「戦い、始まる」
民の目線を引きながらグムは酒を飲みながら歩いている。
そんなグムの姿を見る延齢君イ・フォン。
延齢君「兄上。かなり落ちぶれましたな。」
グム「延齢君。この兄はどうすればいいと思う。」
延齢君「兄上。何故その様な事を。。」
グム「私は父から冷遇され。。。」
延齢君「では、宮殿にお戻りください。」
グム「何故だ?私が宗親(王族、王の息子)と認められ、宮殿に歓迎されると思うか?」
延齢君「父上がお会いしたいそうです。」
グム「父上が私を追い出した様なものなのに。今頃会いたいだなんて。」
グム「お断りしろ。私は嫌われっぱなしでも良い。そなたにどうしようか何て聞かなければ良かった。」
グムは、酒瓶を地面に落とし、立ち去る。
思政殿で話す延齢君と粛宗
粛宗は舌を打ちながら言う。
粛宗「全く頑固な奴だ。。あの者に渡さなければならぬ物があると言うのに。」
延齢君「父上。兄上を必ず連れて参ります。」
酔って歌いながら街を歩くグム
グム「オーエーヤーソー」
そこに延齢君がやって来る。
グム「またそなたか。」
延齢君「兄上。父上がお呼びです。」
グム「何だと!私を馬鹿にするのか?何度言えば分かる!もう一度来れば私が父上の元へ行くとでも?」
延齢君「弟の頼みをお聞きください。」
グム「嫌だ!」
グムが立ち去ろうとした時、延齢君の頭に布を被せる。
キョロキョロしながら康寧殿に布を被って入って来るグムと、グムを押さえる延齢君
粛宗「もう連れて参ったのか?だからそなたが好きなのだ。下がって良いぞ。」
延齢君「はい。王様。」
グム「お、王様のお声ですね?」
粛宗「布を取れ。」
イン内官が布をとる。そして、手を縄で縛られる酔いが覚めたグム
グム「父上。何用です?」
粛宗「そなたの母の遺言書だ。」
粛宗はグムの手を開き、グムの手に遺言書を置く。
グム「何故これを今私に渡すのです?」
粛宗「そなたが淑嬪が死んですぐ行っただろ?」
グムは遺言書の封筒を取り、読む。
遺言書を読み、驚くグム。
粛宗「その遺言書の通りせよ。」
遺言書には''世子は子を産めない病気だ。子を産めない世継ぎなど、必要ない。王様と共に世子を排除するのだ''と書いてあった!
第1章終
ご覧いただきありがとうございました。

薔薇(原題)権力の華(副題)

執筆の狙い

作者 世界史
126.116.90.202

私は世界史が好きなんですけども、そんなに朝鮮歴史って学校などで習わないので、もっと韓国の歴史を皆さんに広げたいと思いました。もちろん、韓国を嫌う方も多いでしょう。それでも韓国の時代はこんな面白いんだ。他の時代についても知りたい!って思って欲しいんです。
私は元々世界史は好きなんですが、つい最近「三銃士」と言うドラマを見ました。面白かったです。ドラマは忠実+フィクションを加えるから面白いですよね!
やっぱり忠実を全て書きたいんですが、あくまで小説ですから忠実+フィクションで行きます!全章是非読んでください!

コメント

世界史
126.116.90.202

ちなみに粛宗の読み方は粛宗(スクチョン)です。粛宗は朝鮮の19代国王です。
延祀君(ヨニングン)イ・グムの冊封後の名前
淑嬪崔氏(スクビンチェシ)グムの母
思政殿(サチョンジョン)王の執務室
康寧殿(カンニョンジョン)王の寝室。後読めない字など、教えてくださると嬉しいです。コメント待ってます!

ぷーでる
157.65.82.154

何だか小説というより、シナリオ+韓ドラ宣伝っぽい感じがしました。

>その母と言えば大人気韓国時代劇「トンイ」の主人公淑嬪崔氏だ。
 ⇧
ここが、何となく違和感を感じてたりして。

世界史
126.116.90.202

あぁ。すみません。まぁ。。。。勉強中なんで。
さらに宣伝のつもりもなかったんですがね。あと、シナリオ風にしてしまいましたね。小説投稿頑張ります!

世界史
126.116.90.202

ありがとうございます。ご指摘くださり。
小説になるような物語(?)感じで(?)頑張ります

月とコーヒー
106.171.80.37

「薔薇」って花は・・

韓国のイメージないですねー。

「ふさわしくない」気がして、タイトルでまず違和感しかなかった。

(内容は知らない。申し訳ないんだけど、興味持てない……)


朝鮮半島って、中国の影響絶大だったと思うんで、

「権力の華」つったら、

それに見合う花は、確固として「別にある」でしょう。



これが同じ東洋でも、日本だと「薔薇」は十二分にアリ! なんですよ?

薔薇の「原種」はニッポンにあるからなー。

世界史
126.116.90.202

薔薇⬅︎間違えました。乱れた荒地、戦場って意味かと思ってました。荊棘(いばら)ですね。
つまり 荊棘(原題)権力の華(副題)です。すみません。
すみません。変換が…

世界史
126.116.90.202

宮殿は戦場であると言う意味です。また、荊棘はのいばらとも言います。のいばらとは棘のある花なので。''強い花''です。強いから権力を持つんです。
そんな''華''が頂上まで登詰めます。
それが 荊棘~権力の華~です。

世界史
126.116.90.202

荊棘=戦場

世界史
126.116.90.202

月とコーヒー様ご指摘ありがとうございました。
本当に作品名については申し訳なかったです。
確かに、そう韓国では薔薇のイメージ無いですよね~
何か、題名が「薔薇」でも違和感なかったです。(笑)

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内