作家でごはん!鍛練場
上松 煌

無題

        その1

 2月末から10日間、嫁が友達と海外に行っちまったんでさ、おれも外房の貸別荘に移動した。
飼い猫様にはペットホテルに御下向願い奉ってね。

 岬の崖の上のコンドミニアムで、寄せる波音は聞こえるんだが、茂る木々で波そのものは見えない。
それでも緑の上にでっかい水平線が広がる。
春先の荒れた天候が多くて、毎日毎日、ぶっ飛びそうな風。
磯を噛む轟。

 2階のベランダに立ち、霧のように寄せる飛沫をあびると、髪と唇に塩を感じる。
波音が船べりを打つ外洋のうねり、風音が帆柱や索を抜けるきしみに代わる。
貸別荘が大航海時代の英国の高速フリゲート艦になり、おれはその艦長だ。
積載砲百数十門を誇るこの『天のいと高き所』号を海軍からかすめ取り、追尾を巻きながら喜望峰回りで新大陸をめざす。
艦首のバウ・スプリットには剣を携えた大天使像をかかげるのだ。

 行く手に行きかうコンテナ船やタンカーは、先回りしてはばむイギリス艦だ。
たまに現れる白い客船はスペインの金塊を積んだお宝船だ。
おれは私掠許可は持たないが、帆走技術を駆使して忍び寄る。

 …ってな空想をして、楽しく過ごしたw
ところが、雄大な海のオゾンをあびて、おれの肝心な『死にたい病』がきれいさっぱり消え去っちまった。
『死にたい病』こそ、おれの創作意欲の源だったのに…。

 ああん、書けない。書けないよう~。
おまえら、海には気をつけろ!
うっかりすると詰むぞw

          その2

 ガキのころ読んだ一節。
『人間は幸せすぎると、死にたくなる生き物なんだ』
まさにコレ。

 事業もこんな世の中にしては順調。
嫁も家庭もあったかい。
頼りにできる親友もいるし、愛猫様は愛らしい。
何一つ、不足ない。

 それでもいるのさ。
生(エロス)と死(タナトス)の挟間にあって死(タナトス)に傾くヤツが、確実に一定数いる。

 バカな政治屋や、考えなしのクズはいつも言うんだ。
「福祉大国のスウェーデンだって自殺者はいる。福祉なんて必要ない」
違う。
人間は不幸や絶望に追い詰められて死ぬだけじゃない。
幸せでも死を望む。
なぜか????

 究極の自己愛だからさ。
容姿や履歴も満足できる自分、不満のない環境境遇。
毎日が結構楽しくて、そこそこ思いどおりに生きられて、適度な刺激を満喫できる。
心地よい人間関係や安心できる家族、まわりからもちょっぴり気を使ってもらえてる。
う~ん、おれってイイじゃん。

 だからこそ、自分自身をぶち壊してやりたい。
台無しにしてやりたい。
抹殺してやりたい。

 なぜって?
おれはおれ自身にとって唯一無二の究極だからだ。
優れる宝はさらにないからだ。

 それで死にたい病の発作が起きる。
同時に書きたい病の持病もうずく。
この衝動はとても強くて、書かずにはいられない。
表現せずにはいられない。
訴えずには治まらないんだ。
今までその繰り返しで駄作を書いてきた。

 それが海近い貸別荘で10日間、1人の時間を持っただけできれいさっぱり消え去っちまった。
残ったのは腑抜けのおれ。
漠然とした幸福感の底に、海が鳴りどよむだけ。

無題

執筆の狙い

作者 上松 煌
153.203.103.215

 去年の丁度、今頃。
伝言板に出した独り言。
こんなの書いていたんだなw 書けなくなってジタバタ苦しんだ時期だった。 また今年もそれww
人間って進歩しない生き物なんだな。 でも、去年はそのあと、『幻夢現無(げむげむ・おれを殺しにかかるとき)』が生まれた。
今年はどうなるのだろう…?

コメント

夜の雨
60.41.130.119

上松さんの死にたい病、の意味。

――――――――――――――――――――――――――――――
人間は不幸や絶望に追い詰められて死ぬだけじゃない。
>幸せでも死を望む。<

>究極の自己愛だからさ。<
―――――――――――――――――――――――――――――
「幸せ」であるということは、それ以上は望めないし「いつ不幸になるかもしれない」という不安がある。だから、「幸せの絶頂で死にたい」という哲学でしょうか。
まさに「究極の自己愛」ですよね。

上松さんが幸せな日常を送っているということは、今回の随筆でよく伝わりました。
―――――――――――――――――――――――
 それで死にたい病の発作が起きる。
同時に書きたい病の持病もうずく。
この衝動はとても強くて、書かずにはいられない。
表現せずにはいられない。
訴えずには治まらないんだ。
今までその繰り返しで駄作を書いてきた。
―――――――――――――――――――――――
>>書きたい病の持病<<
これって、自己存在の証明(アイデンティティ)だと、思うのですよね。
自分の存在を知らしめるために「書きたい」。
もちろん小説とかの創作です。
絵の描ける方は、絵を描くことにより自己存在の証明をする。
もちろん、他の表現方法もありです。
私達文章の勉強をしている者は、書くことにより自分を証明し解放する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 それが海近い貸別荘で10日間、1人の時間を持っただけできれいさっぱり消え去っちまった。
残ったのは腑抜けのおれ。
漠然とした幸福感の底に、海が鳴りどよむだけ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
大自然(海洋)を目の当たりにしてロマンとかを感じて、「心が解放された」のでは、ないですかね。
上の「書くことにより自分が解放される。」というのとは、別の、「大自然と接することにより心が解放されて死にたい病がなくなった」ということでしょう。
「海近い貸別荘で10日間、1人の時間を持った」贅沢な時間ですね。だけどこういった時間も必要だと思います、心を豊かにするには。

>残ったのは腑抜けのおれ。<
腑抜けになったといっても、過去の記憶はあるわけなので、これからはそこに積み上げていくことが出来るので、いったん腑抜けになるということはよいと思いますよ。
年がら年中、弓の糸を張っておくと切れてしまいますからね。

私も御作を読み、元気をもらいました。

ありがとうございます。

上松 煌
153.203.103.215

夜の雨さま、こんにちは

 お読みいただき、本当にありがとうございます。
このような感想をつけづらい「独白」に、よくぞコメントをつけてくださいました。

 前回のクロートっぽい感想に続き、今回もびっくりしたのですが、

  >>私も御作を読み、元気をもらいました<<
     ↑
  これ。

 決して明朗な内容ではなく、むしろ困惑と自己愛だらけの自己分析、終始、言下に自害の心をほのめかす不協和音的言質。
だれしも持っている自己破壊願望ではあるものの、ちょっと異常心理に近いニュアンスも漂う。
これに元気づけられるあなたの感性は…?

 いや、恐らくこれと似たような感覚心理を、多分あなたも持ち合わせているのでしょう。
「なんだ、上松も同じか。安心したワ」
という、安堵感の元気なのでは。
そのショーコに、こんな作品なのにけっこう「大向こう受け」しているのです。
閲覧があるのです。
共感者がいるということでしょう。
おれとしては、本当に意外でした。

 意外と言えば、前々回作の『海からの風に』。
これはオニャニョコも死にたい病も、出たのはほんのさわりだけ。
あとは呆然自失というか、ぬるま湯のような浮遊感と無力感の中で書きました。
もう、消えてしまいましたが、この作品の執筆の狙いには、おれの気の毒なくらいの不安感がにじみ出ています。
ごはんでは超不評でしたが、これも「H・Iバー灯台の竜灯」に匹敵するくらいの閲覧数がありました。
(もちろん、1ヵ月で5,000行ってしまった『魍魎記(もうりょうき・本当は怖い自然の逆襲)』に比べれば微々たるものです)
なにが受けるのかは謎で、神ならぬ身の知る由もないですよねww


 さて、あなたの、この作品に対する分析ですが、

  >>「幸せ」であるということは、それ以上は望めないし「いつ不幸になるかもしれない」という不安がある。だから、「幸せの絶頂で死にたい」という哲学でしょうか。まさに「究極の自己愛」ですよね<<

 そうですね、世間的にはその通りだと思います。
ただ、おれはガキの頃からあまり、苦労や挫折をしたことがないので、今の幸福は永遠に続く気がして喪失感は全くありません。
それより、崇敬できる自分をどうやってぶち殺して、最愛最良のものを永久に葬り去るか、という自己破壊願望に酔い痴れるのです。
おれは究極のサディストだと思っています。
サドの行きつく所は他人様ではなく、自分に帰結すると思います。

  >>上松さんが幸せな日常を送っているということは、今回の随筆でよく伝わりました<<

 あはは、単純な自己満足かもしれませんが、ありがとうございます。

  >>書きたい病の持病。これって、自己存在の証明(アイデンティティ)だと、思うのですよね。自分の存在を知らしめるために「書きたい」。もちろん小説とかの創作です。絵の描ける方は、絵を描くことにより自己存在の証明をする。もちろん、他の表現方法もありです。私達文章の勉強をしている者は、書くことにより自分を証明し解放する<<

 これも、全くもってその通りと思います。
あなたが精力的に、みんなへの感想を書いて回るのも、善なる自己表現でしょう。
それにみんなが感謝し、得るものを得て、次の創作につなげる。
もちろん、あなた自身も物書き・編集者の必須条件である「多読」により、自分自身の感性を昇華させ、自己の向上の一助としているのでしょう。

  >>大自然(海洋)を目の当たりにしてロマンとかを感じて、「心が解放された」のでは、ないですかね。上の「書くことにより自分が解放される。」というのとは、別の、「大自然と接することにより心が解放されて死にたい病がなくなった」ということでしょう。
「海近い貸別荘で10日間、1人の時間を持った」贅沢な時間ですね。だけどこういった時間も必要だと思います、心を豊かにするには<<

 はい、これも世間的にはそうだと思います。
喜ぶべきことと思いますが、毎年、桜のころに書けなくなるのは困りものです。
そのたびにジタバタ苦しむのはイヤですwwww

  >>腑抜けになったといっても、過去の記憶はあるわけなので、これからはそこに積み上げていくことが出来るので、いったん腑抜けになるということはよいと思いますよ。
年がら年中、弓の糸を張っておくと切れてしまいますからね<<

 そうですね。
自分では空っぽになった自分に不安が募るのですが、おっしゃるとおりでしょう。
自分というものは意外に自分ではわかりづらい、あるいはわかっていない部分があるので、夜の雨さまの解析は貴重です。
また、なにか書けるようになったらごはんに上げたく思っています。
長くなりましたが、ありがとうございました。

ぷーでる
157.65.82.154

そだね~春はそういう気分でしょう。
特に私の家の前には、桜並木が並んでいるから
毎年、春になると桜が咲いて花びらが舞ってくると、心が和んでしまうわけで……
窓から毎年お花見状態……

今晩屋
119.63.155.5

 よぉ、少年。
死にたい? 死ね。
死ぬ余裕があんな、やっぱお前。
 自殺をお前は観たことあるか?
 ないよな。じゃあみせてみろ。
 ははは、少年は俺と同じ。人に見せ人を惑わし、天気雲。
 

アフリカ
49.106.210.139

拝読しました

良く飲みに連れていってもらう社長さま達にも同じようなことを漏らす方々がいます。

まぁ、巨大な会社じゃないけど、そこそこな感じの代表様なのに何だかお姉ちゃんのお店に行く前はポロポロ弱い(と言うか意図的な弱み)ところを漏らす。
でも、結局。自己否定した分だけスッキリした様子でお姉ちゃんにベタベタしてる。

自画自賛だらけの感覚は、自己満足のみの感覚は、きっとなにかを狂わせる。
ならば、多少自分を傷付けることも含めた自己愛が健全なのかも知れないな……

色々なことを考えて、僕もニヤニヤしました。

ありがとうございました

上松 煌
153.203.103.215

ぷーでるさま、こんばんは

 2面にあったものをよくぞ見つけてくださいました。
お久です。


    >>そだね~春はそういう気分でしょう<<

 あはは、そだね~は例のアレで有名になった、北海道弁ですね。
ふんわり、ほっこりしたあなたに良く似合う、やさしくやわらかな音(おん)ですよね。

   >>特に私の家の前には、桜並木が並んでいるから毎年、春になると桜が咲いて花びらが舞ってくると、心が和んでしまうわけで……窓から毎年お花見状態……<<

 おお~、素晴らしい。
飲兵衛のおれには最高のシチュエーションです。
あなたのおうちは桜の時期は、まさに超高級住宅地に匹敵するくらいの好条件を醸し出すのですね。
鎌倉山とか、迎賓館裏の大使館街や屋敷町とかが彷彿としました。
うらやましい。
おれの家にもソメイヨシノが1本あったのですが、葉が枯れてちぢむ病気になり、切ってしまった残念な経緯があります。


 さて、しかしながら、この作品に反応したあなたは、また~りとした印象にそぐわぬ何かを持っているのでは?
自己破壊の重く暗く、激しく狂おしい怨念に似た願望を、あなたもそっと保持しているのでは?

 よけいなことを言いました。
北海道を舞台にした明治の立身冒険譚はあれ以来、改作はしていますか?

 感想?をありがとうございました。

上松 煌
153.203.103.215

今晩屋さま、こんばんは

 お久しぶりで、ちょっとびっくりしました。
お元気そうでなによりです。


   >>死にたい? 死ね。<<

 いや、死にたいのはあなたのほうでしょう。
おれはあなたが大嫌いですが、あなたはおれが大好きですね。
しかも屈折していて、嫉妬がその大好きを助長している。

 おれは文章ではあなたより遥かに卓越しているから、あなたの願望をおれが代弁しているのかもしれない。
つまり、あなたはおれの姿を通して、自分の自己破壊願望を目の当たりにできる。
 
 だから、おれが大好きであり、同時に大嫌いであり、できれば消え去って欲しい。
病気でも事故でも自殺でもいいから、死んでほしいとカキコせざるを得ない。
だけど、本気でクタバレと思っているワケでもない。
あなたにとって、おれは目ざわりで神経に障るけど、いなくなってしまったら、あなたは自分の「死にたい病」を的確に代弁する書き手を、永久に失う。

 あなたの心の中は

   >> ははは、少年は俺と同じ<<

と、自分とおれを同一視しているからです。

 ひょっとしたら、あなたはおれに死ねと書くことによって、あなた自身を殺す妄想と快感を得ているのでは?
いろいろ考えさせられる感想をありがとうございました。

上松 煌
153.203.103.215

アフリカさま、こんばんは

 「魍魎記」以来の感想をありがとうございます。
相変わらず執筆していますか?
あなたは近頃、非常に実験的で斬新な作品を手掛けているので、読み手としてはちょっと感想をつけづらい時がありますが、現代音楽や現代絵画に匹敵する作風を目指しているなら実に意欲的で、行きつく先が興味深い所です。

 あなたは以前、伝言板に自分の作家を目指す思いのたけを吐露していましたね。
おれはそれを見て涙の出る気がしました。
あなたには是非、作家になって欲しい。
そう思いました。


 さて、

  >>良く飲みに連れていってもらう社長さま達にも同じようなことを漏らす方々がいます<<

 そうなんですか?
あなたはとても社長さんたちにかわいがられ、信用を得ているのですね。
ポロっと弱みを見せるなんてw
今の世の中はうっかり、おれってさぁ~なんて言おうものなら、額面通りに受け取られて、あいつって○○だぜぇ、本人が言ってた、となりかねませんからw


  >>自画自賛だらけの感覚は、自己満足のみの感覚は、きっとなにかを狂わせる<<

 その通りだと思います。


  >>ならば、多少自分を傷付けることも含めた自己愛が健全なのかも知れないな……色々なことを考えて、僕もニヤニヤしました<<

 あなたは以前、あなたにつけたおれの感想の返信に、「作品の中では何度も自分を殺している」と書いていたことがあります。
覚えていますか?
あなたも見事に自己破壊願望の虜なのですね。

 おれは非常に直接的に自己をさらけ出しますが、あなたはかなり歪曲的で、言うなれば理屈で攻めてくる。
世の中に死んでも訴えたいことがあって、それを読者に理解し、読みとってもらいたくて理に走る、とは違う気がする。
自己表現は物の考え方や立場、環境や生い立ちで異なるでしょうが、おれが思うにはもう少し素っ裸になっていいのでは?

 あなたの豊富な語彙や表現は素晴らしいのですが、それがあなたから乖離し、あなたの作風を分かりにくくし、今の読解力の衰えた読者には重いものとなっているとしたら…?

 まぁ、おれは中1以来、小説をまともに読まないので、とんでもない曲解なら申し訳ない所です。
あなたの作品には多くの感想がつくのですから、おれの意見は、個人の極めて狭量な感想と受け取ってもらえたらと考えます。

 こちらこそ、ありがとうございました。

今晩屋
119.63.155.5

 臭い。臭すぎる。

 お前に俺が嫉妬? そもそも、文章レベル違うやん。お前と今晩屋では。
 なんやと思ってんねん。笑わせんな。
 お前の、抜いたキモい文脈なんか、誰が読む。俺は読んだが、吐き気➕朝飯食えね。
 青年のアナルをお前が喰う話だろ?
 臭い。貧弱。情けない。おまけに、面白くない。
 

今晩屋
119.63.155.5

 ちなみに。

 お前の浅はかに、わけのわからん。詩。な、偽物です。
 憚りながら、偽と本のあいだを、うろうろうろうろしてるお前。臭いよ。

ぷーでる
157.65.82.154

再訪失礼します。

あはは、そだね~は例のアレで有名になった、北海道弁ですね。
>実は、親が北海道出身だったのでアレが有名になる前から知っていたりする。親は懐かしい響きだと笑っていました。

北海道を舞台にした明治の立身冒険譚はあれ以来、改作はしていますか?
<したけど、かなりの長編の為ごはんに投稿するのは大変かな~?と。
 投稿したとしても恐らく、全文はムリでしょう。
  
今は、書くのを休んでいます。その代わりに星空と日の出のインターバル撮影、
タイムプラス動画の制作に忙しい。何かそっちに病みつきになってしまった。
肉眼では、見えなかったのに星が十字型に映ったり、太陽は日章旗みたい映るんで面白いですよ。

で、北海道を舞台にした明治の話ですが大まかな話の流れは頭の中では出来ています。
明治、大正、昭和まで戦前、戦後、と続く。

上松 煌
153.203.103.215

今晩屋さま、こんばんは

 クククク。
やっぱり、再訪してきましたね。
あなたからの2度目のラヴ・コール。
 
 あなたが便臭臭いからといって、おれも同じではない。
それを臭いと言いたがるのは、あなたはおれに大きな憧憬・賛美・傾倒を抱いているからです。
だが、おれはあなたが大嫌いですし、おれの力量はあなたを遥かに凌駕するものと確信します。
 
   >>青年のアナルをお前が喰う話だろ?<<

 ニュアンスが違います。
青年のアナルを食う話を書きたいと泣いているあなたに重なる部分を持つおれが、その題材で、実に秀逸な独白をモノにしたのです。
あなたはそれを見て、感動の心抑えがたく、おれにレスしてきたのです。

 詩ではないですよ。
あなたは偽かもしれませんが、おれは本物です。
切れば血の出るような言葉で、おれ自身の内面を切り出したものです。
あなたにはできない。

上松 煌
153.203.103.215

ぷーでるさま、こんばんは

   >>実は、親が北海道出身だったのでアレが有名になる前から知っていたりする。親は懐かしい響きだと笑っていました<<

 そうですよね。
以前、親御さんが北海道で、それで北海道に興味を持って、蝦夷地と本土を股に掛けた一大スペクタクルロマンを書いてみたい、と言っていましたものね。

 
  >>したけど、かなりの長編の為ごはんに投稿するのは大変かな~?と。 投稿したとしても恐らく、全文はムリでしょう<<

 う~ん、無理でしょうね。
おれがごはんに来たのは去年ですが、その時にすでに、
「ごはんで読まれるのは掌編まで。短編でも読者は激減する。長編だと皆無」
と言われていましたものw

 
   >>その代わりに星空と日の出のインターバル撮影、タイムプラス動画の制作に忙しい。何かそっちに病みつきになってしまった。肉眼では、見えなかったのに星が十字型に映ったり、太陽は日章旗みたい映るんで面白いですよ<<

 今、流行っていますものね。
天文雑誌なんかにあるような回転する全天写真や月の満ち欠けが、1枚の写真に見事に納まる。
いや、これは面白いでしょうよ。


   >>北海道を舞台にした明治の話ですが大まかな話の流れは頭の中では出来ています。
明治、大正、昭和まで戦前、戦後、と続く<<

う~ん、大長編ですね。
時代ものの長編を募集する公募もあるので、出してみるのもいいかもですね。

 

今晩屋
119.63.155.5

 笑わせんな。ドラえもん。
  意外と、面白い。ただ、全く面白くない。
 まぁ、決定的にいうなら。文章つまんない。
 みんなそうじゃんか、ありきたりの定型文。
 まるこやかつおがどうなった?

 糞はお前の畑で生やせ。

 糞が、、

今晩屋
119.63.155.5

 たっぷり、説教した上松。小説の行き場をわからせたい上松。
 昔ね、形はやるが、本性は幻冬舎のわけのわからん。編集。
 それが俺。
 思想、自然、楽勝。
 全員かかってこい。

 

今晩屋
119.63.155.5

 
 作家でごはんは、世論、世間、社会。い擦れも。主張、主義、主立。ニュースもそうだ。馬鹿が馬鹿を褒め、芯はどこにあんだろか。

今晩屋
119.63.155.5

 ハードルを上げるぞ。お前の文は主体はあるが、客観が無い。お前の文体には主体はあるが客観が0。説明したら100点w

今晩屋
119.63.155.5

おいおい、高校生作家が、編集と打ち合わせレベルだろ。はよ、打ち合わせせんかい。

今晩屋
119.63.155.5

 威勢の良い。馬鹿。アホ。間抜けは。威勢かい。って思う。失礼だろう。

上松 煌
153.203.103.215

 クククク。
典型的なネット弁慶。
おれに対する狂おしい羨望・渇仰・憧憬・賛美・傾倒。そして嫉妬。
それに駆られて、あなたはおれに粘着するのです。
あなたは >>青年の<< ではなく、おれのアナルを食いたいのですよ。
断る!!!!

 しかしながら、夜中にギャンギャン、みっともないですね。
感情のままの行動はバカのすることです。
健常者は非常に高度な理性と矜持、襟度を持つので、冷静に慎重に自己を律します。
あなたがそれをできないのは、軽蔑に値しますね!

 数日前、櫻井なんとか老人に与えた、おれのレス『2019-05-12 17:58』の中の一節。
★馬鹿のくせに、未だ得ざるを得たりと思う浅薄な傲慢ほど、滑稽で冷笑の対象になるモノはない★
を、あなたにもさし上げましょうw

櫻井瞳
60.155.199.121

僕はまだ大学生なんだよなあ

下の始末
126.224.147.192

上松サンとやら。なんであーたそんなに偉そうなの?
文学賞ゲットあるいは選考通った事あるの

ひなひな
60.113.193.76

私の思考が小さいのか分かりませんけど、はっきり言って「わかりまへん」

ご利用のブラウザの言語モードを「日本語(ja, ja-JP)」に設定して頂くことで書き込みが可能です。

テクニカルサポート

3,000字以内