作家でごはん!鍛練場
亞柚寺 シルク

生きてほしいんだ、僕が死んだとしても

ごめんね。でも、しょうがないんだよ・・・これはもう」
 君は私に軽くお辞儀をして私に背を向けて歩き出してしまった。
ねぇ、行かないでよ。私を独りにしないでよ。
いや、私が嫌なのは・・・・・・・・・・・・・・、
             君が許せない自分だったんだね。

そして君は、跳んだ。そして君は、死んだ。

高校生とは世界一憂鬱な生き物だと思う。そうなって、実感が120%増したと思う。
君がいなくなってから、約4か月がたった。君がいなくなってから私は憂鬱だ。
 春に君を亡くした。そして、私は生きている。
一つ、昔話をしようか。『キミト、ワタシ』という存在がいた時の話を。

祈る。私と君と空に向かって、夜空に向かって。空を見上げて
「君にこの空がどう映ってるか分からないけどさ、この空を見上げているのは間違えじゃないんだね」
「そうだね。この空がどこまで続いているかは分からないけど・・・この空を見ているのはきっと、」
 言いかけたのは、自分の気持ちこそじゃない。でも

私たちは同じ幼稚園で、小学校で、中学校で、同じ高校を志望校にした。別に君に合わせたわけじゃないけど君がいるだけで私の心はホットしていた。
 高校の入学式、君は隣にいた。嫌、いたはずだった。
気づけば君はいなかったんだ。君が、君だけが。私の隣にいたんだ、でも君は軽くお辞儀をして背を向けて歩き出してしまった。
言葉がでない。言葉にならない、
「御亞、君は美しいよ」
 とだけ言って君は・・・逝ってしまったんだ。私の前に現れることは亡かった。

君が死んでしまったのは、私のせいだから。私があの時死んでさえいれば、君は生きていたんだろう?

 あの日、高校の入学式当日。私は交通事故に巻き込まれた・・・違う、交通じゃなくて殺人事件に巻き込まれたんだ。
朝、私は君と登校した。
十字路で待っていた。すると後ろから、ヴぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!と叫びながら来る男の人が君を刺そうとした。私はとっさに君をかばおうとしたでも君は…!私を横に倒して刺されたんだ。私の目の前で。
その後、後ろに倒れた君は曲がってきた車にひかれて死んでいった。

君の声が、最後の言葉が聞こえた
     『ごめんね、でも、しょうがないんだよ・・・これは、もう最後に言わせてくれ・・・
           御亞、好きだったよ。 だからさ、



    御亞は生きてほしいんだ。僕が、死んだとしても。最後のお願いだ。御亞』


頭の中が真っ白になって、君が映っていた。
『生きてね。御亞、君は君の人生を生くんだ』
「・・っ!!」
『泣かないで。僕が、悲しむから、じゃあ逝くね』
「逝かないで!!・・・!!最、後に!

            ずっと、ずっと君が好きだから!!だから・・・」

キミト、ワタシは重ねていった
        『「愛してるよ、忘れないよ。君のことを」』

そう言ったんだ。

これで昔話は、おしまい。

ありがとう。    、
私、生きるね。君がいない人生を、歩んでいくよ。
でも、忘れない。
      

        だって、君のことを愛しているから。
さようなら。君のことが大好きです。

生きてほしいんだ、僕が死んだとしても

執筆の狙い

作者 亞柚寺 シルク
118.109.32.110

今回は結構な短編小説にしました。
『君』の名前が一度も出てこないのは読者様が自分自身を『君』の立場になって読んでいただければなと思ったからです。
そして、今作で登場する女の子の名前は『御亞』という女の子です。
読んでいただければ幸いです。よろしくお願いします!

コメント

gaucho
126.224.130.34

うーむ。ドラマがない。
セックスも何もないんじゃなあ。プラトニック、と言われりゃそれまでだけど。
江戸川乱歩とか昔の映画では、お骨となった彼女の骨をガリガリ食べたりしたモンです。

ちゃまちゃま
221.43.240.55

こういう様な作品は、たくさんありすぎやしませんかね?
分かりやすくていいとは思います。面白いかと言ったら、そういう気持ちになるだろうとか、最後もある程度想像できてしまいますよね。
一番に考えるのは読み手がおもしろいか、だと思いますよ。
自己満足でかいているならそれまでの作品でしょう。

偏差値45
219.182.80.182

ちょっと分かりにくいかな。やはり名前があった方が良いと思いましたね。
ワンシーンだとしても、なにかエピソードが欲しいですね。
そしてそれに関するアイテムです。
例えば、君が使っていた英語の辞書であったり、腕時計であったり、
形見ですね。または、想い出の場所です。その当時に聴いた音楽でも良いでしょう。
そういうアイテムを軸に語ったら味が出る作品になるかもしれませんね。

126.224.154.96

高校生よりも団塊の世代の方が憂鬱だ!

亞柚寺 シルク
118.109.32.110

gauchoさん 、ちゃまちゃまさん、偏差値45さん 、ーさん

コメントありがとうございます。
初めて投稿した作品だったのでどういうコメントを貰うか緊張していたんですけどアドバイス、本当にありがとうございます!
次作で皆さんに貰ったアドバイスを参考に書きたいです。
ありがとうございました!!!!

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内